ブログパーツ QLOOKアクセス解析
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  完結作   »  やる夫はアフリカで奇跡を起こすようです  »  やる夫はアフリカで奇跡を起こすようです 第十六話 「前線諸国」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる夫はアフリカで奇跡を起こすようです 第十六話 「前線諸国」




1973年。
ボツワナ副大統領・マシーレは、
ザンビアにおいて
ボツワナ・ザンビア・タンザニア三国が協調姿勢を取る必要性を述べ、
こう語った。



                   / ̄ ̄\
                 /   _,ノ `⌒
                 |    ( ●) (●)
                 .|     (___人__)
                 |        ノ      この三国は、南部アフリカの白人差別主義者に対する
                  _,.|        |      前線を形成するものだ。
        , --、―― < / |ヽ      丿
      / : : : : :ヽ : : : : :/ : :| \ __ _ /        つまり、三国は前線諸国(フロントライン・ステイツ)として、
     /. : : : : : : :| : : : く: : : :|、 /=|´| :| .\       協調していくべきだろ…
    / : : : : : : : : : : : : : :> : | `'|::::/|/:,┘ : . ヽ
   ノ : : : : : : : : :/ : : : : ヽ : : |  |:::| / : :> : : : : :丶
  /.: : : : : : : : : ;' : : : : : : :∧: :| /::::|/: :/ : : : :/ : : : |
 / : : : : :-、 : :/. : : : : : : : : :Λ:|'::::::ノ: :/_ : : : / : : : .丶
/ : : : : : : : :`::、 : : : : : : : : : : : ',:|::://. : : ̄;/ : : : : : : . \
\ : : : : : : : : :.\ : : : : : : : : : : : /‐' : : : : : /ヽ、: : : : : : : : .ヽ
  \ : : : : : : : : : \.:./ : : : : : : : : : : : : : :;'  \ : : : : : : : : . \




この発言がやる夫の承認のもとに行われていたのは間違いない。




88 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 19:32:25 ID:153Ltp2s0




この発言は、ザンビア・タンザニア両国にすぐに受け入れられた。




                       _.ゞー`゙ ̄> ゝ、j
                      ーァ;;;;;;;;;、;;、;;i;;;、;;;;;レ,
                      イ;;;;;;;;;≧、ヾ;!;ノ;;;;;;く
                      ーィ;;;;三rf‐-、!ィ゙j゙ミ;ト、
                      ´メ{^i!"-、_,, ,∠ メ`゙       フルォォォォントライィィィン!
                           }ソl! `¨´ |゙´/
                        'ヘト、 r‐,/_        実にすばらしい!
              __>´ ̄ ̄`/\--/,} ゙ー‐',ゝ' _ゝ⌒ヽ    
              辷ニニ-、ー'ヵ{   ̄`>--</-‐   ゙,    我々の力をもってすれば、
                ⊂-ク L_____     `ヽ   , j    白人の差別主義者どもなど
                 /  __/>/:::\_     ___∠ {    鎧袖一触であろう!
              ___/.-‐ |.  /::::/_7ー‐ "   r'′  フゥーハハハハハ!
            / ゙ ̄  ,ァ/.  /.:::/ |、       /
           /   _..イ´/ j.  /.:::/ / `^く   /
          /   /  ./ ノ /.::::/イ       ,イ
 ̄ ̄`ヽ.___/   /   /イ/::::::::::{ !       /
         ̄ ̄`>´ ̄ ̄ノ::::::::::::::::|    、   /
┬――――――――‐‐/:::::::::::::::::::ハ     \__ \
. \: : : : : : : : : : : : : : : /{:::::::::>__::::::::∨        〉
   ): : : : : : : : : : : : /: :/ ̄´ヾ〔_{`ー∨   ‐―‐く
  /: : : : : : : : : : : /: : :/:;:;:;:;:;、ヽ/7-ヾヽ:.\      \
/: : : : : : : : : : /: : : : :|:;:;:;:;:;、>}、!、:;:;ヾi}:;:;:;\      /
!.: : : : : : : : : : : : : : : : : :|:;:;:;:;:;:;:;>=、:;:;:;:;}l}:;:;:;:;:;:;ト、    /
\: : : : : : : : : : : : : : : : :!:;:;:;:;:;:;:;/|: \:;:|i|:;:;:;:;:;:;:!: \   \
  \: : : : : : : : : : : : : : :|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|: : : :ヽi|:;:;:;:;:;:;:|: : : \   }

      タンザニア大統領 ジュリウス・ニエレレ




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/_
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.丶,. ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /.:.〃.:ト、ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::マ⌒`
――‐ -、___:.: .:_ ___/.:.:.:./|:i{.:| \\.:.:‐<::::::::::::::::::::::::::::::\
          フ.:.:.:./.:.:.:./ .|八| /‐‐ 、___ヽ:::::::::::::::::マ⌒`
        /.:.:.: /.:.:.:./___{  }</  イア  ̄ ̄ ̄|:::::ト、|ヽ::::i\
.        /.:.:.:.:.:.:.{.:.:.:/|:>― zz、    /       Ⅵ|ら )):八   人種差別なんかくだらねぇぜ!
        ' イ.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:. l イア′、 `¨ ´___     | :|イノ/:::::リ   俺の歌を聞けぇぇぇ!!
       {/ i.:.:/|.:.:.:.:.〉 .乂__ノ゙   /__|     V__丿::::/
        | /八.:.:.:.| Ⅵ     ,/≦ニニニ:|      |. Vi:::/
        {'   \ !   ヽ.  〈ゝ‐゙ /`´リ     ノ  W
                `   \ ∨r.|   /     ′  ヽ
                  ヽ ゝニニ ´       i  .、
                       ー   ,     l
                    ≧====‐ ´       l    \ _γ=
                          '        l         /二
                           、      l         /ニニ
                         /ヽ      li       /二二

          ザンビア大統領 ケネス・カウンダ





91 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 19:34:38 ID:153Ltp2s0



      ,へ~~~ ̄ ̄フ,           フ
     /´         `~、_ |`~、_,、__/
   ,/                    ヽレ、
  /                      ヽヽ
 |                         ヽ ヽ
 `|                         ヽ ヽ
 (                          ヽ |  _、-
  |                           \`´,-フ
  \                            ̄  /   ★が前線諸国
    `\,,~~~´`L_、                  /
              )                /     ☆が白人諸国
             く               /
              \            (
               ヽ            |
                )          ★|    、
               |´ ☆    ★     _) ,,ノ´ |
               (,,        ☆ 、~´  )  |´
               ヽ      ☆  ヽ   (  |´
                |, ☆  ★  、ノ    し-´
                 ヽ       ノ
                 ゝ  ☆  ノ
                 `-~~~´



こうして1974年、この三国は南の白人諸国に対抗するための共同戦線を張ることに合意する。
呼び名はマシーレの発言のまま、「前線諸国(フロントライン・ステイツ)」とされた。





93 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 19:36:39 ID:153Ltp2s0





    ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧  
   /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    
   i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪   
   〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |      (喧嘩にならねぇ…) 
   (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪     
   三三     三三     三三     三三     三三      
  三三     三三     三三     三三     三三    
  三三三   三三三   三三三   三三三   三三三   



さて、こうして結成された前線諸国であるが、
実際のところ、当初は何の役にも立たなかった。





95 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 19:38:49 ID:153Ltp2s0



               _
            /´  `フ
           /  南ア ,!
           レ   _,  r ミ        ∧,,∧
          /  `ミ __,xノ゙、      r(   ´n
.         /        i        >   ,/    ∧,,∧
         ,'    .     ,'     ~'oー、_)     r(   n)
        ;     ',  l  l                `/  <_
        i       |  | |              ~'し -一┘
      ,.-‐!     ミ  i i                     ∧,,∧
     //´``、    ミ  、 ー、                   ( ´・ω)
.    | l    `──-ハ、,,),)'''´                 ~、/  っっ
     ヽ.ー─'´)                    ∧,,∧    └ー-、ぅ
        ̄ ̄                      r、´・ω・))
                  ∧ ,,∧      >  _/´
        n__n        (´・ω・`)    ~'し-一┘
      ∧,, ∧ノ         c'   っ
    c('・ω・`)っ      ~(_,'ーo'



大連合を組んではみても、所詮は自国の産業化すらままならない弱小国家の群れ。
連合してすらかなわないうえ、足並みもそろっていない。
南アフリカに各個撃破されて終わりである。





97 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 19:40:28 ID:153Ltp2s0



      ____/       \ ____
    /ニ/            \ニハ
    .乂/r三ミ、    r三ミ、 Vノ        、′     、 ’、  ′     ’      ;  、
      ./ ゞニニイ    ゞニニノ V         . ’      ’、   ′ ’   . ・
     {      口      }             、′・. ’   ;   ’、 ’、′‘ .・”
     \    人      /                ’、′・  ’、.・”;  ”  ’、     あいつらと付き合ってられねーから。
   _ril   .\        ∠              ’、′  ’、  (;;ノ;; (′‘ ・. ’、′”;       ウチは親南アでいくから、
   l_!!! ,、 ,..-ヽ    ノ`丶--'ー--、 -―--、 ’、′・  ( (´;^`⌒)∴⌒`.・   ” ;  ’、′・    よろしく。
   | ! !_!|i:::::::::゙^^ー''´:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::,..、::`ヽ .  、 ’、 ’・ 、´⌒,;y'⌒((´;;;;;ノ、"'人      ヽ
    ! ', ,|!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/---‐'´`\::::\  、(⌒ ;;;:;´'从 ;'   ;:;;) ;⌒ ;; :) )、   ヽ
   !、_,イ:::ヽ:::::::::::::::::::::::::P:::::::/::|        \:::ヽ、_( ´;`ヾ,;⌒)´  从⌒ ;) `⌒ )⌒:`.・ ヽ    ,[]
   ',::::::',::::::|ヽ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::l         ヽ'◎ ヽ:::::. :::    ´⌒(,ゞ、⌒) ;;:::)::ノ    ヽ/´
    ',:::::::',::::! ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::,!          ヽ __ '、ノ  ...;:;_)  ...::ノ  ソ ...::ノ
    ',:::::::::::|   ',::::::::::::::::::::::::::::/|          ヽゞー'
     ヽ_ ノ   ヽ::::::::::::::::::::::::::::::!

マラウイ大統領 ヘイスティングス・カムズ・バンダ




この状況に嫌気がさし、南アフリカとの友好関係を基本とする為政者まで現れた。





100 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 19:43:00 ID:153Ltp2s0



           /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \   
          /            \   
            /                ヽ   
         l::::::               |     植民地はすべて死守するのだ! 
        / ̄\ヽ-=・=-′ヽ-=・=-′|    ポルトガル植民地帝国に栄光を!
      r┤    ト::::: \___/     |
     /  \_/ ヽ:::.  \/    ,ノ     神、祖国、そして家族!
      |   _( ̄ l―---  -――'"ヽ__ 
      |   _)_ノヽ\/ ▼ \/ /     ヽ   
     ヽ____)ノ     \ ■/   /     ヽ、

     ポルトガル首相 アントニオ・サラザール

      ※なお、このころはすでに死んでます




加えて、白人諸国もこの当時は南アフリカだけではない。
南部アフリカに残るポルトガルとローデシア、それに南アフリカの白人三ヶ国は、
強固な同盟関係にあった。

この三国は、自分たちが黒人だらけのこの地で浮かぶ孤島のようなものだということを、
これ以上ないほどに認識していたのである。





101 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 19:45:32 ID:153Ltp2s0



               _,..----、_
              / ,r ̄\!!;へ
             /〃/   、  , ;i
             i,__ i ‐=・ァj,ir=・゙)     諸君!
             lk i.l  /',!゙i\ i  
             ゙iヾ,.   ,..-ニ_ /      わがローデシアの白人人口は黒人に比べ20分の一以下である。
             Y ト、  ト-:=┘i      にもかかわらず今日まで戦い抜いてこられたのは何故か?
              l ! \__j'.l
              」-ゝr―‐==;十i      _,r--――、     
             .ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_____
     ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦__ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \
    ∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i  /       \\(_.人 ヽ._ ヽ
    レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ / /       ヽ-ゝ. \   /
    レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  / /         ,(  \  ノハ
    レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /  ヽ._        ,ター  '",〈 !
   /゙" ,r'" .l‐=ニ゙,「l ! 「 ̄!. /./   ー=='       .l.ト、. -‐'"/!.ト,
  /   .ト-  ゙ー―┘!└‐'='-‐"   ヽ._/   、     トミ、 ̄ ̄._ノノli\

        ローデシア共和国首相 イアン・スミス




102 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 19:46:22 ID:153Ltp2s0



               ,、
             //
           ///)
          /,.=゙''"/       _,r'三 ̄`ヽ、
         i f ,.r='"-‐'つ     /ヘ/" ゙̄\,ミ\
         /   _,.-‐'゙~     ,! 、!r r。-r ミ   i
        ,i    ,二ニー;     ドツ ヽ ̄  fハ, il     我がローデシアの目的が正義だからだ!
        ノ    il゙ ̄ ̄      l ー-_゙   ,、/ /     我らローデシア国国民こそ選ばれた民であることを
      ,イ「ト、  ,!,!         ゙! )二」゙  ,!i Y       忘れないでほしいのだ。
     / iトヾヽ_/ィ"___.     ヽ.t  _/,!  i       優良種である我ら白人こそ人類を救い得るのである。
    r;  !\ヽi._jl/゙_ブ,フヽヾーtー:、__ ,トf-≦-=、_,L
    ∧l   \゙7'゙ .j!/ / /\jr=ニ:ー-゙┴、 ゙ミ三ヽi]l「/l      ジーク・ローデシア!
   ./ i !   \.// /./  ./   \ ┌‐ヽミ≦‐十'"!
  /  i゙i     /  ̄ ̄ ̄       i .l ッー-、\_ミ「彡゙ー=r.、
 ノ   ヾ、  /            i! ! \_ ̄i i l r‐へ__\ー-、
/      ゙''y'              l .i  、 l  !.j .l l 「,> ゙t.,>‐fi



特にローデシアは、ローデシア・ニヤサランド連邦時代に蓄えた産業力で、
十分に自立が可能なまでに経済が成長していた。
経済制裁を受けながらも全く体制が揺らがなかったのは、
この産業力と、南アフリカ・ポルトガル両国の支援によるものである。





104* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 19:49:19 ID:153Ltp2s0




とはいえ、以前にも書いたとおり、このころにはローデシアにも黒人反政府勢力が出現し、
徐々に勢力を強めつつあった。
そして、その中で頭角を現してきたのが…




           ,:-、:‐、_
            ,:'::::::::::::::::::!
            i::::::::::::::::::::!
          ';::::::::::::::::;:'
          _.. -::':::::::::::::::'::‐::..、    「可能だとお考えですか?」
        .,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       .,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
      .,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
     .'!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
     ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i




106 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 19:50:47 ID:153Ltp2s0




                  _,,,..........___
               ,.‐'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``丶、
              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_)
             /;;;;;;;;;;;;;伐};;;;;;;;;;;, -'゙i"ミ; ゝ、
              {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::{:ゞ、 冫し    
             >;;;;_ _, -''"::-::::::::::ゞぐ  く 
             犲彡r''_丶、:::::::::;_.._.、-ミシ ィ}    君にできなければ、他の誰にも不可能だろうと考えておるよ。
             ゝTリ ~=tェ);;::Kーtァ=;;川イ 
              八ン::ゞ:::::::::i::|::l::'':':::´;;;};: リ    
     ___,,,..-.t''i"((从:::::::::,,イ:;;::え::::::::;;;イ从`''ー-、, _ 
   ,ィ乍三;;_;;_;;_;;_;;」;;゙i;;;;;;;「i:〉::::::,ィ==-、::;;/i;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ー-、,
 /;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;川;;;;;;;;;;;;゙i;;;;;ゝヽ:::::::`ニニ'´:;;/ /;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>-、
/;;;;;;;;;;;;;;;;;゙i;;;;;;;l;|;|;;;;;;;;;;;;;゙i;;;;;;;;\\::::::::::::://∧;;;j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;_
{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙i;;;;;|;|;|┌┬┬i;;;;;;;;;;;;‘Y´丁〒'´;;;イノ;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;

       ジンバブエ・アフリカ民族同盟 ンダバニンギ・シトレ





109* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 19:52:26 ID:153Ltp2s0





   88888888
  8  ≡≡   8  
  8 ━  ━ 8  
  |=[ ゚ ]=[ ゚ ]=|     …ロバート・ムガベ君。
  (|  ●_●  |)  
 /  〃 ∥ ヾ ヽ  
 | 〃-------ヾ | 
 \ヾ _二_ ソノ 

             
ジンバブエ・アフリカ民族同盟 

 ロバート・ムガベ





110 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 19:54:35 ID:153Ltp2s0



こんな状況だったが、
全般としてみれば黒人諸国の動きは低調だったというほかはない。
そして、その中でも最も動きが鈍かったのが…



      ____
     / _ノ 、\
   /   .(ー) (ー)\
    |     (__人_)  |⌒ヽ/⌒\    あんまりやりすぎる必要はないお。
  (''ヽ    `ー'  / 〉 〉 ,、  )   ほどほどにやっておけばいい。
  / /         (__ノ └‐ー<
  〈_/\_________ノ



我らがやる夫率いるボツワナである。




111 名前:24から短編祭りだお [sage] 投稿日:2013/08/26(月) 19:54:49 ID:gnEus9WM0
>>109
インフレ大魔王キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


112 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 19:56:42 ID:153Ltp2s0


    r‐、_             _ィ-、
    |::::::::`ヽ、,_,ィー----一-、∠::::::ハ
    >,.''':::''"ソ,.彡'==tr==ミ:ヘ、'''"_,/
     "'ーァ ,. ;i'"_,,_=''ヘ=t=/''=_,_ i! {,
     、ミ゙'' ,i:' tー-、(:、   ノ--ァ'i, 'r
     ミ'" ,il゙  ゙'==';;7   〈=='  ゙! 彡
     ,「;;: i! `'ーノ ;:゙ :::::::::: ヘー'゙ i! 'ミ
    ,.;' '─il-ヾ__,.--{^'ーv‐'^}-、_,⊥-─
    彡,--─===_: `゙'Y'´:.===‐--           __/ ̄ ̄\
     彡ノ, /'T''--一'^ー-ァヘ´⌒ヽ          /  / \ _   \
     彡'ミ゙  ヾヽ、/l;;;;;;;ハノ,:'  ,ミ`         / _ノ(○.)(○ )   |
      } ":シ:::.."ヽ,,__,,ノ`ミヾ`ヾヽ、      /o゚(>)(__人__)  U   |
     /il  ゙:::::::::.:::::::::::::::::::::::::'''   ゙i:,`''ー-、  |   (__人r┬-| u     |
      } ゙i!                i:!    `ヽ \ .  ` ⌒{ー'´     /
     / 'i、       南ア      ,i:'      `'ヽ. 二ニ. ―'⌒)   (⌒)
                               `i ‐-_ ̄ ̄/.   ヽ
                                | .  ̄ ̄i      |
                                | .     |      |



なにしろボツワナは、国土をすべて白人諸国に囲まれているのである。
おまけに南アフリカとは関税同盟を結んでいるうえ、
国土開発はほとんど南アフリカ系企業によって行われている。
南アフリカにそっぽを向かれたら、一日も国が持たないのだ。

自然、南アフリカおよび白人諸国に対する対応は
穏健なものにならざるを得なかった。




114 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 19:59:02 ID:153Ltp2s0



        ト..、.__ ト、...,、
     ト..、 ヽ:::::::::``:::l::::.\ ∧
     ヽ::::`ヽゝ:::::::::::::::::::::::::iノ:::ヽ
      ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レ`ヽ
       トゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
       ヽ、_:::::::;;;;;:/i:::ヘ:::::::::::::::::::}ノ)
        i:::::::::{'´  i/  `ヽリ| l;;::::::iく    いいよいいよ!
        レ´!/●o─o ● 从p)::::::/
          ヽl⊃ 、_,、_, ⊂⊃i::::::ノ`
        /⌒ヽ  ヘ        j::::/⌒i
      \   ヽー>,、 __, 「 ̄||/  /
.        \ i_◎)ヽ::| /::i◎ノ  /
         .\| ̄  ミ三彡:/ 、_/



          .,川F三ミ三三ニミヽノ,
       _k|;:ヾ川彡三;:;:;ミ三三ニミヾ
        フ;彡,.-‐'"゙´ ̄`"゙ミミ川≦ハ
        /ミ,/(        ヽ川lリハレ
         ル 从●    ●   リソ´゙}l|ハ  しょうがないよねー!
          ルl⊃ 、_,、_, ⊂⊃ {l|!ノリ
        /⌒ヽ_レ从.  ゝ._)   .从/⌒iル'
      \ / \゛>,冫__, イy''/  /
.         ソ    ヘ U /  ヘ、__>i
        \    l    l     リ



          ____
        /      \
      /  _ノ  ヽ、_  \
     /  /⌒)   ⌒゚o  \   うう…
     |  / /(__人__)      |   ごめんだお…
     \/ /   ` ⌒´     /



救いだったのは、タンザニアもザンビアもこの状況を理解していたことである。





116* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 20:01:10 ID:153Ltp2s0




          ___
        /     \
        /  _ノ  ヽ、_ \
      /  /⌒)   ‐=・=- \
     |::::::::/ /(__人__):::::::::::::|   (, こ ┼'っ l, |
     \:/ /:::::トェェェイ`::::::::/         l     ノ
          `―‐'



…というより、もともとボツワナは位置的にも経済的にも、
完全に白人諸国に取り込まれた存在だと考えられていた。

このため、両国にとっては前線諸国の結成そのものが外交的勝利である。
ボツワナに対し、そう厳しい要求が来るはずはなかった。

当然のことながら、やる夫はここまで読んでいた。
ボツワナとすれば、黒人解放派の2国との親密さをアピールできれば十分だったのである。




119 名前:24から短編祭りだお [sage] 投稿日:2013/08/26(月) 20:03:26 ID:fWGw58wM0
悪い顔してるwwwwww


120 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 20:03:43 ID:153Ltp2s0



.        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.       /:.               \
     /: : :               \
.     / : : :                  ヽ
    | : : : :   ,.,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,   l     綱渡りみたいなもんだおね、
    |: : : ::;  ( ○ )   ( ○ ) .;:: |     実際…。
    |: : : : :    ´"''"      "''"´     l
  ,_ ヽ___    (    j    ) u /__
/:: r' | r' ̄二ユ:`ー-‐'´`ー-‐'′ / : :: :: :`:、__
: : : :::| .| | /  ) `)         /: :.ヘ : :: :: :: :: :: :\__
 : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_  _  , ´ |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: ::\         `ト、   /: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: :l: `ー┬-、      |ii入 /|:: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : :┐|: :: :: :: :\)  7 ./iiii〈    |: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : :イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiiiiiii}   | : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ: : / /: :: :\_  ̄\iiii}   |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|



もちろん、やる夫としても黒人解放を望んでいないわけではない。
そうでなければ、そもそもザンビアやタンザニアには近づかない。

かといって、両国のように派手な動きをすればたちまち目を付けられてしまう。
自然、ボツワナの外交は、両派の反応を確かめながら
そろそろと限界点を歩いていく、
そういうものにならざるを得なかった。




122* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 20:05:45 ID:153Ltp2s0



                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                /             \
              /                \
            /                    \
           /    \          /    \
              l       \        /       l
              |     ( ● ) 丿ヽ ( ● )     |
              l                         l
           \      (____人____)      /
            \.      |,/⌒'⌒ヽ|     /
             ,ィl\.      l     j    .ィ
         ,....:::::'´::;':::::::`iヽ.   `ー--‐''´  ,ノ i´::::;::`':::::....,
       /::::::::::::::::;'::::::::::::l \      / l::::::::::::';::::::::::::::\
      /::::::::::::::::::::::l:::::::::::::!   `丶_,ィ   /l::::::::::l::::::::::::::::::::::\



それでもボツワナは、徐々に反アパルトヘイトの姿勢を鮮明にしていく。
1969年にはすでに国連のアパルトヘイト禁止案に賛成していたのだが、
1973年には国連の、植民地体制への軍事闘争の正統性を問う法案に賛成し、
さらに南アフリカ寄りのイスラエルとの国交断絶などを行い、
この年を境に黒人諸国寄りの政策を次々と打ち出していった。

上記の「前線国家」も、その流れに沿った動きの一つだった。




126* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 20:08:25 ID:153Ltp2s0



                _
          /ヽ/::::::::`ー、_
       /::::::::::::::::::::::::::::_:__〈
       |::::::::::::_,──' ̄   _>、_
       |一' ̄ _,一─'二ニ二' ̄      いやいやいや、
      ノ-─' ̄:::r‐、リ ̄ /ヾ'´入       今年も稼がせていただきますよ!
     ='-l:::::::::::::::::) -l   ゝ─'さ_つ
         |:::::::::/y '    }ヽ-,___>      ,-、
       |-' ̄  ゝ-'   {\/  / /    r‐ヽ/  )
        /\ミ=、  ゝ  \/`゙7ー/       ) / ∠、
    /::::::::::::::`‐≡ミゞ-、_ `ー-っ      (     }
.   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ=ゝ二ィ´   ,-─tゝ    ノ
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐┴'  ̄:::::::::∧V   ノ
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉〉'


         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒) \
    / ///(__人__)/// \    もちろんだお!
     |     `Y⌒y'´     |    どんどん稼いでいってくれお!
      \     ゙ー ′   ,/
      /ヽ   ー‐   ィ⌒ヽ
      rー'ゝ       〆ヽ .)
    ノヾ ,>      ヾ_ノ,ヽ}
    ヽ ヽ|        ヽ_ノ



一方でボツワナは、デ・ビアスをはじめとする
南アフリカ系企業の活動を制限することは一切行わなかった。
これはボツワナ経済を南アフリカ経済と強く結びつけることとなり、
経済制裁下の南アフリカにとってボツワナは貴重な貿易相手国となった。

経済面での結びつきを強くすることで、
政治面での南アフリカ離れとバランスを取ったわけである。




128 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 20:10:34 ID:153Ltp2s0


         __________
         .!ミミミ;;;;;,,..))))))))))))フ7
        .!三ミ::::::: ""''==''"\ノ
        |三=-::::  "'ー-ー'" \
        |/rヽi,,-ー-ー'"  ,i_,-=''|     クズ
        |/|ニ||::::===。=;; <=。==.|     黒人どもに何ができるというのだ。
       /|/.|:r||::::::` ー '   `〒'"|     南部アフリカは白人のものだ…
      / |/'ヽリ:::::,._ニニ    |:-'.|
     /  |//,`|:::r'",_  i~- ._| .|
--ー''"""|  .|/,`::::|::::::`-二二二二フ|、        r-=,,
     |   |,` ::::|:::::::::::      .|.|`ー=;,,_     `ー、`,
.,-''つ  |   |,`  `ー-;;:::::::=≡ ../ |   ~''-=_ (こ''ー、.丶
"/   |   .|\     "''-;;_/ノ|  .|      r-、 ヽ,.ヽ )
/__,,--、 |   | .\    ::::::::::/ .|  |     ( ̄~"''-,, ヽ,!
''" ,,--' |   .|   \    / .|   |     | ~|~"ヽ, .ヽ ,!
 r',,-ーつ    .|    \, ,/   .|   .|    | ⊂''ー、, ,!
 ''",,-''"┴--ー'"|    /ヽ,   .ト---┴''/  .|  |,~''、  ,!
 r" _,,-っ    |  ,,,-へ /`-,  |    /  |  ( /  /

南アフリカ共和国首相 バルタザール・フォルスター



ともあれ、1974年初頭の状況はこのようなものだった。
白人の優位は圧倒的なもので、
黒人諸国に対抗する手段はどこにもないように見えた。

だが、この状況は思わぬところから崩れていくこととなる。




130 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 20:13:35 ID:153Ltp2s0



    (⌒∨⌒)/::"\
  (⌒\:::::::::/⌒(⌒∨⌒)
 ( ̄>::( ゚Д゚)<(⌒\:::::::/⌒)
  ( ̄/:::::::: (_>::( ゚Д゚)::<
  /((⌒∨⌒(_/U::U\__)
  / (⌒\::::::::/ (_∧_)`∨⌒) 、@,
 <(__>::( ゚Д゚)::<__し//J\::::::/⌒;@@^
 |ヽ(_/::::::::\_)(_>::( ゚Д゚).つ|/`   カーネーション革命だゴルァ!
 | ヽ. (_∧_) // (_(ノ:::::::\_)
  |  \し|.|J  ////(_∧_)
  l   `.:7 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ し"J
   ヽ  /     .:::/
  / ̄ ̄ヽ(,,゚Д゚) ~ ̄ヽ <
  ヾニニ=/./ハゞ\=ニン
   / / /|  |ヽ \
   (__ ̄l/__U"U V`"



        ___
      //:::::: ̄ ̄ヽ   
      |::::|::#::    `,    
      |::::!::||l , \,i,/、  _人从∧从人从/\
      i~ヽ─({{;,・;})({;,・;})  ヽ 
      (::6::::  `U '(:: ) -'   ノ  
      .|:::: /'/エェェェヺ <     ギニャー!
       |:::: !l lーrー、/   ヽ   
        |● ::: ヽニニソ    ノ  
       |:::: :::`ー/       VWvVWvVWWV

      ポルトガル首相 マルセロ・カエターノ



1974年4月25日。
ポルトガル首都リスボンにて、カーネーション革命が勃発し、
カエターノ政権が転覆する。
これは同時に、サラザールの打ち立てた「エスタド・ノヴォ」体制の崩壊をも意味していた。




132* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 20:15:30 ID:153Ltp2s0




        _ r-──.
    ./ ̄\|_CD_|/`ヽ  軍事費が国家予算の40%とか、なんだよゴルァ!
    l r'~ヽ ゝ__.ノヽ~ l  植民地からは手を引くからな!
    .| |  l#´・▲ ・ l |
     ゝ::--ゝ   ∀ ヽ:ノ |            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    / ⌒ヽ  ̄ ̄  |  |          /             \
   /  へ       __/ /           /                  ヽ
 / / |      ノ   ノ          l:::::::::.                  |
( _ ノ    |      \´       _   |::::::::::   ;;;ノ)    ‐=・=-  |
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`__/     |
       .|                        __ ノ/    ノ

    ポルトガル革命政権



政権を掌握した臨時政府は植民地の反政府勢力と講和し、
1975年にはモザンビークとアンゴラ、
ギニアビサウ、カーボ・ヴェルデ、サントメ・プリンシペの5か国が独立。
ポルトガル植民地帝国は崩壊した。





134 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 20:18:00 ID:153Ltp2s0


      ,へ~~~ ̄ ̄フ,           フ
     /´         `~、_ |`~、_,、__/
   ,/                    ヽレ、
  /                      ヽヽ
 |                         ヽ ヽ
 `|                         ヽ ヽ
 (                          ヽ |  _、-
  |                           \`´,-フ
  \                            ̄  /   ★が前線諸国
    `\,,~~~´`L_、                  /
              )                /     ☆が白人諸国
             く               /
              \            (
               ヽ            |
                )          ★|    、
               |´ ★    ★     _) ,,ノ´ |
               (,,        ★ 、~´  )  |´
               ヽ      ☆  ヽ   (  |´
                |, ☆  ★  、ノ    し-´
                 ヽ       ノ
                 ゝ  ☆  ノ
                 `-~~~´



独立したアンゴラとモザンビークは前線諸国へと加入し、
ここに南部アフリカの勢力図は激変した。
そのうえ、良港をもっておりローデシアの貿易を一手に担っていたモザンビークの独立は、
ローデシアに巨大なダメージを与えた。

だが、新独立国の未来はいずれも厳しかった。




136* 名前:24から短編祭りだお [sage] 投稿日:2013/08/26(月) 20:18:59 ID:RfWnbHTI0
日本人にはピンと来ないけど
ほんの30年くらい前までの西ヨーロッパは軍事政権だったりするからなあ


137 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 20:20:12 ID:153Ltp2s0


         r 、ヽ ∩
.         rヽヽ ヽ ! , 、
         ヽヽ`    ノ
        `弋  Y、        , -ミ、_
            ,ヘ/ ヽ     , -"´/ r<∠、`ヽ
            r '   ∧    イ /ィ{ 人ヽ ヽヽ ヽ ‐ 、
            ヽ__/: ∧  /// /-{ !  トヾ-', ,ミ、}_ソ
.            `}: : : : ∧ {イ/ //人ヘ ', ヽ ヽ} i寸 ´
              ∨ : : : ∧ { ./イ'⌒` ,ヽ{'⌒`i、ヽリ_)ヽ
              \: :| : ∧彡ノ  rァ―┐  ト r-rノ
                 ヽ{: : : :ゞ八  ヽ  ノ -=彡ノハヽ
                  ゙{: : : : : ヽ> 、   , イ{イ人ノ´
                  ∨: : : : / /ト  ト}ソ人{ ノ`
                ∨: : :{:{ {:{>ニ<j: } ',-r、
                    ∨: /{ {: ,ハ V }.リ}}: :ゝ
                  ∨ゞミ, }: !=У:/':/イ: ミヽ
                    |: {{ 。ソ: :∨ミ:{{//}:、: :リ
                    }: ||: : : : : : : ゚jj: : :}: : `ァ
                   ,' : jj: : : : : : : {{: : リ : : ム
                  〃: //: : : : : : : }}: : {: : : :.ム
                /: : ィ/: : : : : : : : :l|; : :i : : : : ム
                  /.´ /: : : : : : : : : :||\: ', : : : : ム

        モザンビーク共和国大統領 サモラ・マシェル



モザンビークは、滑り出しは順調と思われていた。
モザンビークの支配政党となったモザンビーク解放戦線(FRELIMO、フレリモ)は、
地方解放区での行政、特に教育の見事さで知られていたからである、




139* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 20:22:43 ID:153Ltp2s0



       / / /            |   !         }    l |
        / / /         | 八        ハ   }、!
.      /  { {    | |    | }ル′、\  ー=彡イ ー彡ヘ
     /  八 :.    | |    ト、ヽ/  \ 、      ノ  `ヽ  、
    .′'/  \ヽ l| ! | |    L..メ≧zz、 \ヾー< `ヽ  〉  \
    { /    ヽゝ从 | |    ´}.. ´ ̄Ⅵ\ ヽ 、\ヽ  ∨|     ヽ
    ∨   }  ー==≠Ⅵ   〃 (・) ノノ  |ヽハj  ヽⅥ   |       \
.     ∨  ノ  / r===ミ }  イ  _..ィ彡  |ト     !小   |        \  _
   ー=ニゝ彡 イ 八  (・/ /リ           }ハ    | 八ヽ ___ ..-‐ ¨¨ ̄| | ̄ ̄
      // /   ヽ ノ/ }     ___   ∪  }     !へ./⌒ヽ}         ! !
   ー=ニ彡 ´ Ⅵ  ー≠イ  `   //`ヽ    / }   / /    |         | |
         八  {ハ ∪  マ´ ≠   l  / 〃  /  ′   |        ! !
          /  '.    ヽ   ヽ {     ノ / / {   {   {      .′       | |
              Vハ  > ... _`ー ´ _. イ { 八  、  :.     {         .| |
               } }: |  八  _三Ζ、八 、  ヽ  }  }    '.      |!
        乂_ノ/_}| { 77¨´  〈ー‐ヘ{{ヽゝ   }/  ∧    '.      | |
             ̄  //人 V/    /   小/ヽ  /   / ∧    '. . -‐ 、 | |
            / ´  ヽゝ    {  /{ト===ミ `ト、  / /  :.    /   , `ヽ
              /     //      ヽ/. !! , -‐‐-.、ヽ/ /    }  /   /  / ,\



しかし、希望はすぐに失望へと変わった。
モザンビーク独立に伴いポルトガル人の99%が大量出国したため、
経済及び行政組織が崩壊。

それを埋め合わせるために共産主義を導入したものの、
モザンビークは共産主義を導入しすぎてしまった。

このため、地方の農業生産が文字通り壊滅した。





142* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 20:24:17 ID:153Ltp2s0


              .. -‐: :¨¨:  ̄ ̄: ¨¨: ヽ__ . .-‐: : ‐- 、
             /: : : : : : : : : : :_:_:_:_: : :、У: : :-=ミ:ー 、〉
           /: : : : : : : : : ィ´: : : : : `ヽムィ´: : : : : \
          . : : ー===≠ : : : : : : : :/小`ヽ: : : : : : :ヽ
           /: : : : : : : : :/: : : : : : : : :/:/: :|: }: : \: : : : : :ハ
         .. : : : : : : : : /: : : : : : : : ://: : イ: :i!: : : : : : : : : : :.
      /: イ: : : : :/: : : : : : : : ://: :/ .′ i!: : : : : : : : : : :}
     /: :(: : ー: ≠===、=彡 : : / ./ : : :ハ: : : : : : : : : : :
    /: : : : :`¨ィ´: > ´ : : :/> 、: /  /: : : / Ⅵ : : : : : : Ⅳ
  / /: : : :ー=彡 ´: : : : : :/ ≠==ミゝ   /: : : / _j_}__: }: :}: : } |
 .′/: : : : : / : / : : : /: :イ : rッ :rメ、  .′:/´ィ气/: :/ :/ : ハ !
 {: / : : : : :イ:/: -‐=彡 ´ とつ、_:_:ノ /: / /ッ: ソ }: /: / : / リ
. V: : :/ : 乂: : / : : 八  /i/i/i  イ: :/   ゝ∠.ノ/: / : /
 /: イ: : /: :/: :{: :{ : : : ヽ    ー=彡    `   イ/: :/ :ノ{  ハ
. {: { ! :〈: : : :{、: :} : } : : : ト、\ ゚。 ィ====ァ   ー=彡イ: :{ヽ、:`ー':ノ
. 乂{ 、 :ヽ : : 、Ⅵ: ハ、: :八 \ ヽ、 ー イf≧x、 イ.、 :八: :、   ̄
      > `ー:ハ:.:}/: }:\ : ヽ .\ >{r.、 \f≧\ }ハ: :ヽ ー`
.     /!:{:.:\: : Ⅵ:}ハ\:ヽ: :ハ  ヽ}/ノ ノ   .\f≧\}ハ: :>‐'
   /:.|:.',:.:.:.:ヽ :}:.:.:.:.}:.:.:ヽト、: l /ヽ{ {/}ヘ、.\f≧\:`ヽ
   :′:!:.:',:.:乂ノ:.:.:.:.ノ:.:.:.:.}! }: |{ー―}Υ ノ / .}   \f≧\: \
. /:.:.:.:.|:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|レル八__ /八 乂イ 人、  \≧ハ}ヽ〉
く:.:.:.:.:.:.:|:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.//   イ   ー=ミ ィ`ーヽ、  ヽ≧}
 \:.:.八:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.彡'. /八       ∨!ヽ、_>ーイ:
    ー‐ ヘ:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、/:.:.:.:.:.ヽ、__/:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: !
        l:.〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/\:. |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
        |:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ    ヽ!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|



さらにこれに不満を持った右派が、
南アフリカとローデシアの支援を受けて
モザンビーク民族抵抗運動(RENAMO、 レナモ)を結成し、
1977年に武装闘争を開始。

内戦と1981年からの飢饉で、モザンビーク国内は大混乱に陥った。





147 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 20:26:16 ID:153Ltp2s0



モザンビークはこんな状況だったが、
アンゴラはもっと悲惨だった。
一応統一武装組織のあったモザンビークと違い、
アンゴラの反政府勢力は三派に分かれて絶賛内紛中だったのである。




      ./..::::             i    ヽ
     /.:::::::::::.            /     ヽ
     .i::::::::::::::        i  ./      |、
     |::::::::::::::         i .人ェュ、_    )、
    丶:::::::::::     ノ   .レ'´ /´:::::    / ヘ    ヘッ
     i':::::ヽ::   ''''´ ヽ .,イ  i::::::    _  V.i
   ┌-t::::::::::::  .___ X ! /:::  _,,ィク´  .i |    政治家が武力使って
    .!ヽ:ヽ:::::/ ̄´;;;;;;;;;;;;;;;ヽ, ヽ ::::::: fエィ'´   ノノ.    どこがワルいンでェ・・・・・・
    i ヽ |:::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:ノノi  :::::::::     ィヽヽ
     !`゙イ、::ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::ヘ  i::_::: -‐‐</ ヽヘ
     `ヽ(ヽ、__`>─'''´ ,r  .ゝ (. `)‐-クi ):  i:::ヘ
      .i.ヽi-‐'ヽ/ ,:::-‐'´ゝ‐-、_,,ィ'´==ッ' 〉ノ /::: iニヽ
      .| ::::i   i (ヽ、__,, -‐=ニ''´  ̄// // !::::  ./|ヾ゙\
     ,,イ、:::ヽ、 ヽ\ `゙‐`''‐--─''´/ / i/i::::  :::||>メミノ三
    i'´゙〈::ゝ::::::::`'ヽヽ::::::..  ̄` ´ ̄   ノ:::/:::  ::ノノ爻》彡
  ノ´) 《ム、:::::...  ``ヽ、:::..       /:::::!:::: /ミ矢父<
三タ〈 父メミ`ヽ::::::::..  `'-、..__,,.--‐'´ :::/:::./爻爻ノ.ノミ

  アンゴラ全面独立民族同盟(UNITA) ジョナス・サビンビ




148 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 20:28:12 ID:153Ltp2s0



              _,____
ノ(          / ̄lllllllllllllllllllllllll`ヽ、
lll(        ノ´llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`ヽ、
lllllll)     ノ'lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`l
丗ヲ    /lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`l
llllノ    ノllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,、ll|
llノ    ノlllllllllllllllllllllllllllll/´ ̄`ヽllllllllllllllllllllllllllノ `、ll|
/ ,   |llllllllllllllllll_,-'´ ̄  ヽ、 `ヽ、lllllllllllllノ .  Y
|l   ,'´l`、lllllllllllノ   _,-‐、 ヽヽ `l.`―‐'フ   ,、|
llll`ヽ|llllllllll`、llノ´   ‐―、ヽ、 ヽ、 |   | / ノ,→
lllllllllllllllllllllllll`l     -、_ヽヽ、_`l 、 l  /ン_/
‐ 、lllllllllllllllllllll`l     `、`三ン、、ニ、´ノヽノ/フノ/
     フlllllllll`l       _,-'´ `ヽ//-´   |   私は一向に構わんッッ
     /llllllllllll|`ヽ、   ,'´´     _  :   ) l
     `|llllllllノ、  ヽ、,´     i´ `  `,  ノ´
    人    \ i´ヽ、     `,ヽ、_ノ ,´/
    /::`、     `ン  ン  ,,-←三、-´ノ、'ノ
 _,-/:::::::ヽ、     ヽ、 `、 `,ニ,‐--‐ヲ //l
''´:::`、:::::::::::::::ヽ、    `i 、_ヽヽ二二二ノ/ /
:::::::::::`、:::::::::::::::::::`ヽ、  `l `、     / ノl
:::::::::::::::::`、:::::::::::::::::::::`ヽ、ヽ `ヽ、_,/ノノ`、__
:::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::::`ヽ、――´ノ:::::::::ノ::::::::::::`‐ヽ、_

アンゴラ国民解放戦線(FNLA) ホールデン・ロベルト



149 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 20:29:07 ID:153Ltp2s0


                    _______
                      _ ´::::::::::::::::::::二二ヽ:::::\__
                    ,. ´::::::::::::::::::::二二ニ丶::::::::::::::::\             
              /::ニ:::::::::::::::二二ニニ丶:::::::::::::::::::::::::ヽ            
                  ///::::::::::一=ニニ:::::::::::::::::::::::::::::\:::::ハ.     
              /::/:::::::::―一=ニニ::::::::::::::::::::、::::ヽ::::::::!::::::|     
            _,/::::::ニ二:::::::::::::::::::二二ニ=::::::::::|:::::::|:::::::|::::八     勝ち残ったほうがGIKAIの支配権を握る
          /{:;:イ:X⌒ヾニ::::::::::=ニ二二::::::::|:::::!:::::::::::::::::::::::::ハ    
            /ィ/ /´  \、 ー====ニニ彡ヘ:::::::::::::::::::::::::::::\::::::}    わかりやすくていいじゃねえか
         { 厶-――-、}}          ,r=\::::::::\:::\:::::::!:::{    
         ,.-〃/ \、--、 ヽ         /     ヾミ、:::\:::ヽ::|::::}    
__,.-‐ァ′/.l{∧  ヾ弐ぅ }  ,r==='′_,. -――   ヾ:::::::::::::::/    
    / ,.イ  `トヽ._    ̄`人、〃  /´ ̄ ̄ \     Y::::::::ハ、
  ./  /.:.|  .ハ  }} ̄ ̄,rテ^ヾニニ{  _,. -――',    }:::::イニYハ--、
-‐'′  ./.:.:.:|  / |__ルx=f´/   ノ   '、  `ヾ弐ぅー;}r====ァ'´} {リ| '.  ` ー-
     ./.:.:.:.:.! :{/´| ̄`}{ Y´  Y⌒ヽ  \   ̄ ̄ノ    / ノ/.:l   '.
___  f:.:.:.:.:.:.\∨  ;;''´`;廴__ノ-一′   ` ̄ ̄ _,x≠x;ァ'´/ l:.:.:.!   ヽ
//⌒>ー、_:.:.:.ヽ;'';''´  `ヾニニヽ,;:'';,    、_,x=彳ィリ  /‐'´  /.:.:.:!    \
   (_,/  },;:'';;     ;; `ー‐;;'  ';, ,;'';, _ノ´ イ  `Y/  ./.:.:.:.:.|
       /) ;,,    `゙; ̄};'   `''´ `';  /―一'´  /.:.:.:.:.:.:/j
⌒ ー‐;‐ ''´/,,       ;;''"´ ,,{;,,      ,;''イ      /.:.:.:.:.:.:.:./:/
  /^i/⌒ヾ.     `':;ー;;'' `       '; / ,.-一 '´.:.:.:.:.:.:.:./:/
./ /     }    ,;;'´ ';,  ';;      ;//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:/

  アンゴラ解放人民運動(MPLA) ジョゼ・エドゥアルド・ドス・サントス

 (この時代はアゴスティーニョ・ネトなんだけど、面倒なのでこいつで行く)




152 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 20:30:29 ID:153Ltp2s0




      ./..::::             i    ヽ
     /.:::::::::::.            /     ヽ
     .i::::::::::::::        i  ./      |、
     |::::::::::::::         i .人ェュ、_    )、
    丶:::::::::::     ノ   .レ'´ /´:::::    / ヘ    おうよ、選挙なんかいらねえ
     i':::::ヽ::   ''''´ ヽ .,イ  i::::::    _  V.i
   ┌-t::::::::::::  .___ X ! /:::  _,,ィク´  .i |    勝ったほうがこの国を分捕りゃアいいのさ
    .!ヽ:ヽ:::::/ ̄´;;;;;;;;;;;;;;;ヽ, ヽ ::::::: fエィ'´   ノノ.   
    i ヽ |:::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:ノノi  :::::::::     ィヽヽ
     !`゙イ、::ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::ヘ  i::_::: -‐‐</ ヽヘ
     `ヽ(ヽ、__`>─'''´ ,r  .ゝ (. `)‐-クi ):  i:::ヘ
      .i.ヽi-‐'ヽ/ ,:::-‐'´ゝ‐-、_,,ィ'´==ッ' 〉ノ /::: iニヽ
      .| ::::i   i (ヽ、__,, -‐=ニ''´  ̄// // !::::  ./|ヾ゙\
     ,,イ、:::ヽ、 ヽ\ `゙‐`''‐--─''´/ / i/i::::  :::||>メミノ三
    i'´゙〈::ゝ::::::::`'ヽヽ::::::..  ̄` ´ ̄   ノ:::/:::  ::ノノ爻》彡
  ノ´) 《ム、:::::...  ``ヽ、:::..       /:::::!:::: /ミ矢父<
三タ〈 父メミ`ヽ::::::::..  `'-、..__,,.--‐'´ :::/:::./爻爻ノ.ノミ




154 名前:24から短編祭りだお [sage] 投稿日:2013/08/26(月) 20:30:23 ID:RfWnbHTI0
アンゴラは修羅の国
ちぃ、おぼえた


156 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 20:30:57 ID:153Ltp2s0


                    _______
                      _ ´::::::::::::::::::::二二ヽ:::::\__
                    ,. ´::::::::::::::::::::二二ニ丶::::::::::::::::\             
              /::ニ:::::::::::::::二二ニニ丶:::::::::::::::::::::::::ヽ            
                  ///::::::::::一=ニニ:::::::::::::::::::::::::::::\:::::ハ.     
              /::/:::::::::―一=ニニ::::::::::::::::::::、::::ヽ::::::::!::::::|     
            _,/::::::ニ二:::::::::::::::::::二二ニ=::::::::::|:::::::|:::::::|::::八     
          /{:;:イ:X⌒ヾニ::::::::::=ニ二二::::::::|:::::!:::::::::::::::::::::::::ハ    
            /ィ/ /´  \、 ー====ニニ彡ヘ:::::::::::::::::::::::::::::\::::::}   
         { 厶-――-、}}          ,r=\::::::::\:::\:::::::!:::{    
         ,.-〃/ \、--、 ヽ         /     ヾミ、:::\:::ヽ::|::::}         戦争だな
__,.-‐ァ′/.l{∧  ヾ弐ぅ }  ,r==='′_,. -――   ヾ:::::::::::::::/    
    / ,.イ  `トヽ._    ̄`人、〃  /´ ̄ ̄ \     Y::::::::ハ、
  ./  /.:.|  .ハ  }} ̄ ̄,rテ^ヾニニ{  _,. -――',    }:::::イニYハ--、
-‐'′  ./.:.:.:|  / |__ルx=f´/   ノ   '、  `ヾ弐ぅー;}r====ァ'´} {リ| '.  ` ー-
     ./.:.:.:.:.! :{/´| ̄`}{ Y´  Y⌒ヽ  \   ̄ ̄ノ    / ノ/.:l   '.
___  f:.:.:.:.:.:.\∨  ;;''´`;廴__ノ-一′   ` ̄ ̄ _,x≠x;ァ'´/ l:.:.:.!   ヽ
//⌒>ー、_:.:.:.ヽ;'';''´  `ヾニニヽ,;:'';,    、_,x=彳ィリ  /‐'´  /.:.:.:!    \
   (_,/  },;:'';;     ;; `ー‐;;'  ';, ,;'';, _ノ´ イ  `Y/  ./.:.:.:.:.|
       /) ;,,    `゙; ̄};'   `''´ `';  /―一'´  /.:.:.:.:.:.:/j
⌒ ー‐;‐ ''´/,,       ;;''"´ ,,{;,,      ,;''イ      /.:.:.:.:.:.:.:./:/
  /^i/⌒ヾ.     `':;ー;;'' `       '; / ,.-一 '´.:.:.:.:.:.:.:./:/
./ /     }    ,;;'´ ';,  ';;      ;//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:/


157 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 20:31:56 ID:153Ltp2s0


      ./..::::             i    ヽ
     /.:::::::::::.            /     ヽ
     .i::::::::::::::        i  ./      |、
     |::::::::::::::         i .人ェュ、_    )、
    丶:::::::::::     ノ   .レ'´ /´:::::    / ヘ   
     i':::::ヽ::   ''''´ ヽ .,イ  i::::::    _  V.i
   ┌-t::::::::::::  .___ X ! /:::  _,,ィク´  .i |    ああ
    .!ヽ:ヽ:::::/ ̄´;;;;;;;;;;;;;;;ヽ, ヽ ::::::: fエィ'´   ノノ.   
    i ヽ |:::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:ノノi  :::::::::     ィヽヽ
     !`゙イ、::ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::ヘ  i::_::: -‐‐</ ヽヘ
     `ヽ(ヽ、__`>─'''´ ,r  .ゝ (. `)‐-クi ):  i:::ヘ
      .i.ヽi-‐'ヽ/ ,:::-‐'´ゝ‐-、_,,ィ'´==ッ' 〉ノ /::: iニヽ
      .| ::::i   i (ヽ、__,, -‐=ニ''´  ̄// // !::::  ./|ヾ゙\
     ,,イ、:::ヽ、 ヽ\ `゙‐`''‐--─''´/ / i/i::::  :::||>メミノ三
    i'´゙〈::ゝ::::::::`'ヽヽ::::::..  ̄` ´ ̄   ノ:::/:::  ::ノノ爻》彡
  ノ´) 《ム、:::::...  ``ヽ、:::..       /:::::!:::: /ミ矢父<
三タ〈 父メミ`ヽ::::::::..  `'-、..__,,.--‐'´ :::/:::./爻爻ノ.ノミ



正気にては大業ならず。
アンゴラ政治はシグルイなり。

こうして、アンゴラでは各大国の支援を受けつつ、
軍事勢力三派による凄惨な内戦が20年以上にもわたって続くこととなる。
一応首都ルアンダを抑えたMPLAが中央政権ということにはなったが、
他国ににちょっかいをかけられるような状況ではなかった。





171* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 21:01:54 ID:153Ltp2s0



            _____
      r'ff77"/////〃〃∠=:、      フ ア ツ ク
.     レ'''‐-!!!-‐::''"::::゙::ヾ:三三l     lニ    l
.    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:三三!    ! U C K
    |;:、:ニニニニニ:::::_;;::、:::::::l三三l          ユ ー
.    l´\゙ll::!:::lLニ-‐'' ̄::::::|三三ト、       ヽ/
    }==。ァ ::,, ==。== ::::::r;=、ミ|. \      l  O U
.    l.`ニ! ::::: `ニ二´  :::::rニ||:ミ!  ヽ、._
 _,... -‐1 ! :::::_┐ヽ._    ::::::-リ ミ|   l
     l/゙= ---─っヽ  ::::下ミ:ミミ|   | ぶち殺すぞ………
      l ` ̄ ̄´  | .::::::|:: ヾ:ミ|   |   ゴミ
       ト、 ゙゙゙゙ ........_;;:::-‐':::   >|   |  黒人めら……!
   , --、 |  ` Tヾ ̄::::::::   / |.    |
  l;';';';';';}|.    | \    ./   |     |
.  〉-y'´|   _|   \ /    |_    :|
  /7./ .>'' ´ |   / \     | `''‐<


こうした動きを陰で操っている勢力は、もちろん存在した。
南アフリカ共和国である。

南アフリカとしては、このあたりの諸国が安定化すれば
間違いなく南アフリカと敵対してくるわけである。
座視しているわけにはいかなかった。




172* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 21:03:57 ID:153Ltp2s0



         __,,,.... -――‐- .._
       /vV///∠∠彡:ニニヽ
      {/`ー-‐'''"´   二二ニニl
     /ー--‐''''"´    二二ニニ|
    ,/ー---‐'''"´__   ニニ二二|   ククク…我々の役に立つというのであれば、
    〈べヽ l. ヾニ-‐'''ヾ> =r-、ニニ|   エサを投げてやるのはやぶさかではない…
    },-o->  ヽPニニ  ミ ス.|ニ二|
.     |二/,'   ー― '  `に!|二ニト、
    |/,' __ ヽ\    r<二ニ| \
      | 「r---一ァ'!   | \ニ|   |`'ー-、__
       | !` 三 ̄  l    |    \!  |
        \       _.. -''"    /|    |
    _,.. ‐'''"`ー <´       / |  |



とはいえ、敵対ばかりというのも能がない。
懐柔できれば懐柔するに越したことはない。

こうしてこの時期、「外向政策」と呼ばれる
黒人諸国への懐柔策も実行に移された。
明確に敵対しなければ、南アからの支援が期待できたのである。

この懐柔策のおもな標的になったのはマラウイと、
旧イギリス保護領諸国…レソト、スワジランド、そしてボツワナである。

このため、ボツワナに対しては、こちらからも厳しい条件がつきつけられることはなかった。




173* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 21:05:31 ID:153Ltp2s0




               ________
                |\     \      \
                |  \     \     \
         _____|   .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|____
        .\    .\  |   南濃みかん  |    \
        \    .\|________|      \
               ̄ ̄ ̄                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



.       ┌r┬r┬r┬r┬r┐
      ドミヾ>冖┴冖く'/
      |ニ/ __ ̄ニニニヽ
      |=〈 /ベ≧zz jzzヘ      アンゴラとモザンビークの反政府勢力に支援を与えろ!
      |Ft| ==。=:::/=。=〈
      |{(|| `ニニ´ ヽ`ご.|      ローデシア情勢をなんとか軟着陸させるんだ!
      ト=|  , -‐ '- _}`ヽ|
     /|シ'l / (二ニニニ⊃|、
-一''¨´|  ト、`丶、  ≡  ハ`'ー-、_
-‐ ¨´|   | \ `'ー--‐''´! |`'ー-、_ ̄
   |   |   \    /|  |



しかし、全般的に見ればこのころの南アの目は、
ローデシア、モザンビーク、アンゴラといった
紛争地域に向いていたことは否定できない。

つまり、ボツワナはさほど重視されていたわけではない。




178 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 21:08:31 ID:153Ltp2s0




                  ________
                    |\             \
                    |  \            \
            _____|   .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|____
            .\    .\  |   南濃みかん  |    \
           \    .\|________|      \
                   ̄ ̄ ̄ /         ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      しヽ        ト、ノ
                    |    __    |
        )))      )))     !___ノ´  ヽ__丿



        r──────‐:┐
.      | ,.へ、..___./ヽ. |
.      l /   ====   ヽ.|
.      | F=‐-_ll  L-‐=ゝ!.|
     r:|.l ==。=,   =。== |.|.、      さて、次は黒人どもにどんな手を打っていくか…
      {(!|. `二.l.   l.二´ ||).}
      ヽ|!/rー' L__」 ー 、`|!ソ
.    _/| l ー───一 | | ヽ._
    ̄ |  ト.、,. -‐==、 ,/|  |  ̄
.    |  |/ ∠Hニニ、 ´/ |.  |
.     | /  ,r‐|.|==‐'<.  |   |
    | / ,'  r‐|,|ー- ' \│ │



その隙に、ボツワナは南アフリカの顔色をうかがいながら、
少しずつ前線諸国寄りの姿勢を明らかにしていった。




180 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 21:11:02 ID:153Ltp2s0



                              
              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、      
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.      
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,     
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,    
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,   
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、   
         ゙t,'i  `'フ",:"!,    u   `  |' i l  (さすがに、この状況はまずいな…)
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,
          |ヾi u   ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!
          ゙i, ! !     ~;; ___, u   ,、ノ
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
           `" ト、    " `    /   |
              | 'ヽ.   .|    /   .|
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"


一方、南アフリカよりもっと深刻に事態を受け止めている国が存在した。
言わずと知れた、ローデシアである。





181* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 21:13:28 ID:153Ltp2s0


                                .rnへ、
                               ,人r壺'
                               ∠/  |
                      rゝ、_、 ,∠x/  、:トャ
                       」ロpwLr∠xl,/   >j´
                      fLfffrrr[>≦「´   `U
                       ||LL⊥二〔、      _,,..-‐''`'ー-、_
 _,..-'''"~""''' ‐- ...,,___,,..-‐''~""''' ‐||>:<||><||...,,__'''""~       ~""''' ‐- ...,__、
                      ||><||><||       \r、__rf    ft__,rァ/
                      ,||>< ||><||       rゝ[ロrL   ,」ュロ[くャ
      |    .[マプト港]      ||><||><||  .r====l:┐|x|xlx|´    |x|xlx|
────!zュ   | lココココココ:|[㌔㍍] ,|| ̄ :|| ̄ ̄ || ::|l=====l|l|x|xlx| r─‐:|x|xlx 
 ○   /´   | lココココココ:|rェェェュ].,||≧≦||≧ ≦||  |l====,r:::::::::-、x〕kュュ 〔x|x 
   ,/-‐─¬、  ,.-‐─¬、ェェェ:[ ,|| ̄ ̄:|| ̄ ̄ ||     `l::::::::::{  rェェェrへュ   
   / |[: ̄l ̄:]|  |[: ̄l ̄:]| ェェェ:|::||二二:l||二二l||   l| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
___{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       :|γγヽ
::::::::ヘ~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~:l|       :| ヽヽソ
~~`                              :|       :|
                                 ~~~~~~~~~~~~~~


もともとモザンビーク経済は、
ローデシアおよび南アフリカの外港としての機能が
大きな部分を占めていた。

つまり、モザンビークが独立すれば、
内陸国であるローデシアの貿易ルートが絶たれてしまう。
貿易のほとんどを南アフリカおよびボツワナ経由に振り替えることで
当座はしのいだものの、
輸送ルートの減少と距離の長大化によって輸送コストが跳ね上がり、
さらにこの状況を想定していなかった南アフリカの港湾機能がパンクの兆しを見せ始めた。




183 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 21:15:49 ID:153Ltp2s0


...........................,..:--――‐--.、_
::::::::::::::::::,.:r'"/        ゙ヽ、_
:::::::::::::/ iill /          \
::::::::::/,∧ N / "  _,.r―ヽ、  ‐:、  \
::::::::,i!" i! il゙ _,.;r'"     ヽ   ミ、  ゙i.
::::::,i   V;/         i!   ヾ、  !
:::::i    "      ヽ   ,ゝ   ヾi  l
::::ノ  、 i  ノ      ゙、 ヾ、   i゙  .!
:(、_ .ソ "   __     〕 .,r‐、   !
::::l ゙ヽ-ツーヽ=<___。>‐'  \r",:タ.! /
::::l   .:!   \_        l レへ !./
::::ヽ .::j  ::.  ゙ー:.      l レ'///    
::::::゙:. Y__..._. ::.         ,り//Y      しかたあるまい。
:::::::::゙:. ヽ‐"          ト、ノ i l!     黒人勢力と
::::::::::::゙:. ヽ二ニ=’     /   i .l     講和しようではないか。
:::::::::::::::i!  ゞ:::       ノ   i! l     むろん我々の優位のもとで、な。
:::::::::::::::::i! /      _/〃   ;! .l.     
::::::::::::::::r゙、___,.∠/.:/   __,.-‐ト、
:::::::::::::::l.「 ,  ┌-===―‐‐tTr-―‐ニ┐!
:::::::::::::::l゙ーj  ト--  ゙l  l l l 「 ̄ .」 l



こうして、ローデシア政府は国内反政府勢力との講和を模索し始める。
1974年12月、ザンビアの首都ルサカで前線諸国首脳とスミスのと会談が開かれ、
翌年の講和会議開催が決定される。

だが…




185 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 21:17:22 ID:153Ltp2s0



1975年3月4日。



          / ̄ ̄\
         /´ ̄ ̄ ̄``ヽ
         |____ニニ゙i
         l___---i―'''''べi
         ゙i0)l-、ヘ/  〉l
          l      //ヘ
         / ̄,'lllllll,' ` ノソ
      _....,,_.. >――-、___/ノ/`゙゙゙'ヽ
    /    ニ  '  ゙i    ヘ`'‐、 \
    /  ,--'''´ l     |    ヘ广   ゝ、              ,‐、
    rメー-..__ ,ノ    ,--―――――────|f |l三三三三三「」∥|≡
    ,'′   |   _....l''" ̄ ̄ ̄ ̄|┗━━━━━广エ∩∩∩∩=コ┘
   l心、  ノ  l´ _ヽ/ ̄`i⊃ ''l | \(ヘ    ((ノ   ノ
  ノ  ri| ̄ ̄ ̄ ̄」tヽi′   |Β │  `'''--―'''''''´´ ̄ ̄´
  '、 _厂|| lコ[illl田田]ヽ__lΒ  |
   ヾ ヘ ゙i_‐‐‐――┘_| | | |  ナ



                  _,,,..........___
               ,.‐'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``丶、
              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_)
             /;;;;;;;;;;;;;伐};;;;;;;;;;;, -'゙i"ミ; ゝ、
              {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::{:ゞ、 冫し    
             >;;;;_ _, -''"::-::::::::::ゞぐ  く 
             犲彡r''_丶、:::::::::;_.._.、-ミシ ィ}    …首相。
             ゝTリ ~=tェ);;::Kーtァ=;;川イ    これはいったい、どういうことですかな?
              八ン::ゞ:::::::::i::|::l::'':':::´;;;};: リ    
     ___,,,..-.t''i"((从:::::::::,,イ:;;::え::::::::;;;イ从`''ー-、, _ 
   ,ィ乍三;;_;;_;;_;;_;;」;;゙i;;;;;;;「i:〉::::::,ィ==-、::;;/i;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ー-、,
 /;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;川;;;;;;;;;;;;゙i;;;;;ゝヽ:::::::`ニニ'´:;;/ /;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>-、
/;;;;;;;;;;;;;;;;;゙i;;;;;;;l;|;|;;;;;;;;;;;;;゙i;;;;;;;;\\::::::::::::://∧;;;j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;_
{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙i;;;;;|;|;|┌┬┬i;;;;;;;;;;;;‘Y´丁〒'´;;;イノ;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;



188* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 21:20:07 ID:153Ltp2s0





                 :.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.::.:.:.:|
                  :.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:|
               `´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.|
                .:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、|.:.:.:.|
                   :.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.}
                 :.:.:.:.:.:.:.:, -――..r:.:t‐  |.:.:/
                   .:.:.:l.:.:.:.:`"'''ー----゙´   |:|⌒ヽ
                   .:.:.:|  ヽ:.:.: ̄ ̄`゙ヽ  |:i   |   どうもこうもない。
                   .:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙   |i(ヾ  |   あなたが政敵を暗殺するという密告があったのでね。
                   .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i':i  j  |
                   .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!j (/  /    あなたを逮捕する。
                  .:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ハ   /
                .:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|-´
                ____.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:/:.:|
                   ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:|
                    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:|
                 ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:|
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   , -''´  /|
              `ー―‐' -―''´, -‐'⌒ヽヽ|




189* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 21:22:04 ID:153Ltp2s0



                  _,,,..........___
               ,.‐'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``丶、
              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_)
             /;;;;;;;;;;;;;伐};;;;;;;;;;;, -'゙i"ミ; ゝ、
              {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::{:ゞ、 冫し    
             >;;;;_ _, -''"::-::::::::::ゞぐ  く 
             犲彡r''_丶、:::::::::;_.._.、-ミシ ィ}   …あからさま過ぎて話にもなりませんな。 
             ゝTリ ~=tェ);;::Kーtァ=;;川イ    これで講和会議はおしまいだ。
              八ン::ゞ:::::::::i::|::l::'':':::´;;;};: リ    
     ___,,,..-.t''i"((从:::::::::,,イ:;;::え::::::::;;;イ从`''ー-、, _    …後悔しますぞ。
   ,ィ乍三;;_;;_;;_;;_;;」;;゙i;;;;;;;「i:〉::::::,ィ==-、::;;/i;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ー-、,
 /;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;川;;;;;;;;;;;;゙i;;;;;ゝヽ:::::::`ニニ'´:;;/ /;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>-、
/;;;;;;;;;;;;;;;;;゙i;;;;;;;l;|;|;;;;;;;;;;;;;゙i;;;;;;;;\\::::::::::::://∧;;;j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;_
{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙i;;;;;|;|;|┌┬┬i;;;;;;;;;;;;‘Y´丁〒'´;;;イノ;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;




この日、政敵暗殺計画の咎でスミスはシトレを逮捕する。
3月25日には裁判が行われ、4月2日には拘禁が発表された。




192 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 21:24:24 ID:153Ltp2s0





          ___
        /     \
      /⌒   ⌒  \     スミス首相。
     / (●)  ( ●)   \    今すぐシトレ氏を釈放していただけませんかお?
      |    (__人__)      |    ニエレレ、カウンダ、マシェル、そしてやる夫の
     \_  ` ⌒´    __/    連名で要求しますお。
     /´:::/ヘ;;;/∨::\::::::::`ヽ
     i:::,::>:::i/;;;;i /:::::::く:::::::,::::::ヘ
    {:::i::ヽ::i;;;;;;;/:::::/::::::::i:::::::::}



この知らせを聞いた前線諸国首脳は連名でシトレの即時釈放を求めた。





195 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 21:26:36 ID:153Ltp2s0




...........................,..:--――‐--.、_
::::::::::::::::::,.:r'"/        ゙ヽ、_
:::::::::::::/ iill /          \
::::::::::/,∧ N / "  _,.r―ヽ、  ‐:、  \
::::::::,i!" i! il゙ _,.;r'"     ヽ   ミ、  ゙i.
::::::,i   V;/         i!   ヾ、  !
:::::i    "      ヽ   ,ゝ   ヾi  l
::::ノ  、 i  ノ      ゙、 ヾ、   i゙  .!
:(、_ .ソ "   __     〕 .,r‐、   !   尊敬すべき各国の首脳には申し訳ないが、
::::l ゙ヽ-ツーヽ=<___。>‐'  \r",:タ.! /   これは国内問題だ。
::::l   .:!   \_        l レへ !./
::::ヽ .::j  ::.  ゙ー:.      l レ'///     内政干渉は困るのだよ。
::::::゙:. Y__..._. ::.         ,り//Y      要求は拒否させていただく。
:::::::::゙:. ヽ‐"          ト、ノ i l!   
::::::::::::゙:. ヽ二ニ=’     /   i .l  
:::::::::::::::i!  ゞ:::       ノ   i! l   
:::::::::::::::::i! /      _/〃   ;! .l.  
::::::::::::::::r゙、___,.∠/.:/   __,.-‐ト、
:::::::::::::::l.「 ,  ┌-===―‐‐tTr-―‐ニ┐!
:::::::::::::::l゙ーj  ト--  ゙l  l l l 「 ̄ .」 l




196 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 21:27:37 ID:153Ltp2s0





     _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
   ,r'        \
   / ⌒         ヽ,
  ( ●)    ⌒     ..i    そうですか、それは残念ですお。
  i.     ( ●)    .|    …あとひとり、釈放を要求している人がいるんですが、
 . \(_入_ノ      /    お呼びしてもよろしいですかお?
    \______/
    ./ゝ/ノ:::::::::::::::::\
    |ノ//::::::::::ヽ,::::::::::|
    |^::::::::::::::::::::::|:::::::::|
    |^::::::::::::::::::::::|:::::::::|






197 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 21:28:08 ID:153Ltp2s0




                 >   ̄  <
                /         \
               ′ , 、     , 、   ',
                    ′ /  \ | /  ヽ  |
               l 〈     ` ´     〉 |   かまわぬよ。
               | /   、       ゙l l
                  r、 l 、_-ッ 、ヽ〈 ,r ッ-ァ l r、   もっとも、誰が要求しようと、
                  l.Ν    ̄´'1 ー ̄  レ .リ   この決定を覆すことはできんがね。
              ヽ ハ      |     | ./
               `l l   `ー '    /|´
                   | 、  ー一   /|
                  f|  \     , ′ト,
                 |ミ≧、_ヽ __/,ィ#彡|
              _ イ ┌゙ミミtzrィ彡ラ'7 ト、
       _ > 7 ̄ |〈  lニ `l l.| |/´_フ  .l l`ー‐、-<_
ニ> r一/´ /_ ノ一 '´ \ 匸 `.|  -/ / `ー‐、l_   l`ー、-、_ >一
一 ⊥ ‐'  ̄           `>`コ | [ ̄<´     _ ̄`ー‐-'、__「 二
_フ´三t   |≧z、            ` T ´     <三三三ラ     ヽ 一




200* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 21:30:10 ID:153Ltp2s0





    _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
   ,r'        \
  /_,ノ  ,,       ヽ,
  ( о) ミ ヽ、,,,_    ..i    …わかりました。
  i.   ミミ( ○)    .|
  \(_入_ノ      /    それでは、お入りください。
    ノ__,,/,____/
    ./ゝ/ノ:::::::::::::::::\
    |ノ//::::::::::ヽ,::::::::::|
    |^::::::::::::::::::::::|::::::::::|
    |^::::::::::::::::::::::|::::::::::|





201* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 21:31:09 ID:153Ltp2s0





     ____________
    ヾミ || || || || || || || ,l,,l,,l 川〃彡|
     V~~''-山┴''''""~   ヾニニ彡|
     / 二ー―''二      ヾニニ┤
    <'-.,   ̄ ̄     _,,,..-‐、 〉ニニ|
   /"''-ニ,‐l   l`__ニ-‐'''""` /ニ二|   …やあ、スミス首相。
   | ===、!  `=====、  l =lべ=|
.   | `ー゚‐'/   `ー‐゚―'   l.=lへ|~|   すぐにシトレ氏を釈放したまえ。
    |`ー‐/    `ー――  H<,〉|=|
    |  /    、          l|__ノー|
.   | /`ー ~ ′   \   .|ヾ.ニ|ヽ
    |l 下王l王l王l王lヲ|   | ヾ_,| \
.     |    ≡         |   `l   \__
    !、           _,,..-'′ /l     | ~'''
‐''" ̄| `iー-..,,,_,,,,,....-‐'''"    /  |      |
 -―|  |\          /    |      |
    |   |  \      /      |      |

南アフリカ共和国首相 バルタザール・フォルスター





206 名前:24から短編祭りだお [sage] 投稿日:2013/08/26(月) 21:34:02 ID:occT9xL60
黒幕自らwwww


207 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 21:34:16 ID:153Ltp2s0




          /ミミミミミミミ川\
        /ミミミミ/\ミ川川|/\
       /ミミミ/     \|/   ヽ
       /三三三|   u.        |
      /三三三>      \ / <|
      |三三三/  〈____  )) __)   ば、ばかな…
       |三(⌒||    \_0>  <__0/
       |ミ(6 |_|       / |\  〉   フォルスター、貴様がなぜここに…
        | し   u.   /   |   |
        丶|   |   u,   〈  」〉 |
        |   |      __  /
        |  u. \      ー  /
        |     \      |  |
        | ̄ ̄ ̄ ̄  \___/
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | | ̄|
        |   二二二\_| | |_/二
            二二二__| | |_二|




211 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 21:36:29 ID:153Ltp2s0




        r──────‐:┐
.      | ,.へ、..___./ヽ. |
.      l /   ====   ヽ.|    なぜ…?
.      | F=‐-_ll  L-‐=ゝ!.|
     r:|.l ==。=,   =。== |.|.、   これは異なことを。
      {(!|. `二.l.   l.二´ ||).}   我々南アフリカは、
      ヽ|!/rー' L__」 ー 、`|!ソ   南部アフリカの安定を何よりも望んでおるのですぞ…?
.    _/| l ー───一 | | ヽ._
    ̄ |  ト.、,. -‐==、 ,/|  |  ̄
.    |  |/ ∠Hニニ、 ´/ |.  |
.     | /  ,r‐|.|==‐'<.  |   |
    | / ,'  r‐|,|ー- ' \│ │



南アフリカは、ポルトガル撤退の時点で
ローデシア情勢に対し何らかの譲歩が不可欠と判断していた。
このため、ローデシアをしゃにむに支援するよりも、
情勢を軟着陸させて少しでも白人の影響力を残すべきと考えていたのだ。

以後の南アフリカは、この路線に従って両派の仲裁に奔走することとなる。




213 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 21:39:12 ID:153Ltp2s0


                              
              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、      
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.      
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,     
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,    
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,   
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、   
         ゙t,'i  `'フ",:"!,    u   `  |' i l  ………
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,
          |ヾi u   ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!
          ゙i, ! !     ~;; ___, u   ,、ノ
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
           `" ト、    " `    /   |
              | 'ヽ.   .|    /   .|
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"


  ┏──────────────────────────┓

    ここで問題だ!
    この状態のローデシアでどうやってこの攻撃をかわすか?
    3択――ひとつだけ選びなさい。
     答え① 有能なスミスは突如反撃のアイデアがひらめく。
     答え② 別の友好国が来て助けてくれる。
     答え③ かわせない。現実は非情である。

  ┗──────────────────────────┛



214 名前:24から短編祭りだお [sage] 投稿日:2013/08/26(月) 21:40:15 ID:i1g4zJnc0
3!


215 名前:24から短編祭りだお [sage] 投稿日:2013/08/26(月) 21:40:31 ID:RfWnbHTI0
答え④ ソーラ・レイをぶっ放してなかったコトにする


216 名前:24から短編祭りだお [sage] 投稿日:2013/08/26(月) 21:40:52 ID:isWUBmyo0
①に1ジンバブエドル


217 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 21:41:39 ID:153Ltp2s0


                ,  ''  ̄ ̄ ゙ 、
               , "     .il/  ヽ
              .,'  ,- 、  !' ", -、  ';
                .| 〃r  ヽ__., ' l::::::l  l
              | 〉 j   .!  ., .l:::::i:! .|     貴様っ…
              | ミ !   ´゙i l/  ヽ:l!l |
              ,-l, ゙<ニ・,>,}l'ヽ=,・フ;:j!'゙l      …しかたあるまい。
              l代 .!" ,' .l::::.、゙  i::|7リ      シトレ氏は釈放し、
              ヽ,j l  ゙ _l.::: '  .|:ト'       講和会議は8月にでも開催しよう…
               | '   ──-  .j''|
              ,-| 冫   :::::  / |,,       …覚えていろよ。
              .|゙ 、ヽ ヽ____,ィ"/,,/ |
              .|,, ゙ '' ''= ┬ ='' " ,,|
         _,,、ァ''' ̄}| .Ε ̄i_.}l{_ 厂∃ .|{ ゙̄'''‐.r‐- ..,,__
三ニ-、,-‐ァ''."7゙ ./__,, _.ノ\ .ヒ__ "| ゙ __ヲ/ ヽ_,,/   .l  "¨}'' ‐-r''ニ三
ニ=  .{__/,__.,/- ''゙      "' -ニl | lニ- '' 〃     ̄"‐'‐─-'、.,,,__ノ =二
-'' /-、   ,‐- ..,,         丁  /  ,,... -‐'' ̄ ̄フ     ゙| ''-=


答えは③。
ローデシアは、南アフリカのこの意向を断るだけの体力を持っていなかった。
シトレは収監の2日後に釈放され、講和会議も8月に開催される。

…しかし、会議は1日で決裂し、
ローデシアは再び内戦状態に戻っていった。




220 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 21:44:19 ID:153Ltp2s0




                  _,,,..........___
               ,.‐'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``丶、
              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_)
             /;;;;;;;;;;;;;伐};;;;;;;;;;;, -'゙i"ミ; ゝ、
              {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::{:ゞ、 冫し    
             >;;;;_ _, -''"::-::::::::::ゞぐ  く 
             犲彡r''_丶、:::::::::;_.._.、-ミシ ィ}    …これ以上闘争を続けても、
             ゝTリ ~=tェ);;::Kーtァ=;;川イ    うまくいくとは思えん。
              八ン::ゞ:::::::::i::|::l::'':':::´;;;};: リ    
     ___,,,..-.t''i"((从:::::::::,,イ:;;::え::::::::;;;イ从`''ー-、, _    ある程度のところで交渉のテーブルに着くべきだ。
   ,ィ乍三;;_;;_;;_;;_;;」;;゙i;;;;;;;「i:〉::::::,ィ==-、::;;/i;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ー-、,
 /;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;川;;;;;;;;;;;;゙i;;;;;ゝヽ:::::::`ニニ'´:;;/ /;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>ー、
/;;;;;;;;;;;;;;;;;゙i;;;;;;;l;|;|;;;;;;;;;;;;;゙i;;;;;;;;\\::::::::::::://∧;;;j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;_
{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙i;;;;;|;|;|┌┬┬i;;;;;;;;;;;;‘Y´丁〒'´;;;イノ;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;




   88888888
  8  ≡≡   8  
  8 ━  ━ 8  
  |=[ ゚ ]=[ ゚ ]=|    何を言っている!
  (|  ●_●  |)  
 /  〃 ∥ ヾ ヽ  あくまで白人どもを追い払い、
 | 〃-------ヾ |  黒人による国家を建設するのだ!
 \ヾ _二_ ソノ 
             



が、この過程で黒人反政府運動は、
シトレやアベル・ムゾレワを中心とする穏健派と
ムガベやジョシュア・ヌコモを中心とする急進派に分かれ、
内紛を繰り返すようになった。

この内戦では前線諸国はムガベら急進派を支援したのだが、
この過程で問題が起きた。




222* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 21:46:11 ID:153Ltp2s0






   88888888
  8  ≡≡   8  
  8 ━  ━ 8  
  |=[ ゚ ]=[ ゚ ]=|   ボツワナにわが軍の軍事拠点を置かせてほしいのだが…
  (|  ●_●  |)  
 /  〃 ∥ ヾ ヽ  
 | 〃-------ヾ |  
 \ヾ _二_ ソノ




225 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 21:48:07 ID:153Ltp2s0





          ____
        /      \
       / ヽ、   _ノ \         待て待て待て!
     /   (●)  (●)   \ n      ダメに決まってるだろ!
     |  U   (__人__)    l^l.| | /)
     \    |i||||||i|   /| U レ'//)   ボツワナには軍がないのに、
    γ⌒    ` ー'´    ノ    /    隣国の軍事衝突に巻き込まれちゃたまんねーお!
     i  j         rニ     ノ     国がつぶれるじゃねーか!
     ヽ、 l           !ヽ、_,__/





226* 名前:24から短編祭りだお [sage] 投稿日:2013/08/26(月) 21:49:13 ID:isWUBmyo0
国を乗っ取りに来たって思われてもしょうがないよなwこれw


229 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 21:51:14 ID:153Ltp2s0




   88888888
  8  ≡≡ # 8  
  8 ━  ━ 8  なんだと!
  |=[ ゚ ]=[ ゚ ]=|   神聖な黒人解放の戦いに
  (|  ●_●  |)  協力しないというのか!
 /  〃 ∥ ヾ ヽ  ザンビアやモザンビークは置いてくれてるぞ!
 | 〃-------ヾ |  
 \ヾ _二_ ソノ 
             



        ____
      /     \
     / _ノ  ヽ__  .\
   / (○)!i!i(○)   \  (だからうちは巻き込まれたくないんだっつーの!)
   |   (__人__)  u    |
   .\   )t-ツ     /
    /   ⌒´      \
    \_(__)      i\(__)
     |          |





230 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 21:54:25 ID:153Ltp2s0



         ____
       /     \
.    /       \    (とはいえ、全く協力しないわけにもいかんか…)
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|  わかったお。
.   /,'才.ミ). (__人__)  /  軍事施設は絶対ダメだけど、
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \   連絡拠点くらいならかまわないお…
 /\ ヽ          ヽ



こうしてボツワナは、
国境のローデシア難民キャンプに、
ローデシア反政府勢力の拠点を置くことを
認めざるを得なくなった。

これはのちに大問題に発展するのだが、
しかし、ローデシア情勢にやる夫はしばらく関与しなくなる。
それより先にボツワナの内政において、大問題が勃発したのだ。




235 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 21:57:21 ID:153Ltp2s0



               ┼                                ┼
             /⌒ヽ                            /⌒ヽ
              (;!___!_)              /\            (;!___!_)
             (;;_i____i__)_____________________.//\\ _____________________(;;i____i__)
                !XXXXX| ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ::://三三\\; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;;;|XXXXX|
    ___________________[三三三] ; ; ; ; ; ; ; ; ; //:i |:::iニ|:::i |;\\; ; ; ; ; ; ; ; ; ;;;[三三三]___________________
  /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;!|;;;;;;;;;;;;;/_;_;_;_;_;_;_;_//::::::i_|:::i__|:::i_|::::;;\\;_;_;_;_;_;_;_;;;;\;;;;;;;;;;;;|; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; \
/ ;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_|;;:::::::::::::::!::::::::::::::::::;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::::;;i;;::::::::::::: i;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_\
.. ̄|:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |;;:::i ニ|::::::i:::::::∧:::::::;;|::::∧::::∧::::;::::;:::∧::::∧::::|:::::::∧::::::::;;!;;:::i ニ|:::: |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: ! ̄
  |::iニ|::iニ|::;::i ニ|::iニ|::|;;:::i__|::::::i::::: i_i_|::::::;;|::::i_i_|::i_i_|:::;::::;:::i_i_|::i_i_|::::!::::::i_i_|:::::::;;i;;::::!_,|:::: i::iニ|::iニ|::;::iニ|::iニ|::|
   |::i__|::i__|::;::i__|::i__|::|;;:::::::::::::::!::::::i_i_|::::::;;|::::i_i_|::i_i_|:::;::::;:::i_i_|::i_i_|::::!::::::i_i_|:::::::;;i;;:::::::::::::::| i__|::i__|::;::i__|::i__|::|
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; [三三三]三三三三[ 三三三三三三三三三]三三三三:[三三三];;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |
  |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |;;:::::::::::::::!:::::::::::::::::::;;|:::::::::::::::::::::::;::::;:::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::;;i;;::::::::::::: |:::::::::::::::::;:::::::::::::::::|
  |::iニ|::iニ|::;::iニ|::i ニ|::|;;::::iニ|:::::i::::i |::::i | ::;;|::::iニ|::::iニ|::::;::::;:::iニ|::::iニ|:::|::::i |::::i |::::;;i;;::::iニ|:::::|::iニ|::iニ|::;::iニ|::iニ|::!
   |::i__|::i__|::;::i__|::i__|::|;;::::i__|:::::i::::i_|::::i_| ::;;|::::i__|::::i__|::::;::::;:::i__|::::i__|:::|::::i_|::::i_|::::;;i;;::::i__|:::::|::i__|::i__|::;::i__|::i__|::!
  |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |;;:::::::::::::::!:::::::::::::::::::;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::;;i;;::::::::::::: |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |
'''''';'''''''';''''''''''''''''''''';'''''''''''''''';'''';'''''''''';;'''''''''''''''''';'''''''''';;'''''''''''''''''''''';''''''''''''''';;'''''''';'''''''''''''''''';'''''''''''''''';;''''''''';'''''''''''';''''''''';''''''''''''

1975年10月20日。
レソト王国・ロマ、
ボツワナ・レソト・スワジランド大学。





237 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 21:59:13 ID:153Ltp2s0



          / ̄ ̄\
         /´ ̄ ̄ ̄``ヽ
         |____ニニ゙i
         l___---i―'''''べi
         ゙i0)l-、ヘ/  〉l     ガチャッ
          l      //ヘ
         / ̄,'lllllll,' ` ノソ
      _....,,_.. >――-、___/ノ/`゙゙゙'ヽ
    /    ニ  '  ゙i    ヘ`'‐、 \
    /  ,--'''´ l     |    ヘ广   ゝ、              ,‐、
    rメー-..__ ,ノ    ,--―――――────|f |l三三三三三「」∥|≡
    ,'′   |   _....l''" ̄ ̄ ̄ ̄|┗━━━━━广エ∩∩∩∩=コ┘
   l心、  ノ  l´ _ヽ/ ̄`i⊃ ''l | \(ヘ    ((ノ   ノ
  ノ  ri| ̄ ̄ ̄ ̄」tヽi′   |Β │  `'''--―'''''''´´ ̄ ̄´
  '、 _厂|| lコ[illl田田]ヽ__lΒ  |
   ヾ ヘ ゙i_‐‐‐――┘_| | | |  ナ


       ,、                , 、
         l:. \         /.: i
        |:.:.  \  __ /.:.:. |
        |:.:.:.  ..::`´    `'.:.:.:.   |
       /:.:.:..:.:.:.::...          ヽ     いったい、なにごとですか!
      ,':.:.::.:.:.:.::.:.::..       -― ',
        l:.:.::.:.::.::.:.:.:.:.:.:...         __l    ここはボツワナ・レソト・スワジランド三国によって
       {:.:.:.:.:.:.:.:.:..::.:.:..:.:..  し  /  }    自治を認められた大学です!
      ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:::.:.::.:.:.::.:...    、___/    部外者は、ただちに立ち去りなさい!
          ヽ、:..:.:.:.:..:.:.:..:::.:.:.::.:.:..  ,/
       /:.:.:.:.:.       .:.:<



239* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 22:02:09 ID:153Ltp2s0



          / ̄ ̄\
         /´ ̄ ̄ ̄``ヽ
         |____ニニ゙i
         l___---i―'''''べi     おっと、動くな。
         ゙i0)l-、ヘ/  〉l
          l      //ヘ    この大学は、只今よりレソト王国政府が接収し、
         / ̄,'lllllll,' ` ノソ     レソト国立大学とさせてもらう!
      _....,,_.. >――-、___/ノ/`゙゙゙'ヽ
    /    ニ  '  ゙i    ヘ`'‐、 \
    /  ,--'''´ l     |    ヘ广   ゝ、              ,‐、
    rメー-..__ ,ノ    ,--―――――────|f |l三三三三三「」∥|≡
    ,'′   |   _....l''" ̄ ̄ ̄ ̄|┗━━━━━广エ∩∩∩∩=コ┘
   l心、  ノ  l´ _ヽ/ ̄`i⊃ ''l | \(ヘ    ((ノ   ノ
  ノ  ri| ̄ ̄ ̄ ̄」tヽi′   |Β │  `'''--―'''''''´´ ̄ ̄´
  '、 _厂|| lコ[illl田田]ヽ__lΒ  |
   ヾ ヘ ゙i_‐‐‐――┘_| | | |  ナ


この日、ボツワナ・レソト・スワジランド大学がレソト軍によって接収され、
ボツワナとスワジランドは唯一の高等教育機関を失ったのである…




241 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 22:02:32 ID:153Ltp2s0
今回ここまで。


248 名前:24から短編祭りだお [sage] 投稿日:2013/08/26(月) 22:06:55 ID:fWGw58wM0
ボツワナの興国史はどの時代見ても詰め将棋状態だな


264 名前:24から短編祭りだお [sage] 投稿日:2013/08/26(月) 22:30:16 ID:EH6hFkcs0
乙。今回も面白かったです。


265* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/08/26(月) 22:34:43 ID:153Ltp2s0
あ、今回の資料です。

南部アフリカ (紛争地域現代史)  同文舘出版 (1993/04) 中津孝司 
南部アフリカ―解放への新たな戦略  岩波書店 (1979/11) バジル・デビットソン他著、北沢正雄他訳
世界現代史 (13) 総説・南部アフリカ 山川出版社 (1979/01) 星 昭、林 晃史
南部アフリカ―ポスト・アパルトヘイトと日本 勁草書房 (1992/07) 川端 正久、佐々木 建編
「二〇世紀アフリカの個体形成」真島一郎編 内「セレツェ・カーマ」遠藤貢 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 (2011/1/24)
南部アフリカ政治経済論 日本貿易振興会アジア経済研究所 (1999/05) 林 晃史
新書アフリカ史 講談社 (1997/7/18) 宮本 正興、松田 素二編
苦悶するアフリカ   岩波書店 (1985/3/20) 篠田豊


272* 名前:24から短編祭りだお [sage] 投稿日:2013/08/26(月) 23:23:58 ID:bkXp25jA0
乙でしたー。

綱渡り外交の半面、安定していた内政面で問題勃発かぁ
レソトは南アフリカにぐるりと囲まれた国家だから、ボツワナで手が出しようがないしなぁ


しかし、今回はローデシアハードでしたなw
盟友と思っていた南アフリカに後ろから刺されるとは


284* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [sage] 投稿日:2013/08/28(水) 19:18:46 ID:b2zV/RMA0
あと、つべに
セレツェ・カーマのインタビューが転がってたので貼っときます。
1965年、独立準備選挙の時のです。
奥さん(ルース・カーマ)のインタビューもあり。

http://www.youtube.com/watch?v=C1iWS7BQlqc




関連記事
Comment
レソトなにやってんのーーー!?
アンゴラパイソンは未だに高価だからな
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:maakun
思うところがありまとめを畳みます、今までご利用ありがとうございました。
当ブログで纏めさせて頂いていた作者様、ありがとうございました、そしてすいませんでした。

最新記事
最新コメント
作品一覧
月別アーカイブ
人気記事ランキング
RSSクーマー
アクセスカウンター ( 総PV )
アクセスカウンター ( ユニーク )
現在の読者数
現在の閲覧者数:
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。