ブログパーツ QLOOKアクセス解析
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  完結作   »  やる夫はアフリカで奇跡を起こすようです  »  やる夫はアフリカで奇跡を起こすようです 第十三話 「民族問題」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる夫はアフリカで奇跡を起こすようです 第十三話 「民族問題」




ボツワナは、他のアフリカ新独立国と違って民族問題がさほど深刻ではなかった。
民族的にツワナ人が多く、ほぼ8割を占めていたことが理由として挙げられる…
が、それだけが理由というわけではない。

アフリカには自民族率がほぼ100%という国も存在する。
その国の名は…


      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)うちの国には
          ',||i }i | ;,〃,,     _) ソマリ人しかいないけど、
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `) ガンガン紛争するぜー!
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/

        ソマリアのみなさん



722 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 19:32:47 ID:zoxI23OA0


                           
                        ∧,, ∧
                     ∧,, ∧ ・ω・)   ♪
                  ∧,, ∧ ・ω・)   )っ
        ♪      ∧,, ∧ ・ω・)   )っ__フ
♪          ∧,, ∧ ・ω・)   )っ__フ(_/ 彡       ♪
         ∧,, ∧ ・ω・)   )っ__フ(_/ 彡
    ♪∧,, ∧ ・ω・)   )っ__フ(_/ 彡  ♪
  ∧,, ∧ ・ω・)   )っ__フ(_/ 彡
 ( ・ω・)   )っ__フ(_/彡        
 (っ  )っ__フ(_/彡           . 
  ( __フ(_/彡      ♪        
   (_/彡                  


というわけで、多民族国家でないからといって民族紛争が起こらないわけではない。
民族紛争が起こらないためには、どうしても国民意識…までは不要でも、
その前段として同じ領域内に住む人々に同族意識がないとどうにもならない。

そしてボツワナには、その同族意識は確かに存在した。
それは、なぜか。



723* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 19:35:24 ID:zoxI23OA0


             __ ,.-¬- 、._
             / '´,  、   、 `ヽ、
          r´    / l ヽ  \ 、ヽ
           /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ
        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、     
        '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|       やっぱりあのあたりも連邦に組み込みたいですねえ
         | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|       
           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !
           l\l|    |    //ィ N
          | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _
          '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
           _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ
       _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ
  ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
  / ヽ     〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l


答えは簡単で、
明確な敵が存在していたからである。



725 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 19:38:55 ID:zoxI23OA0



ここで話は少しさかのぼる。

                   .:,..::.,;:;:.,.);;::,..
                     ..:,..::.,;:;:.,.)::,,..
             |           ..,;;,..::;,;:;:;:);:.,                      |
               ||               | ̄| ____       .    ||
         \    ||  /    ||   /     ,|  | |  ━ ━|. ヽ  || \    ||    /
           \  || ./   .  ||  /   | ̄ ̄ ̄ ̄━ ━ ━|   ヽ ||   \  ||  /
   _____\||/      ||/     |     ━ ━ ━ ━|    ヽ||    \||/___,----――
   |        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        .+  ,/
 ..,,;;ヘミ;;:,,..                                                ..,,:;;ミ;;,、
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~


1895年9月6日、イギリス南部・プリマス港。
この港に、英国保護領ベチュアナランドの3人の首長が降り立った。
彼らはすぐに列車に乗り、英国首都・ロンドンへと向かった。



726 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 19:41:13 ID:zoxI23OA0




       ____
     /~~~ \
   /  _ノ Ξヽ、_ \ 
  /    (◎)―(◎) \    ここがあの女のハウスね!
  |   ::::(((__人__))):::: |
  \      `⌒´    /
  /          \

ングワト族国王 カーマ3世
  (やる夫の祖父)



728 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 19:44:18 ID:zoxI23OA0


                   _,,,...---.、,,...__
                 ,,.-''";;;;;;;;;;;;;ミ;;;;;;;;;;;;"'''ヽ
                 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
                  i;;;;;;;;;;;;;;,,,.-''''" `''、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
              ヽ;;;;;;;;;ノ      ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
                i;;-'         l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   カーマ殿、
               '|゙"'=..,, ,,.=;;;;"ノ  ヽ;;;;;;;..-、;;;i   申し訳ないがそのような小粋な冗句を
                |=・=i ヽ-=・=-  i;;l,,.-、i    言っている場合ではござらん。
                    |   ,ノ  、        | -''.ノ    
                  | ( __ _ ,)      l,,...ノ
                 | ,,.-'' ゙-,,      ノ T
                  ヽ"-─--`     /  |
                    _ヽ-iiiiiiiiii    ノ_,,.-''iヽ
   ,,,..---------、,,.-'''''''"ヽヽ;;;;;;;;;; ...-'' ̄_,,.'"/ニ"''-..,,,
   [==========il-''';;;;;;;_---ヽ ヽ--''" /-'''";;;;;;;;;; ̄"''、ヽ

        ングワケツェ族国王 バトエン1世
       (ボツワナ国民戦線・バトエンの祖父)


    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |      さよう。
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |      われらの行動に、
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }     ツワナ全体の運命がかかっておるのじゃ。
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ

        クウェナ族国王 セベレ1世



ベチュアナランド保護領で最も有力な3国王がイギリス本国までやってきたのは、
もちろん観光のためなどではない。

彼らがここにいる理由を語るには、もう少し歴史をさかのぼらねばならない。




729* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 19:47:09 ID:zoxI23OA0



┌┴┐┌┴┐┌┴┐ -┼-  ̄Tフ ̄Tフ __ / /
  _ノ   _ノ   _ノ ヽ/|    ノ    ノ       。。
       /\___/ヽ
    /ノヽ       ヽ、
    / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ
    | ン(○),ン <、(○)<::|  |`ヽ、
    |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  |::::ヽl  
.   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .|:::::i |
   /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ  |:::::l |
  /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:「 ̄
  /   | .|           | .| ,U(ニ 、)ヽ
 /    | .|           | .|人(_(ニ、ノノ

 ズールー国王 シャカ・ズールー

1820年代、南部アフリカは動乱の時代を迎えていた。
現在のナタール州に位置するズールー王国の国王、シャカ・ズールーが
猛烈な勢いで周辺各国を侵略し始めたのである。




730* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 19:49:43 ID:zoxI23OA0


                 うゎぁぁ  ''';;';';;'';;;,.,                  うゎぁぁ
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,   う ゎぁぁあああ
          う ゎぁぁあああ     ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
               ヽ        vymyvwymyvymyvy     う ゎぁぁあああ
               つ ゎぁぁ MVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、
                   Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^Λ_ヘ
     う ゎぁぁあああ     ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ      ヽ
               __,/ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ _,.ヘ ,.ヘ    つ ゎぁぁあああ
    /\___/ヽ   /\___ /\___/ヽ _/ヽ /\___/ヽ
   /    ::::::::::::::::\/    ::::::/    ::::::::::::::::\  /     ::::::::::::::::\
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::|  ,,-‐‐   |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::|、(|  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::|
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::  、_(o)_,:  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|_, )|  、_(o)_,:  _(o)_, :::||
.   |    ::<      .::|    ::< |    ::<      .::|ニ=|    ::<      .::||
   \  /( [三] )ヽ ::/\  /( [三]\  /( [三] )ヽ ::/ニ´\  /( [三] )ヽ ::/
   /`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐-  /`ー‐--‐‐―´\-‐‐ /`ー‐--‐‐―´\


画期的な軍制のもと強力になったズールー軍は、周辺民族を文字通り蹂躙した。
彼らが進攻した土地では略奪暴行虐殺、あらゆる暴虐が行われ、
とくに被害のひどかったハイフェルト地方(南アフリカ共和国北部)は無人の野と化したとされる。




731 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 19:54:41 ID:zoxI23OA0



                               ヒュン           バババババババババ!!!
      /■\                     ・―‐―=─ - -   パパパン
     (゚Д゚ ;) /■\       ・―‐──   二=─ - -     ・―‐―=─ - - 二=─ - -
  /■\ ⊂  (;´Д`) /■\ ウアアアアア   ・―‐―― _-ヒュン―─ - -
  (´Д`;|)/⊃ ⊂_ ⊂ 丶(´Д`;,)     ・―‐;;,;∴ブシャ=─ - -  ・―‐―  二=─ - -
  ゝ   /  (´⌒;;;Y ソ  と_ ⊂ノ(´⌒;;;  ( ゚Д゚.;..  ・―‐―=─ - -;;,;∴.;..'- - ・―‐―二=─ - -
  し Y 人 (´⌒;;;/■ (_)Y 人ヽ≡≡(´⌒;;;  チュイン  ・―‐グエ=;..';;,;∴.;.⊃=─ - -
   (_)'し   ⊂(゚Д゚ ;) (_) ソ ≡(´⌒;;;     ・―‐― ⊂( ゚Д゚.;..';;.,;∴.─ - -チュン



このズールーの進撃に、周辺諸民族は大混乱に陥った。
この混乱ぶりは半端ではなく、中にはングニ人のようにほとんどアフリカ大陸を半分踏破し、
2000㎞以上離れたタンザニア南部にまで逃れた民族すらいたほどである。

あまりに多くの民族が潰走したため、この現象はムフェカネ(大潰乱)と呼ばれるようになる。

ツワナも例外ではなく、それまで北部の辺境にすぎなかった
現・ボツワナの領域に逃れるものが続出した。



732 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 19:55:34 ID:zoxI23OA0



               \      ☆
                       |     ☆
                    (⌒ ⌒ヽ   /
              \  (´⌒  ⌒  ⌒ヾ   /
                ('⌒ ; ⌒   ::⌒  )
               (´     )     ::: ) /
            ☆─ (´⌒;:    ::⌒`) :;  )
               (⌒::   ::     ::⌒ )
              / (    ゝ  ヾ 丶  ソ ─
      ヽ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


さらに、ズールーの軍事制度と文化を各民族が取り入れるようになった結果、
逃れてきた民族同士で戦争が頻発するようになった。
南部アフリカの秩序が崩壊してしまったのである。



735 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 19:57:24 ID:zoxI23OA0


                         ……   ・ ・ ・
   ‥ ・ ‥...
               |                ‥ ・ ‥...
                  i|
           ||   i|                    _ _ _ _ :_ :_    _ _
           ||   i!   | |      _ _ _ _    _ _ _ _ :_ :_  _ _  _ _ _ _
  ∴∵ ・・・・ ,  || 只」|_.   | !          _ _ _       :  :      _ _
          ,rij,レ'ー''‐-|  | |             _ _ _ _ _ _
         ,イノ「三三乍l  Yj」           ______
        ,「イ |l;;;;;l;;;;;;;;j」_」!!-尺ー=='T´ ̄ ̄ ニ二二二二ヽ
     _,イ'´,rーゝ                  |.     | O O O 0 ij |
  ,シニ二,イ ik/   r=、 ¨     「 |   」    | O O O 0 ij |   
  |!   | i ill  ∵ _」ユl!! iユl l   _」 」  ill|     | O O O 0 ij |
  三三二 i 〕  〔iiij三二ニニ   カ三!  ill|    二二二二二l|   :  ‥ .......
  |!   | ! i/   ヾiiiii」」 iユl l。.  ヽ |..   ill|..     | O O 0 0 ij | _ _ _ _    _ _ _ _ :_ :_  _ _
  ゞー-、  ,i!  ∴  二'´¨     |_」   「|     | O O 0 0 ij |  ‥ .......   _ _ _ _ _ _
   ヽ _ゝ、|||!、_    i i.       144M |     | O O 0 0 ij l
       ヾYシシシカ>ー────-、、、__」    └ー‐──‐/       ∴∵ ∴∵ ∴ ∵∴  ………
        ヽ!Y/三三三三三r'´i ̄i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ヽ」イ三三三r'´  |  |    ‥ ・ ‥...
 . .        .  `ゝニニニニr'   |  |
           /l| |!        |  |
‥ ・ ‥....  / l| |        |  |
            / l|, i                         ‥ ・ ‥...
           ,/,  l|  l
             ,l|

            ボーア人たちの幌牛車


そのうえ、さらに混乱は拡大した。
南のケープ植民地のボーア人たちが、
軍事的空白のできたハイフェルト地方へと進攻をはじめたのだ。
いわゆるグレート・トレックである。

組織力と軍事力に優れた彼らは、あっという間にトランスヴァールとオレンジの2国を建設し、
ツワナ人居住地域の南部(ツワナ人の4分の3が住む)を占領して、
さらに拡大を続ける姿勢を見せた。



736 名前: 7/30の6:00~18:00の間サーバ移転につきしたらば停止だお [sage] 投稿日:2013/07/24(水) 19:58:51 ID:WGaYBFEM0
>>730
シャカられたプレイヤー達の叫びか
現実にリロードはねーもんな


737 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 20:00:19 ID:zoxI23OA0





           ∧,,∧  ∧,,∧
        ∧ (;・ω・) (・ω・;) ∧∧   おい、このままじゃ俺ら奴隷にされちまうぞ
       (;´・ω) U) ( つと ノ(ω・; )
       | U ( ;´・) (・` ;) と ノ   いったいどうすれば…
        u-u (    ) (   ノu-u
            `u-u'. `u-u'



こうした周辺勢力に、ツワナ人は軍事力では対抗できなかった。
しかし、このままでは早晩どこかの勢力に飲み込まれてしまう。
独立を保っている北部だけでも、なんとか安全を確保しなければならなかった。




738 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 20:03:38 ID:zoxI23OA0


      /:.:.:./:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、 :.:.:\:.:.:.:\
    厂 Ζ /:.:.:/二二二二二二\:.:.:.:.マ^ヽ\
     {!/  7:.:.:/:.:.:.:.:.;{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:..、 }〉ハ
   / ′/:.:.:.:l:.:Χ:/∧:.:.:.:.:.:. l:.:.:.:.:.:/:!:.:.:. iУ/:.:.:.
    ヽ./ /|:.:.:.:.:|/  \ハ:.:.:.:.:.:.|ヽ./V从:.:.:.:|イ.:.:.:.:.:.
   ./:.:\l/|:.:.:.:.:|x≠气.  \:.:.:.| 斤≠x|:.:.:.:.|/!:.:.:.:.: !
   i:.:.l:.:. 刈:.:.:.:.V¨{と心、   \l イドら}¨V:.:.: |/{:.:l:.:.:.|
   |:.:.!:.:.:.:.:l:.:.:.:. ! 乂_ツ      乂_ツ |:.:.:.:.|V:. |:.:.:.|   SOS団に入りたいんですって?
   |:/l:.:.:.:/|:.:.:.:.:| ""    ′   "" |:.:.:.:.| |:.:.|:.:.:.|
   l |:.:.//|:.:.:.:.:|ゝ     r─-┐    .イ:.:.:. ! !Ⅵ/V   ※サウスアフリカを大いに盛り上げる植民地の団
     V /从:.:.:.:.!:.:.:≧ 、 乂_.ノ .ィi〔:. |:.:.:.│V ′
     .}/l:.:.:∧:.:.|:.:.:.::i:.:.:.ィi≧==≦ト:.:.:|:.:.:.|:.:.:.∧/
       ∨ _〉、!-==彡:|ノ    ゝ|≧==!:.:/-- 、
        /: : ∨∧: : : :|  __  |: : : : !イ:/⌒ヽ
       ./⌒\∨∧: : :|/    \|: : :// /    l}
       {!     ヽV∧: :{/ ̄ ̄\}: :// /    《
       》   ___}__∧:ヽ.     /:// /       }
       ヽ _(___,  \: : \ / ̄ ̄〉─…──く
       }(___,     >'"´    .ノ   団 長  〉


白羽の矢を立てられたのはイギリスだった。
当時イギリスはケープから内陸を北に向かっており、
その通路として、また東のトランスヴァールや西のドイツ領を牽制する意味で
ベチュアナランドは押さえておきたいところだったのである。




740* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 20:06:37 ID:zoxI23OA0


               /:.:.:.:.:.:. -───\:.:.:.:.:.:.\
              ,:':.:.:.:.:.:/ -‐──‐ミ ∨:.:.:.:.:.:.ヽ
                /:.:.:.:.:':.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\}:.:.:.、:.:.:.:.:.゚,
            /:.//:.:.:./ハ:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.「 \.:.:.
             .':./ オ:.:.:/〕ト.、{:.:.、:.:\:.:.:.:._:i_l:.:.:.:.| 廴〕.:.i
              i:.:∨{:.:.:.:' l:!_ \{\:.:.X´:.:ハ!:.:.:. |_」 《.:.:.:|    いいわよ。
       , ^!   !:.:.Ⅵヌ:.:| 芹しミヽ   ヽ    |:.:.:.:.| ハ V:.:!   どーせベチュアナランドなんて、
       | |   |:.〈///:.:l 込ツ    x==ミy:.:.:.::|`Y∨:.:.|   商業的な価値は0だし。
    __ | |   l:.:.:〈/:.:.∧    ′      ':.:.:.:.:|ノ:.:.:.:.:.:|
   _rヘ Ⅵ |   |:.i:.:..:.:.::.:.:.:.、   「/ ̄}   /:.:.:.:.:.从:.:,:.:.:.:.|   保護下に入って
  ハ ( ̄`ヽ   |:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〕ト.、 一   イ:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.i:.:′  外交権と軍権をくれれば、
  {\)イ`ヽ  }  !ハ:.:.:.ト、:.:.:{:.:.:.:.:≧ー  /:!:.:.:.:/:.:.:./:.:.://    それでいいわ!
.   ゚,  {  ノ  |!  \!__.\!:.イ.ノ    /:/:.:. イ:.:.:.厶イ_′
   ゝ    {     .イ: イ: : : ヽ:厶===./.イ:/: |:/i:i:/: : :\
    庁、___ ノハ   ′|: i:i: : : : :/二二 ー /: : : {!: /i/: /⌒ ヽ、
   ,f≧====彳./   |: i:i: : : : ′    ヽ/: : : : : /i/: /     ハ
. /\: : : : : :_K   l,|: i:i: : : :|       /: : : : : /i/: /     }   、
/      ̄ ̄´  }   / |: i:i: : : :|    ,:': : : : : /i/: / { /      \


こうして、和約は成った。
英国はこの地方にあったツワナ人の8か国と相次いで条約を結び、
1885年、英国保護下のベチュアナランド保護領が成立する。

しかし…




742 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 20:09:17 ID:zoxI23OA0


ヽ r- 、  。ヽ、 _____ _   _____ 、r‐。´ ,  ' ´ / /
. ヽ\__ヽ 〈{   ヽ 、  O、` ´ .,O _ - ´  }〉   ー‐‐´ /
.  ', r-- 、 oヽr‐r-_、_ ヽ、 ヽ,- / /  __ -_r-/ ゚ , -‐' フ /
  ヽヽ__ゝ  {::::|´ _`ヽ ` f{リY´ /ミ_`|::::} 。 ー‐ ´ノ
    ヽ ,---、゚ ',:::::|ニ―=、ヽ |V | //, -―ニ|:::ノ <´ フ.ノ
    ヽ 、_ - '。 、::lヽ ⊆⊇ゞノl o l〈く⊆⊇_/ lノ ゚---, r´
    `{ r―-  。ー。‐ニ=‐=',_ノヽ=ニ‐ 。‐´ ゚-ニ-´ノ     大英帝国、
     `ヾ=´-- -r 'ヽ=/   {  `\ヾ=`ヽ 、___ノ´
       `ヽv´ソニフ/_______ヽニニ、_。!ノ_       蝶・サイコー!
       rニfィ‐≦ヽ ヽ、――――v/ / ィ ハミーヽ
     /ニノ ` ヽ`` ',   _   / 〃/´  ーニミヽ
     ´  ̄    ヽ、  f.l    ソ/  イ       ̄`
           __|.ヽ  ヾ、ー‐‐ノ/  , ´{___
      r‐ ´    | ` 、 `ー=‐' , '  .|   `ー-、
       「| _,    .| l  ヽ ` ̄´, ´  l |     _, |[
      |l{ T    ,' │   `ー‐´  ./ .',    T |:|
      |||__, --rノ  l        ,'  ヽ―--、_」:|
    r‐'::::::::::::/     l       /    \::::::::::::::::::7

      英領ケープ植民地首相 セシル・ローズ


1890年ごろから、南の英領ケープ植民地の首相である
セシル・ローズによってこの地方が狙われるようになる。




743 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 20:12:12 ID:zoxI23OA0

                 ,. -――ヽ
          !\    ,.イ////////ハ、
          l lヽ.\"//////////;;;;;;;lヽ
           { .! ヽ. \'///////;;;;;;;;;;;lハ
           ,ィ'ハ. l、 '  \////;;;;;;;;;;;;;;;;l/}、__         ベチュアナランドを完全に支配下に置けば、
       ,イ//,{ l\ヽ '  l. ヽ'/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!/!/////777‐、    念願の「カイロからケープタウンまで」英国領に…
       /////,! l、 ヽ  |_.  ヽ::;;;;;;;;◯;;;;l/l'////>'";;;} !
.       //////,{ lヽー-'//7\ ヽ   l;;;;;;!,l/>'";;;;;;;;;;;//!
.       l> ヽ/ハ 、 ヽ l///   ヽ ヽ.  !ヽl/;;;;;;;;;;;;;;;;;;///l
     / '⌒ V/{ r 、  {//二 _- ._V ヽ | _ ,.-‐◯;;;;;;;////!          ,ニ、
     l '   ヽl/ハヽ_\l/、 l:::::::ヽ ∨ l / r!'  \;;;;;;;;//// l         ノ
.      l 、ヽ( l//,{ f \ ゝ._ ` ー 'ヽ l l ( / --―-'''/////,l
     ! ヽ; l//∧ヽ__ヽ >- `_j /0/ -‐、‐ 、  ̄``- ._         つ
.      ト、_.., l///,.‐-,.  -――--  { /-―.、ヽ /,ヽ  ノ__> 、
.       l/ .! !'// -‐_ヽ .>'"´ ̄` トヽヾ:::::;) ///,ノ、_\__//     レ
     / ,.-ー' ,. -――- '     - , ' !ヽ\ヽ///- ヽ  .>ノ '"     (_
.     / ./   ///,!  -― 、⌒ 、    l、 .} `ー"\ヽ__.>,- '
    //''" ̄ , V/l.  | マ//>、フ  ,!, ´r.!ヽ_ヽゝ-ノ'"          レ 1
.  ,.'      :::. V,l   !   マ///     ヽ l !./////                  ノ
./       ::::. ゙,!.   l   }'/     , ヽ.////
.          :::::.     、 ー '    , ' ././ .l//
         ::::::..      ´ ,. '  /,.'l /
          :::::::`  -‐     ,/'"  V
             /   ヽ
、       、     /    ヽ、    __-―==-._
ニ\       ヽ     /    /ニ\-ニ二二トニニニ、ニ>、
ニニ\_   ヽ   '    ,イニニニ\二二| マ二ニヽ \.ニ\
二二二ム  ̄`ヽ    ,. ー.!二二二ニム二ニ| マ二二ヽ \ニヽ
ニニニニム         l二二二ニニムニニ|  マ二ニニヽ.  ヽニヽ


このころローズは、ベチュアナランドの北東にあるショナ人やンデベレ人の土地の侵略を進めていた。
この土地はのちに彼の名をとって「ローデシア」と呼ばれることになる土地であり、
肥沃な高原が広がっていた。

ローズは早速黒人たちの土地を取り上げ、白人を入植させて大農場を作っていく。
その過程で、ケープとローデシアの間に鉄道を走らせる計画が浮上した。




746 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 20:16:21 ID:zoxI23OA0

 ノ⌒`'"~"'ヾ ,、                      ,ノ    . .: .:..:,. ー '"~    _,爻_        ,、
⌒       爻、`'"~')、.,_,..、             ノ.;, :. .  . .:.::.ノ ゙爻ミ、    _,彡ミ、       ,爻_
.,_,.)'^`   、彡ミ,      ⌒):、,_   _    ,..'". .:.:.::. . . .:.::..)\彡ミミ_    ィ爻爻ミ、_    _,彡ミ、
       _爻爻ミ_ノ'`"~⌒ 'ー- ー' ~`   (  . . .:.::;;;._,,...'"爻彡ミミ、_  `シ爻彡ミ`  :.  ー爻爻ミ、
'ヘ.ノ^ヽ.,' =爻彡ミミ、_                 ) . .:. .:.:;;.;;;.:.)  ;シ彡ミミミミ   爻彡{ミミ、 .:::. -=爻彡ミミ;::::..
     _,爻彡ミミ;x_    、         ノ . ..:.::.:;;;.;.ノ彡ミ 爻爻彡ミミミ= -爻爻ミミミ、::::::.,ィ爻彡ミミミ、:::..
   爻、 ,彡ミミミミミ=- ::  ,爻、      (  ,..-‐''"~ ゙爻爻ミ ゙ミ彡ミミミミ、 ,爻彡ミミミミ、:::::=爻爻彡ミミ;::::::..
:.  彡ミV彡爻ミミミミ、 .::::. ,彡ミ、_  .::.     )ノ      ,゙=爻ミ-ミ;:'ミミ彡ミミミ彡爻爻爻ミミミミメ爻爻ミミミ爻彡;:::..
::::ィ爻爻ミ;:'爻爻彡ミミ;:::::;ィ爻爻ミ、.:::::.. .   (;;;)       ,ミ爻ミ彡ミ;:゙彡ミミミミ爻彡爻彡ミミミ`爻爻爻爻};彡ミ:::..
:::;爻彡ミミ;:'彡}爻ミ-ミミ;:::;=爻彡ミミ;::::::;    |.:i|       爻爻ミミミミ;:`爻ミミミミ爻;:爻爻彡ミ゙:;爻};;'爻爻ミミミミミ .:::..
:;爻彡ミミ彡::゙ミミミミ=爻彡ミ爻ミ彡ミミ     |.:i|  .:::: メ爻爻爻ミ=::彡ミ彳ミ;:爻;:彡彡ミミミ};:{ミ=ミミ爻彳i::;{ミミ爻:::.
爻彡ミミミミ;:'爻};;'彡爻ミ爻爻彡ミミミ ..::::: 〔...;.〕 ...::::::: ミ爻彡ミミ{ミミミミミミ:;爻;:彡ミミミミミ}ミミミミミミミ爻爻ミ;:ミミ爻:::..
爻爻ミミミミ=;´爻:彡ミミミミ爻; ,.r'"´  ̄| ̄〔`二´〕 ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ `ヽ
爻爻彡`、v,..v、゙ミミミミミミミミミ/     i:           i   i   i  i ((:::::))((:::::))  .i  i   i  i   i   i  i   .||  ||:|
ミミv;;ミ゙'爻爻ミ;}..v、yfミミ爻ミ l ┃ .::   .:i:   l´`l_     i   i   i  i   i   i  i   i  i   i  i   i   i  i   .||_||:|
゙':;ゞ;爻彡;yゞ;fゞ;”〈oヾvミ __」.┃「:!   i:    l二l_     i   i   i  i   i   i  i   i  i   i  i   i   i  i   .|| ̄||:|
'' ;~ ;f^::;”v:";y;''゚   [〕Yff:::!   |:|; (O)  ((;;;;;;;;))__ 」__ 」 __」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 _ ||_||:|
";: ;: ;: ;:  ; : : ;; :;  _」f1;:;:;!.   ;   i;;  ;,`〒´ : 二ニニ工工工||王王王||圭圭圭||圭圭圭||圭圭圭||圭圭圭||圭圭圭|| ̄||:|
:  ;:; ;~ ;  :; ;~ ',;''〈.:.:l.:;:;:;:;;',   ;  ..i;    ,.イ;;;:;;;:;:;;;;:;:;;;;:;:二ニニニニ===━━━━━━━━━━━━━━━━===||_||:|
:;   . ;: ; ; '', ;' '/ヽl;;;;;:;:;:;:',__ _レイ[fff〕==:クニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニ || ̄||:|
_______/,//\;;;;;;;:;:;:fjfjlイ;;;;;:;:'"´ .: :;:;;:;:;:;;:;:;:;:;; :; :;:;:;:;:;:;;;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;;;;;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:; ;;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;;;:;:;;: ;:;:;;:;:;;;:;:;;:;;:,;;:;:;;:;:;;;||_||:|
‐‐‐‐‐‐ ‐ ‐ ‐ ‐ 〈:\///\;;;;:;:l」」:;;.   :::[!:::三||三三三三三||三三三三三三||三三三三三||三三三三||三三三三三|| ̄||:|
           \\ ///;;;;;;;/ニiニiニ.:__: fi;   fi;; fi  fi Y;:;:;;;;;;;;;; fi;    fi;; fi  fi Y;:;:;;;;;;;;;; fi;   fi;; fi  ||::::l||」
.              \\l圭圭;;;;;;;;;;;;;;:;:;.:.:.:.:{三米三};;;{三米三};:;:;:;;;:;:;;;;;;;;;{三米三};;;{三米三};:;:;:;;;:;:;;;;;;;;{三米三};;;{三米三}
__________\| ̄`(◎)__ _ __ ヾノ爪シ¨¨ヾノ爪シ´¨¨ ¨¨ ¨¨ヾノ爪シ¨¨ヾノ爪シ´¨¨ ¨¨ ¨¨ヾノ爪シ¨¨ヾノ爪シ´



この鉄道は、地理的にベチュアナランドを走らざるを得ない。
トランスヴァールは当時独立国であり、ここにイギリスの鉄道を走らせるなどできない相談だったからだ。

そこでローズはベチュアナランドを彼の支配下にあるイギリス南アフリカ会社に組み込み、
支配を強化することをもくろんだのだ。




748 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 20:18:29 ID:zoxI23OA0



                   ∧∧ ∩
                  ( ゚ω゚ ) /
             ハ_ハ   ⊂   ノ    ハ_ハ
           ('(゚ω゚`∩   (つ ノ   ∩´゚ω゚)')
       ハ_ハ   ヽ  〈    (ノ    〉  /     ハ_ハ
     ('(゚ω゚`∩  ヽヽ_)        (_ノ ノ    ∩´゚ω゚)')
     O,_  〈                      〉  ,_O
       `ヽ_)                     (_/ ´
   ハ_ハ          お 断 り し ま す         ハ_ハ
⊂(゚ω゚⊂⌒`⊃                       ⊂´⌒⊃゚ω゚)⊃



このニュースに、ツワナ諸国はあわてた。
ローズがケープやローデシアで何をしているか、
首長たちは皆知っている。

ここでイギリス南アフリカ会社への併合を認めると、
自治権どころか彼らの土地まで白人に取り上げられる可能性が高かった。
ツワナで併合を望むものなど、一人もいなかった。




752 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 20:22:17 ID:zoxI23OA0




       ____
     /~~~ \
   /  _ノ Ξヽ、_ \ 
  /    (◎)―(◎) \    しかたない…
  |   ::::(((__人__))):::: |    わしが行って頼んでくるかの
  \      `⌒´    /
  /          \


この危機に対し、ツワナで最も有力な3部族の王…
ングワト族国王のカーマ3世、ングワケツェ族国王のバトエン1世、クウェナ族国王のセチェレ1世…
は、英国国王への直接請願を決意する。
残る5部族…タワナ、ロロング、カトラ、レテ、トロクワ…
からも支持を受け、全ツワナ諸国からの請願という形が整った。

こうして冒頭の場面に戻るわけである。




765 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 20:56:23 ID:zoxI23OA0

                                       i
                                       |
                                       ∧
                                      ノ..λ
                                      /…λ
                                         ====、、
                                      |.|IIII|.|l
                                      /.^. .^.ヾ、
                                         l,i,i,i,i,i,i,i,i,i,iili;,
                                    _|I I I I I I_|;}、
                                  | |γ⌒ヽ| |ll|
                                  | |,.!、,__,ノ.| |ll|
                                            i''i;;:::;;:::;;:::;i'il|'
                                    =========、
                                        | |'i'i'i'i'i'i'i'| |ll|
           i     i       i      i           | |;|,|,|,|,|,|,| |ll|
          ムi   ムi      ムi    ムi         i iii iii iii iii ill|
          I.Iム,__,I.Iム    I.Iム,__.I.I ム.        | |'i'i'i'i'i'i'i'| |ll|
          |l,|I/ i^i |l,|i.l     |l,|I/ i^i |l,|i.|          | |;|,|,|,|,|,|,| |ll|
          |_,!__i山i.!_|i.| ___|_,!__i山i.!_|i.|, ..   ,ム,  i iii iii iii iii ill|
i   .i    i   | i"''∩''"i |/;;||;;||;;;.| i"''∩''"i |ll|.l l.i;;:._l_l_!,_| |'i'i'i'i'i'i'i'| |ll|
|ー―||ー―||ー―|| i_:i|.」i:_,i.|凸凸凸|| i_:i|.」i:_,i.|;;,|)))))|||;;;;;;;;;;;;| |;|,|,|,|,|,|,| |ll|
|=ヘ=||=ヘ=||=ヘ=|I iii::冊::iii | iii iii iii..|I iii::冊::iii |-]]]]]||=∧=.ロ.III.III.III.ロ|i
| ∩ || ∩ || ∩ ||  |I..Ii : | iii iii iii..||  |I..Ii : | .|:|:|:|:|;||'~|;;| | | | | | :| |ll|
|,.l.」,;||,.l.」,;||,.l.」,;||_|I..I|__:_| lll lll lll..||_|I..I|__:_| .|:|:|:|:|;||l_.l」;__|_| | | |_;| |ll|
I.[iii]II.[iii]II.[iii]|I iii::冊::iii | iii iii iii..|I iii::冊::iii |III.llliiiiii||iニニ[二二二二]:|;./ | ̄|
| I_I. || ∩ || I_I. ||  |I..Ii : | iii iii iii..||  |I..Ii : | |:|:l:l:i_.!_iii_ .| | | | | :| |//_|_|__
|_I_I._||_I_I._||_I_I._||_|I..I|__:_| lll lll lll..||_|I..I|__:_|_|,|,l,l,i_,l|   l ̄i__| | | //i| (Д゚ )
|_門_l|_門_l|_門_l|__!_而_!___|ΠΠΠ|__!_而_!___|__,;:--ー--------- //i|/ 〈 <V>〉
 ̄ ̄ ̄i,i ̄ ̄ ̄ ̄;;; ̄ ̄ ̄:; ̄ ̄ ̄:; ̄ ̄:´|;;'i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//i|/  ノ__:__|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;l::::!   ;."::: .''.//i|/     U U
 ..     ;' :., ':゙    :" .. "..:' ''.     .;, .'  :;.. ..,//i|/
  ゙゙   ;:'  . ::     :  ..  ;::  ... . .'''     ,:':; .//i|/
::::... . . ....:: ..::   ... ;; :: :.... ,     ""   ,;.:; //i|/
     ,;:;;::::; .;.  .'' . ;;:. :...,,:;; .:''         ;'::.//i|/
     ;:  ;:     ;:   ;:              //i|/
     '   '      '   '           //i|/

                イギリス国会議事堂




768 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 21:00:22 ID:zoxI23OA0

        _ ____ _
.       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
    /才/⌒^"'゛´⌒ヾヾハ   .イ
    ':// . ′         i  マ:' }Nノ:|
   :.:{_  i        |  }从:.:.:ノ才ノ
   }=:{  !         !二ミ:.:{.:.:.:.:.:.:≦
   ハ:才-==ミ ー=彡 ノィ=ミ从:.:.:.:.:.:.:.才
  ′i/_,.ィ=≠ミx、 ̄ .ィ≠__ i:ハ.:.:.:.:イ
  { :{ xだァ才 ノ /弋辷アハ./.:.:.:.:.:彡    なるほど、要望は分かりました。
  ∨ハ、ー  .イ  {{     }}.:.:.:.:.:.:く
   ヾ:,ハ.    iゞ≠乂____才ハハ弌斗    前向きに検討いたしましょう。
     i: !  .イ   :|:::..  i |\
.    /' |.fr⌒ヽ   j:/ハ ; i.:.:.:.:.:.<
.>'".:.:.:..\ 廴_.二._,.ィ :} 八:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:{iハ `ー=‐彡  イi:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}\ヘ  ´ ̄` .//,:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:..: }∧\> -=彡.イイ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:. ∧{{   \> '" {{ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ゞ≠⌒⌒ヾ=イ:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∧ イ:.:.:.:ハ 宀. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:_,.>'⌒\:. ∧ ∨.:.:.:.ノ _,.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
__ -=ミ. \:ハ }=リ___,|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
    }ハ、   ヾヘ:.:.:.:.\  ;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._三
ー-= }才      ∨≠ュー--ヘ _才⌒ヽ
    、:..       }  {`ヽ◯ \ `ヾ
 ̄   ノ:.       i|  ∧ }    ヽ

イギリス植民地相 ジョゼフ・チェンバレン


ロンドンに上った彼らは早速植民地相のチェンバレンに面会し、
要望書を手渡した。




770 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 21:03:21 ID:zoxI23OA0



                   _,,,...---.、,,...__
                 ,,.-''";;;;;;;;;;;;;ミ;;;;;;;;;;;;"'''ヽ
                 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
                  i;;;;;;;;;;;;;;,,,.-''''" `''、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
              ヽ;;;;;;;;;ノ      ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
                i;;-'         l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   
               '|゙"'=..,, ,,.=;;;;"ノ  ヽ;;;;;;;..-、;;;i   チェンバレン殿に要望は伝えたが、
                |=・=i ヽ-=・=-  i;;l,,.-、i    これだけでいいわけはない。
                    |   ,ノ  、        | -''.ノ    
                  | ( __ _ ,)      l,,...ノ     なにか他に手はないものか。
                 | ,,.-'' ゙-,,      ノ T
                  ヽ"-─--`     /  |
                    _ヽ-iiiiiiiiii    ノ_,,.-''iヽ
   ,,,..---------、,,.-'''''''"ヽヽ;;;;;;;;;; ...-'' ̄_,,.'"/ニ"''-..,,,
   [==========il-''';;;;;;;_---ヽ ヽ--''" /-'''";;;;;;;;;; ̄"''、ヽ




772 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 21:06:13 ID:zoxI23OA0



       ____
     /~~~ \
   /  _ノ Ξヽ、_ \ 
  /    (◎)―(◎) \   それに関しては、
  |   ::::(((__人__))):::: |   ちと考えがあるのじゃ。
  \      `⌒´    /
  /          \



                   _,,,...---.、,,...__
                 ,,.-''";;;;;;;;;;;;;ミ;;;;;;;;;;;;"'''ヽ
                 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
                  i;;;;;;;;;;;;;;,,,.-''''" `''、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
              ヽ;;;;;;;;;ノ      ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
                i;;-'         l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   
               '|゙"'=..,, ,,.=;;;;"ノ  ヽ;;;;;;;..-、;;;i   ほう。
                |=・=i ヽ-=・=-  i;;l,,.-、i    
                    |   ,ノ  、        | -''.ノ    というと?
                  | ( __ _ ,)      l,,...ノ
                 | ,,.-'' ゙-,,      ノ T
                  ヽ"-─--`     /  |
                    _ヽ-iiiiiiiiii    ノ_,,.-''iヽ
   ,,,..---------、,,.-'''''''"ヽヽ;;;;;;;;;; ...-'' ̄_,,.'"/ニ"''-..,,,
   [==========il-''';;;;;;;_---ヽ ヽ--''" /-'''";;;;;;;;;; ̄"''、ヽ



775 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 21:08:51 ID:zoxI23OA0





       ____
     /~~~ \      実はこのイギリスの政体は、
   /  _ノ Ξヽ、_ \    ツワナとそう変わらないらしいんじゃ。
  /    (◎)―(◎) \   確かに王はいるが、民会で決められたこと以外は何一つできないそうじゃ。
  |   ::::(((__人__))):::: |   
  \      `⌒´    /   違うのは、民会の上にもっと大きな民会があって、
  /          \   各地の民会から選ばれた代表がその大民会で国のことを決めることじゃ。





776 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 21:10:28 ID:zoxI23OA0


    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |      
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |      なるほど。
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }     
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、     そうであるならば、
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.    打つ手も決まってきますな。
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ


                   _,,,...---.、,,...__
                 ,,.-''";;;;;;;;;;;;;ミ;;;;;;;;;;;;"'''ヽ
                 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
                  i;;;;;;;;;;;;;;,,,.-''''" `''、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
              ヽ;;;;;;;;;ノ      ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
                i;;-'         l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   
               '|゙"'=..,, ,,.=;;;;"ノ  ヽ;;;;;;;..-、;;;i   うむ。
                |=・=i ヽ-=・=-  i;;l,,.-、i    ただちにイギリス各地を回り、
                    |   ,ノ  、        | -''.ノ    各地の市民に支持を訴えることであるな。
                  | ( __ _ ,)      l,,...ノ
                 | ,,.-'' ゙-,,      ノ T      市民がわれらを支持すれば、
                  ヽ"-─--`     /  |      大民会の代表たちとてむげにはできまい。
                    _ヽ-iiiiiiiiii    ノ_,,.-''iヽ
   ,,,..---------、,,.-'''''''"ヽヽ;;;;;;;;;; ...-'' ̄_,,.'"/ニ"''-..,,,
   [==========il-''';;;;;;;_---ヽ ヽ--''" /-'''";;;;;;;;;; ̄"''、ヽ



778 名前: 7/30の6:00~18:00の間サーバ移転につきしたらば停止だお [sage] 投稿日:2013/07/24(水) 21:12:39 ID:JqTIUu3c0
この時点でツワナ人レベルたけえって感じがする。
民主主義が肌に合ってる人達なんだな


779 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 21:13:28 ID:zoxI23OA0



こうしてチェンバレンとの会談が終わると、
3人はすぐにイギリス中の遊説に出かけた。
マンチェスター、リバプール、バーミンガム、シェフィールド、リーズ…



       ___
     /~~~\
   /( ◎)―(◎)\     われわれツワナの民は、
  /:::::( ((__人__)))::: \    女王陛下の下で平和に暮らしておりましたのじゃ。
  |     |r┬-|       |
  \      `ー'´     /


                   _,,,...---.、,,...__
                 ,,.-''";;;;;;;;;;;;;ミ;;;;;;;;;;;;"'''ヽ
                 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
                  i;;;;;;;;;;;;;;,,,.-''''" `''、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
              ヽ;;;;;;;;;ノ      ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
                i;;-'         l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   しかし、ローズの支配下に入れば、
               '|゙"'=..,, ,,.=;;;;"ノ  ヽ;;;;;;;..-、;;;i   この平和な暮らしが破られることは必定。
                |=・=i ヽ-=・=-  i;;l,,.-、i    
                    |   ,ノ  、        | -''.ノ    どうか、保護領の存続を認めていただきたい。
                  | ( __ _ ,)      l,,...ノ
                 | ,,.-'' ゙-,,      ノ T
                  ヽ"-─--`     /  |
                    _ヽ-iiiiiiiiii    ノ_,,.-''iヽ
   ,,,..---------、,,.-'''''''"ヽヽ;;;;;;;;;; ...-'' ̄_,,.'"/ニ"''-..,,,
   [==========il-''';;;;;;;_---ヽ ヽ--''" /-'''";;;;;;;;;; ̄"''、ヽ



780* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 21:16:24 ID:zoxI23OA0

                へ、、
               / {_ ク
            ,=- く__,,/
              /   /     _
          /  /     _〃― ヽ
         /   /ヘ     _/ | | =!|= }lヽ            英国保護のもとでの統治!
          r'   く彡 \r'´{ ∧ rっ /  |ヽ-、          その果てには未来がある!
         \    ""''''`l /ヘ`,二´ミ、ノ丿丿)
          /\    | ´   | |  | |\_ノF== 、__        オールハイルブリタニア
         /;:;:;:;:ヽ  /   l   | |  | |  \|| | | | | ||      大英帝国に栄光あれ!
         /;:;:;:;:;:;:|     r―''\ ,'⌒i|       || ||  |
         /;:;:;:;:;:;:;:;:|     ||    ヽ__ノ       || ||   ヘ
          /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|    q====||ヽ==o || ||   ヽ
       /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|      ||       || ヽ   || ||     \
   /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\
  /  |                                    |  \
/    |                                    |   \


          ┌‐┐    
        _l__|_   ┌‐┐ ┌‐┐   .┌‐┐
   ̄ ̄|  r( ^ω^)   _l__|_..__l__|_ _l__|_.  ┌‐┐
  __|_ {  \7 ヽ   (^ω^)(^ω^)  (^ω^)  _l__|_  ┌‐┐
   ^ω^)    〉  ]つ/〈 Yヽ` く ..〉\ 〈 /ヽ ̄ヽ (^ω^) ._l__|_
  7 ⌒い /        { .} | |∥| |..| ,、 ∨| |/ | .| /   ヽ (^ω^)  <オールハイルブリタニア!
      | l     .┌‐┐{ } | / | |..|  〉 | |   / /      l ./<▽>ヽ
   \ \    _l__|_      |..| / /| |  ヘ_∧       l    |
     \ /っ.   (^ω^) n        __/ || |    .〉
      │   /| <∞>ヽ( E)         || |__/     <オールハイルブリタニア!
  ___)   L二⊃ /⌒ヽ           {  }
  │ | │    / /  / /    
  ┤ ト-ヘ    し'  (_つ

               イギリス有権者のみなさん




782* 名前: 7/30の6:00~18:00の間サーバ移転につきしたらば停止だお [sage] 投稿日:2013/07/24(水) 21:19:56 ID:aQOed7Fo0
>>780
それ、やりたかっただけだろwww


783 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 21:20:34 ID:zoxI23OA0


一方、英政府内では…


        | i    | | i |  i |i  | i i |   | i|   |i| i|  |  |  |
        | i   l   | | i |  i |i  | i i |   | i|   |i| i|  |  |  |
        | i   | | | | i |  i |i  | i i/  | i|   |i| i|  |  |  |
       〉 '  | | |_|.〕.十‐-L_|i  | i/  _」斗-‐ァ7 〔   |  l  '
        |iヘ  | | |ir==‐- ミヽL__V__/_厶 -‐==┤ i| / /{     で、この件、
.       乂ヘ  ∨∧  r し }ト        ヘ.r し i}  リ  リ / ,ハj
       |iハ  ∨∧  `¨¨´          `¨¨´  /  / ,ノ:i:|     植民相殿はどう処理するつもりなのだ?
       |:i:iゝ--ト一                 厶イ /:i:/T′
        厂  川  ト、        '        イ i| .Z/ |
        /  / j ! ,⊥r> .     r‐┐     ∠⊥、  | i |
.       / __r─v‐}─{_二ニ> .   ー く\. <ニ/⌒i-r─く,⊥_
      /,::´:: {   |:::{ /`ヘ_/⌒フア7ァ<\\/⌒ヽ /:::|   }:::::::ヽ.、
.     / i::::::::::>‐┤::\_/⌒ヽ/ /::::川::::::::ヽ ヽ.`V≠=ミx‐く::::::::::::Vヽ
    / .!::::::: {   |:::::::::i:ヽ._/ く:ィ::i:#:|:::トイ `ヾ∨{:::::..... }h }::::::::::::V }
.   〈   |::::::::::>‐┤:::::::i:::::::i`ヽ∠.j:::|:#:|:::l__ト、/r{、`ー一 ' ||く:::::::::::::::∨
    ノ  .|:::::::::{   |:::::::::i:::::::i:::::::i:::::l:::ト-|:::|:::::i::::/ ハ    .八 }:::::::::::::::::\

              英国女王 ヴィクトリア




790 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 21:23:26 ID:zoxI23OA0




    /                ∨.:.:.:.:ハ
.   . -=ミ _         __   ≧:.:.:.:.{
   ′≠  ヽー- _彡  ´     才.:.:.:.:.}
  {'"⌒ヾ:.、 .l   /        才.:.:._.:.{   さようですな。
.  ∧ ト、  \、i  f{   .斗≠ミ }.:./ }.}
   .゙ヽ弋辷ァハ}ハゞ=彡=三`ヽ  }//ハ.{.{   私と致しましては、
   }  ー=彳ノ⌒ヾi}>ゞ=才,ハr イ _) .从   まあ受けいれてやってもいいかと。
  人  ´ .:'′  八 `ー-  }}  ノ. ノ.:′
   i ヽ _彡′ _,ハ >--<.{{ r  /.:./
   .ハ fr´ 〈!  _彡ヘ     {{ /爪.:.:.{_
   ∧ .r}弌xr'    `Y   {{.′{ .}_:/ }_彡才イ
. _ -‐ヘ ゝ`ー- =ー-' }   {{.  ノ {. {.り.:.:.:.:.-=ミ
二二二.∧  `ー=彡 イ / , ̄ / ∨_.:.:.:.:.:.:.:.:.
ニニニニハ       . イ  /   /   } }≧ー-
ニニニ / }.、     .イ   ./   イ   / .}二ニニ




792 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 21:26:18 ID:zoxI23OA0


        /         /      |           ハ (こ|::i|こ) |
         /       '    i|      |           | (こ|::i|こ)  !
       '      |   i|      |  i|    |    | (こ|::i|こ)  l
           | i|   l|      |  l|    |i i | | (こ|::i|こ)   !
        i|  | | ||   l|      |  l| i| i || i | | (こ|::リこ)   l
        ||  | | ||   l|       ,リ-‐l|_T|「 ||_l_| | (こ|/xソ   l
        | | ||=‐- 八    ´// ,斗-‐=芋ア| |i  У::く     l    理由を聞いても?
       、 八 八 l」L二. _ミヽ __// 〃 rし::;リ |i | |i 〃:::/:/\   l
        \  ><`ヾ「 rし心        ゝ‐=' ^ 八 '|i l:::::::|::ト、ノ   | l
         ヽ|  {/ハ ゝ-‐′             /  / |i l:::::::|::|  |  ||
.          ||  {  }     ,         /_//_川:::::::|::|  |  |八
           八\ \八                     /i | l::::::ル' |  |  |  \
           ヽ >く  丶、   ヽ フ      イ   | | ̄|  |  |  |   \
              川_| i>        イ  厶-=ァ-‐ァ>ァ-┴=ミ  \  ヽ
             〃:::::::`アアT⌒≧=≦、-‐<  ̄う-‐ァく/⌒ア.:::::::::::::::丶、 ヽ ハ
               /.::::::::::::〔 {_「 ̄/.:::∧::::.\y'⌒'<こフ:::/⌒ア.:::::::::::::::::::::::::\  |i
           /.:::::::::::/〔 {んく〈::::ん'ヘ::::::ノ`Y⌒ア:::::::/⌒ア:::::::::::::::::::::::::::::::::::\八
             /.:::::::::::::厂У   `77⌒|:::|こし:::::/.::::::/⌒ア:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ヽ
          /.:::::::::::::/  `ァく_,/ /'⌒'|:::|/.:::::::/.::::::/⌒ア{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |



796 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 21:29:33 ID:zoxI23OA0



     . .-―==ー-..ミ
    /'"´ ̄   `ヾーミ:.、
.   /    -―-  ≧=ハ
   ′ ,       ≠:ニ='.
   ノ   ≠_⌒゙    }三:.:.:}   セシル・ローズ…
  〈≠ィ fi!.  `Y     才⌒{   あの男は、どうも拙速に事を進めすぎるきらいがあります。
  ゝだ=八 __ .ノ _彡  う_j リ   そのうちに大ポカをやらかしそうな気がするのですよ。
   } i  弌  ′. : : :  /    
.  ハ{ __ノ=ミヽ. : : : :.ゝイ      それに、いくら戦略的には重要といっても、
   ∧i__ .ィハ乂: : : : {辷云     ベチュアナランドの土地などに経済的価値はありません。
.    ∧ー-   i } /.: :{乂ゞミ
.    ハ     .ノ .イ. : / ∨.:.八    彼らが自治をしたいというなら、それだけ帝国の負担が減るというもの。
      ≫=≦  .イ   ∧从ハ    どちらにせよ我々の保護下にはあるのですから。
  -‐ '" /{____} ̄      /.:.:.:.:.:.: ̄三二ヽ
.      {/ ∧∨    ′.:.:.:.:.:.:.:.:./



798 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 21:32:26 ID:zoxI23OA0


                      ____,r==r=====- 、
                  _,,{{∠___/} ん_ん_ん'\_
                   _{{/____}_}_,ノ´ /   `ー={}ヽ
                     _{{/__/_ノ  / /  / l l   ヽY)
                  _,{_{___}_ノ / / /  / / l l l  lX)
                 《V介V》 / / /-/、/ / / /l |  lノ
                    ,〈_l l_〉  l lィf示ミメ / / /-l、 l  |
               / / 从  l | ヒソ     f示ミ/l  l、( (
                 / / / ハ  从!      , ヒソ/´从厶) ) )
.                / / / ( ヽ 人   r ァ   人/// 〉 ( (     そうか。
               l l/_rv‐ヽ   | ≧  _  . イ 厶イ_/ r==f
                j /(ィY⌒ヽ\ |γ=介=ミY i| |=ニ二三i r l 、   まあ、植民相殿の好きなようにするがよい。
                /(ィ /    マハi | ゝイ|i|iムイミi| l  i|  ィ`r'〉 Y〉   このイギリスは、
             / (ィ/     Yil l   l,川 l´ i| |、乂 /´    /    議会制の立憲君主国家なのだからな。
               / //{        Y}ヽ  V》  i| | Y /   / ̄
           / // }      リ} ト、 V》  i| |}}/   /}
             i { l  |       i| 〉 〉i V》 {| |/i   l }
            ヽY   }      ノ / /=介=介ヽ {{}   } }
                /   l_ O / /ー―――ノノ乃、_ノ介}
            /     / l_ト、O彡'⌒Y^Y^y===ミ人乃,乃ミノ
              /     / /´l \〈 _,ん'んイUUU、〉 ゝイんイ_
          /     / 人 ヽ  Уr-‐=ニ二三三三三Y三三ニ=-
            /     / ( _) i`Y≦三三三三三三三三人三三三三≧、
        /     人  Уヽノ} }彡'´二二二二二二二ゝく二二二二二ヽ\
       ノ   / / /   }ノ ノ}  /  |   \ /    \ヽ    V》 V〉
.   /⌒Y´   /ヽ-〈 〈  ,ノ ´ //   l   /      У       V》    V》 V〉
  /   |   (  ノ  ヽ Y   //_  )、 i      {         V》    V》 V〉
. /   ,人   ヽ(   / 人  ((_彡' ノ ´      /          V》    V》 V〉
,ノ   /   ヽ    `ヽ/ ´  ゝミ__彡′       《           V》    V》 V〉


こうして英国政府が受け入れに傾いていたころ、事件は起こった。



800 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 21:35:34 ID:zoxI23OA0


: : : : : : : : : ο: : : : : l:::::;: '"、
、: : : : : : /: : : : : : ; '"   l
.ヽ: : : : /: : : : : ; '"     / /
 ヽ  /   ./   _,. r:::::l':シ
、. /ヽ. /   , _'" __|::::::lヽ
  i l::l.l '  /'" ,.r‐'""|:::::l/   今こそ好機だ!
  | V | / ./; -っ: :|:ツ:o:ゝ
.ヽ.l o.l,/l/∠: ー'_´_;/.//     トランスヴァール政府をのっとってしまえ!
'" i. i  `'ー.、._    /::o:::ニャ:
'"/ V:ヽ`'ー、::::::o::``r'"  /:/
'"  | : ヽヾ`ー`::、:::::::::::::::ィ''": :
   |: : :リ ヾ:`ェェ-`ヾ-::ヾ、:/
  λ:ン     ,/`l:ヾ:::::ゥミ
、_`' '___, '" .,ッ/:::::::::ヾヽ'
_____, ./i/"/::::::::/ `'
i  : ::: :.  ,、V/ /::::::/ヘ、
.i      ////::::/: :i  7
ヽ二二二ノ.///: : : i.  //
`ー ──一'"//: : : :i.  /./
、      /: : : : : :i. ,-y
: `ー-  - ': : : :   ir-ミ{
  : : : : : : :      ./_ぐ ./
           ./ `ヽ  ,r
           ゞミv' / .,


トランスヴァールでイギリス系市民の不満が高まっているのを見たローズは
部下をトランスヴァールへと侵入させ、
イギリス系市民に武器を持たせてクーデターを起こそうとしたのだ。
ジェームソン侵入事件である。



802 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 21:38:17 ID:zoxI23OA0


                   _,, --- ,,_
               /\/´"''ー‐ '"~´ヽ/\
              //\\      //\\
                 {/   \\I=II=I//   \}
              \    \\//    /
               \r‐=ニ二二ニ=‐,/
                 lヽ 、,_{{ o=     l
                 l \ {{ o=‐' / l        俺の目の黒いうちは、
                 」r、 ) {{ o= / /        トランスヴァールは渡せんな。
               _, ‐'´r‐ヽ }iテi{ 二つ`'‐、_
            _, ‐'´     ̄)|| Z || 「     `'‐、_
         _, ‐'´     ノ゙) || |o||        `'‐、_
         rく         /,ノ゙) ||  ! ||            )i
         )i、ヽ       /´ ノニ;┐ |O ||         /∧
      // ヽ\     ! /´/{、{,__| ||        //  ヽ‐ 、
      〕\_\ヽ__j/ 八_/´r'゙ |O ||      ///    / |
     // _// /j  l ´ /  |   ||     // /  /  ヘ┐
     ) ̄_//  /l    )イ!   |O ||   //| / /_,, -‐''"  \
    ノ‐'"/ /   l \_,ィ゙||   |   ||  //l |//、_______,,   \
   /  /| |=O   \/  | ||______|O  ||//  l /   /ー─--'    )
  /    \\=O   \_/ヾ|    「 ̄) |/    「 _∠二丶、      /
  /      \\=O /───ー'{"~´____,,._ |/    \ヽ  __,,,/
 /       / ̄ ̄「 -、_      }O      / |___   ヽY /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      |ヽ、 `'‐、_   j-''"  /  / /  \ o j,i'゙

       トランスヴァール共和国大統領 ポール・クリューガー


しかし、この計画はあっさりと失敗。
独立国に対し違法な政権奪取を試みたことが全世界に報道され、
ローズは面目を失った。




804 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 21:41:29 ID:zoxI23OA0


                ハィ⌒j
      _    _ _  ("'  ル'⌒)
    ./ ,-、 Y´ ;  , .., \-(_ソ|iヌ  'つf⌒Y⌒)
  , -┴゙ 、_.; i.: :i ;   ;  ',  |レ/⌒ー゙ ry  _)
././゙ ., .- .、.`i|::::{  ;   ;  |. ノ/ミY/'゙i |しイヾ ,ゝ
{::{  ;    ;' 入;;ヾ ` '  .ノ// .|| ノノ __.リし'
`、' 、゙ : ,,_,.、-;'''"`¨`~'''^¨`''':;‐,、,_ル',√ ̄    ローズ君!
  `,-'^゙ ;、 ;  '; `   ; ゙_.┛┗..゙`‐、
..,i゙ : ゙       i:::::.: ゙. : ┓┏:;::;:;::ヽ     どういうことかね、これは!
i゙ ∴;   ∵ ; ∴`、::.: . : : :.:.:::;:;:;:;;::.: :i
{; .∴ ∵      ∴`、; : :.:::;::;:;:;:;;::;:.:.:: ト 、_.
'i: : .∵∵ ∴∴  ∵:`、;:::;::;:;:;;::.:.:.:: /;:;: : :;
..`i, ; 、', ∵ ∵ ∴,.∴∵ヽ:;:;:;::.:.:;:;::.: : : : ::;;
  ヾ、; .゙'; ゙: .' ; ゙,' : .゙ ; ': : '.゙ }::;:;::;:.:.: : : : : ::;;;'
   `ヾ、.._;、;_,、,;、;_;.,_;;._;、-'、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'゙~~~゙゙

    英国首相 ソールズベリー侯


             〉 ー'_ ゚ 〉'⌒ヽ、`ヽ、ヽ〃 _,,o ヽ〃/ハ 〃
              ゝ、( / ゚{:::/,rヾ、ヽ、 ,〉'f‐'''''''''''亠‐ォ、、!_
              ,〉〉(,Ζ Vム-゙゙゙-ヾノ / / r──--yノ (`ヾ、ヽ、
           ,r'バ :(/_ ー'',,¨¨-,‐'アγ、ヽヾミ勹 !::} r、\_,ノノ
          {/:::::ゝ.(/r'''"《>''゙ 'ャ nハ、ヽ..\ヽ!lツ.ヘ__ン,r''´
           〃::::::ノヒニ-─'゙ ,rへ,,__,,ヘ ト-ヘ n´、|ン,,l7゙
          λ://イl u   , /'レ'ー--ィキ l、ヽ、ハ_lvヅ::/
              /彡'/:::l  , ,'/N     'イl ヽ\v l::::::::/}     あ…いや、それは…
          /ヘ:::::ハ:i  ,',〈 l゙'     'イl,' uヽ〉\:::/'゙
            ハ:V  iハ !ハ!       'イ,l ,' ,/,ト ヘ〈
            ハ:l  キヘ ゙Vィ⌒ヽ- 、 '゙/' //∧ハ
             ハ!  キ ヘ ゝミ-、、,∧ノ',/!' ノ/ ヽ|
               キ/ヘ -`゙''ー- ',/〃| '〃
              ∧〃ゝ、 `' /〃// |!
              /ハ /〃 ̄/〃/ 〃〃、,,'
           ,,,/  ハ〃////〃 〃   ''ヘ、,〃,
         ,,,,〃''     ハ 〃/ /         ''〃、,/,,


807 名前: 7/30の6:00~18:00の間サーバ移転につきしたらば停止だお [sage] 投稿日:2013/07/24(水) 21:43:25 ID:Q9VxKvkk0
首相のAAが酷いw


810 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 21:46:04 ID:zoxI23OA0


                ハィ⌒j
      _    _ _  ("'  ル'⌒)
    ./ ,-、 Y´ ;  , .., \-(_ソ|iヌ  'つf⌒Y⌒)
  , -┴゙ 、_.; i.: :i ;   ;  ',  |レ/⌒ー゙ ry  _)
././゙ ., .- .、.`i|::::{  ;   ;  |. ノ/ミY/'゙i |しイヾ ,ゝ
{::{  ;    ;' 入;;ヾ ` '  .ノ// .|| ノノ __.リし'
`、' 、゙ : ,,_,.、-;'''"`¨`~'''^¨`''':;‐,、,_ル',√ ̄    
  `,-'^゙ ;、 ;  '; `   ; ゙_ __,,.,....゙`‐、      あちらさんはカンカンだ。
..,i゙ : ゙       i:::::.: ゙. : : : :.:.::;::;:;::ヽ     トランスヴァールへの政策を再考せねばならん。
i゙ ∴;   ∵ ; ∴`、::.: . : : :.:.:::;:;:;:;;::.: :i
{; .∴ ∵      ∴`、; : :.:::;::;:;:;:;;::;:.:.:: ト 、_.   ベチュアナランドも自治に任せるぞ。
'i: : .∵∵ ∴∴  ∵:`、;:::;::;:;:;;::.:.:.:: /;:;: : :;   君に任せておいたらどうなるかわからん。
..`i, ; 、', ∵ ∵ ∴,.∴∵ヽ:;:;:;::.:.:;:;::.: : : : ::;;
  ヾ、; .゙'; ゙: .' ; ゙,' : .゙ ; ': : '.゙ }::;:;::;:.:.: : : : : ::;;;'
   `ヾ、.._;、;_,、,;、;_;.,_;;._;、-'、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'゙~~~゙゙


こうして併合は破談となり、
ツワナ諸国は鉄道用地を鉄道会社に提供するだけでよいこととなった。




811* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 21:48:00 ID:zoxI23OA0



┌○┐ハハ
│勝│゜ω゜ )
│訴│//
└○┘(⌒)
   し ⌒



   ___/.:/::::::::|ヽヽoヽヽ///o  i::::>、へ./ ̄!
   V __ o 77=‐-L  \   /  . .<_,ノ /∠フ ノ
   ヽヽ> i {     `> . VV,.ィ´≦===┐/∠フ ノ
    l r-、ヽヽ=ニ二≧ミxli:i:!〃 == Уリ ∠フ ノ
.    ', i二> ヽ::「. == 〉八。| ` ̄ ̄__,// r‐ァ ト、    クソ!クソ!
.     \ r‐-、ヾ三ニ彡,-‐ソ‐≠¬ニミメニ二く i !
      ', Y二フ ///   、!:,    `7!>ミ。八}リ    あの現地人どもめ!
       ',::ヾ=ィフ´,.ノ   . -―- 、   i:::::ヽト、\
        ',::::j 〃::::',`ヽ. /v-―-vヽ ,'::://⌒ヽ ヽ
         i /!/ヘ::::', ∧レ"二二ヽl ,'::://    \',
        |i/   \ヽ        "/ ,′
        レ′     |\        / |
              /|  \    ./ .:|\
              / |    `  ̄ ´ . :| \


こうして、ベチュアナランド保護領はイギリス南アフリカ会社併合をまぬがれた。
1910年の南アフリカ連邦成立時に同じ問題が持ち上がったが、
このときもツワナは代表団を派遣して併合を免れている。




817 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 21:51:57 ID:zoxI23OA0


                           ∧,, ∧
                        ∧,, ∧ ゚ω゚ )
                     ∧,, ∧ ゚ω゚ )   )っ   ♪
                  ∧,, ∧ ゚ω゚ )   )っ__フ
        ♪      ∧,, ∧ ゚ω゚ )   )っ__フ(_/ 彡
♪          ∧,, ∧ ゚ω゚ )   )っ__フ(_/ 彡      >ベチュアナランドが欲しい♪
         ∧,, ∧ ゚ω゚ )   )っ__フ(_/ 彡
    ♪∧,, ∧ ゚ω゚ )   )っ__フ(_/ 彡  ♪         >お断りします♪
  ∧,, ∧ ゚ω゚ )   )っ__フ(_/ 彡                >お断りします♪
 ( ゚ω゚ )   )っ__フ(_/彡           ∧,, ∧     >お断りします♪
 (っ  )っ__フ(_/彡           .    (    )    >お断りします♪
  ( __フ(_/彡      ♪           (    )
   (_/彡                     (ゝ. Οノ  ♭
                          ミ  ヽ_)


このように、南アフリカはベチュアナランドの併合を狙い、
それをイギリスの力で撃退する、という状況が続いた。
また、南アフリカに出稼ぎに行くツワナ人たちも多く、
彼らの口から南アフリカにおける差別待遇も伝わっていく。

こうして、南アフリカはベチュアナランド8部族の共通の敵、
という認識が一般化してくる。

そして対抗のため、「ツワナ人」という意識が強固なものとなっていく。

同族意識の誕生である。




819 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 21:54:28 ID:zoxI23OA0



|| ̄ ̄ ̄||
|| |VVVV|
||( ・∀・)     あくまでもここはツワナ人の土地なんよ
||__   つ__
|   || ┐┐~||
|   ||__)__).||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


さて、ここで思い出してもらいたい。
イギリスが条約を結んだのは「ツワナ人の8か国」である。

他の民族もいるのだが、
彼らはツワナ人首長国の支配下にいたのである。
そして、そのままでベチュアナランドは「保護領」となった。

つまり、ツワナ人の優位が確立した状態で、
政治体制が固定されたのである。

これは独立した国名を見てもわかる。
「ボツワナ」=「ツワナの国」なのだ。
他の民族がいようとも。


とはいえ、ツワナの下にいた諸民族は、
別に奴隷でも被差別民でもなんでもなかった。

ツワナではなかっただけである。




821 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 21:57:25 ID:zoxI23OA0




          ___
        /     \
      /⌒   ⌒  \     
     / (●)  ( ●)   \
      |    (__人__)      |  優秀であれば、とくに政府登用に差はつけないお。
     \_  ` ⌒´    __/
     /´:::/ヘ;;;/∨::\::::::::`ヽ   公共事業も別に、民族によって差はつけない。
     i:::,::>:::i/;;;;i /:::::::く:::::::,::::::ヘ
    {:::i::ヽ::i;;;;;;;/:::::/::::::::i:::::::::}


ボツワナ政府はその名の通り、
ツワナ系を柱とした国家だった。

しかし、保護領時代の政治秩序をそのまま引き継いだので、
他民族に対して特別敵対的な政策はとらなかった。

民族によって扱いに差がなかったのだ。
やる夫自身の思想…ノン・レイシャリズムもあるだろうし、
ツワナ人が圧倒的に力を持っているからこそ、
差別をする必要がなかったわけである。



824 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 22:00:11 ID:zoxI23OA0


          ,. -─-  、
         /:::::::::::::::::::::::::\
       ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
       l:::::::::⌒:::::::::::::::⌒:::::::l
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
        、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     今度の政府はなかなかよろしい
           \::::::::::::::::::::::::::/     支持しようじゃありませんか
             ` ー-   -‐´
          ,≧ト‐v‐≦、
        /.:::〃 ̄`ヽ:::.\
          /.::::::::|' l/| ) ミ|::::::::.ヽ
       〃:::::::::j┐ 「/⌒ヽ::::::::i
       f::::::¬' `ーへ  }ゝ:::l
       {::::::::::{{、 ,,_ノ:トr_ノ::::::::〉

        カランガ人(12%)


この扱いは、諸民族に安心感を与えた。
第2民族であるカランガ人はじめ、
各少数民族とツワナの間に特に明確な敵対関係はなく、
共存は平和裏に行われた。



828 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 22:03:27 ID:zoxI23OA0


                __
             ,.' ´    `゙`ヽ、
            ,r'   ,ィ ノ ,.r'´`ヽ、.\
            ,! ,r'⌒'''゙゙"´  -‐'' 'i i
          ,! {. ,r=z、,  、_,z=、 | l
           l  ,!  ,ィtァゞ, ''rtァ、 ゙i. |    どうやらこの政府は悪くないな…
          }r,ソ  , '' '´,j : `` ''  ,ir ,!    帰化してこの地に骨をうずめるか
            ,!ソ    ,イ゙;;'';;ヽ    'Y}l
            ゞj 'i    ,r==、   ,' ,イノ
           ヽl. ',    ̄ ̄    ,',イ
            | ト、  ` ̄´    ノ ,|
            ,f_j_ \ 、__  ,ィ' ,/_!、
         _, イ   ̄``>=;r''´' ̄   ヽ
      _,ィ' ´  l     ,イ   ヽ     ,!`ヽ、
   -─'' /    |    /i    ,!`、    ,!   `i 、_
      /     ∧ /  〉-‐-〈  ヽ   ,ヘ    l   ̄

          アフリカーナー(0.2%)


少数だがある程度の力を持っていたアフリカーナーも、
新政府成立後は政府への協力姿勢をとった。

もともとこの地域のアフリカーナーは
ほぼ無人の不毛の地を自らの力と技術で切り開いた人々であり、
地域への愛着が強かった。

このため、ほとんどのアフリカーナーがボツワナへと帰化し、
国家の建設に力を発揮していくようになる。



831* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 22:07:25 ID:zoxI23OA0


            ,.......-: :‐: :: ‐-  、
      , ィ:´: : :/: : : : : : : : : : :`ヽ
.    , :´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
   ,: : : : : :..l: : : : : : : : : : : : : : : : : :l: : :.}
   {: : : : : :.l、: : :/: : : : : : : : ;,x==从: : :ヽ
    〉=ェュ、( )ェェェェ====彡'": : : : : : : : : : :ヽ
.  ,: :l: : :l: :l___ヾ:.ト、: :、: : :、: : : : : : :._: : : : : : :ハ
.  从:l: :l∧:ト、::l ヾ:、ヾ、`>-ヾ:、: :./ Y: : : : :ヾ}
   ヾ:ハ´`ミx、` 、__, ィ´示ミ   ヾ;! f'} !: : : : l: i
      ; 弋ツ;   ' ーゞ‐':::i  l リ /: :l: : :l:リ
.       l:,::::! ′     f::::::l  _ /: : :l从/
      lハ;::l ヽ     l:::::;'  / ハ: :l从!
.     {:ハヾ;  ― -  l::::; イl  l'´
      ヾl ヽ、 ー    !;ィ´ l  l
.        {  lヘ _, イ     !  八_
          ヽ._/ __, l      ゝ′ }}`¨i~' ー ┬- 、 _
   , - ― 7'´ ̄! }}         リ  l    l      `ヽ、
.,ィ´     /   lー:}}、     ,,.. - 〃´/    !        ヽ

           サン人(ブッシュマン)(3%)


こうして各民族が協力体制をとっていく中、
ひとつだけここから外れた民族がいた。
サン人(ブッシュマン)である。

サン人は狩猟採集民であり、
ツワナ人をはじめとする周辺の農牧民からはあまりの生活習慣の違いのため、
差別的な待遇を受けていた。

ただ、もともとサン人は狩猟民族で、
中央政界にはあまり関心を持っていない。
だからなにごともなければ、
特に無関心のまま過ごしていくはずだった。

だが…



833* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 22:10:41 ID:zoxI23OA0



       __________
      ///////////\
    ///////////:::::\\
  /∠∠∠∠∠∠∠∠∠/::::::::::::::::\\
   ̄|::::┌┬┐┌┬┐:::: l::::::::::::::::::::::::::::l ̄
    |::::├┼┤├┼┤:::: |::::::::l ̄ ̄|:::::::|
    |::::└┴┘└┴┘:::: |::::::::l   。 |:::::::|
    | ┬┬┬┬┬┬┬ :| ┬:l   |:::::::|
  """"""""""""""""""""""""""""""""


1974年、
「遠隔地域開発計画」が策定される。
これは各地を移動しているサン人たちを定住させようというもので、
ダイヤモンド収入を使って住宅が整備され、
診療所や学校も建てられ、インフラもある程度整えられた。




836 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 22:13:17 ID:zoxI23OA0

.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : _,,--'"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`゛'--.,,,_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : /..,,:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:...,.\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
         ̄ | ̄|:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|| ̄
          | ;|:|                   | ;|;|
          | :|:|                   | ;|;|
          | :|:|                   | :|;|
          | :|:|                   | :|;|
             .| :|:|    ,,―ー――-、、   | :|;|
"'~ ''""'~"'~ ''""'~| :|:|"'~ ''"l、,.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,,;ll"''~''~| :|;|"'~ ''""'~"'~ ''""'~'~"'~ ''""'~~"'~ ''""
          | :|:|    |,,,,"l""゙'''"_l_゙,.|    | :|;|
          | :|"'   |'ト二二ニ,|--トl   | :|'"
           "'"'     `''―-∧,,∧       '"''"'"
                   ミ,,゚Д゚彡       ::'' ;,
     ::'' ;,             ミ つ[_] ::'' ;,
                  ~ミ   ミ              ::'' ;,
              ::'' ;,    (/`J


インフラといっても、この時期はまだカラハリの奥地などに電気も道路も整備できる段階ではない。
整備されたインフラとは…井戸である。




840 名前: 7/30の6:00~18:00の間サーバ移転につきしたらば停止だお [sage] 投稿日:2013/07/24(水) 22:15:11 ID:cCDapQVU0
インフラwwwwwww
とは言えアフリカ支援の定石だから馬鹿にならんか


841 名前: 7/30の6:00~18:00の間サーバ移転につきしたらば停止だお [sage] 投稿日:2013/07/24(水) 22:15:14 ID:LylhsY4Q0
井戸だけかよ!


842* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 22:16:37 ID:zoxI23OA0




         ト、ノ\_ノ  ./     ||>チ`ニニニヽ、       ○   \   /:./¬:.、
        人      /   ___, /爪{′    , `):.) -――‐゚.o     \(_:廴_):.)
       , ペo `ー イ:  / | l// l: |     廴//     (`う       \ ̄ ̄´
      /   ゚,ィぅ。・|゚ /   ,!y' : : : |     `ー'′     爪         \
       |   く__,) ノrァ‐一ヘ{     、           /:.:.:.!、         \
        '、    /价}     |!: : : : : : :\   j       /   l \
        入.__/  !| !.{    弋       \ ノ     /: : : : :|   \
.       /       |:!.い、    \____>'´三)Yー<´       ノ    \
     ,'      l: :.: ∧      <____/¨{丶 辷:.:. : :.:/       \
      i        | : ヽ: :.\          `ァx、マ¨¨¨´            \

                      【野生のスイカ】


カラハリはオアシスのたぐいがあまりなく、
それまで乾季の水源と言えば野生のスイカが主だった。




843 名前: 7/30の6:00~18:00の間サーバ移転につきしたらば停止だお [sage] 投稿日:2013/07/24(水) 22:17:55 ID:mOZwJ0JY0
ボツワナ国土の大部分が砂漠地帯だって事を考えると、
井戸つくるだけでもちょっとした事業だな


845 名前: 7/30の6:00~18:00の間サーバ移転につきしたらば停止だお [sage] 投稿日:2013/07/24(水) 22:18:39 ID:eQQgwvrk0
>>842
このスイカにはたっぷり詰まってるな!!(何が?)


848* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 22:21:39 ID:zoxI23OA0


                            /⌒ヽ
                       ,,..ィ'" ̄`'     \,
                       !     ,l^^l     ゙ヽ
                   r┴宀    ↑  _,'ノ  |、     ゙i
                 ∧   マ   ,!  y',r‐¬  ゙;亠-、ュ  l
                / .;.   寸  |  i' 、'''''。'i  i'。'''' ; ゙!、 l
               / .:ハ   Ⅵ | n.l  `‐‐' ,  、゙‐‐"  l.n |
              / .:   廴____〉 l ヒj.l、 _/_,._,._'、_ , |.iッ.|
             __/ .:  /  /  |   |゙t`iェェェェェェェェiヲ" l   l
           〈 {     /  /   !  | 、ヘェェェェェェェッ'ノ l   l
              人 ヽ  /   /'´ ̄ !   !、.._ ̄ ̄ ̄ ̄_,丿   l
          ,ィ{. }_人/  /   /└凵_L_]`ー=ー''[__」__,,L凵.
        r‐{ ! {/:./ーく.´   〈:〈   ○ 。j     l,。<_  `ー―‐、ヽ
         { ヽ \!:人   〉   f':;廴 o゚ー-、 !     /  ゚.o ヽ、     ):.}
         ト、ノ\_ノ  ./     ||>チ`ニニニヽ、       ○   \   /:./¬:.、
        人      /   ___, /爪{′    , `):.) -――‐゚.o     \(_:廴_):.)
       , ペo `ー イ:  / | l// l: |     廴//     (`う       \ ̄ ̄´
      /   ゚,ィぅ。・|゚ /   ,!y' : : : |     `ー'′     爪         \
       |   く__,) ノrァ‐一ヘ{     、           /:.:.:.!、         \
        '、    /价}     |!: : : : : : :\   j       /   l \
        入.__/  !| !.{    弋       \ ノ     /: : : : :|   \
.       /       |:!.い、    \____>'´三)Yー<´       ノ    \
     ,'      l: :.: ∧      <____/¨{丶 辷:.:. : :.:/       \
      i        | : ヽ: :.\          `ァx、マ¨¨¨´            \
      |        |:.丶:.\ \  x       /,イ
      |      \|: : :.\: \: :` ー---―'´//
      |       ヽ: : : : : : : 丶:.-:.:二:.:./ /

                      【甘くない】


スイカといっても原種であり、甘味はほとんどない。




850 名前: 7/30の6:00~18:00の間サーバ移転につきしたらば停止だお [sage] 投稿日:2013/07/24(水) 22:23:16 ID:Q9VxKvkk0
悲しみが俺を襲った


851 名前: 7/30の6:00~18:00の間サーバ移転につきしたらば停止だお [sage] 投稿日:2013/07/24(水) 22:23:28 ID:aQOed7Fo0
ギャー


855 名前: 7/30の6:00~18:00の間サーバ移転につきしたらば停止だお [sage] 投稿日:2013/07/24(水) 22:23:53 ID:ZM3fysCU0
甘いとは思ってなかったけど
ゲテモノだとまでは流石に考えてなかった


858 名前: 7/30の6:00~18:00の間サーバ移転につきしたらば停止だお [sage] 投稿日:2013/07/24(水) 22:26:20 ID:JqTIUu3c0
ちくしょーー


859* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 22:26:50 ID:zoxI23OA0

        ,,...r―'''''''''ー-:、_
     ,,r''",;::''".,;::".;;;, .;;;゙''::;...゙ヽ、
   ,r".,;;''"..;;;";" .;;;;;;... ゙;;;.. ゙゙;;.. ゙ヽ.
  r".,::'' ..::'' ,;'  .,;;;;;;  '':;;;;,.. '':;;;.. ヽ.
 ,i'..;:''  .,;;' .,;;;;   :;;;;;;;   '';;;;,  '':;;, ゙i,
...! ;;  ,;;;; ,;;;;   ;;;;;     ';;;;   ';;;, !,
.l .::  ,;;;: :;;;;:   ;;;;;     :;;;;   ::;; ゙l,
|   ,;;   ,;;;:   ,;;;;:;;,,.   ,,;:':;;;,,:'  ':;;: |
.l  .;;;'  ';;'    :;;;;,;:''`   :;::;;;;"   .:;; | モグモグ
..l  ':;;,  :;;;,,   '::;;;;;'     ,,;;;;:  ,ハ,_,ハ,l   _,,,...::-、‐':,
 i, ;;;  .,;;;;:"   ,,;;;;;''    .;;:;;;; .,; *´~`'; '"~::::::::::::::゙i l
  ゙i, ;;,   :;;    ,,;;;;;,, _,,,....:::r‐'''''"~"'u"゙u"vv´::::::::::::::::| |
   ゙t;,  ;;;;:  _,,..r'''"~::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:ヽ::::::::::::::::::,! .,!
    ゙ヽ. '';;,,  |i, ゙i,:::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::::::::::,! !
     ゙''ー、;;  | i, ゙i,:::::::::::,::::::::::::::::::`:`::::::::::::::::::::::::::::::,r' ,r'
        `'''゙i, i, ゙t,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,r" ,r'
           ゙ヾ:、 ゙t、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,r'" ,r"
             ゙ヽ、゙`''ー-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r-'''"_,,r'"
               ゙''‐-、,_    _,,,,:r'''"
                    ̄ ̄ ̄


ただしカラハリはスイカの原産地なので、
現地に適応したスイカがいくらでも生えている。

このスイカで水分を補給し、生活用水とし、体まで洗っていたのである。

しかし、水が入手できればもちろんそれがいいに決まっている。
水の全く入手できないカラハリにおいて、
井戸が整備されることには絶大な効果があった。



862 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 22:29:27 ID:zoxI23OA0

: : : : : : : : : : : : : : : : : ; ;_:_; : : : : : : : : : : : : : : : : : :._:.;;''".._:.::;;:':.:. ..        ..:...:..:::.:::;;:;:;';:
: : : : : : : : : : : : : : :_ :,.,.;::.:.;:'':':';:''":"´: :: : : : : :_,..:''""`..:.;:;:':::.:.. . .      ....:...:....:.';;..:.:'.';;:::.::
: : : : : : :_,.,.,;::;::.:::.:::;;:;:;:;:;':':':'"´: : : : : : : : : : : :..,;,:.:゙'"..:.:'.';;:.:;. :..      . . . ....:...:..:::.::;:;:;;';':':'
: :_,.,.,;::;::.:::.:::;;:;:;:;:;':':':'"´: : : : : : : : : : : : :..,;,:.:゙'"..:.:'.';;:.:;. :..      . . . ....:...:..:::.::;:;:;;';':':':'"´
"..:.:::;:;:::;';':::':'"´ : . : : . : : . : : . : : . : :...:.:'"..:.:;;:;.:. ..,._'     ....:...:...:.:.:::.:::.:::;:;:;':':':'"´: :.._;_:,.; ._,:..
:'''´: : . : : : . : : . : : . : : . : : . : : .''""゙゙´_,.,.::;;;' : : .: : . :..:.:.:..::.::::::;;:;:;';:':':':'" : .__,.,;:"''':;';:::: .:::;'": : .
. : : . : : . : : . : : . : : . : : . : : . : :_.:_ _;::': . : :.  ....::.:::;;;:';':'':'"´: : `_,.,...::.':'"...:.:::;;:;:;';:;':';;:''"´.. : : .. :
. . . . . . . . . . . . . .__,.,:::;':;';'"` .. . ..:.:.:;:;;':':'"´ .  _.,..:''"、:.:::.:::;;:;:;';';':''':'"´. : . : . : . : . ::
 . . . . . . . . ._..,...;'"´...:.:.:::.:::;;:;:';':':':'"´. . . . .,.,.;'::':"".`""''''"´ . . . . . . : : . :
. . . . .    _,;::."'..:.:.:::.:::;;:;:;:;';::':':'"´ `´        . . . . . . . . . . . . . . . .. . . . ,.,:::
     ._,. :.':"...:.:::;:;';':':::':'"´                         ,, ,.,.;,;::::,:::::;''" ..:.::;':;
  _.....:;;:;:;::';::':':'"´                        .,_.,::;:':''"゙"゙゙'..:::::.::;::;:::;:::;:;';';:::';'::'''"
 ` ´ ...:.,.._                        .., . . .,;:;':"...:::::.;:;:';'"'''` .;:;'r-=´へ、;':'":'"  . .
::'".,:::;:':;''         ┌へ、        `゙"´ ´""''''""´     _,/ / ':..ヘ `.\、_
"´'"           _,/.::/.:::::;>‐''゙ ̄ ̄ハ .r─r--::;:-.:.、_:: ,<´_,::":/:':::::..`._..::;'".へ'´\/^
       _/`yヽ√\ヘヘ:/  ..:::. ...::/ ,::' ..ソ;:::;..i:.  . ::...` "_/へ.`ー-v::、,_...:,:_,/:/.:::
─'ー─´ー─----‐'ー-─'´ー-==;;:;'__,:::".::;';';:;';;;;;;;;;;;_ヾ.∠;;,,_:::__\:".::/'';;';';:;';;;;;;;;;';';
          rュ、.                 . . ..。.         . .. .^
   ^    。    ゚  .  . '   :   '',  ; ' '  ;  .     .     ;  .  ; ' :
.  . '  :     '    ,     ;   '     '      ;   .  .   '      :
    ::;__;;        ^   .    :.     ;    .  ;     ' :      ;    ~
  :;∠´... .. ̄\;,;,;::._; . '  :.......∠二ヽ.... .  ゚  .    '    ' ,  ; ^ : ;_;_:,.;_:_;_ :
  /´.::;:..\::.:、:...  <::.´ ̄`ヽ::.._ .    ' :  .     ;    ; ' :   _;∠,;;;;.:;::::;:、:;゙ヾ
/〉    ::.:ニ;;.. ,/ ̄\:::..ハ''´ .::::\.     ;  .  '   . ... .::.::;/べ;:::.::'.:. ̄ヾ::;:;;;,:;
,ノ.::.:::':::.:.:..;;.;;:;::.:./.::、:/´ ̄`\:-:ー:┴- 、 .     ;  .  ; ' :  .::/ .::;:.::::.:;:::::.;::':ヾ>ー-
:.:;:べ、___,,/ ̄`ヾ;:::.:..:;.:...::.:::;:.::/.:::.::......`ヽ::::::::..      r-、   .:└ヾ,;:::':::::;ィ;;;;;;;;:;;ツ::::::;;;;


サン人の居住地域は基本的にカラハリ砂漠である。
採集でも生きていくのは厳しい土地で、当然、死亡率も高い。
そんな彼らを定住させることで、生活レベルと行政効率の向上を狙ったのである。




864 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 22:32:17 ID:zoxI23OA0


           , : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
         ,:': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
      __   { : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
     _,>:`:': : :l: /:/: : : : : : : : : : :,i: : : : : : : : i: }
   ,.ィ:´: : : : : : : : :/: :`ゞ==ェェュ、___:r t;__;xェェョ彡"ハ
   フ__: : : : : : : : : : : : //: /:¨i:":/ゞヾ:¨:ト、:ヽ: : :从
  /: ; : : : : : : __: : /__//j//l:./'::::/ ヾ:l _ヾト、:l: :.ヽ、
  フ/: : : : : : l tヾ:} ,ィ'フミ、ヽ/ ヾ ,x≦ュ=、 /: : : : :rゝ   我々はこのような案に従うことはできない!
.  /ーァ: /: : : { ト、i:} 、弋ツ ゛    ; '弋ツ / }: : : :l;ハ
     7/: : : : ヽゞ ` i:::::7     :,   r::::;' /: ヽ从
     //:/:/: ヽ_,、 ':::::i      ´ ′  i:::;/:/レ'
    _ '´_'´l从:/{ ト、::::! /二ニニ ┐ ,::/ヽ´
., ィ ´   } ` ¨Y-i  ! ヾ:、 ∨___ノ ;'イ   }'¨´ ̄`ヽ、
        !   l l  l   ヘ、 ー  , イ   lヘ     ヽ
      ,′  l,八_,ノ  ヽ  ≧‐< ヽ   /  :,      ヽ
      /     !   ` ー-、    __, - '`¨´   }       :,
      ,'       i       ヽ '´   /    l       :.
     ,′     ヽ       _,..ィ'´     }        :,
   ; /        ヽ  _, ィ ´          i:     ,.xョョョハ


だが、この計画はサン人たちの反発を受けた。




867 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 22:34:34 ID:zoxI23OA0


                _  _
            ,...: : ´: : : :`ヽ: : :`: ..、
              ,:': : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ
           ,': : : : : : : : : :. :..: : : : : : : : : : : :.
       ,....: :´: :l:lュ、: : : : : : : : : : : l: : : : : : : l:}
     イ: : : : : : : :`ヾミョュ、__: : :.l: :ll: : :/:,,ィ彡:ハ
     イ:/ : : : : : : : : : : : :`:i":ヾ=( )l=彡": : :从      この案を呑んでしまえば、
     フ:/: : : : :Yヽ: : : //l:/}/:./;::::7ヾ:ト、:l: l:.l: i      サンは終わりだ。
.     j/7: /: : :{ fzヾ:i/,ィ≧x、   ∨ ,x≦ヾ/:/:ハ
      {/l:/:/:ヘゞ i:}i:..弋:リヽ` ' , 'f:ツ /ノ: : :从     今までの文化が破壊され、
        l/{: l: ヽr 、::::::i       i  i::::' : : :l: lリ      新しい文化の受容によって
         ヾハ/,' }、'::::l    ´ ′ :::/ヽ:ハ}/       我々は変わり果ててしまうだろう!
           {  l lヽ:.  (ニ=一 ,:イ  }
          _   ! ,'ノ へ、   ,.イ   /
   , -‐‐ ‐-'}  }¨ゝ´     `¨iゝ-rゝ='- - - 、
. /      l   :, ` ー 、_   _,..-'{  l     ヽ
.′       l   :,    `  ´   ヽ ヽ       :,
          !    :,          l  ヽ     :,
.         l      ̄`ヽ、__    /    i}     :.
      ,..::::'            ̄`´     l      l


870* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 22:37:15 ID:zoxI23OA0


                    __
              ,..‐: : :´: `: : ´: : : : : :`ヽ、
         ,.ィ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
         ,': : : : : : : :y: : : : : : : : : : : : : : : :.ハ
          ; : :i _;x==( )======ェュ、l: : : :.:}
        ';ィダ´: :l: l__ヾ:、: :、: : : : : : : :从{:/:.!
         /: : /: /l∧:::/ヾ、ヾ、: :、: : : : : : : : ハ
          i: l:/l:/___ ∨   _ヾト、l、: :y-、:.:∧
          ヾ:、 ´ィョュ、`   ´ィョェュ、` l:./,- }: : :.ヽ、
          /: :ト、弋リ ' }   弋リ '  }' fノ/: : : : :ハ
       イi: :.:、 , i::; /     r::::::i  _,イ: : : : : :从      Before
        从l: :.ハ ::l `       ::::::;  / Y: : : l: l:./
            l从/ヽ::、 r‐ ' フ  l:::/ ,イ!   !:/:从/′
              {   ヾ   ̄   ,:/イl: l  l´″
           ヽ  ノ>, _  <´  l八__,ノ
    ヾフ彡≠≠ミ`´x、,,l       l __,ノ彡ミ≠≠=-__,、
   , ィ彡" ,,、 冫 r‐‐ '´         ` ーミ "',, 冫   ミx、
  ,.ィ彡″〃  、、 '"l             ヾ ,, " ヾト、  ミ、
ィ彡 ,ィ'´ `ヾ、  ",,冫 l、 ̄ ̄ `ヽ   , -‐ ''´  ,〉 ″ 〃 ヾ ミ
〃/     `ヾ   / ヾミ/`ヽ   , -、  r‐‐、"ヾ   〃    ヾミ、
"/        l ` ´ `ー/   /=={  Y彡ヽ ヽ´ゝ‐l"     ',ミx、
/          ,'     ,'  / ` -ヽ  }-‐'´ \ Y  :, i     i ミ、
         l    l /      ヽj      ヽi  l}′    l 冫
        /.l     ゝ                    l      l 从

              ↓

                                   __
         | |                       |///と _)
      仁 └─ァ.  rー───────一‐─ 、  `ヽ.//と_,__)
  に  侠   /   |.::|::!:::.!:.\\\ヽ|:::!:.ヽ.::.\:::::\  `ー'´丿
  ん  .と  /l    l.::!丈大ナメ、>\,斗七卞、>、:\::::.`ー‐‐'´::ヽ
  ぎ   書 〈 |   ,-┤::;ィで_)ト    ィで_)ヌゝト、:\:ヽ:|////|:::....
  ょ  い   \ ,//¨\ ゞz丿      弋z_ツ |7).::.〉::: ΤΤ:::::....
  .と   て   / │| ./|:::\ ̄    ,    ̄  レ’:ソ.:ヽ、::凵::\::..       After
  読     / | .// /│:人\_  -‐ -     人:(´:::\:::::|│::::::....
  む    \ レ'/ / ∧.:..へ、   ゙     , イ.:::::〉ヽ:::ヽ、:::|│\:::..
  き       \, / / ヽ.::.\` . _ .イ.::::.!.:::::|:::∧:\:::|│::::::\
  ん       「 ̄/ /    \.::.\|    |.:::::.|.:::::レ’ 〉::: _」_L_:::::....
  ! /\  | / ∠______∧.::::.ゝ   ト- 、.::::.|  /:::::.|////| ::::..
∨\ /  \| └───ー-/ ヽ.::::.\  `y'´\ム_/.:::/:レ´ ̄\::...
   ′    `そ     丿   \::::..ヽ-/     /.:::/:::{/´ ̄` ヽ
          ソ            \.:::..\  /.::∧:::.し'´¨



871 名前: 7/30の6:00~18:00の間サーバ移転につきしたらば停止だお [sage] 投稿日:2013/07/24(水) 22:39:06 ID:mOZwJ0JY0
確かにそっちもサンちゃんだけどw


873 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 22:40:53 ID:zoxI23OA0


           ,....... __
      , ィ:':´: : : : : : : : : : `: : ....
    ,.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
   ; : : : : : :../: : : : : : : : : : : : : : :.ハ
.   /====○=====ェュ、__: : : :.}
  从: : /l:/r::yヾ:ヾ: 、:l: : : :`:.ヾ=从从
  l: :/l/、l ';/  ヾ:、ヾ:{:ヾ: l: : : : : : : :ハ        
.  八: i ィ示   ー'xョュx` ヾ:l: :.l: : : : : : :',
   /: :, ゞ''/    辷リ ′ l: /-、: : : : : ヘ      とはいえ、政府には逆らえない…
.  /: : :f7 ヽ       r:::::'i  レ'ry l: : : :l: : ハ
  从: :.l:!         !::::/ , -、_ノ: : : :.l: :l从
  从/ヾ ∨ ̄ ヽ ,'::; ' /   Y:l:l: :./从!
   {  ヽ  ̄  /'´,ィ'´{    l:从:/
   ヽ __ノ > -, <  八   ノ  ′
      , -‐‐--l      ` ´ヽ
   ,ィ'´ ,'  ,' !          ,` ー 、
  ;   l   !-、         /   / `ヽ、
  !    l   l  `  , -‐‐一 /  /     `ヽ


しかし、サン人の間で組織立った反対運動は、
この時はなかったようだ。

というより、狩猟採集民である彼らに
そこまでの組織的な行動はできなかった、といったほうが正しいが。



876 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 22:43:12 ID:zoxI23OA0




       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \
 |       (__人__)    |   これでサン人の暮らしもよくなると思うお
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||



      ./ ̄ ̄\
     / ヽ、_   \
    ( (● )    |
    (人__)      |   定住したほうが幸せに決まってるだろ、
   .r-ヽ         |   常識的に考えて…
  (三) |        |
   .> ノ       /
  ./二/ ヽ     /
  //// へ>个/ <
 .|////ヽ /\///)
   ̄ ̄ |\/////|


ちなみにカーマもマシーレも、この件に関しては積極推進である。
時代的に、定住をやめさせるべきという考えはまだほとんどない。
逆に、どうでもいいと思っていたらこの政策はとらなかったはずである。

ボツワナ政府にダイヤモンド資金が流入しはじめていたことが、この政策を可能にしてしまった。




878 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 22:46:18 ID:zoxI23OA0



                  ,. -─-  、
                  /:::::::::::::::::::::::::\
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
      .          l:::::::::◯:::::::::::::::◯:::::::l
      .          l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    まあ特に、やりたいようにやればいいんじゃないですかね。
      .           、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                    \::::::::::::::::::::::::::/
                    __` ー-   -‐´___
               ,:;':' | |''_ -',/.  ',:::::::`'''ー--;;、
              /,' /, |゙  ,:;''-、,.-´:::::::::./ ´::::`:、
             _,.:!ヽ!ヽ,! lヽ!/./  `-,:::::::/::::::::::::::::::::i
           / _,i゙-, l-:、_i"| /    ,.:':::::::i:::::::::::::::::::::::|
           i ./.| (ヽ Ti |:i _| ,'   ,:'::::::::::::|:::::::::::::::::::::::|
            |.,'::::| .|´'i'゙`,‐/ ,'  ./:::::::::::::、i:::::::::::::::::::::::|
             |.|::::.| | `、!'/  .i  /::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::|
.           | !::::.| |  |O   |  ,':::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::i
          | |.:::::l ! .|    | ,'::::::::::::::::::::::::',::::::::::::::::::::::|
.            | |:::::::i.| .|O   | ,':::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::|


ツワナ人も、ほかの民族も、特に反対するようなことはなかった。
定住農耕民である彼らには、狩猟採集民であるサン人の危惧が理解できなかったのである。

移住は、予定通り実施された。




879 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 22:49:08 ID:zoxI23OA0

                  __
           //\  /ヽ: : :`ヽ
          /: :/- ~ ̄ : : : i: : : : : \
            /: : ::,': : : : : : : :ヽ:|: : : : : : : ヽ
        /': : : |: : : : : ' ' ' ' ' |: : : : : : : : ',
          /   |/       |,/. . . : : : トヽ
       /: : : : ::{:/ :/||: |: :|:|ヽ\:}: : : : : ::',
      ,': : : : : : |‐/-t|::|: :|:T''ヽ-.|: : : : : : }
      |::∧ : : :::',─-t: |: :|:|-─-|::/::/ヽ|.
      |/ |\|\|  |  ̄ ̄ |  |´|/: ::}ヽ::|
           |: : : :|,|  |     | /|: : :::ト..ヘ|
            | : : :|::`-t,⊂二⊃´./:|: : :/::::::::/∧
         | : :::|:::::::::::::|'=─=''/:::|: :/:::::::://::∧
           |',::::::|::::::::::::::ヾ===/:::::|:/:::::::://::/|:/
           | ヽ: {::::::::::::::::ヘ /:::::::/:::::::://::/ |
         |ヽヽヽ::'''´-:::::∨:::::::....二__/::/.  |
       .   | ヽ::::t'''´- ´□` -'' ー:::_::/   |


定住民にさせられた彼らは、ライフスタイルを変更せざるを得なくなった。
それにともない、狩猟採集に基づいていた文化は急速に変化していく。
完全に農耕民になったわけではなく、狩猟採集で暮らすものも多かったが、
彼らも何も理由なしに移動を繰り返していたわけではない。

定住化したことで、その周辺の食糧資源が枯渇してしまったのである。

とはいえこの時点では、不満はあるもののそれが表面化することはなかった。

この問題が表面化するのは、90年代半ばを過ぎてからである。



882 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 22:53:39 ID:zoxI23OA0

/"/;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ;,;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ; ヽ; ;ヾ;ヾ ;ヾ ;ヾ
/;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ,;ヾ ;"ヾ ;ヾ;.,;ヾ ;ヾ ; ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ
ヾ;"iヾ; ;ヾ; ;,ノノヾ/_,ノノ_ヾ ,;ヾ ;ヾ ;. ";"; ;;"ヾ
ヾ;;ii || i|/;'_-ーヾ;ゞ "ゝゞ ;"  ";. ; ;ヾ ;ヾ ;" ;
\ ) ):;.;;...:.:..|iノノゞ ; ;"/" "    ヾ; ;";ヾ ;;"             |
|| |(());|;.::i;.ii|i/  ;;ヾ ;;"       " ヾ "          +     ― く> ―
|| |..:::: ;;..;i|.ii:i|" ;ヾ            ヾ;"ヾ           <>  |
| | |i::..;;..:... .:ii|                           ◇    ロ   *
|| :.;;.;|:...;.ii| ii,i|                       . ┌┐   ┼
| || .;;;.;;;;|::.;:0)| `                     +    └┘      ◇
|| | ;;;::.i.;i|  i|i|                     /\
|| |.::iii|;..;;.;;ii:i;.i|                    ___\/       /\
| |::;.ii|...;;;;ii:i;;;:;i|              * _/__/        +  |  | +
|| |,|;ii|.;...;;:.;:;iii;i|                 /  |  *          \/
| |.;...|.;;:.;:iii;iiii0)|             ┼    |_/
|| ||iiii|iii;;ii:;;i:i;;;ii|,, ,,_,,  ,,_,,  ,,_,,  ,,_,,  ,,_,,  ,,_,,  ,,_,,  ,,_,,   +(@) (@) (@)  ,,_,,_,
|i:i;;i:i;;iii;;ii|i;;i,,ヽ,.,, ,,. . ,..,,., r‐、,.;,,. ;,.,:. .;  ,.;.,  ;,:;,  ,.;:.,,.,;  ,.;,,. ;,.,ヽ|ノ ヽ|ノ ヽ|ノ :  .; ,.;.,
//;;;"ヽヽ`"i´"〟ヽ`;..:. ,  ヽ ),.:,. ..;., ;,.,:. . ; ,.,.: ,..;,..,,;  ,:;.,. :   ,.;,'"'"'"'"'"'"'"'" ; : .
 ;..:. ,'"'"'",;,.,.:,.'"'" ,:;.  ,,-、l l.;:., ;.,;  ,.;,,. ;,.,:. .; ,.;.,  ;,:;,    ,;.,.:. ;:.  ,;. :,.  :.. ,;, ;:. ,.
 ..;., ;,.,:. . ; ,.,.: ,..;, ;,.  (_,、l |、∧_∧:; ;:  ;.. .,.  ,.;,,. ;,.,:. .;   ,.;.,"    ;,:;,  ,,.;.,
:;.,;  ,.;,,. ;,.,:. .; ,.;.,  ,:. .; ,.;., !⌒'( ´Д`)   ; ;:;:,,.. ,、_,、_,   ;..:. ,   ,;., "   ' ,.;,,. ,.
.; ,.;:.,;.,;  ,.;,,. ;,.,:. .; ,.;.,  ;,:;, `y⌒     ^ヽ.: .; ,.;.;:.;c(∀`*)`)ぅ:.,,.,;  ,.;,,. ;,., .;,:;,,,.,,.,..  .
  ;..:. ,    ,;,.,.:,. ,:;.     λ二~)__,,_ノと ) ,.: ;,.,:. .; Cノ";,.,:. .;  ,.;.,  ;,:;,   .;     ,
,.;:.,;.,;  ,.;,,. ;,.,:. .;  ,.;.,  ;,:;,  ,.;:.,,.,;  ,.;,,. ;,.,: .;  ,.;., ,.;:.,;.,;   :.. ,;, ,;:.,;   ,;: ,;. :,. ;:,.;  .
  ;,. .    ,     ..    :  .   ::    ,::   :::   .


とはいえ、サン人という火種は残ったものの、
全体としてみればボツワナは民族問題をうまく処理することができた。

民族問題という大問題を抱え込まなかったボツワナは、
経済成長に最も必要な国内の安定を確保することができたのである…




884 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/24(水) 22:53:56 ID:zoxI23OA0
今回ここまで。


888 名前: 7/30の6:00~18:00の間サーバ移転につきしたらば停止だお [sage] 投稿日:2013/07/24(水) 22:56:53 ID:ZM3fysCU0
おつですー

まぁ民族問題を火種なしで乗り越えられた国なんて数える程だし仕方ないっちゃ仕方ない


890 名前: 7/30の6:00~18:00の間サーバ移転につきしたらば停止だお [sage] 投稿日:2013/07/24(水) 22:59:01 ID:RhZIBBjo0
乙です

今回も興味深かったです。水源=スイカって普通思いつかないなあ
昔読んだ少女漫画で砂漠の地下に巨大な都市遺跡が埋もれてて、
中に生えてた野生のメロン食って砂漠を脱出、みたいな話があったけど
案外ありえない話じゃなかったのかも知れない……


891 名前: 7/30の6:00~18:00の間サーバ移転につきしたらば停止だお [sage] 投稿日:2013/07/24(水) 23:01:40 ID:JqTIUu3c0
乙ー。
スイカの件は許さない。絶対にだ。


909 名前: 7/30の6:00~18:00の間サーバ移転につきしたらば停止だお [sage] 投稿日:2013/07/25(木) 09:21:35 ID:7fJXqMUM0
スイカが水源かあ。これも日本にいたら想像つかないな。

知り合いに産油国が羨ましいって言ってる奴がいるけど
これって、水がタダ同然で手に入る有り難みに気づいてないよな。


986 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [sage] 投稿日:2013/07/28(日) 22:56:23 ID:rw5.Kvs.0
埋めネタで登場人物一覧作ったんで、
抜けがあったら指摘よろしく。あんまりにも端役は抜いてるのもあるけど。

登場人物一覧

■ボツワナ共和国
セレツェ・カーマ…やる夫(2ch)
クェット・マシーレ…やらない夫(2ch)
ルース・ウィリアムズ…長門有希(涼宮ハルヒの憂鬱)
イアン・カーマ…やる太(2ch)
モツァイ・ムポ…ハトヤマユキオ(政治家)
フィリップ・マタンテ…オザワイチロー(政治家)
バトエン2世…昭和天皇
ングワト民会議長…裁判長(逆転裁判)
ングワト族新王…いく夫(2ch)
白人官僚…ハイドリッヒ・ラング(銀河英雄伝説)
黒人官僚…でっていう(2ch)
モブ官僚…ギャル夫(2ch)
カランガ人…球体紳士(2ch)
サン人(移住前)…サン(もののけ姫)
サン人(移住後)…瀬戸燦(瀬戸の花嫁)
アフリカーナー…レイモンド・トリアチ(銀河英雄伝説)
名家の女性…坂崎美心(カイジ)
牛…及川雫(アイドルマスター)
牧場主A…高木社長(アイドルマスター)
牧場主B…黒井社長(アイドルマスター)
ボツワナ食肉委員会…コンビーフたん

■英領ベチュアナランド保護領
ツェケディ・カーマ…オプーナ(2ch)
英領ベチュアナランド高等弁務官…野比のび太(ドラえもん)
カーマ3世…やる蔵(2ch)
バトエン1世…明治天皇
セベレ1世…シャルル・ジ・ブリタニア(コードギアス)


987 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [sage] 投稿日:2013/07/28(日) 22:57:29 ID:rw5.Kvs.0
■南アフリカ連邦(共和国)
南アフリカ政府…古泉一樹(涼宮ハルヒの憂鬱)
ダニエル・マラン…古泉一樹(涼宮ハルヒの憂鬱)(兼任)
ヤン・スマッツ…ヤン・ウェンリー(銀河英雄伝説)
ハリー・オッペンハイマー…喪黒福造(笑ゥせぇるすまん)
秘書…クラフト・ロレンス(狼と香辛料)
ヘンドリック・フルウールト…サンフォード議長(銀河英雄伝説)
バルタザール・フォルスター…利根川幸雄(カイジ)
スティーブ・ビコ…赤木しげる(アカギ)
ホテルオーナー…柏木千鶴(痕)

■イギリス
イギリス政府…涼宮ハルヒ(涼宮ハルヒの憂鬱)
クレメント・アトリー…涼宮ハルヒ(涼宮ハルヒの憂鬱)(兼任)
フェナー・ブロックウェイ…成歩堂龍一(逆転裁判)
ヴィクトリア女王…ヴィクトリカ・ド・ブロワ(GOSICK)
ジョゼフ・チェンバレン…ウォルター・C・ドルネーズ(HELLSING)
ソールズベリー侯…ソールズベリー・ステーキ(ハンバーグ)(食べ物)

■トランスヴァール共和国
ポール・クリューガー…キャプテン・ブラボー(武装錬金)
ピート・ジュベール…アレクサンドル・ビュコック(銀河英雄伝説)

■ローデシア共和国
イアン・スミス…ギレン・ザビ(機動戦士ガンダム)
ンダバニンギ・シトレ…シドニー・シトレ(銀河英雄伝説)

■ザンビア共和国
ケネス・カウンダ…熱気バサラ(マクロス7)

■スワジランド王国
ソブーザ2世…伊藤誠(School Days)

■レソト王国
モショエショエ2世…大妖精(東方project)

■タンザニア連合共和国
アブード・ジュンベ…ランバ・ラル(機動戦士ガンダム)

■モーリシャス共和国
シウサガル・ラングーラム…わたし(人類は衰退しました)
モーリシャス国民…妖精さん(人類は衰退しました)
英領モーリシャス植民地総督…ドラえもん(ドラえもん)
華僑実業家…紅美鈴(東方project)
インド人実業家…ブッダ(聖☆おにいさん)
フランス人実業家…シエル(月姫)
フランス人観光客…シャルロット・デュノア(インフィニット・ストラトス)


988 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [sage] 投稿日:2013/07/28(日) 22:58:08 ID:rw5.Kvs.0
■アフリカ新独立国
新政府元首…ジュウシマツ和尚(2ch)
新政府高官…麻呂(2ch)
別の新政府高官…伊藤開司(カイジ)
アフリカの徴税官…博麗霊夢(東方project)
村長…ムスカ(天空の城ラピュタ)
村人…シータ(天空の城ラピュタ)
武装勢力…竜宮レナ(ひぐらしのなく頃に)
       園崎魅音(ひぐらしのなく頃に)

■その他
アメリカ政府…孫悟空(ドラゴンボール)
ソヴィエト政府…フリーザ(ドラゴンボール)
ソマリアのみなさん…モヒカン(北斗の拳)
外国報道陣…射命丸文(東方project)
先進国の銀行…一条聖也(カイジ)
良き独裁者…ラインハルト・フォン・ローエングラム(銀河英雄伝説)
サファリ観光客…ゴルゴ(ゴルゴ13)
ライオン…ポン・デ・ライオン(ミスタードーナツ)
カバ…ムーミン(椎名百貨店)
危険な生き物…ハハッ
ODA…織田信長
豊臣秀吉…木下秀吉(バカとテストと召喚獣)
スイカ…坂崎美心(カイジ)
解説役…高良みゆき(らきすた)
1…メカ沢新一(クロマティ高校)

■おまけ
木村重信…樹慶蔵(もやしもん)
宿屋の主人…バラライカ(BLACK LAGOON)

■スペイン宗教裁判
アロンソ・サラサ・ド・フリア…アレクサンド・アンデルセン(HELLSING)
裁判官A…伊藤誠(School Days)
裁判官B…澤永泰介(School Days)
魔女狩り犠牲者…赤井まほ(どきどき魔女神判)


989 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [sage] 投稿日:2013/07/28(日) 23:16:51 ID:rw5.Kvs.0
今のところは以上です。
思ったより登場人物多いな…これからもっと増えるのに。





関連記事
Comment
すごく上手くいっているように思えたがやっぱ問題ってのは起こるんだな
スイカやココナツは感染症の恐れがほとんど無く、日持ちするため水源としてはかなり優秀なんだ。
アフリカだけじゃなく、アジアでも特に長距離移動時には重宝されてたんだよ。
水筒代わりで、天然のポカリだし。
スイカ=水源はSEEDで知ったな
今読んでみると大概偏った知識な気もするが
>ソールズベリー侯…ソールズベリー・ステーキ(ハンバーグ)(食べ物)
シュールすぎるw
キリンヤガって小説を思い出したな。
あれも部族の伝統を守ろうとする老人の話だったが、最後は・・・
昔NHKかなんかでスイカを主食とするアフリカのとある部族の特集やってたな。
乾燥した地域に住む彼らが食べるスイカは主に野生種と栽培種に分けられて、乾季の水源として野生種を、一年を通しての主食として栽培種を利用してて、干した栽培スイカを野生スイカの水分で煮てて笑った。一応狩猟もしてたけど
かなり古くから栽培されてる作物だしな スイカ

それはともかく、狩猟採集民族の文化の保護に関しては、後々の後悔はあっても当時の感覚でスルーされてる案件が多いな
日本がらみでも台湾先住民とか
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:maakun
思うところがありまとめを畳みます、今までご利用ありがとうございました。
当ブログで纏めさせて頂いていた作者様、ありがとうございました、そしてすいませんでした。

最新記事
最新コメント
作品一覧
月別アーカイブ
人気記事ランキング
RSSクーマー
アクセスカウンター ( 総PV )
アクセスカウンター ( ユニーク )
現在の読者数
現在の閲覧者数:
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。