ブログパーツ QLOOKアクセス解析
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  やる夫が永遠存在になる様です  »  やる夫が永遠存在になる様です インデックスとファーザーの楽屋裏コーナー 【Vol.6:死亡キャラ紹介(人間編Pt.01)】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる夫が永遠存在になる様です インデックスとファーザーの楽屋裏コーナー 【Vol.6:死亡キャラ紹介(人間編Pt.01)】



                 /        | ><    ノ )  ノ'{.|
                  ,′       | 、-'    __ > ー ''ゝ,,,,_
                    /         }- '_ ー≦}: ;ィ: ム`: : : ヘ
                    /        _ノ-,, - ニ: :ノ }/ j!-ミj: ヘヾヘ
               /     __,,, =フ: :,イニ-- く ノ   イ:ハ }〉ルヽヾj
               ,′      ,,∠ィく/{!::::ハ   '   弋リ リヘ
                 /       イヘ: :.ヘ 弋zリ     丶   | ヘ
            ノ   _ ,, - '´  ヘ、ヘ: :ヘ  ̄      _,   八. ヘ       イン(ryと!
        _, <´          ノ`ヘ: : ヘ    r  ̄ ノ /,    ヘ
    _, <´             /: : : r=ヘ、ヘ- _`   イ: :.ヘ    }
ー  ̄             _ <´: : : :./ ‐  ヾ、‐'ヽ ̄、: : : : : }    j
              _ - '´: : : : : : : :/   _ヽ、_ ヽ:.ヽ }: : : : ノ   ノ
        _ ー ´: : : : : : : : : : : :.{   /:.:.:.ノヽ`ヽ、l!ヽ: :/   /
__ ー‐ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |  (:./´  _ イ´/、.  /
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : _:_:_:_:_;,;,;,;,; ニi ー  ニ : : : :_;, ィ ヘ.  }/
: : : : : : : : : : : : : : :> ´: : : : :_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_: -- ー ''' ´     ヘ.|
: : : : : : : : : : : : /> '' ´: ̄: : : : : : : : :ハ     \       \、

                                                       ,. - ―─‐-,、
                                                    /―――‐ '´  ヽ
                                                   /,rニ二!    /O7 ヽ
                                                   ,! ヽOヽ    ヽ ̄/ i
                                                   ! ヽ ̄/         |_
                                                <I´「|     /`ヽ      |」_I>
                                                 ``| ヽ  / ー'`J ヽ  / |´
                               ファーザーの!           !  | |      ヽ  | |
                                                  |   | r'⌒ヽ_/⌒ヽi、 | |
                                                     l   | |  ,rー ‐''^ヽ | | |
                                                   ヽ  | ,レ-‐--、」 ,!   !
                                                   ヽ  ヽ _ ノ⌒ー-'/   /
                                                    ヽ_         /
                                                     |[口]ヽー――i'´
                                                 ,.. -‐ '''i"´ ̄`\) ̄ ̄ `iヽ、
                                              /| \O |           | O,ヽ、


952 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:10:52 ID:noEdXUOM


                         |  |     _ュ_.           /   /    __j__
                        |  |   /二 ̄二\        /   /     l
                        |  |   |/≧ ll ≦ `|      /  /        _人_
                         |  | _|   ┬   |_    /  /         `Y´
                         |  <| | | / ^^ ヽ ,| | |>  /  /
                     _人_      |  |-| | |⌒─⌒| /|-'   /  /──-,
                     `Y´     |   | | l|/ ̄ ̄~l | | |  //  /   /
                |              | |  | |─── | |/ /  //  /
            __ 人 __          | |  | └──┘ / ̄7  // / __     /⌒─_
               `Y´              |  |`─__─' / /  //~|  / /    /_┌─_3
                |               /\ |__ -─7l /  //   | /_/    / ̄_7
                            /  /\|   _//   //   / ̄_7    7~ 7
                           /  /   T  ̄  /    |   7~7     / /
                           ̄/    └┬-'     |\/ /     /  __________
──────────────────────────────────┤ 楽屋裏コーナー!! ├────
                   _人_     /     / x. ,.ろ  ,/ + ,rく、 ノ' /´ヽ     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  `Y´   /    / /'r= /し) / }ノ x. ,ろ r ノl   ―【Vol.6:死亡キャラ紹介(人間編Pt.01)】―
                |          .′     {/__ ..廴ム -┬――--<..__廴ノ|    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            __ 人 __      !    ./´ ./ | イ  ∧:  l トヽ丶  |` ー‐ァ'
               `Y´         }    / ./ i 斗‐|/‐ト./|′ヽ. |! |,斗 代: 下. 丶く.    |
                |         ノ   / .イ .:| ./   __,V ミ¨’ ヽ|ヘ{ _ ヽ 丶|}ハ }、 V  |
                     ..,/  /  | :∧{!           ′    从}ノ `}   !
           _人_      /′     人{:..:ト >ァ=='^      ^`===ぐ' i{:.. 小    ト、
           `Y´     / ′    ∧、ハ:j xxxx     ,     xxxx }|:. {.∧   l \
                /   /    / ./i':..小.                  小 iト、.ヽ   .   丶
            !    '    /    //../ .i!/ l|7ヽ     iー―‐‐r      イ: |:. l|:.... ..丶  、   ヽ.
          - + - /    /  / /../ ..:l|′l!...:il:\     、   ソ   .イ:l{:l:..l:. l|:...ハ... ヽ.      ヽ.
            !  /   / /  / /′..i|  l| .:ルくfミi  . `ー ´ . rく`Yト、!|从.. V....∧......\    ∧
             /    /    / /.{  ..l|  l|./   { ≧` ニニ ´ 彡 {ノ∧i:.....:.. V.......l!:......{ \   ハ
            .′    {     / .′..__|  l|′   丶   , -<_`ヽ./   ヽ.∧.. V:....|:.......l  ヽ、  |
            ノ     l     / , く´   |  ll      \/ , -<__\}      厂 :.. ヽ、}:.......|    } |
          ../      ∨  /./  ヽ.  |  lト、      / / /- 、 ヽ.ヽ    /  ヽ.  ヽヽ....V  /  {
          '′        } / ,′   ヽ.|  l| ヽ   `i(ノ' , -‐ヽ__)i′  /    ∧  Ⅵ:....∨ /    |\
                    V ...|        |  :|   \  {`ー ´ ,ィヽ. ∨  /    /  }  }|:.......V     {  \


953 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:11:13 ID:noEdXUOM


             ,. ' ´ ̄ ̄ ̄ ` ー- 、
             /              ` - 、
         /,. -‐  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ¨ ‐- 、__   ヽ
        /  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   ',
         /  !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!    ',
       i  |__>-――ァ‐r‐r‐r‐―:-<:.:.:.:.:.|    ヽ
       |  /: : :_/ |: /|/  |: :|  \: 」:.斗:` ーヘ、    !
       |<: : : / T ト   ヽ:!  七Vハ\: :!: : :,>   |
       | |: : /| ,.ィ丐ト、   ヽ 圻下ヽ V: : :|    |     はいどーも、何時も通りのお時間がやって参りました。
       | ∨|: 〈 {Y:::r}      {Y::::r} 〉 !∨!    |
       |   |: :|  v少         v少_  |: | |     !     楽屋裏と言う名を借りて行われる
       |  /!: }:::: ¨    '      ::::  |: | !    ハ    >1のくっちゃべりコーナーなんだよもん。
       /  /ト|: ハ     、__,.、__,.      |: :!J    ! ',
      /  ∧:.!: 込    {    }     ,ィi: :.!:ハ     ',   約40レス、丁度良いぐらいかな。
     /  / |:| : |少 、     _,ノ   , イV:!: :.|:.∧     ',
     /  /__/|: :|  |::/>  _  イノ /:::|: ::| ヽハ     !
  /^Y⌒!^Y⌒'r‐く: :!  !:∧ ヽ_|   /  /::::::|: :.|   ',    八
 ̄|ー1 / ,  ,   \  |::::∧   ̄   ,/:::::::::|: :.|  __!    ∧
  | `7  /  / /^::::-}、_|::::::∧__   /::::::::〃: //  ∨     ',
 ノ  `ー^'ー'^ーへ:::::::::::::>、:::∧__ /::::::::://: /      |      !
/          ` ーx::::::::::} ̄ヽ 7 区}::/厶イ       |\    |
            / ∨:::|\:::V ̄::/ /      ,/!  \   !





        /, ̄ ̄ ̄ ̄⌒ヽ,
     _{,{二二二二}   i      いやはやほんと最近、一話あたりが200レス越えるのが頻発してて、
     `7 , /|/\|、  ヽ  |      今回はなんと1スレ中には外伝の3話分入らないとか……
       'イ/ T   Tヽ八}  |
       /(i ┃   ┃ .| |),  、      まぁ三章では調整していこうと思います。
      ' {.u  x   .| |ハ  ヽ     で、このスレの穴埋め楽屋裏ですが……
      {   `iTフTTフ¨| |、_,}   \





954 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:11:31 ID:noEdXUOM




      |    V      _______ ___   | |
      |    !     イ |! | | | ! ト、 、 _ヽ__ ̄\_|__
      |    !/,/  | |= ! ≠= ! 、| イトト¨ヽ`, ヽヽr'´
      |    V   iイ| ∧十トミ 从     jzニヽハ ! ト、|
      |   イ | | | ハィ云升ゞ       '´ん:ハ从_..ゝ|
      |     从ハ|V/´ん:::01        fz::リ 八  '.       完結したら貼ろうと思ってた人物紹介。
      |      | |` 弋z沙       ` ´  |  |         その内「 二部 」迄に出たキャラで、既に「 死亡 」した
      |      |  ヽ  ´´      '      ¦:.|  !         キャラを紹介して、穴埋めをしてみようと思うよ。
      |      ト!   !                 人:.|  ヽ
      人      |:!   ヽ        rっ     イ:.:.:.ヽ|\   \
    /      `ヽ   \         ..く:.|:.:.:.:.: |  iヽ.   ヽ
.   〈          \   ヽ`  ‐-‐ ´| ィ Y:.:.:.:.:..|  | |   ¦
    ヽ           )ハ   }ー──'´  |\ 从   |     ヽ



                                                             _ ,─、
                                                             ∠二─ ̄二\
                                                              /rnv   <_ |
                                                           ._/`┌       |_
                                                           <| / /      l  /| | |>
                      今回は「 人間 」のキャラだけを紹介する。         ./ /──_-┤ | | ̄
                                                         ./ / ┌─    | | |
                      紹介と言うよりもエピソード的なモノじゃな。      ./ |\l    ̄─ | | |
                      少佐宜しく長文なので興味が無ければ、        .|  |二二─_ |   |
                        読み飛ばす事を推奨するぞい。              |      ─_/    |
                                                         .|            |
                      ではざっくり行こうかの。                       |           |
                                                          |           |
                                                           .|_______| _
                                                           | ┐| ┌─   | \



955 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:11:50 ID:noEdXUOM

  _ ;;:::-:::------------------------------------------v----------------------------------------:-:::-::;;;;
  ||| ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ l.┌──────┬────────────┐  .|||
  ||| ┃┌──────────────────┐┃ |原作の影    |ルーグゥ・ダイ・ラキオス   |  .|||
  ||| ┃│::::::::::::::i:::::li::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、_:::::\::::\:::::',.   |┃ ├──────┼────────────┤  .|||
  ||| ┃│:::::::::::::l:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',.  |┃ i.|出典元      | School Days          |  .|||
  ||| ┃│::::i::::::::!::::i,,ゞ; ::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_ r 、 |┃ └──────┴────────────┘  .|||
  ||| ┃│:::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l  辻ヾ〉 \:::ヾ) (ヽ、`|┃                                    |||
  ||| ┃│::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/\. |┃ ┌──────┬───────────┐    .|||
  ||| ┃│li l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ   ` |┃ |神剣名      | 無し             |    .|||
  ||| ┃│/ l::::l::::l:::\ "            ヘ::::/ r--‐- |┃ |神剣形状    | ----                 |    .|||
  ||| ┃│   \|\!\  ′          ∨'  ` ‐-、 |┃ i.├──────┼───────────┤    .|||
  ||| ┃│    ヾ ヾ 、    ー ´    ,   ヽ、    -.|┃ |height.       | 167.5cm.             |    .|||
  ||| ┃│     _, r ´:`  、      , ′ 、  |  !:.:ヽ|┃ |weight      | -----             |    .|||
  ||| ┃│   _,r'´:.:.:.:.:.:.:.:./:.....` ー <´    ヽ  |  i::.:.:.|┃ ├──────┼───────────┤  .ノ i||
  ||| ┃└──────────────────┘┃ |B          |----                  |/ /!!!
  ||| ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ i.|W.         |----                  /  / |||
  |||                                  |H          |----                /    / |||
  |||  名前 : (†)誠・ダイ・ラキオス                   └──────┴─────────/    /.....|||
  |||  所属 : ラキオス王国 国王                                          /     ./.. ..|||
  |||                                  i                          .ヽ     /.   |||
  |||  誕生年 : Stヨト.306                                               ヽ   /..   .|||
  |||  年齢   : 24 (死亡時)                                              ) /.    .|||
  ||l                                  |                               ノ       l||
  |l========三三三==============================ミミ ;|彡======================三三三===============l|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ー-‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

956 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:12:12 ID:noEdXUOM

─ファンタズマゴリア(やる夫達が転送された世界)北方の小国、ラキオス王国の国王であり、鶴屋の実兄。
エトランジェの逸話を元に、転送されたやる夫に対し、逸話が真実かどうかを試す。
その後、妹を人質に取る形で、やる夫をラキオスの手駒として小競り合い続く戦地へと送る。

─傲岸不遜、他者へ頭を下げる事は決して良しとしない、酷く傲慢な性格で有り、目的の為に手段は選ばず、
非道な行為も平気で行い、更には理論より感情が勝つ事が多いと言う軽率短慮な人物であった。
しかし国民を導く為政者として無能で有ったかと言えばそうでは無く、基本的にはラキオスと言う国の為 尽力し、
その強引さは逆にパワフルなリーダーとして国民からの信望を集めていた。
本人自身もラキオスの国民の生活を維持する為に駆けずり回り、エーテルの使用を自らも控えつつ、
今にも戦乱の火に焼かれ、燃え尽きようとしているラキオス王国をどうにか生き残らせる為にと必死であった。

             ___
           ..::´::::::::::::::::〃⌒ヽ、              ─サルドバルト国王代理 入江とは根本的な見解の相違から、
        _ /::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::\            尽く話が合わず、果てには暗殺と言う行為に及ぶ等、
           j/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ       短慮に逸る点は否めないが、激情を制御出来る様になり、
         /:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      鶴屋を初めとする理解者の進言を受け入れる様になれば、
          i::::::/::::::i::::::::!:::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::',       乱世に怯える北方三国の指導者には足り得たであろう。
        .|:::/::::::::i::::::∧:::::::::::::ト、::::::::::::::::::i、::l
      、__Ⅳ::::/:::i:::::メ__!::::::::::::匕ヽ:::::::::::::ハ:|
       フ::l::r'l:::/!::/セミl::::::ハ:::尨_ハ::::::i:::ト、`!
      ´ ̄]八!/i」:i  ̄ !/ Ⅳ   小ハl  -、_
        / j、八i  ´  j〉   爪i:::::::::::::::::::::::::ハ
       /:::::::ハ::::jヽ、  t =ヽ ィ:::::::!:::::::::::::::〉:::::,:: !
      /:::::::::::::::|:::::{ > __/ ,!:::::::!:::::::::::〈:::::::/::::{
     , :::::::::::::::〈::::l::::::::t/ ∨;;;;/ヽ !:::::::i:::::::::::::::v::/:::::{
.    /::::::::::::::::::::::::,:::、:::::\ {::::::}  ':::::::::!:::::::::::::::レ゙:::::::::i
──{:::::::::::〈`ヽ:::::j__::\::::::::ヽ::::} /:::::::::::〉:::::::::::::{:::::::::::::ヽ──────────────────────────────
.    〉::::\::ヽ ∨ )::}:::::>= 、::,`=v:::::::::/::::::::::::_′::::::::::::::゙,
   |:::::::::::丶} ;'  厶_/  //  /!:::::::/:::::::::::::! {::::::::::::::::::::!
   |::::::::::::::::∨ /  /  //  ,..::!:::::/:::::::::::::::}!::::::::::::::::ⅰ    ── Makoto・Di・Lakios -Profile 1/2 ──
   {::::::::::::::::..′/、 /  〃丶,′!::::.゙::::::::::::::::ヽj:::::::::::::::::::{     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ヽ::::::::::::〈  ゙ y   /  /、丿イ:::::::::::::::::::::::〉::::::::::::::::::ム
   丿:::::::__>、 ′  ′//::::丿::::::::::::::::::∠::::::::::::::::::::::::}

957 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:13:21 ID:noEdXUOM

─勘違いされがちだが鶴屋は誠の事を嫌っては居ない。勿論血を分けた肉親と言う事も十分以上に有るだろうが、
誠は鶴屋が持ち得ぬ「非情さ・どん欲さ」を持っており、それが乱世の為政者に必用だと理解していた為である。
鶴屋曰く「火の気性」を持つ誠、それが燃え尽きぬ様、逆に消えぬ様に維持に回っていたのが妹、鶴屋。
一方、誠も鶴屋に対し辛辣な言葉を吐く事も多かったが、鶴屋と言う妹を信頼していた事は間違いない。

─惜しむべくはその火の気性が強すぎた事。
易々とダーツィの挑発に乗り、ラキオス全軍を動かし、ラキオスを危急存亡の危機に至らしめたり、
入江の亡骸に容赦なく蹴りを入れる等、その感情の振れ幅はかなりの物であったと言える。
口も悪く、事ある毎に「くそが!」を連呼するが、本人が意識する前に口に出している様な所も見受けられる。
リーダーとしての良き色を、自らの言動により黒く塗りつぶしてしまった残念な人物でもあった。

─口の悪さは、「立場」と「性格」が折り重なってしまった事も有るが、その悪癖は、つかさを捕らえるべく、
ラキオス城に現れた水銀燈の怒りを買い、全身が炭化する程の業火を招いてしまった。 享年24歳。

         ヽ丶ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
      . ---γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'ヽ
    /::::::::::::::::::::::`::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
.  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|\ィ::::メ::::::::::::::::::::::\ィ
. l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l:::::::::::::::\:::::::〆 \::::|\::::::::::::::::::::::_>
 l::::::/:::::::::::::::::::::::::::::l \:::::::::::::|.\ ,,,;;ィ=≦≠\》::::lミヽ::::\___
 l::::/|:::::::::::::::::::::‐‐-l─X´\:::::::|  ≧'´      |\}  } </
 l/ |::::::::::::::::::::::ハ::::| ,,,ィ≦ \.|        。  j∧  ノ  \
 |  |::::::::::::::::::/ {lィゞ"             u  }ゝィ/  ̄ ̄
    l::::ハ│::::|                   ノ´'
    ヽl llゝ::|ヽ u       l~`丶       /
       lV_ 人         ^      イ
─────── 丶、           ,♂──────────────────────────────
              ´ ゝー一 七ゞ´ l\\
                /´|/  _   ヘ/ /ヽ    ── Makoto・Di・Lakios -Profile 2/2 ──
               八 |\〔三 〕/ ./ /:::::::\   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

958 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:13:42 ID:noEdXUOM

  _ ;;:::-:::------------------------------------------v----------------------------------------:-:::-::;;;;
  ||| ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ l.┌──────┬────────────┐  .|||
  ||| ┃┌──────────────────┐┃ |原作の影    |----                    |  .|||
  ||| ┃│                              │┃ ├──────┼────────────┤  .|||
  ||| ┃│           ┼╂┼             │┃ i.|出典元      |2ch.&機動戦士ガンダム.  |  .|||
  ||| ┃│         ∩_┃_∩           │┃ └──────┴────────────┘  .|||
  ||| ┃│         | ノ \  _ヽ          │┃                                    |||
  ||| ┃│        /    ̄   ヽ  |            │┃ ┌──────┬───────────┐    .|||
  ||| ┃│        |     ( _●_)  ミ           │┃ |神剣名      | 無し             |    .|||
  ||| ┃│       彡、    ー‐  /         │┃ |神剣形状    | ----                 |    .|||
  ||| ┃│      /     ∩ノ ⊃  ヽ.          │┃ i.├──────┼───────────┤    .|||
  ||| ┃│      (  \ / _ノ |  |           │┃ |height.       | 199.9cm.             |    .|||
  ||| ┃│         \ “  /__|  l           │┃ |weight      | -----             |    .|||
  ||| ┃│          \ /___ ./         │┃ ├──────┼───────────┤  .ノ i||
  ||| ┃└──────────────────┘┃ |B          |----                  |/ /!!!
  ||| ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ i.|W.         |----                  /  / |||
  |||                                  |H          |----                /    / |||
  |||  名前 : (†)アナロ・グマ                  └──────┴─────────/    /.....|||
  |||  所属 : ラキオス王国                                               /     ./.. ..|||
  |||        近衛部隊隊長 兼 軍司令補佐            i                          .ヽ     /.   |||
  |||  誕生年 : Stヨト.277                                               ヽ   /..   .|||
  |||  年齢   : 53 (死亡時)                                              ) /.    .|||
  ||l                                  |                               ノ       l||
  |l========三三三==============================ミミ ;|彡======================三三三===============l|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ー-‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

959 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:13:56 ID:noEdXUOM

─誠の先代よりラキオスに仕えるラキオスの忠臣。
近衛と呼ばれるラキオス王家護衛兵の隊長と、ラキオス軍部、軍務司令補佐を務めた。
鶴屋の右腕であり、軍事から内政から全て両手放しで任せられる信任重き人物。

─その徹底したラキオス王家への忠義振りは深く知られ、人間兵はおろか、スピリットからの信任も厚く、
やる夫を初めとしたエトランジェに対しての敬意も払い、やる夫とラキオス王家の隙間を埋める一大の人物であった。

─軍事面では射撃術・砲術・白兵戦闘能力も高く、行軍指揮や部隊編成等の指揮官としての能力も高い。
一方内政の補佐をもこなし、鶴屋が一日かけて終わらぬ執務を数時間で終わらせると言う、まさに何でもござれ。
翠星石曰く、「彼が居なければ鶴屋は間違いなく過労死している」、とも。

─普段はアンテナ付きのラキオス兵装を着用し、寝る時も脱がぬと言う徹底振り。
何故兵装を脱がぬのかは、ラキオス王家への忠誠の現れか、はたまた顔が怖いと子供にマジ泣きされたショックからか。

                ___
               ,r'::::::::::::`:ヽ、
              x彡イ´ `ヽ::ヽ
               r'´   __  {::::ハ
               リ  ィtュ,  }:::::ヘ
                〈r。〉     〉〈 ヽ 、
               l `__   彡:::: ノ:::::ヽ
                   | ├ーーヽ  `¨'i:::::::::ノ
                  | }_____丿 ,メ  ,八::::::ヽ
──────────.} -‐  、メ ./-‐ヽ从ノ──────────────────────────────
                   人_人_,ノ:::::::::ソ::::〉
          .___,、___}::::::||:::r彡::::::::_,ィ≪ r'⌒ヽ  【兵装解除時】
     _,.-七''´          \:||‐':ノ>'´    |    \__
    _ノ .´   /ミ        ヽ'´      -‐ヘ、     `⌒ヽ
   /   ヽ /    /三≧x、   _,ィ≦ミx    __ヽ、__     ` ̄`ヽ    ── Anaro・Dozle・Guma -Profile 1/2 ──
   >、__,ノ./ヽ、 /三三三/ /三三三ム   ´    ノ___,ノ: :/    人   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  / イ  i    i三三三/ . /三三三ニ=---、_____,ィ´ : : : : : }    /
  | i   |ー-  寸三三i  i三三/            ヽ : : : : |  ヽ i

960 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:14:40 ID:noEdXUOM

─徹底したラキオス王家への忠義振りの反面、少々頑なな所が有り、捕虜の真紅に対して辛辣な言葉を吐く事もあった。
普段は温厚だが、一度怒るとその怒りはラキオス城が振動する程の凄まじい代物。
鶴屋が暴走した際は真っ正面から説教を行う等も有ったが、鶴屋自身、彼に対し頭が上がらない。

─頑なと称したが、融通が利かない訳ではなく、真紅の意見を素直に受け容れる等、体躯同様、器大きい人物でもあった。
鶴屋曰く、「この世界で最も信用出来る人物」、とも有り、この言葉からも鶴屋が彼に対し寄せていた信頼が伺い見える。
真紅は彼の事を「Loyalitater.(忠君者)」と呼び、敬意を表すべき人物としてとても気に入っていた様だ。

─なお正確なフルネームは「アナロ・グマ」であるが、鶴屋は敬意と愛意を込めて「アナグマきゅん」と呼んでおり、
彼自身がそう呼ばれ慣れているので、一々訂正などの真似はしなかった。

                                 ─齢50を越え、この世界では老人と言って差し支えない年齢だが、
                                その体は筋骨隆々、老いて益々盛ん。苦しい状勢にあるラキオスを
                     ┼─╂            補佐すべく励んでいたが、聖ヨト330年 アソクの月-赤4つの日、
                   ┃─┼            手薄となっていたラキオス城に侵入した水銀燈から誠を逃す為、
   .ノ ̄--┐  //ヽ\     ┃            スピリット相手の絶望的な戦闘を行い、激動たる53年の生涯を閉じる。
  ノ ノ ̄/ / / / ノ  "´ ̄ ̄''''‐-...ノヽ
 \'" ノ /    /            丶 |
  ,--'" /   /  ,ィ.八              \
  ヽ-''"    7_// ⌒       _\^  、`、
┌───┐  /           /  ○ 、,.;j /|
└──  /  /.             -    .=-{_○{
  ,-、/ /  |/         ,r' / ̄''''‐-..,●
 < " /   {         i' i    _   `ヽ──────────────────────────────────
  \ \    ̄フ       i' l  r' ,..二''ァ ,ノ
   n\/    / 彡       l  /''"´    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ll     _ > .  彡    ;: |  !
   l|       \ l 彡l     ;. l |
   |l      トー-.   !.    ; |. | ,
   ll     |彡     l    ; l i                              ── Anaro・Guma -Profile 2/2 ──
   ll     iヾ 彡     l   ;: l | Kuma- Nova (I)                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |l     { 彡|.      ゝ  ;:i' `;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

961 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:14:59 ID:noEdXUOM

  _ ;;:::-:::------------------------------------------v----------------------------------------:-:::-::;;;;
  ||| ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ l.┌──────┬────────────┐  .|||
  ||| ┃┌──────────────────┐┃ |原作の影    |----                    |  .|||
  ||| ┃│i: : .:.:/l: : :i: : :.:.:.: :.:.:l X / ヽ、: : : : .:.: : :.:.:.: :l:.:│┃ ├──────┼────────────┤  .|||
  ||| ┃│l: .:.:/:.:.:.i: .:l:.:. :.:.:.:l:.:.:.l/ l/=ニN: : : :.:.:. :.:、:.:.:. :l:.│┃ i.|出典元      |ひぐらしのなく頃に         |  .|||
  ||| ┃│l .:.ハ:.:.:.': :l、:.:.:.:.:.l i:,イ 〃f::゚ハ l: : .:,イ:.:.:.:.:〉:.:.:.l:.│┃ └──────┴────────────┘  .|||
  ||| ┃│l:./  :.:.:.:ヽl:.'、:.:.:.l ヘ:l. l' 弋/ ,: .:./ l:.:.:.:/ へ:l:.│┃                                    |||
  ||| ┃│V   ':.:.:.:.`i:.ヽ:.:.l、リ   ´  , :/ l:.:.:/  ヽ:.:.│┃ ┌──────┬───────────┐    .|||
  ||| ┃│.    ヽ:.:.:.:l、:.:ヾ:ヽ      ' ´  .l:.:/    ヽ:│┃ |神剣名      | 無し             |    .|||
  ||| ┃│     ヽ:.:.:lヽ:.:.:.:.:.}     ,    l/     `│┃ |神剣形状    | ----                 |    .|||
  ||| ┃│      \.i. \:.:ノ._   /            │┃ i.├──────┼───────────┤    .|||
  ||| ┃│       ヽ  ヽ:.i:.:.l` ー、_     /     _│┃ |height.       | 172cm.              |    .|||
  ||| ┃│           ヽヘl   ヽ_ / ヽ, .. - '' │┃ |weight      | -----             |    .|||
  ||| ┃│                 __r '''     │┃ ├──────┼───────────┤  .ノ i||
  ||| ┃└──────────────────┘┃ |B          |----                  |/ /!!!
  ||| ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ i.|W.         |----                  /  / |||
  |||                                  |H          |----                /    / |||
  |||  名前 : (†)前原 圭一                   └──────┴─────────/    /.....|||
  |||  所属 : イースペリア王国 兵士長                                    /     ./.. ..|||
  |||                                  i                          .ヽ     /.   |||
  |||  誕生年 : Stヨト.306                                               ヽ   /..   .|||
  |||  年齢   : 24 (死亡時)                                              ) /.    .|||
  ||l                                  |                               ノ       l||
  |l========三三三==============================ミミ ;|彡======================三三三===============l|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ー-‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

962 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:15:12 ID:noEdXUOM

─イースペリア王国の軍兵兵士長。イースペリア王国には200人足らずの兵士しか存在しない為、
司令官では無く兵士長と言う名称が使われているが、実際は軍の司令官と同義の存在。
みくるが幼少の頃からベタ惚れしており、みくるの為に体を鍛え、父親の後を継いで兵士長となった。
兵士としての実力は高く、近接白兵に至っては指折りの実力者。
先見の明も持ち、見識も深く、カンも鋭い人物で、度々パニックを起こすみくるをフォローし続けた。

─軽口をよく叩き、バスティコメンテイター(おっぱい評論家)と自称したり、
メイド服の事を語らせると延々語り続けたり等、奇抜な言動が度々見受けられるが、
スピリット対しても分け隔てることもなく、も実にフレンドリーに接していた事も有り、信望自体は集めていた様だ。
たまに度が行き過ぎて呆れられる事も有ったがそれはご愛敬。

─かと言って軟派では無く、一途にみくるを愛した。みくるとは相思相愛であり、婚約も決定していたが、
ダーツィのミネア侵攻が行われ、圭一もイースペリア兵を率いミネアでの防衛戦に参加した為、延期となった。


   / , : : : : : : :.i: : :,イ: .:.:. : : : : : :.l:.: : : : l: : i: l         ─みくるは圭一に対し100%依存しており、
  ./ /: : : : : : : :l: : :i l:.:.:i:.:. : : 、:. : lヽ:.: :l l: : :l :l      圭一もみくるにベタ惚れと言う、端から見れば「 バカップル 」。
  i :/i: : .: : : : : :l:-:廴i_ハ:.:.:.:ハ;斗-+- l:' : : :.リ       ゆくゆくはイースペリアの王位に近しい所に居たであろうか。
  l/ l : .:.:. :ヽ: : :lムl--l、` V:./ ´l:ム--i、/ .:.: : /
.    l .:./:.:.:. \ヘ` ト::イ` V '/ト::イ l7:.:.:.:. :.{
    l:.ハ:.:.:\:.ヽヘ ̄´   i  ` ̄ //>.:.:,、l , -‐ ― 、
     ' V:l:.:.トヾー`  、___   イ- ':ハ//    ./
      ハ:ト:l ヽ:.\        //l:./ /    ,, ''
────── .ヽト:.ヽ、    /lヘ' , - '    f──────────────────────────────
          /´「 .i ` ー '  .i / /    ノ
         /  i  l     /´  {    l __
        ,/   l/    /    ‘  , .lヽ、 ヽ       ── Keiiti・Maebara -Profile 1/2 ──
      /./  , ヘ ヽ  _ .. -'-、__  -- '  .i  `、\        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 , - ''  / /  / ./   _ /  /   l   ヽ  i  〉
/      ' ´    /  /´   ,ィ   /ヘ.   ヽ l ./

963 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:15:22 ID:noEdXUOM

─彼にとって最大の不幸は、イースペリアと言う国が戦力を持ち得なかった事だろう。
他二国の様に戦力を所持してさえ居れば、イースペリアは他二国が仲違いしても仲裁する事が出来た。
誠の様にこの先を生き残るには戦うしかない事を憂い、鶴屋の様に三国の調和と未来に対して悩み、
入江の様に戦い続ける事にも嘆いて居たが、彼にはどうする事も出来なかったのである。

─また、彼にとっての最大の失敗は、みくるを護衛すべく鍛え上げた自らの白兵能力の高さである。
ダーツィ兵により、イースペリア城は制圧されていたが、単身で戦ってしまった事。
多勢に無勢、更には銃器に囲まれ、絶望的な状態に陥いり、捕らわれてしまった。

─結果、彼は三四の毒牙に落ち、凄惨たるリンチを受け、銃撃を腹部に受け、死の淵に立つ。
そんな状況においても最後までみくるを元気づけたが、みくるは国よりも彼の背に迫る死こそを恐れた。

          , . γ: : : . .、
        ,.イ: : : : : : : : : : ヽ            ─三四は圭一とみくるの一連の言動を予測はしていただろうが、
     /: :/: : i: :i: : : :i: :}: : .        圭一のみくるに対する説得は、甚だシャクに障る物で有っただろう。
      /: : {: i: :i: :j: : : :i: :i: : : }.         結果、圭一は三四の銃弾を額に受け、吊られたまま絶命する。
    {{:i: :.i:.ゞイ.:八ji:jノ}:ノ ヽ:,′
      八:{: ハゞツ  }ノノノ_,イ/           享年24歳。
.      ヾヾハ. ´_ _ .,イ:/
           > _./_.l___
           r‐' .} .ハ   .{_
         ハr'´.ノ { ,イ   ̄ >、
────_,.ィ ゞ.{ー.j .ゞ     / ',────────────────────────────────
     .{、     l::::;′      ./ .ハ
      .l. Y   l::;′      ヽ .{ /  ヽ、
       } l    y         ヾ{,′   ',       ── Keiiti・Maebara -Profile 2/2 ──
     ,ム {   .,'        y   .,.イ:>          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ./ Ⅵ  l         .} ,ィ.´  l
    ゝ.____}   l            }ゝl   .l
       l}  } ,.イ_´__       j  l   .l
       l! 〈_{ =‐―  ≦ニ.〈  .l   .l

964 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:15:34 ID:noEdXUOM

  _ ;;:::-:::------------------------------------------v----------------------------------------:-:::-::;;;;
  ||| ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ l.┌──────┬────────────┐  .|||
  ||| ┃┌──────────────────┐┃ |原作の影    |----                    |  .|||
  ||| ┃│        /.:.:.:∧ハ∨//∧.:.:.:.:丶      │┃ ├──────┼────────────┤  .|||
  ||| ┃│        /.:.:./  ̄ ̄ ̄ ̄`l.:.:.:.:.:.l       │┃ i.|出典元      |ひぐらしのなく頃に         |  .|||
  ||| ┃│       _//.:/_   , = 、 l.:.:l.:.:.:|.     │┃ └──────┴────────────┘  .|||
  ||| ┃│       7:l.:l´辷fj)-、l 弋fj>l.:.:l.:.:.:!.      │┃                                    |||
  ||| ┃│        l|:l.:ll`- ' / ヽ - ' /l.:.l.:.,イ.     │┃ ┌──────┬───────────┐    .|||
  ||| ┃│       l.:l.:lヽ  、─‐,  //l.:ll.:/ !.     │┃ |神剣名      | 無し             |    .|||
  ||| ┃│        Ⅵ 丶 ` ´ / l/ l/       │┃ |神剣形状    | ----                 |    .|||
  ||| ┃│         _ , -`>‐_'´─- 「 ̄l.        │┃ i.├──────┼───────────┤    .|||
  ||| ┃│      , - '´/ /Vl: ∧:::::/  .ト 、__     │┃ |height.       | 174cm.              |    .|||
  ||| ┃│    / l /   /:::/∨::::∨     i /⌒ヽ  │┃ |weight      | -----             |    .|||
  ||| ┃│    /  /   /:::/: :/::::::/     l l    ' │┃ ├──────┼───────────┤  .ノ i||
  ||| ┃└──────────────────┘┃ |B          |----                  |/ /!!!
  ||| ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ i.|W.         |----                  /  / |||
  |||                                  |H          |----                /    / |||
  |||  名前 : (†)入江 京介                   └──────┴─────────/    /.....|||
  |||  所属 : サルドバルト王国 国王代理                                    /     ./.. ..|||
  |||                                  i                          .ヽ     /.   |||
  |||  誕生年 : Stヨト.300                                               ヽ   /..   .|||
  |||  年齢   : 30 (死亡時)                                              ) /.    .|||
  ||l                                  |                               ノ       l||
  |l========三三三==============================ミミ ;|彡======================三三三===============l|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ー-‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

965 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:15:56 ID:noEdXUOM

─ファンタズマゴリア最北端の国家、サルドバルト王国の国王代理。
元々王宮の典医であり、サルドバルト国王トキ・セク・サルドバルトの主治医でもある。
無論トキ王には跡継ぎが居たのだが、戦死及び病死、またトキ自体が重い病に体を蝕まれており、
サルドバルトの未来をトキから委任された。トキは彼を冷静で平和を重んじる人物と信用していた。

─彼にはこれ以上なく優秀なサポート役、翡翠とヴィルヘルミナが側に居り、不慣れな為政もこなしていった。
人当たりも良く、温和な入江は国民に受け入れられ、トキ王の決断は英断であったとも評価されていた。
ブレンドしたお茶を作り出すのが趣味で、手すきの宮中の女中や文官をお茶会に誘う事もしばしば。
その中には大失敗作も有り、入江がひたすら頭を下げて謝ったりする事も有ったが、
それがまた話しやすい「国王代理」として認知されていった。

─ 一方、温和なだけでなく、曲がった事を酷く嫌い、真っ向から事に当たると言う火の気性も持ち得ていた。
そんな彼の下でサルドバルトは度々侵攻を謀ってきたダーツィからミネアを守り続けた。

               / : : `ー- ... _
             /: ̄:l\: : : : : : : ',- 、
               /: :/ヽl/ム: : : : : : :'; : :`ヽ、
           / i: l/、z-‐マ _: : : : :'; : : : :ハ
           /: :l:,lュ l 弋ア!イ: : : : : i: :l: : : ヘ
           !: :lLタ´`ー― l l: : : : : :l: l: : : : ハ
           !:l: ト       l:l: : : : : :l ト、: : : : :!
           !:.l:l   _ .. - ノイ : i: : : l:ハ } : : /
────── ./イ:ハ  ̄-     !l : l : : リ/: :l: i───────────────────────────────
        _r く l:トヘ      ll:l: l: : :lイ、: ヽN
     _ r(´ヽヽ_jヽlト、:',      lNヽ、l-z '' ¨ ̄`ヽ
     ( ヽ`ー'   r ┐l:ー-、-- ‐、 l//       ヽ
    r'`ミ′    ` t \! ヽト、トr/, '   , -     ハ        ── Kyousuke・Irie -Profile 1/3 ──
    `ー-′      / , - '' ¨ /!レ  , ' __      ハ       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      | '.     / /     / 〃./´ ̄        ',
        '. ヽ    !イ ヘ  / .il/         ,   ',
      i  !    l'   ',  > l __ ..       /  ,  i
       l  l     !   !〈 , '  ̄_ ..        / /  `i

966 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:16:10 ID:noEdXUOM

─入江は酷く悩んでいた。戦乱は敵も味方も消耗させる、このままではいけない事が良く解っていた。
強硬たる姿勢を維持するラキオスに対し、どうにか平和的な解決に至れないだろうかとも思案していた。
生来が生真面目で、事に対して常に真摯な入江は、ひたすら悩み続けていた。
しかし、ラキオス王・誠とは思想の根底が違う事から話は平行線を続けていた。
そんな中、ラキオスは独断で三国同盟のシンボルで有る守護竜を殺害し、弾薬の為のエーテルと換えてしまった。
更にラキオスのバーンライトへの侵略行動。入江はラキオスに対して不信感を押さえられなくなってしまった。

─結果、その不信感と言う土壌に、三四が撒いた疑心暗鬼の種が芽生えてしまった。
サポート役でありそして相談役でもあった翡翠が、イースペリアへ駐留していた事も彼の疑心暗鬼に拍車を掛けた。
同じくサポート役であったヴィルヘルミナは入江こそが絶対であり、相談役としては向いていなかったのである。

─入江は確かに夢見がちな理想主義者では有ったが、他者の話を聞き入れぬ様な無能な愚者では無かった。
しかし「悩みをうち明け、諫めてくれる」存在が不在な状況だった、これこそが入江にとって最大の不幸と言える。
その眼鏡は日に日に曇っていき、彼の目に写る光景は暗雲立ちこめる風景へと染まっていった。

            /"'゙゙゙゙ヽ.
          l      }
          リ ト   ,'j
          iレ}`k'L
           ノ=ニ二≧x、
        , -'"  ,     `”'i
      | `、 /      ノ./
      !  .y      ノく
────j_ ,. _j      .ルー}─────────────────────────────────────
      ゝ-〆     { 斗
      j ̄!       !./            ── Kyousuke・Irie -Profile 2/3 ──
      j ̄!       !./             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      !ノ!         レ′
        | .{|       !
      iL y          l
       ̄,′    .!.  l

967 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:16:21 ID:noEdXUOM

─三四が植え付けた疑心暗鬼は、彼が歩む道を五里霧中に包み、進むべく道を照らしてくれる者も不在の中、
入江はただひたすらに彷徨い続けた。そんな中、起きたラキオス王による暗殺未遂は、入江の疑心を爆発させ、
結果、入江は自らが夢見ていた理想すらをも壊してしまった。

─同盟の脱退、ラキオスへの宣戦布告、ラースへの侵攻、そしてラキオス王・誠の確保を指示する中、
被害を押さえろと言う彼の願い、そして自らが出張った事は、入江なりの精一杯の抵抗で有った。
しかしその抵抗は絶対戦力ヴィルヘルミナの足枷となってしまった。
もし仮に被害を考える事は無く、ラキオス王を捕らえろと言う指示だけを下していれば、
間違いなくヴィルヘルミナは入江が願う通りに事を運んでいただろう。

                    /: : : : : : : : `ヽ
                      /:./:./: : : : : ノ:y∧         ─全てが全て裏目と出てしまい、自分が引き起こした災禍の
                    〆:.:/!/:l/::/:::/:::ト∧      重大さに気付いた入江にトドメを刺したのが翡翠であった。
                 /l !::|ヾ!:./:./:,_/ト::/∧l|       翡翠の言葉により照らされた入江の心は、既に見る影も無くささくれ、
           _,..-'''ハヘl|l il::/斗Kソ / | | !        罪の意識に耐えきれず入江は自決と言う道を選んだが、
            /   ∧ ハ /| ヘ!|/l  ¨{//l|∨      ソレすらも裏目と出てしまった。
         へ    ∧ ハ/¨\_>个!l |ノ|
        /  ヘ.    j.  }Xく冫 ,'  |ノ l /i         ─治世の為政者としては三国の誰よりも向いていたのだろうが、
       .ハ   }.   | |/ /               戦乱の世ではその全てが虚しく空回りしてしまった人物。
       / /    |   l   l:K/
     /   l    |   く /!::〈                享年30歳。
    /       ,.-┤   ヽ |::::ヘ
─ ./      / ./     i|::;;ヘ─────────────────────────────────────
 . /     /  ./       l/::::;;;;ヘ
 {     ヽ. /       V:::::;;;;;ヘ.
  \    ヘ `         |::::::;;;;;;;/           ── Kyousuke・Irie -Profile 3/3 ──
   \    \       |:::::::::Vハ            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     \    \     |::::::::::ト-へ
      \   !    |::::::::\ ̄ヘ
       /    !     |:::::::::::::::!ト、::ヘ
      / |    \   /:::::::::::::::::::ト ̄ヘ
      | ≦ ̄─-'  /::::::::::::::::::::::l::``ヽ.
      |  ∧/   T::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::`

968 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:16:57 ID:noEdXUOM

  _ ;;:::-:::------------------------------------------v----------------------------------------:-:::-::;;;;
  ||| ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ l.┌──────┬────────────┐  .|||
  ||| ┃┌──────────────────┐┃ |原作の影    |サルドバルト国王         |  .|||
  ||| ┃│            ,-‐-,-‐-x.          │┃ ├──────┼────────────┤  .|||
  ||| ┃│           r'  ,i、  `ヽ.          │┃ i.|出典元      |北斗の拳                |  .|||
  ||| ┃│           / 川zzz7{ ii!          │┃ └──────┴────────────┘  .|||
  ||| ┃│          刈i-=,、 x=乂 ラ,         │┃                                    |||
  ||| ┃│         /州 `〈! f" iハ`ヽ        │┃ ┌──────┬───────────┐    .|||
  ||| ┃│  ,ヘ ー-‐- 、_i ノ li ,‐-、イ! ヾi 〉.       │┃ |神剣名      | 無し             |    .|||
  ||| ┃│ {/` ̄ヽ ヽ`ヽi/〈丶爪 イ"Y´兆i       │┃ |神剣形状    | ----                 |    .|||
  ||| ┃│γ`  _," iヾ  丶`'、,`ー´ ,;l/iリ丶_       │┃ i.├──────┼───────────┤    .|||
  ||| ┃│'ヽ  `ヽ  }}   〉、`ー=zx,,;: ノノ,'}`゙'' 、,  │┃ |height.       | 180cm.              |    .|||
  ||| ┃│,=≦ヽ   iトノノ"   `ー‐-‐ー=≦√{    `゙'│┃ |weight      | -----             |    .|||
  ||| ┃│   }_,ノ"`ー=ミ、      i! / ,へ、_-‐ │┃ ├──────┼───────────┤  .ノ i||
  ||| ┃└──────────────────┘┃ |B          |----                  |/ /!!!
  ||| ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ i.|W.         |----                  /  / |||
  |||                                  |H          |----                /    / |||
  |||  名前 : (†)トキ・セク・サルドバルト              └──────┴─────────/    /.....|||
  |||  所属 : サルドバルト王国 国王                                        /     ./.. ..|||
  |||                                  i                          .ヽ     /.   |||
  |||  誕生年 : Stヨト.268                                               ヽ   /..   .|||
  |||  年齢   : 62 (死亡時)                                              ) /.    .|||
  ||l                                  |                               ノ       l||
  |l========三三三==============================ミミ ;|彡======================三三三===============l|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ー-‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

969 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:17:09 ID:noEdXUOM

─サルドバルト王国の国王。物語登場時点で重い病を煩っており、病の床に伏せっていた。
入江にサルドバルト国王の権利を移譲し、自らは入江の後援を行いつつ、天に召されるのを待つ身であった。
厳格な性格では有るが、かといって不遜でもなく、戦乱の中、自らも戦地に赴き戦う等、
間違いなく三国の中では最も「民を導いていく先導者」と言える存在であった。
事実サルドバルトの中では信仰とも言える程の絶大なる信頼を寄せられていた人物。

─スピリットに対しても理解が有り、「スピリットとは共に国を守るパートナーで有り、道具に非ず」と明言。
スピリット達にしっかりとした教育と、国民と変わらぬ権利を与え、融和を謀りつつも、戦乱の世を治めていた。

─先代ラキオス王(誠の父親)とは義兄弟の間柄であり、ラキオス王が倒れた際、否応なく即位した
若輩者の誠をバックアップし続けた。ラキオス、特に鶴屋にとっては掛け替え無いほどの大恩有る人物で、
鶴屋がスピリットに対してとても甘いのは、トキの影響が多分に有る事は言うまでも無い。



          ン",,,、'"   ミミ`   匁  iii'''  iiiiiハ jt,
        (ン` ":: ::''"  `ミ              -''、
        ヒメ  ヽ  r"""'''' """""'i       :::: ::  t"
       / /    | i__,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ|  |_|, ii, ii,  :::::  `、,,、
       (  ソ | ti'| t、t㌍㍑◎㍍㍊|i|  iii|; ||~' -、 :: :: ヽ、ヽ
       )  |i i'|ii | ソ――-ー ''''''''t、t,,t:t ti-,㍑i |i :| ヽソ
       ン,,   リ )リノ/、、,,,,,t  、、;;;;;;;;;;ニ=ー-、))ノ )    し
      (iii    ノ''z-モェテ''、'i ~i'';;rzニ'-''ニゝ'' フ"/y"  `'く
──── .リ  ::: ミi '~~~~::::ノ| ,i''''"'""''''''    :::メ, :::    ;; )─────────────────────────
      `ソ ::: iii''t  ::::::::::::j,, " "     :::::::ノ リノ ハ  `、,
       tii リ (/ );;; :::::::: 、、_,,,、:)、;;   :::::::::`'y  /  リ,,  j}リ   ── Toki・Sek・Saldbuld -Profile 1/2 ──
        )  (  リt" ::::: ,,,,;;'i、、;;"   "   (  i|}}! /'(  t、     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /   ;;;; ソ;t   ii",;;ヨ<、:;;,,"'i!   、|i リ') i!}}i   ヽ;;,, ))
     ,/"   ノ/ ii|リ;;|!,, ii ´;;;;;;;;;;  ~'ji  ,,iijj}|ノ  亦,,, )ツ ツ (
     i|i|/|i  :::: 、|i|:::ヽ!!,iii "::(  ~'ー }} ii}|j、-''(ii   iiii ツ /
     ヽ((i  ';;; iiii ):::::ヽ!!,, ;;;;;;;;  i}!i! ' ;;;;:::::`i  ノijj!} i}jjj, ::
     、,,, ノ   i''"iリ:::::::::::ヽ!iiハii|ii!!|!i,r";;;;;;;;:::::::  j/   !!!ii||i  :::::

970 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:17:22 ID:noEdXUOM

─なお、若かりし頃に戦地でスピリットに襲われたが、果敢に立ち向かい、組み討ちの末、
襲いかかってきたスピリットを気絶させたと言うとんでもない武勇伝の持ち主。
敵スピリットが負傷していた等の幸運も有ったとは言え、その勇猛さと武勇は信仰の対象となるには十分すぎた。

─病に倒れる前は施政の最中、ヒマを見て自国の兵に組み討ち術を教えたりもしていた。
ラキオス王となった誠ですら、真っ正面から叱りつけられる事が出来る唯一無二の人物でもある。

─病に倒れ、入江に権利を移譲した後もサルドバルトと言う国家に多大なる影響を与え続けるが、
入江が引き起こした「サルドバルトの乱」の責任を被り、ラキオスの軍門に下った。
鶴屋はトキに対して、受けた誠の命を言明しきれなかったが、トキは鶴屋へ苦言を与えると共に甘さを叱った。

─ラキオス王、誠が暗殺され鶴屋がラキオスの女王に即位するのを見届けたしばし後、病により逝去する。
享年62歳。


          /               、..ゝ
          /、             : .      .、   .'"゙
          !″ .' .、  . l   /“''‐ `'  .,ノ゙... \  ヘ,,,,,,,,,,、
             |    ." 、 .、. : iヽ. -―――‐ ゙;     - ..,,.、"
        ‐'ク゛   . ..'|., ,,,エ,,,,,,,゙,,,,,,;,,,,,,,,,,,,,,ニ.......!. \   ゛ ヽ.
        ,/゛  、  .レ".,l".'/ .ノ     r‐ .ヽ 、.  `''- ....,,,,___
        .ト:   ./   .'"   '二ニニニ''    ';;ニニニ″ヽ、 : ..      .`'-,
        .l " /    ...〟  ̄ ̄ ̄、   .: ` ̄ ̄゛ .l : `‐`'-............、
─────. `       !l∨   -'"    l. `'ゝ   ,!    ,,、  ._,,ミixi,,、────────────────────
     .`^゙/       .、            !.、   ./.‐、 、,  ̄´"    ."`'ミゝ
      /   i′   !       .'-,,, ./     l゙  'L  `゙''ーr ..,,,,,_  . ´── Toki・Sek・Saldbuld -Profile 2/2 ──
     l゙ /   |     .ヽ    .,,,.. -   .:、   l   .l           ゙゙̄''''・ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     l :./    |      ' .!   / ‐''^゙゙゙゙“ ゙l  l     `゙'''ー-..,,__,     .゙ヘ.
    ,∨    Z   l.....'-、 l    .'''‐  ! /              .゛.~"''ー ,,,,. `'r、
                ‐l゙   : `-7    〟 ,, フ".lヽ ,′   `"'ーv,,, ゙'!、  -、、  .`'-,、.l
   ,.i   .」             'L  : `'-,"'、/' !'゙. :|     .'ュ     .`'ヾli、  `ヽ '-、 .` !
   ゛ .、 i.! 、     .ii.   :..l,  .‐ : `゙゙''" :   │ : .!、  .゙ヽ、 ."../   ゙.lー:....l  `'-,,゛
    .ヽ!'.l.l"..l     /,,   '.ヘ.        :   /    ヽ   `''''.. .. :  ゝ  「 '   `'.

971 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:17:41 ID:noEdXUOM

  _ ;;:::-:::------------------------------------------v----------------------------------------:-:::-::;;;;
  ||| ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ l.┌──────┬────────────┐  .|||
  ||| ┃┌──────────────────┐┃ |原作の影    |----                    |  .|||
  ||| ┃│ __,,::r'7" ::.              ヽ_.     │┃ ├──────┼────────────┤  .|||
  ||| ┃│ ゙l  |  ::               ゙) 7    │┃ i.|出典元      |銀河英雄伝説            |  .|||
  ||| ┃│  | ヽ`l ::              /ノ ).   │┃ └──────┴────────────┘  .|||
  ||| ┃│ .| ヾミ,l _;;-==ェ;、   ,,,,,,,,,,,,,,,_ ヒ-彡|i    │┃                                    |||
  ||| ┃│  〉"l,_l "-ー:ェェヮ;::)  f';;_-ェェ-ニ ゙レr-{     │┃ ┌──────┬───────────┐    .|||
  ||| ┃│  | ヽ"::::''   ̄´.::;i,  i `'' ̄    r';' }   │┃ |神剣名      | 無し             |    .|||
  ||| ┃│ . ゙N l ::.  ....:;イ;:'  l 、      ,l,フ ノ     │┃ |神剣形状    | ----                 |    .|||
  ||| ┃│ . |_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ.  /i l'    │┃ i.├──────┼───────────┤    .|||
  ||| ┃│   .| ::゙l  ::´~===' '===''` ,il" .|'"      │┃ |height.       | 170cm.              |    .|||
  ||| ┃│    .{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |      │┃ |weight      | -----             |    .|||
  ||| ┃│   /ト、 :|. ゙l;:        ,i' ,l' ノト、.    │┃ ├──────┼───────────┤  .ノ i||
  ||| ┃└──────────────────┘┃ |B          |----                  |/ /!!!
  ||| ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ i.|W.         |----                  /  / |||
  |||                                  |H          |----                /    / |||
  |||  名前 : (†)ラング・バーンライト               └──────┴─────────/    /.....|||
  |||  所属 : バーンライト王国 国王                                          /     ./.. ..|||
  |||                                  i                          .ヽ     /.   |||
  |||  誕生年 : Stヨト.279                                               ヽ   /..   .|||
  |||  年齢   : 51 (死亡時)                                              ) /.    .|||
  ||l                                  |                               ノ       l||
  |l========三三三==============================ミミ ;|彡======================三三三===============l|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ー-‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

972 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:18:54 ID:noEdXUOM

─ファンタズマゴリア中央東部、ラキオスとサーギオスを挟む場所に位置するバーンライト王国の国王。
ラング自身がサーギオス皇帝に対して絶大な忠誠を抱いており、バーンライトと言う国家は、
サーギオスの属国として北方の三国に対して睨みを効かせていた。
サーギオスから軍事支援を受け、多くのスピリットを所持していたが、サーギオスの皇帝が代替わりしてからは
支援戦力も送られる事が少なくなり、与えられていた指示も「北方における脅威に対応せよ」のみとなっていた。

─流石に所持するスピリット戦力が少なくなってからは、事に対し慎重、悪く言えば及び腰であったが、
フォークの出兵論と熱意にほだされ、ラキオスへの侵攻を行っていた。

─スピリットに対し、戦争に利用する道具以上の何物でも無いと言う、ファンタズマゴリアではスタンダートな考えを持ち、
為政者としては無能でも有能でも無い凡人。その思惑は単にサーギオス皇帝に褒められたい、称賛されたいと言う物だった。


        ヽミ;'''"´ニ 二三三! : .:. :     ``丶、
        ノノニ二三三三三{ : .:. :.         `ヽ
        ,ハニ二三三三三ヲ: .: .:.:.           ゙、
        ,ハヾミミ,r'⌒ヾ云ヲ:. :. :. :.               ',
       ,ハミミミ/   lヲ´. :. :. :.:.:.:. ‐-、、,,,,        !
        〈 ミミミ! 〈 〈. :.: .: .: .: .:.    :. .:.``ヾミ;、,,   1
       V ミミミ゙、 い.::.:;.        ` ,,r== ..㍊'′,,、1
       V.:.ミシ入_/.:.:.:..:'、          ̄´.:.;;  ,斤シ′
─────`y''"´.:.:/.:.:.:.:.:..:;i           ...:.:.:;:;  i::Y──────────────────────────────
        /.;;;;;.:..:;′.:.:.:.:.:.;: 、    ,,,,,,. ィ´,,, .:;, _,」 !
        ./;:;;;;;;;.:.::;..:.:.:.:.:.:.:.:  ';. '" ・-、、,,. ``' 了/
     /.:::. ``ヽ、';:.:.:.:.:.:.:.:.  l.       `` < /            ── Rang・Burnlight -Profile 1/2 ──
   __/.:;:;;;;;;:.`丶、 `ヽ、:.:.:.:.   |     ー,.;;;;;'  /                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 .:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:.、  ヽ、:.:.:::;:,          /
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;.、  `ヾ.:.゙.、.     ,r'
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;、   `ヾ;;;;:.:、,.;彡
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::.、     /⌒ヽ〈
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.ヽ  /.:.:.:.:.:.:い

973 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:19:35 ID:noEdXUOM

─ラングの元には数多くの支援スピリットが派遣されたが、扱い的には至って普通であった。
あくまでもこの世界での普通、である。しかし真紅に対してだけは、どうしても感情を抑えられなかった。
その理由は真紅が送られた際に同封されていたサーギオス皇帝の書である。
そこには真紅を特別扱いし、復調するまではしっかりとした待遇を行えと記載されていた。

─皇帝に目を掛けられたスピリット、その事自体がラングには許せなかった。
何故忠実たる僕である自分よりも、スピリット如きに……と言う嫉妬を抱いた事は間違いないだろう。
支援スピリットは皇帝陛下からの預かり物で有ると言う事をラングは重々理解していたが、
真紅を単身ラキオスへ送ったりする等、真紅をさっさと始末しておきたいと言う感情が有ったのだろう。

─保有するスピリット戦力が絶無の状態となり、迫り来るラキオスに対して抵抗するも虚しく、虜囚の身となる。
しかし捕虜の立場であっても、鶴屋の言葉には一切の耳を貸さず、説得の為近付いた真紅を絞め殺そうとする等、
誠と同様、相当に激しい気性の持ち主であった。


               _,..-─ ─- 、._         ─結果、真紅の反撃に遭い、刃物でノドから延髄にかけて
            ,.' ´         . . `ヽ、        一突きされ死亡する事となるが、その今際の心境は如何な
             /            . . :.:. ヽ      物で有ったのだろうか。    享年51歳。
        _,、/             . . :.: _, -ヽ、_
        {ニj             . . :.:j彡   __ヲ
        トノ      ,       . . :ノニ..、、   フ
        H  , -─、  i ゞ==ー、._. :.:.に二ニ   }
        〈ハ'´,rェエ,I>  r ニエユ,ミュ一 : `マ尨._  リ
        Y    ‐f  ...       : : : : Y´r Y
         !   ,..」  . :.::.、      : :,: :  h |
───── l   / ゞ、__,. -ーヘ、   . :.:〃:: : : ヲ,イ──────────────────────────────
         ゙i  i   __       `i. :.:. :ノ:: : し'´ ::|
         ゙i    ー─ -..、_  . ! :.:.:.:i: :: : |: : : :|
            l    ー‐-、 ..  . . :.::,': :: :: |: /|\      ── Rang・Burnlight -Profile 2/2 ──
          l i    "''    : :../::/: :: :/  ,イ::::::\      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          `、j       . :.::./:://  ,.'´/::::::::::::::\
       _, .イ¨|ヽ、   . . :.:::_ィ‐'´ ,. '´ _,/:::::::::::::::::::/`ー-、_
   ,. -‐ ´:::::::::/:::::|\ハー一イ´_,.‐'´ ,.‐'´/:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::

974 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:19:46 ID:noEdXUOM

  _ ;;:::-:::------------------------------------------v----------------------------------------:-:::-::;;;;
  ||| ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ l.┌──────┬────────────┐  .|||
  ||| ┃┌──────────────────┐┃ |原作の影    |----                    |  .|||
  ||| ┃│      j     , ィ`"""´'''ー- 、;:;:;:ヽ     │┃ ├──────┼────────────┤  .|||
  ||| ┃│      \_,.‐'´.:.::::::::::::::::.:.:.:.  !;:;:;:;:!      │┃ i.|出典元      |銀河英雄伝説            |  .|||
  ||| ┃│       〈;:;!   .:.:::::::::::::::.:.:.:.:.  !;:;:;/.      │┃ └──────┴────────────┘  .|||
  ||| ┃│      l;:;!'´ ー=';ゞ、j.:.:、:.:_,,、-ヾ;:/        │┃                                    |||
  ||| ┃│      〉(  <ニ・ゞ冫:::ナ・ニゝ ,j'ソ         │┃ ┌──────┬───────────┐    .|||
  ||| ┃│      i カ   ̄´{ i´` ̄   !リ        │┃ |神剣名      | 無し             |    .|||
  ||| ┃│      ゝハ    ,l ;,    ,j'ソ        │┃ |神剣形状    | ----                 |    .|||
  ||| ┃│        `i    ゞ '´   ,!'′       │┃ i.├──────┼───────────┤    .|||
  ||| ┃│           ト、  ´二二` ,イ            │┃ |height.       | 165cm.              |    .|||
  ||| ┃│       ノi `、    ̄  ,/ ト、        │┃ |weight      | -----             |    .|||
  ||| ┃│       l  l i  `ー─‐''  l ヽ        │┃ ├──────┼───────────┤  .ノ i||
  ||| ┃└──────────────────┘┃ |B          |----                  |/ /!!!
  ||| ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ i.|W.         |----                  /  / |||
  |||                                  |H          |----                /    / |||
  |||  名前 : (†)アンドリュー・フォーク             └──────┴─────────/    /.....|||
  |||  所属 : バーンライト王国 軍司令官                                      /     ./.. ..|||
  |||                                  i                          .ヽ     /.   |||
  |||  誕生年 : Stヨト.304                                               ヽ   /..   .|||
  |||  年齢   : 26 (死亡時)                                              ) /.    .|||
  ||l                                  |                               ノ       l||
  |l========三三三==============================ミミ ;|彡======================三三三===============l|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ー-‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

975 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:20:04 ID:noEdXUOM

─戦死した父の後を継いだ、バーンライト王国の二世司令官。
その性格は苦労知らずのおぼっちゃまであり、司令官と言う立場も実際の所、親の七光りである。
フォーク自身は「自らはもっと高い地位につける実力者である」「秩序の壁の司令官にだってなれる」
と言う根拠の無い自信と、裏付けの無い自尊心を持っており、ラキオスの攻略に対し全力を注ぐが、
一向に上手く行かぬ現実を受け入れる事が出来なかった。

─真紅がバーンライトに送られた頃、フォークは精神を病み、精神失調から来る入院生活を余儀なくされていた。
退院後は精神安定剤を常に服用しつつ、軍務司令として再度ラキオスを攻略すべく日夜腐心する。


                                   ─弱気になっていたラングに対しハッパをかけ、
                                   真紅達がとうに思いついていたが現実的では無いとしていた
            ,rニ二三三三三三三三二二ニ|      作戦プランを「自身が発見した、画期的な作戦」と称し、
.            ,rニ二三三三三三三三≧''" ̄ミヽ、.     自信満々に強行させたりと、指揮官としての能力は至って低く、
           ,iニ二三三三三三- ''";; /_/_〃彡彡ミ    典型的な無能な働き者であった。
            ,lニニ二三三三_∠、-'´  ̄ :::::::ヽ.シ彡゙,
          {ニ二三三x≦"        ::::::::::i三彡i
          l二三ヲ'"             ::::::::::l;ミ彡l
          `≧圭f            "ゞ:::lミミミl
            iミi           _,,,.-―'iミf⌒i
            〉ハ __   儿、,-'ー'iiユヲ:::ゞヽヲノ
──────── i i  こニヨラ'ァ 「`ヽ ̄  :::l刀ン─────────────────────────────
            ゙、 l       l  |:::    :::rレ'´
             ヽ        ! :i:、   ::::l:::::i          ── Andlew・Fork -Profile 1/2 ──
               ヽ、    r、,, r'    :::i::::::l、             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ`ヽ 、-ャ_-_ニア'´ ::i'::::::|ハ
              /_ヽ_ ヽ `-r-:::   :ノ ,‐//ハ
            rニ'´´   :::`K´ /   /,、‐////ハ
            レ'´ 一一-v、 /___,‐∧////////└、、
       ___f´ー' `''ー-、, j /     .∧////7l/ ノ////`iiー-、,
  ,,,;;;77√/////ハ   =-ァ- ノV jj   ∧// v=-レ'´//////////7
ri´/////////////ハ    ,ノー'´ ノ 〃   ∧////∧/////////////7
///////////////∧    ,}r-'´    ノ/////∧/////////////7

976 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:20:20 ID:noEdXUOM

─そんなフォークが上げた作戦の中、数少ない戦果を上げた物として、
「スピリットの体に爆薬を巻き付け、砦に突入させ自爆させる」
「降伏すると見せかけ、その隙に相手スピリットを討ち取らせる」と言う二つが有る。

─とは言え、次々と戦力が目減りしていった状勢ではそんな事も出来なくなり、
フォークはシャナとかがみの二名による正面決戦を選択する。
フォーク自身はこの一戦を聖戦と称し、乾坤一擲の戦であると吹聴していたが、
シャナ・かがみにとっては迷惑以外の何物でも無かったであろう。
結果、バーンライト最後の戦力であったシャナすら消滅し、かがみも壊れてしまった。

─視察にやってきたモンティナを白豚呼ばわりし、帝国皇帝親衛隊長を殺害しようとするなど、
プライドだけは異常な程に高く、その他が一切追いついていないそんな人物であった。


          ,r'゙´;:;:;:;:;:;:. :.: .:. :.:.:.!:::.:..:.   `ヽ、      ─そんなフォークの末路はかがみにより飛剣に体中を貫かれ、
            /;:;:;:;:;:;:;::::::ィ彡三ニ i!:::::.:.:.:.     ヽ       その後、塵一つ残さず蒸発させられると言う悲惨な物であった。
        /, ';:;:;:;:;:;:;;彡二三三ミ|:::::::::.:.:.:.:.    ゙、
        //;;;;;;;;,r-ー ‐‐- 、、、;;;;jト、,,,,,、、、、:.:.:.:.:.:.:.j!    享年26歳。
       ,イN;;;;;;;/:::::::::.:.:.:.           ̄ `ヾ.:::::|
       {;:;/;:;;{::::::::::::.:.:.:.               i!:::::!
         ゙、;;;;;;|::::::::..:.:.:.                 |:::::!
        ゙、;;;;!::,r':.:.:.:.:.       .I!        !::/
         カ;!::-ー- 、、_ _ ,, ,::;{   _ _ _ 1!/
──────〈.ト、::::ゝ こテニ;::::j;;{:::斤'''reァーュ ``j!─────────────────────────────
       ,r‐< ハ!:::.:.:``  '"´::; ト、`` ̄ ¨´ //_
_,,、、、-一''"´.:.:::::ト、jト、:.:.      .:.;; i      ノ/:::::.ヽ              ── Andlew・Fork -Profile 2/2 ──
.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::!.:.:ヽト、    .:;;;; |      j〈::::::::::::::::``ー‐- 、、_         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!.:.:.゙、::    '^ ー'゙    ,イ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!.:.:. ゙、   -=ニニ=-    /:::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`.、.:.:ヽ   、__,   /::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ >、        ,イ:::::::::::/l:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ゝ --t r <:::::::::::::::l/::::::/仁二二7 7二二j::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i /   ! ト、 \::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

977 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:20:32 ID:noEdXUOM

  _ ;;:::-:::------------------------------------------v----------------------------------------:-:::-::;;;;
  ||| ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ l.┌──────┬────────────┐  .|||
  ||| ┃┌──────────────────┐┃ |原作の影    | ダーツィ大公国大公       |  .|||
  ||| ┃│ ',i ,-三三三三三、   _,.ニ、ー-、!;: -‐二 ̄彡.|┃ ├──────┼────────────┤  .|||
  ||| ┃│ ',、、ヾ三三'" ̄ ̄   `ー‐"    ヾ-'"  .〉 |┃ i.|出典元      |水戸黄門                |  .|||
  ||| ┃│ ヽ ヽヾ三,'   ::..,. -‐- 、     _,,..-‐、、,'  |┃ └──────┴────────────┘  .|||
  ||| ┃│  `ー',ミミ     ::.弋ラ''ー、   i'"ィ'之フ l′ |┃                                    |||
  ||| ┃│  /:l lミミ     ::::.. 二フ´   l ヽ、.ノ ,'  |┃ ┌──────┬───────────┐    .|||
  ||| ┃│.‐フ:::::| |,ミ              l      /   |┃ |神剣名      | 無し             |    .|||
  ||| ┃│,'":::::::::| |ヾ         /__.   l     /     |┃ |神剣形状    | ----                 |    .|||
  ||| ┃│ :::::::::::::',.',. \       ⌒ヽ、,ノ   /ヽ_  |┃ i.├──────┼───────────┤    .|||
  ||| ┃│ ::::::::::::::ヽヽ. \   _,_,.、〃  /l |  `゙|┃ |height.       | 160cm. (※)         |    .|||
  ||| ┃│`、::::::::::::::ヽ\  \  、. ̄⌒" ̄/:::::| l.    |┃ |weight      | -----             |    .|||
  ||| ┃│`、\::::::::::::\\  `、.__  ̄´ ̄/::::::::::l |.   |┃ ├──────┼───────────┤  .ノ i||
  ||| ┃└──────────────────┘┃ |B          |----                  |/ /!!!
  ||| ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ i.|W.         |----                  /  / |||
  |||                                  |H          |----                /    / |||
  |||  名前 : (†)一条・ダーツィ・三位                  └──────┴─────────/    /.....|||
  |||  所属 : ダーツィ大公国 大公                                           /     ./.. ..|||
  |||                                  i (※)烏帽子まで含めると190cm    ヽ     /.   |||
  |||  誕生年 : Stヨト.288                                               ヽ   /..   .|||
  |||  年齢   : 42 (死亡時)                                              ) /.    .|||
  ||l                                  |                               ノ       l||
  |l========三三三==============================ミミ ;|彡======================三三三===============l|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ー-‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

978 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:20:48 ID:noEdXUOM

─ファンタズマゴリアのほぼ中央に位置するダーツィ大公国の大公。要するにダーツィ王である。
ダーツィには菊亭と言う大公が存在しており、本来一条(以下麻呂)は大公ではなく、補佐官に過ぎなかった。
そんな菊亭を麻呂が配下の三四を使い毒殺し、ダーツィの大公と言う立場に着いた。
帝国をもその手中にも手に入れようと述べる、野望多き人物。
珍妙な化粧を施し、普段は天守閣で踊っていると言う奇妙奇天烈な人物でもあった。

─性格は至って小物で、更には臆病者であるが、情報の重要性を熟知しており、
武力一辺倒であったダーツィを謀略による搦め手で攻める国家へと変貌させた。
むしろ、武力が無いが故に搦め手で攻めるしかなかった、とも言えなくは無い。

─ちなみに、麻呂が抱いていた北方侵略のシナリオは、ラキオスとサルドバルトを仲違いさせ、
その隙に戦力と国土を奪うと言う漁夫の利を狙うと言う代物であった。


      /"'-..,;;;;;;;;;;;;;`''-..,,_;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;..|
       ト:::::::::`''- ..,, ;;;;;;;;;;;;`'' -...., . .- ''´|
      i:::::::::::::::::::三  `'' - ..,,;;;;;/;;;,,..-'イ;,
     /ニ、::::::::::::::::三    、;;;;;; `"´ ,,,,, i;;;i
    { ( _',::::::::::/          "" |/
    ', '<i ヾ:::::::i  、、,,三、     ,,.-、 i
     ',、ヾヽi:::::i   '-ヽソヾ   /,'ッフ、i
     ヽ__.. i::::i    、  ̄ノ  | ;ニ ノ.i
─── .ノ,.-| i::i          |   i ───────────────────────────────────
.       i,ィ''"',    /、_  ::::   /
       /',',',  ',  /   ヽ_ノ  /          ── Itijo・Dartuli・Sani -Profile 1/2 ──
.      イ',',',',', ', ', ( ,.---::;;;;、_,. } /               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     / '',',',',',', ', ',- 、 ,.__`ー´ノノ
   ,.-イ  ''',',',.',', ',:',    ,ノ /、,,、
  (  {´    ',',',',', :',.','---─ '´リ  ', ヽ
''´´ヽ((''- ..,  ',',',',', .',.',ソ  ./ /   ',) }ー..,,,

979 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:21:00 ID:noEdXUOM

─麻呂自身は戦闘指揮能力は皆無で、その事を麻呂自身が良く知っていた。
そこで傭兵部隊「山狗」を雇用し、戦時指揮を隊長である小此木に一任させ、麻呂自身はパトロンとして動いた。
結果、小此木はそれによく応え、三四と共に北方三国を大混乱に陥しいれた。

─実際の所、この手柄は山狗と三四による物であると言う見方は有るが、麻呂は作戦の根幹を出しつつ、
小此木の進言を聞き入れた上でシナリオの修正を行ったり、戦争に金が掛かる事をよく理解し、
資金の放出を渋ったりしない等、決して無能なトップでは無かったと言えよう。
ダーツィにもっと戦力が有れば、北方三国はもっと苦境に陥っていた事は予想に難くない。

─ミネアにて予想外の行動を起こし、突貫してきたやる夫を恐れ、小此木と共にソーン・リームへと
逃げ出すと言う運びとなったが、そんな彼らを待ち受けていたのは雪華綺晶であった。
狂気の笑みを浮かべる雪華綺晶の手により麻呂は顔面を吹き飛ばされ、絶命する。 享年42歳。


         ト、;;;;;;;;;;;;;;;` ` '' ー -- ‐ '' ";;;;;;;;;,:ィ;:;!
        ,';:``' ‐ョ 、 ,_ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; , - '"l;:;:;:;:l
        l;:;:;:;:;:;:;ミ   ` ` '' ー -‐ '"    ,リ;:;:;:l
        l;:;:;:;:;:;:;:ゝ   く三)   (三シ  `ヾ;:t、
       fミ{;:;:;:;:f'´   __ ,,.ノィリ!iヾ、.,,__  };f }
       l トl;:;:;:;:l  、,ィ或tュ、゙ミ:::::{,'ィt或アチ l:l,
       ゙i,tヾ:;:;:!  `ヽ 二ノ :::::::::ト ` ‐t"i´  l:l:f
        ヽ`ー};:l    ) ) ,r':::::::::ヽ  ) )  リ_)
───── .`"^l:l   ( ( ,/゙ー、::::::;r'ヽ( (  l───────────────────────────────
           ゙i     )ノ    `'"   丶 )  ,'
             ゙l、  ( (,ィ─==─ヽ ( ,}/        ── Itijo・Dartuli・Sani -Profile 2/2 ──
            ',ヽ, ) )ヾ┼┼┼,シ' ) )ヽ         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             } 丶( `゙==='′ /ノ:.:.:ヽ
            /l   丶、      ,.イ:.:.:.:.:.:.:.:丶、、
          ,r'"^l !    ` ー‐;オ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ノ  ,}、
     ,. -ァ=く(:.:.:.l  l      //:.:.:.:.:.:., - '"  ,/ ヽ、

980 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:21:11 ID:noEdXUOM

  _ ;;:::-:::------------------------------------------v----------------------------------------:-:::-::;;;;
  ||| ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ l.┌──────┬────────────┐  .|||
  ||| ┃┌──────────────────┐┃ |原作の影    |----                    |  .|||
  ||| ┃│ i: : /: :/: : : : : / l: :ハ:l.: : :ハ: : : ハ: : : : :i    │┃ ├──────┼────────────┤  .|||
  ||| ┃│. l: : i: :./: : : : :/ i: / ヽヽ: : ハ: : :ハ.:.: : :.:.!    │┃ i.|出典元      |ひぐらしのなく頃に         |  .|||
  ||| ┃│. l: : l: :i: : : : / _ // -==-、...: :i: : : :i: : : : l.    │┃ └──────┴────────────┘  .|||
  ||| ┃│ l: : l :l: :,-,/'¨ 〃  -___ヽ_i,:l: : : :l: : : :l|.    │┃                                    |||
  ||| ┃│ \ 〉:l:'、;l-‐- ´   ´   `l: : : : :.l: : : :l     │┃ ┌──────┬───────────┐    .|||
  ||| ┃│  //ヘヘト          l: : : : : l: : : :l     │┃ |神剣名      | 無し             |    .|||
  ||| ┃│  //: : ヽlヘ   '  __,   l: :l: : : :ハ: : : l.    │┃ |神剣形状    | ----                 |    .|||
  ||| ┃│ i: i: : : : : :/丶、     , .ィ: l: : : /: i: : : l    │┃ i.├──────┼───────────┤    .|||
  ||| ┃│ l: l: : : : : :l: : :!i:`:>-i ': ; :l: l: : : /: ヘ: : : l.    │┃ |height.       | 158cm.              |    .|||
  ||| ┃│ l l: : : : : :lヘ ; >' /iヘ´ l: l: : :/、:_: ヘ: : :l.   │┃ |weight      | 42kg               |    .|||
  ||| ┃│ l l、: :l: : :.l'´//i | / .l l.ヘ l l: : / ノ// > 、 │┃ ├──────┼───────────┤  .ノ i||
  ||| ┃└──────────────────┘┃ |B          |80                    |/ /!!!
  ||| ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ i.|W.         |54                    /  / |||
  |||                                  |H          |84                  /    / |||
  |||  名前 : (†)鷹野 三四 (御代)                  └──────┴─────────/    /.....|||
  |||  所属 : ダーツィ大公国 司令代理                                       /     ./.. ..|||
  |||                                  i                             ヽ     /.   |||
  |||  誕生年 : 不明                                                  ヽ   /..   .|||
  |||  年齢   : 不明                                                     ) /.    .|||
  ||l                                  |                               ノ       l||
  |l========三三三==============================ミミ ;|彡======================三三三===============l|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ー-‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

981 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:21:25 ID:noEdXUOM

─ダーツィの司令官を代行する見た目麗しい妙齢の女性。無論彼女自身の戦闘力は皆無。
ミネア会戦で死亡した父の後を継ぎ、ダーツィ軍の司令官を代行し、数々の暗躍により
北方三国を大混乱の渦中に陥れた張本人である。

─偽名として「御代」を名乗るが、そもそも彼女は自分が本来与えられた名前を知らない。
幼少のみぎりに捨てられ、拾われた少女に与えられた名前が「三四」である。よって正確な年齢も不詳。

─少女を拾ったダーツィ司令官は娘として三四を育てた、性的虐待を行いつつ。
三四は父親に媚びを売る事で日々の糧を得た、そうする事でしか生きていけなかった。
三四は相手がどうしたら喜ばせる事が出来るか、どうしたら人を動かせるのかを実体験で学び、
結果、異常な迄に切れる思考と性酷薄な魔性をその身に宿す。

─情報を大事にする麻呂も下地となり、その魔性は生真面目で人の好い入江をあっさりと取り込んだ。
入江は自分自身が悩みに悩んだ末の決断で有った筈だが、その行動も三四にとってはシナリオ通りの行動。
三四にとって意外だったのは入江の自決位であろう。

          /          _    _ `ヽ
         /      /  / /_ / ̄ ̄ フ   \
        /      /   /// / /  //`ヽ ヽヽ
          l|      /   |'/ / /// ,. ヘ    ヽ!
          l|   /  |    L-‐テ=<//   ヽ |  ト、!
        |  |  /| |  | |∠-―'´/´    -‐、V!   ||
        |  | || | |  | | __ニミ          〉  | !
───── .|  | || | |  | 「 ̄ ̄`'´     ,.ニ.、 /   | /───────────────────────────.
        |  ! || | |  | |ヾ``      '⌒` イ    |/
        |  / || i! ||   | |        ン `` i |    ||
        | / ∧V| | |   | |   「 ̄>   / |   | |!         ──Miyo・Takano -Profile 1/2 ──
          ,!' / ∧V ! |   | |   `   ,. イ | |  | |           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ,/ /∠二| |〈 |  | | |> __,.ィ升  | |  |  | |
       ,/  / ヽ<! ハ |  | ト、ヽ ム\ / / | | |  || |
      / /    ノ< |  | | ヽ| |  \' / | |   | | !
     /へ、  /   |  | !`ヽ|| '´|   | `ヽ| ! |  | !|
      /          ! //  ||  |   |  ヽ! |  /  |

982 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:21:41 ID:noEdXUOM

─入江の自決により、三四はその狙いをサルドバルトからイースペリアへ移す。
タイミング的にも幸いした、金糸雀がみくると共にラースに向かって居た為である。
三四とその部下はイースペリア城を制圧し、手ぐすね引いて女王みくるの帰りを待っていた。
みくるの暗証自白も三四にとって予想・予定されていた行動であったが、
みくるを思いやる圭一の言動は三四にとってはとことんいけ好かない物であった。

─三四には本人が押さえていてもにじみ出て来る程に強烈な上昇志向が有る。
元が最底辺だった反動も有るだろうか。
産まれながらにして時期女王であり、圭一に深く愛されたみくるに対して、
三四はどれ程の嫉妬と劣情を抱いただろうか。
その嫉妬の炎はみくるの利用価値が無くなった時点でどう昇華されたであろうか。

─イースペリア城、コア神剣フロアの中央にて、グラスを傾けながら部下に指示を出す三四は一体何を想ったか。
その栄華が潰えるまでの一瞬は三四は幸福であっただろうか。
聖ヨト330年アソクの月-白4つの日、三四はイースペリアと言う国を巻き添えに息絶える事になる。  享年不明。

       ./   .:/       .::/   ..::/   .....:::::/      / ヽ  ヽ  ヽ.、
      /  ..::::/ /  /    .::/  ...::/  ...:/ //'      /:. ::i::.  ヽ   \
= ...... - '   ..:::/:::.i  / /  .:/―‐.:-:'-;:/</:/  / /    :/ .!:: :|:::.  ヽ  ヽ. ヽ、
_--  _,,,,..:::::-‐'...::/:::! / /   ::i  .:::/..//_,,,,,,,,'/_  i:: ./  /.:/  !: :l:::::..   i  ::ヽ :ヽ
 ニ-''    .:: /: :| .i i   ::| ,:z===‐- ...,,!_ ヽ .V  / /   | :!::::::::.  :|  : :::' ;:::',
'.::'    '',;:-''...::::: :::l .| .|:   ::l:ヾ i';-イkjl;;;;;! ヾ'    i  :/./ヽ   .l .:/::::::::::  :l   i::::::i:,:::i
   ..::::/,,;:::r‐ :ヽ:::! l l:   :::!ヽ.とー-''<ノ  !i     | :i / .:.:.\  ,'.:/:::::::::::::  :|   l::::l::i::::|ヽ..、
-‐ ''''' // '' !  !::::::l:| |    :| lヽ    : :. ゙ヽ   l .::| !_  .:.ヽ/ /;::::::::::::::  :!  i  .|:::l:::|:::l   ヽ 、
 ...... /'  -=ヽ、 ヽ::::l  !::.    !:| .|        ヽ、 !:::! ,zヽ, .:.:.':/:::l::::::::::::: /   i  l/::::! :!──────────────
---:::l....     ヽ .V  !::::.   ヽ !           ゙!.i!, ,ノヽ, .:.|:::i:::':;::::::::: / /  :|  |:/:/ !
'''' ::-ヽ:::;::: ------ヽ!i ヽ | ;::::   :|l  ,.  、    ...:'.:.   ヾ!jj||lヘ:.:!::;|:|:::i:::::::/  .i  .:::l  .l::/ /
ニ..ヽ:/  _..-_-::::::::/ヽ '/ ヾ:  i ! ! ヾニ.ヽ 、ヽ、:.:.:.:.    ::''っ'.:,:'::/;!:::l:i::i::  .|:. ::i:|  !'  ──Miyo・Takano -Profile 2/2 ──
:;:;:;:/:/'''''''/- :::: -/  \   i: /' |   `  ヽ,ヽ:.:.:.   :. :.:.:./:i::i/:::/:!:/::  l::: : :l::l | , i   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
::;:;:!/   ! _   .::/!   :::ヽ:. !:/     .:.:.:.. :ヽ,_ノ :.:.:.:.:....:: .:/::::::! |/::/i::::!::  |i::::..:|:|: l ヾ.、
、    /:;:;:;:;:;:;:;/ !、   :::.\':.      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ,:':l:::::::ヾ;:/::::'::ヽ:. l .!:::::';!::. !
 ̄,i  ./;:;:;:;:;:;:/       ::::::ヽ:..   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;//l::!::::::;::::\::::::: :::::. ! ヽ:::ヽ':,!
.'' | .i;:;:: - '         :::::::::\.. .:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:.: ...- ''::::::/:::|:ヽヽ::ヽ::::::::''::-.,,_ ::..ヽ \i
../ |:'':::            :::::::::::::`''::;""/;/:::,r:::::::::::i::l::::::::::!:::::\:::::\:::::::::::::::ヽ:...   ヽ

983 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:21:53 ID:noEdXUOM

  _ ;;:::-:::------------------------------------------v----------------------------------------:-:::-::;;;;
  ||| ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ l.┌──────┬────────────┐  .|||
  ||| ┃┌──────────────────┐┃ |原作の影    |----                    |  .|||
  ||| ┃│.     ,' ,.     ...__::::::',           │┃ ├──────┼────────────┤  .|||
  ||| ┃│     i ,'''- .,,,w,.-''' ´ ',:::',          │┃ i.|出典元      |ひぐらしのなく頃に         |  .|||
  ||| ┃│     i.i,'       ', ',::::i           │┃ └──────┴────────────┘  .|||
  ||| ┃│     'i   、  / _,,,,_ ',-'、           │┃                                    |||
  ||| ┃│.       ,'、.- ..ミ  ,.=ェェ-  6.,'           │┃ ┌──────┬───────────┐    .|||
  ||| ┃│     '、.i .⌒'| `ヽ   ソ、          │┃ |神剣名      | 無し             |    .|||
  ||| ┃│      `',  ノ'、 ノ.'`,'  ,'、 ヽ        │┃ |神剣形状    | ----                 |    .|||
  ||| ┃│       ヽ 丶=ニ´'  /|`ヽ::: ',        │┃ i.├──────┼───────────┤    .|||
  ||| ┃│       /ヽ ''''" /. ''t.', ',-rー---、    │┃ |height.       | 180cm.              |    .|||
  ||| ┃│      ,../i ', ` --,、'''´  / i ',=---、. - 、   │┃ |weight      | 81kg               |    .|||
  ||| ┃│   _,,..-''-i '、 '、  ノ´`',、 / .,'  ',  /   \. │┃ ├──────┼───────────┤  .ノ i||
  ||| ┃└──────────────────┘┃ |B          |----                  |/ /!!!
  ||| ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ i.|W.         |----                  /  / |||
  |||                                  |H          |----                /    / |||
  |||  名前 : (†)小此木 鉄郎                       └──────┴─────────/    /.....|||
  |||  所属 : 傭兵部隊 「山狗」隊長                                         /     ./.. ..|||
  |||                                  i                             ヽ     /.   |||
  |||  誕生年 : Stヨト.291                                               ヽ   /..   .|||
  |||  年齢   : 39 (死亡時)                                              ) /.    .|||
  ||l                                  |                               ノ       l||
  |l========三三三==============================ミミ ;|彡======================三三三===============l|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ー-‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

984 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:22:06 ID:noEdXUOM

─主にマロリガンにてサーギオス相手に傭兵を率いて活動していた傭兵部隊「山狗」の隊長。
人間兵の兵力などたかが知れた物だが、主に要人の護衛や、戦地での危険な地域への補給等を行ったり、
諜報の為サーギオスに忍び込んだりもしていた。それ故、戦闘の経歴は相当たる持ち主。
彼自身は無論スピリットと正面切って戦える様な戦闘力は持ち得ないが、
スピリットがどの様にして戦うか、どうすれば足止め出来るか等を熟知していた。

─雇い主で有る麻呂に対しても平気で茶化したり、奇妙な方言による言葉遣い等、とても飄々した性格。
彼が率いる山狗部隊は熾烈な戦闘を生き抜いてきた面子揃いで、その面子から深く慕われていたが、
実力はあっても雇い主からは嫌われる事が多かった模様。今回の雇い主である麻呂は小此木の言動を
そこまで気にしなかった事と指揮権を委任された事から、傭兵と言うレベル以上の活躍を持って麻呂に応えた。

─本作では三四と共に北方三国を混乱の渦中に招いた。
ラキオス兵に変装し、バーンライトの状勢を事細やかに報告したり、ラキオス各地でテロ行動を起こしたり、
ミネアの森林では宙より突入しようとする蒼星石相手に知恵を絞り奮戦したりと実に獅子奮迅、八面六臂であった。

        l:::::〃 i       ` ′      ヽゝ:::::l
        l::::/ィ ノ    __ノ'  `ー‐--- 、  ヽ:::l
        l::::::7  - ''  ̄ -、    ´ ,ィ‐┬ァ  ゛l/ヽ.
          !:::::,'   <I二!` ,  ', ー ̄    .lイ !
        ,ゝ、l        ´   i           l 〉 }
        ヽ' ヽ.           l         /l /
         l 、lヽ       {.  ! ノ     ' l ,'
         ヽ、`ヘヽ、     `ー '    、  l′
            ヽ_ヽ   < --‐‐‐ '''' ´  ′/l
─────────l \     -‐'''    , ' .l────────────────────────────
               !  `丶、        /  l
            /´「 ::i\ ヽ、__ ..′ / :|_、           ──Teturo・Okonogi -Profile 1/2 ──
          /  i  :/  ___        /  | :\            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ,/   l/     ゞ    / /.|: : : \.
       /./  , 〆ト、 _ ..__       / / .l ⌒ヽ: :i`・、
   , - ''  / /    ''"   _    ~‐/ /  l   \i  ヽ

985 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:22:46 ID:noEdXUOM

─小此木は長きに渡る傭兵活動に見切りを付ける頃合いと考えていたが、巨額の報酬と指揮権委任と言う
小此木自身の酷く食指がそそる条件に乗った。事が上手く運んだら今まで共に戦ってきた仲間と共に引退し、
ゆっくりとした余生を過ごそうとも考えていた。

─残念ながら小此木の目論見の通りには事は進まず、ダーツィは敗北に至る物の、
足手まといにしかならぬ麻呂を最後まで見捨てる事は無く丁重に扱った。
度々自らを金で動く卑しい「犬っころ」と卑下していたが、実際は忠犬であったと言えよう。

─そんなソーン・リームへ逃げこんだ小此木達を待ち受けていたのは、冷たい光を放つ無音の刃。
小此木達は全身をなますにされ、その亡骸はソーン・リームに静かに降り積もる地表の雪を真っ赤に染めた。
享年39歳。


             /三三三三三三三三三三ミ\
            /三三三三三三三三三三三三:ミヽ
         /三三三三三ツ'‐-、三三Ξ-―'ヾ、:ミミヽ
          /三三三三Ξ´ __} i三〃´   ノ  ヾ:ミミ〉
           l三三三三三! / ) l/   ‐‐'´     .!:/
         l:三三三三ミ! ヽ 〉'   ,       、  ヽ. |'
,.ィ≦三三≧.、_|:三:三彡'´ 、 冫  /      \.  !:l
三三彡"´ ̄ 7_:〃`"´ i: : 冫   〈      !  .:', |'
彡"´   _ィ        l: :/      ヽ       ヽ.:.:.!, '
    /:.:.:.:.`:.:、     !〈    ,.‐、          /
_...‐'´ー.、_:.:.:.:.:.:.:.:`:..、    ! ヽ   !ヽ       /───────────────────────────────
:.:.:.:.:.:.:/:.`__:、:.:.:.:.:.:.:`:.、 !: : ヽ     i`ヽ  ヽ、  i
--:、.l:.:.:.ゝ‐':.:\:.:.:.:.:.:.:.:\ : : 丶   ヽ _`ー'´ ヽ '
:.:.:.:.:.:.:`:ー:.、:.:.:.:.l:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:\ : `、   ,‐'            ──Teturo・Okonogi -Profile 2/2 ──
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.、l:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\: :\__/                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.://_ /:.:.〉、
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:ヽヽ:.:./:.:/´::::::ヽ:/:./
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.l:.:.V:.:.〈、_::,:‐〈:.l:.:ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.l:.:.:.:.:.:.:.\\:::ヾ丶ヽ

986 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:23:12 ID:noEdXUOM

    /   レ'////////////////|
    ,'     ,'≧========xl}
   i    {ノ/j__//jノ l:l: }_} ハl|
   |  -=彡イノ __`  从ノ∨}人ミ≧ー    見て解ると思いますが、本作は原作よりも、
   |    ,'l ィfア行 }    f'孖ヽノV|        人間の登場人物がかなり多いんだよ。
   }   ,' | ヽ竺ノソ    以ノ/,':i |      主眼としてる所が人間寄りになってる訳ですですね。
   /   /:八         '     {.:l |
.  /   /:/: |.:>     r‐,.   . イ .l |      無論スピリット達が重要な役割を担っている事は間違いありませんが、
 /   ∧: : :r≦|>   ___ . < : |: `Y         二章では人間達首脳陣達の苦悩が、より、クローズアップされています。
./   /  \:ト、 ≧zzx__}>、j: :.|: : :|
{.  /     \\  /`ー'7:\j:.: :.|


                                                     ,. -''_´、__  ``__ヽ、
                                                    /‐-、__l   ` ̄┌ー 、ヽ
                                                  /l ー、_ュ、     ´二二_ヽヽ
                                                 / | 、`ー―      /`ー'´ ,r |ヽ
                                                _,.|/  ` ー''´      ヽ ̄ ̄,  | l
               各キャラクタが背負っている背景は、       , r:'T::|      / n n   `ー'´    ヽ|
               概ね本作中で出しておるつもりじゃ。       ヽ、|::::|::|     ./      ヽ       |、_
                                              `''ー|     /        ヽ      .|:::|:::l::ヽ
                あ、ラングと三四が少々解りづらいかもしれんな.。   |::ヽ   レ‐-、__,,. -‐-、ヽ     |:::|;::l;-'′
               申し訳無かったと思う。                   |:::::ヽ  |  ,. -::::::::::-ュ、 ヽ  /  |´
                                                 l::::::l  | /::::::::::::::::::::::::ヽ l  |  .|
                                                 ヽ::::. ヽ'-''´ ̄    ̄`` |  l  /
                                                 ヽ::::. ヽ、__,.r‐-- 、_ ノ   /
                                                  ヽ:::::.           ....:/
                                                   ヽ::::::....       ...::::::/
                                                    ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                                                        :::::::::::::

987 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:24:07 ID:noEdXUOM

      |      |/)+}∠..ノ: :+:∠: : +: ∠: :+:!: :.!   |
      |      Lノノ: :+: :(.../ゝ: : /_:_:_:_.ノ∠L  |
      |      ノ 厂 ̄ ̄ ̄厂 ̄ノ ハハ:.!ヽ: : : : :\|
.         |/  ー=彡' : : : :/: : :/:.:./  !.u `トハ l: :.厂 !     いやー……ソレにしても……
.       /    /: : ノ: /: :∠../∠厶イノ   」ノ__」ハハ. |
      /    厶イ: ://______ー    ´弋ン{ |/      クマー大人気過ぎた、正直予想外にも程が有りました。
.     /         |: : {  ヽ  弋Zソ     ー''^|  |,′      まさかスピリット達をさしおいて、扉絵AAになるとは……
    /         /|: : |   ^''ー一'     ,    八 .!
.   /         /‐|: : |.u     /、___,     /  ヽ',         __ .、
 {`ヽ`ヽ.       /ム|: : |`ト .  {    ∨   ..イ |   !  /)  // ノ
. (`ヽ「ヽ \i`ヽ /く:.:.:!: : !、\` ヽ..__,ノ  .イヽj: |    |/ ムイ/ /)
  \ | i ヽ \ \.> |: : |:.\ ` ーニ二厂「 r=ミ.|: |   /      ' //
  /∧ ゝ、      ヽ.!: : ! :.:.:.\   イ:.: :|  Vノヘ: !   ,'         /
. //  \         }: : l:.:.:.:.:.:.:.\ ノ:.:.:/ i ヽ. || j       /


                                                            ,,____,-、
                                                          ∠、_,,--、 `i
                                                          /ヲ:i i:令: l, 'l
                                                            c,!`-<、 `- '゙`lリ>
                                                           ,! ト='ニ) イ |
                                                             ,! E=ミ,ノ l |
                   ラキオスに漢っぽい骨太キャラが欲しい……と思い          ヽ、     |
                   補佐役を作った訳なのじゃが、>1もかなりお気に入り         .ス[F二ルニ]/つ、
                   であってのぅ……、プロット上解っては居た物の            ./~,,_,,-─'"(`っ`l、リリ
                   二章最終話は少し悲しくなってしまったモノじゃ。         ./~二__ノ''リ`-'"イ ヽ
                                                     / ̄ ̄  ,,/  、'i  /L ,,ゝ
                    ちなみに>1は出すキャラ、全てを愛しておるぞ。     /,,-┬┬''||    `i'   ノ !, |
                   嫌いなキャラはおらん。                      ,// ,l':::::L ||;;;;||    ,,,ト-'"  レ
                                                     《/  /::::::|レ、||;;;;ヽ    l
                                                  .{  :::::::::/ス イ、;;;;ヽ     :::
                                                   ゝ:::::::::::::i':::::/::ヽ、;;;;ヽ、  :::
                                                   / :::::::/ ::::<_(^^)=ヾ;;;ヽ!:::::::

988 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:24:21 ID:noEdXUOM

        /    ゝ‐ァ,  /‐/==.∧ `丶! l ,ィ
        /       |// /∨__ |/ ∨   ´ノ、
       ,'  ;:    |イ, '|  ' イハ   レレ'‐/l:::!      キライだったら改編はしない……
       l /    .,|   |  ゝ !り   , -、./:::!、!       誠の白髪とか結構手間掛かったんですよね。
       | /    /:|   |       イリ∧:::!
        j/     /、.|   |       ' _ 〈,ィ── ‐- 、
      /     /:::〉!   !     j,ィ'./         ヽ
.      /     // |   |       `l l ,          l
     l/    ,__'⌒y |   |丶__ _ ァ'i´レl/ /`ー──、.   ! __
.    ,イ   ,イ‐、 ヽ  !   !/、:/::::/:/ |  し'      //|    l`) l
   /   ./へァ. \ 〉.|   |`ーl::::/:/ |:::::::::|    // l   ノ/ /!
.  /   ,イニニ-ヽ  | |   |ィ:l´`♀ ノ.!:::::::::!     l|イゝ、!_/./ /│
  /   /     |  | |   トl::!. ∨ヘ、|:::::::::|    l| !    /, '  !



      ′ |                          |   ',
         |        _ 二ニ=-―-=ニ二 _      |
    ,'     {   >  ´   :i  :∧  | :l、   ` <   }    ,
    ,'      、/ _厶-r ‐斥 :/  ', :ハ斗气 ┼-| 、 ` く     '
         /,  ´/| /| :/|/   !:/ i|/  ヽ|、 ハ |   \   |
.    i   ーi1  .!:| |:/_」厶⊥   j′  ,.ィ行==ミ Ⅵ  :i :ト--|
.    |     从 .:|ィ'〔し}::::::r}          {し!::::ri}`Yl∧ |V   :|
         |∧ :l人戈ニ=-'′         ` ー ┴ j ハ|     :|      主格となるサイドがコロコロ変更されるのにも
.     ',      /Ⅳ            l          /  !   |      それは現れていると思います。
    }    /| i ',                     ∧ :| |   ∧
    ∧.   人| l ハ  〈⌒ヽ           /^〉 ムイ :| |   { ',     善玉悪玉問わず、出すキャラは基本、好きです。
.   /  , { i :| l i∧  ',  ', ー-   -‐ /  / ′j } |
  /    | l :| l ||:i丶 i  |           '   ' /|l  ! ,
.  {      :| l :| l |l  | `|   |        i  l .||  / ∧      }
.  |      :| l :| l ||  | i |   |`'ト . _   <|   L i||: / /l i|\    ∧
 /|      :| l :| l ||  | /|   | l^ヽ    /ヽ. |   |  ∨./ :l i| 个    ',
./       .厶 ┤l !、/ リ   レ'⌒ヽ  レ'⌒ ー ∨ , :/__i」⊥ ィ!     ',
       /  ', l :| '  ./ / _  } 〈 _ _,  ∨/  `>、 /|        ,
.      / /^l :|   j{   ´  `ヽ /      l/ ーく  \i|      }

989 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:24:59 ID:noEdXUOM

                                                       ,. -''_´、__  ``__ヽ、
                                                      /‐-、__l   ` ̄┌ー 、ヽ
                                                    /l ー、_ュ、     ´二二_ヽヽ
                                                   / | 、`ー―      /`ー'´ ,r |ヽ
                                                  _,.|/  ` ー''´      ヽ ̄ ̄,  | l
                                              ,. r:'T::|      / n n   `ー'´    ヽ|
                                              ヽ、|::::|::|     ./      ヽ       |、_
                    まぁその割には 富野監督 よろしく         `''ー|     /        ヽ    u |:::|:::l::ヽ
                    死にまくってる気がするがの……          |::ヽ   レ‐-、__,,. -‐-、ヽ     |:::|;::l;-'′
                                                  |:::::ヽ  |  ,. -::::::::::-ュ、 ヽ  /  |´
                    しかも結構酷い死に方……                l::::::l  | /::::::::::::::::::::::::ヽ l  |  .|
                                                   ヽ::::. ヽ'-''´ ̄    ̄`` |  l  /
                                                   ヽ::::. ヽ、__,.r‐-- 、_ ノ   /
                                                    ヽ:::::.           ....:/
                                                     ヽ::::::....       ...::::::/
                                                      ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                                                          :::::::::::::

          i r ァ  ( ソ r /  )  人  Y   !
          | ,!/ 二ニ= ,―,-r =r' _^) 匕.!    |
           l _ソ´ _ /_L _ / ! l L _ ハ `>、|   |
.      !  ∠´ィ '´ハムtVi/ ヽ} V_/`}7ト、 ヽ!    |
    - ◇ - ,' 人 /'┬;;;┬ ::::::::::::::: __ ハ ト、ヽ、_ |
.      !   !  l下 弋zク ::::::::::::::::: Kじc八i/ ! ̄ |
           ;  ,!|     '    ゞ'='" |  l     !
           ,'  ,! i、   、            !   !     |         …………
        ; ,:'.l  l,ヽ、  ̄ `ー '     ,.イ ;' |     {
         ; ,' l  ハ ファ、     _ ィ ).Y i .|   l
         // 《|  ! r' l\_T ー.≦ _ </i  }、_}   l
.        //{ _/  | | |  ` ̄ ̄  /./  .! ハ    i
        {人.V  l! ! |  、_   / /  ,' / ::}   ',
      /`^' {   !| l     /  /   !/ .:::;   ',
      ,'   !  i l. lr=、ト===r'--、 ./   ,'   ::::    }
       {     !  j ! ゞ='.L_/)_ノ /{   i    ::    i

990 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:25:14 ID:noEdXUOM

                 /        | ><    ノ )  ノ'{.|
                  ,′       | 、-'    __ > ー ''ゝ,,,,_
                    /         }- '_ ー≦}: ;ィ: ム`: : : ヘ
                    /        _ノ-,, - ニ: :ノ }/ j!-ミj: ヘヾヘ
               /     __,,, =フ: :,イニ-- く ノ   イ:ハ }〉ルヽヾj
               ,′      ,,∠ィく/{!::::ハ   '   弋リ リヘ
                 /       イヘ: :.ヘ 弋zリ     丶   | ヘ
            ノ   _ ,, - '´  ヘ、ヘ: :ヘ  ̄      _,   八. ヘ      と言う訳で本日はそろそろ。
        _, <´          ノ`ヘ: : ヘ    r  ̄ ノ /,    ヘ
    _, <´             /: : : r=ヘ、ヘ- _`   イ: :.ヘ    }
ー  ̄             _ <´: : : :./ ‐  ヾ、‐'ヽ ̄、: : : : : }    j
              _ - '´: : : : : : : :/   _ヽ、_ ヽ:.ヽ }: : : : ノ   ノ
        _ ー ´: : : : : : : : : : : :.{   /:.:.:.ノヽ`ヽ、l!ヽ: :/   /
__ ー‐ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |  (:./´  _ イ´/、.  /
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : _:_:_:_:_;,;,;,;,; ニi ー  ニ : : : :_;, ィ ヘ.  }/
: : : : : : : : : : : : : : :> ´: : : : :_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_: -- ー ''' ´     ヘ.|
: : : : : : : : : : : : /> '' ´: ̄: : : : : : : : :ハ     \       \、

                                                      _ ,─、
                                                      ∠二─ ̄二\
                                                       /rnv   <_ |
                                                 _/`┌       |_
                                                    <| / /      l  /| | |>
                                                / /──_-┤ | | ̄
                  無視かい!                        / / ┌─    | | |
                                               / |\l    ̄─ | | |
                  あぁ、三章予告も書き上がったので         .|  |二二─_ |   |
                  次の投下予告の際に一緒に投下するぞい。   |      ─_/    |
                                               |         u  .|
                  ではそう言う訳で。                      .|           |
                                                   |           |
                                                    .|_______| _
                                                    | ┐| ┌─   | \

991 : ◆IW1/wWxGAw:2010/11/03(水) 00:25:29 ID:noEdXUOM



                          -‐…‐- 、
                  . ´   _  -‐-、\      今回もお付き合い頂きありがとうございました!
                /   ,,ァ7 / / / ∧ ,
               ′ ,ィ/ // / 厶.-┬弋ハ     それではまた、本編でお会いしましょう。
              {   ∨ / /ィ,ハi|从六ヽ ミ=‐
                   '    V'ィiレ'Tニリ  '乏刈ハ \
                ’   }ハ,ル,4弐    Vソ小 \ \
.                /∧  ″}爪r勿   ' " } .\ \ ` 、
                 // 〉  从ヽ ' ' ' ┌く} 人,\\ \  \
                 / / //,ハヘ '≧=-`r< {{_》x. \\ \i__,〉               _ ,─、
                  /  //x》ぅv\ニ彡ヘ._,xヘ.」i ヽ \\ \               ∠二─ ̄二\
.            ,., -┘  //_〃、/ ヽ 'vx≪,]」_|i‘弋 !、\\\ \.            /rnv   <_ |
          //     // {{,入\ ', ゞ</`寸   ‘い, \ ヽi\\        _/`┌       |_
         ,  /    /i/   `⌒’vi | i  \iハ i  ‘'ー-‐¬ノ  ヽ}.       <| / /      l  /| | |>
.       /  i   / i / /    |i | |  │ | │  }  } h, _  ′       / /──_-┤ | | ̄
.     /  / / __彡      /ノ_ノ 小 │ | | /   { いノ'        / / ┌─    | | |
     `¨“ 77´  | / _,/     />、彡イ| }   、 ' ∨    ‘ ' |>.        / |\l    ̄─ | | |
.       //  / ̄        ////》ノ'′  ハ ' ヽ    i リ         |  |二二─_ |   |
        j/  ´         / //ハ/     ′', :,     / /        |      ─_/    |
.     ,, 'i              ,〈 i  '/     /  ∧ :,  、 / /            |            |
    {  !           /いj>'′     /  /  ':, :,  マ¨゛            |           |
   t:∧ ∧         ∧.∨        /  /     , :, ‘,             |           | マタノー
.   ⊂{ ∨/ハ        / 》′      /  ,ハ    ハ :,  }               .|_______| _
                                                   | ┐| ┌─   | \





関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

maakun

Author:maakun
思うところがありまとめを畳みます、今までご利用ありがとうございました。
当ブログで纏めさせて頂いていた作者様、ありがとうございました、そしてすいませんでした。

最新記事
最新コメント
作品一覧
月別アーカイブ
人気記事ランキング
RSSクーマー
アクセスカウンター ( 総PV )
アクセスカウンター ( ユニーク )
現在の読者数
現在の閲覧者数:
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。