ブログパーツ QLOOKアクセス解析
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  完結作   »  やる夫はアフリカで奇跡を起こすようです  »  やる夫はアフリカで奇跡を起こすようです 第十二話 「資源の呪い」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる夫はアフリカで奇跡を起こすようです 第十二話 「資源の呪い」



1972年。

                    __
                 . ´:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
                   /:.:./  ニニニ 、:.:.:.:.:\
             ,:':.:/:.//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:《 ヽ
               //}:.:.:.:.:.∧:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:ヽ }゚,        なんとか行政費が自分で賄えるようになってきたみたいねー。
            ハ/ィ’:.:.l_/   { \:.:_:_ト:_l:.:.:.:.V{:.ハ
              |:.」||:.:.:.:N ̄` ヽ ´\:{ヽ|:.:.:.:.:l !::.:!        ほら、今年分のODAよ!
              |:.l ||:.:.:.:| z=ミ   z==ミ|:.:.:.:.:|」:.:.|        ありがたく受け取りなさい!
              |:.l_||:.:.:.:.    ´    |:.:.:.:.:|:.:.:l|
              |:.:从:.:.:込、  ー  ´  ,|:.:.:.:.:|:.:.:リ
            )∧:.ヽ:.:l:.:.〕ト  _ ..イ:.|:.:.:.:.从/
               ヾ:.\:イ: :|    |: :/:.:.:イ__
              イi:i: : : : : f´__  `7:.イ: /i/ハ
               / |:i:i: : : : : |´    ∨: : : /i//  、
           / .、|:i:i: : : : : |´ ̄ ̄/: : : /i//  / ヽ
           --ミ、 }ヾiト.: : : :|    /: : : イi ィ’     __\_
         / / ハ { ヾiト: : :l m /: /i イ    /}  長 ゚,
          {   ' /l}八   \ヽ! 〃イi/   トイ 団  _}
         人    ノ!  ゚,  ヾ:、 { /     .ノ  \.  /  ヽ
          {ヾ:i:i:i:i:i:イ /}   }l芥i{     {    }イ      ノ

                 イギリス政府



195* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 19:32:45 ID:8sgT3lRc0



           _,,,,,,,,
        , - ' ゙    `` ‐ 、_,,,,,
      ,r'          /=ミ
     /   100万$   彡ll',''´
   . /             彡lll
    !-- .、    ,、、、、,,,   彡lノ
    l,,,,,__ /   ___     'r''゙ヽ        
   . |`゙'' ./   `'゙'''"    .〉,l |
    |.   ,'           //       
   . ',. ,'           , r'
   .  ゙, ゙'ー ‐`      l  |         
      ゙、''゙ ,,、二''‐    ノ  l、
   ''''''''7'ヽ  '''    /   /`〉`゙T''''''''''
     l  ` 、,,,,、- ' "    / /.|  |
   .  |  |  .l i       / ./ |  |
     |  |  | l      / ./ .|  |
   . |  |   | l     / /  |  |
    |  |   | ',   / /  l  .l

          ODA



197 名前:怖~い夏のホラー祭り、八月二十三日から開催だお [sage] 投稿日:2013/07/11(木) 19:34:29 ID:Yd.xjJ.s0
オダだよそれは!


199 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 19:36:03 ID:8sgT3lRc0





       ____
     /_ノ ' ヽ_\      ありがとうございますお!
   /(≡)   (≡)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´    /



1972年。
この年を最後に、ボツワナはODAの行政経費への充当を中止する。
行政費程度は税収によって賄えるようになったということである。

もちろん、開発に充当する本来のODAは供与が続いている。




200 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 19:38:49 ID:8sgT3lRc0


         /.: : /二二二二_ ヽ| : : : |: : : : : ヽ
        /.: : : : :/.: : : : : : : : : : :\| : : : | : : : : : :∧
.       /.: : : : : { : : : : : : : : : : : : : :| : : : |⌒ヽ: : : ∧
      /./': : : : ∧: :!、 : : :| : :l : : : :| : : : | \ 〉 : : :.!
       i:,' l : : : : i斗::| \ : :|ヽ」x' : : | : : : |   〉'.: : : : |   しっかし、まさかこんなことになるとはねー。
        l| ! : : : : |,rfトl、   x|' ,ィチえ、| : : : L. イ.| : : : : |
        l : :|: : '. トィl      {.ノ::リ'^| : : : :|`i | | : : : : |   まあ、経済がうまくいくのはいいことなんだけどね。
        ト、: |: :ハ ー'     ー‐'  .| : : : ,'_ノ l.」 : : : : l
        | :N :| :'.  '      'J j : : :/. :レ : : : : :,′
        | :l | :| : \ ー 、     /. : : /.: : : : : : : : /
        | :| ヽ| : :l : `  . __..   ´'. : : /.: | : : : : : :./
        l :| | :|∨ : : :r‐}  /' } :./ヘ | : : : /.::/
.         ヽ!  ∨:L.ゝ‐'´/   /,::/  .ソ.: /.::/
            /7N  ∠`ヽ/ /' /- '´` ー'-、
         / /   /¨ヽン         _.  '´  '.
         , ′   /  , ′      /     |


         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\       ありがたいことですお、ホント。
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \
     |       |::::::|   ,---、    でも、まだまだ不十分ですからね。
     \       `ー'   しE |     いただいた援助は
     /           l、E ノ     インフラと教育にきちんと使わせていただきますお。
   /            | |
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ



203 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 19:42:08 ID:8sgT3lRc0


             --- ====ミ
           ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
        ,:':.:.:./ 二二二二 、:.:.:.:.:\
          /:.:.:.//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:ヽ
        .厶:.:.:i:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.!:.:.{ \:i
       / /:.:.:.l:.ハ:| 、:.:.:.:.:.:.:.:.厶:.:.:|:.:.:  ,ハ    …あんた、援助を受けるのは構わないけど、
     く イ l:.:.:.N二l|ヽ\:ト:.ΧV 刈:.: |イl:.:.|    西側からだけにしときなさいよ。
       |:.:トヘ:.:.|芹ど卞   イ う卞}:.: l) Ⅵ
       |:.:LL|:.:ハ ∨ツ    ∨ツ/:.:. ! V:.|    うっかりソ連から援助受けたりしたら、
       |:.: rfΤΤヽ   ′    ':.:.:.:从/:.:.|    なにされるかわかんないし。
       |:.八    ^ゝ. r 'つ  イ:.:.:./:.:.:.:.ハ:!
      V/:.:\    }≧=== 彳ハ:.:.:' :〕iトミ、    東側からも、西側からも。
       イi:i: : 〕ー‐ 、|      |: V: : : }i:i| ハ
      l ヾ{: /i:i:i:i:i:i:〉--===ミ:|: : : : :/i:// {
      |  才⌒^寸i{:|ニニニニ|: : : :/i//  八
     / /     Y|     |: : :/i//    }
      { ′      /:ハ    /: :./i//     V
     //      / : : i   /: :./i// {   !


          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\        
    / ∪  (__人__)  \           わかってますお。
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)     やる夫だって、
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /      いきなりグリーンベレーとか送り込まれて
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/       政権転覆とか、勘弁してほしいですお。
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /




208 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 19:45:31 ID:8sgT3lRc0




          /
      /     、     、          /   
      /         ト、      ト、      ∠ -‐‐‐--
    /           |,.‐ヽ.    | ヽ          
 ___」.      ト、 |'⌒' \  | '^|/l               オラの味方になってくれんなら、
´             | \! /⌒ヽヽ/ ,-、 !     ,.. -‐ ''''    援助ドーンと出すぞ?
>        ト、!   |.  0    0 | |   <    
       /^ヽ|.    L....    、.__| |    _ > 
       |.(^!     '""゙゙   ->゙゙ | /      
' ー‐-- ...__ ヽ.ヾ-、         ,.-┐  |/         
  _,. -‐'´    ゝ--、       `ニ´  /       
   ̄ ̄ ̄ ̄`‐-、/` ‐、_         /
           |    `  .. _/ \

           アメリカ合衆国


              /      `ヽ、   / ____     __    /
             ト、__/ ̄ ̄``ヽ`ー'´/ , ---、  ``ー‐'´    \  /
             |     ,イ'⌒0ヽ`Y´ /0   / `ヽ、    .へ、_/ `7
             `ヽrーr!ミヽ__ ヽ人_(_ノ二二干ミヾ||`ーイ回├1||  /
               | | トミ|""  (_ _,)  ¬ }三| | |  |  | | | /    オーッホッホッホ!
               | | トミ| / ト====1 !  |三|_| |   |  | | | /    邪悪な資本主義者め!
               └‐1トミ|   ||   || i   |彡| | |   |  |__ル/     我々のほうが実質的な援助が
                  !|ミミ| l ||   || l   |彡| | |  └---イ/      できるに決まっているでしょう?
                  ||ミミ|   ||´Y⌒||   |彡|」 |  //__/
                   !|ミミ|   ||_│ ||   |彡|j ノ  //
 / ̄ ̄>──- ..__      `==ュ ||」j ___jj  _r〒ァナ二Z       _ r一
   / /  /  /`` ー ..__/ / /``ーr‐'"´   /}/   r>---v'´ /
 / /   /  /   / / // 丁   i    / /   /  //  /
   /   /  /   / / , イ/  i      /  /_rr'´  / /  /
\/   /   /    / /  (  ヾ、」     /⌒二二/   /  /  /

                    ソヴィエト連邦


アフリカで国が次々と独立すると、
東西両大国は、競って新独立国に援助の手を差し伸べた。
旧宗主国が維持しきれずに手放したこの地域には、
一種の力の空白が存在していたのだ。

大国はこの地域に競って多額のODAを投入し、
各国を自国の勢力圏に引き込もうとした。



211 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 19:48:31 ID:8sgT3lRc0




           _,,,,,,,,            
        , - ' ゙    `` ‐ 、_,,,,,      
      ,r'          /=ミ      
     /   100万$   彡ll',''´      
   . /             彡lll        
    !-- .、    ,、、、、,,,   彡lノ
    l,,,,,__ /   ___     'r''゙ヽ        
   . |`゙'' ./   `'゙'''"    .〉,l |
    |.   ,'           //       
   . ',. ,'           , r'
   .  ゙, ゙'ー ‐`      l  |         
      ゙、''゙ ,,、二''‐    ノ  l、
   ''''''''7'ヽ  '''    /   /`〉`゙T''''''''''
     l  ` 、,,,,、- ' "    / /.|  |
   .  |  |  .l i       / ./ |  |
     |  |  | l      / ./ .|  |
   . |  |   | l     / /  |  |
    |  |   | ',   / /  l  .l


           _,,,,,,,,         
        , - ' ゙    `` ‐ 、_,,,,,   
      ,r'          /=ミ  
     /   100万$   彡ll',''´  
   . /             彡lll    
    !-- .、    ,、、、、,,,   彡lノ
    l,,,,,__ /   ___     'r''゙ヽ    
   . |`゙'' ./   `'゙'''"    .〉,l |
    |.   ,'           //    
   . ',. ,'           , r'
   .  ゙, ゙'ー ‐`      l  |     
      ゙、''゙ ,,、二''‐    ノ  l、
   ''''''''7'ヽ  '''    /   /`〉`゙T'''''
     l  ` 、,,,,、- ' "    / /.|  |
   .  |  |  .l i       / ./ |  |
     |  |  | l      / ./ .|  |
   . |  |   | l     / /  |  |
    |  |   | ',   / /  l  .l

       多額のODA



216 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 19:52:05 ID:8sgT3lRc0


         /_/_,,,,,_:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
        _,〈;:;:/;:;:;:;:;:;:;:;:;:; \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
       i/``''''´ ̄ ̄`\;:;:\:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
      .,三>  ,r-‐-、    :;ヽ;:;:;\:;:;:;:;:;:;:;:;:|
     、/゛:. : :"~゛"´ヽ   :ィ三\;:;:;\:;:;:;:;:;:|
    ィ。ヽノ ::,ィ。ヽ‐、..:. ヽ ゞ三:::::\:;:\:;:;:;|        また援助が来たでおじゃる!
    ノ~''´  'ヽ=彡      |:ミミミヽ \:;:\|        まったく、笑いが止まらぬでおじゃるな!
   /(  、..           リ:ミミミ ミ \__〉
   { i'゛¨‐-'` 、   (//)   .lリ:::ヾ´ ̄ヾ;; 彡
    、.ェェ、,,_  ヽ . : ::::    .: :|リ::ノ、ヽ ) ノ彳
    iLLLLェェeイヽ  ''    リ彡`‐´/从'゙
    !、 ,,r‐ー‐) |   : : :::::!ツヽ-‐""彡シ
     l、(_,,../ /:: : :: ::::::::::::::::/"´彡
    !''‐-‐''´ ノ: ::  : :: ::::::.r''´;;;;-''
    i -‐' .:   : :-‐''",,,..//´/::ヽ.
    `‐ ..,,_,,,..r'''"´// ヽー-、
     /|',     //:::::::::::::::\  \
    ノ ヽ   ∠...ィ::::::::::::::::::::::::::\  ヽ、

       新独立国高官 Mさん


こうして送られた多額の援助は、
しかしほとんど何の役にも立たなかった。

行政が機能せず腐敗が止められない状況で、
役に立つわけがなかった。



218 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 19:54:33 ID:8sgT3lRc0



    /、;:;:;:;:;:;:;:;:;ー-:;、_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
   ./ミミミミミ、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ー-;:;、;:_;:;_:;::-‐'"´i
   lミミミミミミミミミー-::、;;;;_;:;:;:;:;:;i;:;:;:;:;:;:;:;:i
  ,!ミミミミミミミミミ   _;`-、;;;!:-‐'''´|ミi
 //`,ヾミミミミシ‐'″  'ー‐'  :  'ニフ' i;/
 l l ,rヾミミミ      _,,,,,   ノ  _,,_ l    このODAを利用すれば、
 ',ヽヾ、ヾミミ     ィで)ヽ、   r';ィび、.ノ    宮中での席次も上がるでおじゃるよ!
  ヽ、__,, ミミ      `゙゙'''"フ`  | `゙'''フ'i
  〃 i l ミミ      /´    | `ー'´l
  /ヾ.l ミミ       /'    |  /
. /:::::',ヽヽ`       / ` `゙ー-' /
r/::::::::::',ヽヽ           i:i ', /
/::::::::::::::ヽヽ\    '"ー===-'/
ヽ:::::::::::::::::ヾ、 ` 、   ゙'一''ー'ノ′
、 \:::::::::::::::ヽ  ` ー‐-t't::i´゙ー-、
.`-、 `ー-:、::::::ヾ'、     //:::l ヽ `゙ー- 、


ODAは高官たちが自らの支持母体に分配できる「富」となった。
開発の理念は忘れ去られ、ODAの多くは事業に利用されず消えていった。




220 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 19:57:28 ID:8sgT3lRc0


          /
      /     、     、          /   
      /         ト、      ト、      ∠ -‐‐‐--
    /           |,.‐ヽ.    | ヽ          
 ___」.      ト、 |'⌒' \  | '^|/l               こいつら、うぜーなー…
´             | \! /⌒ヽヽ/ ,-、 !     ,.. -‐ ''''
>        ト、!   |.  0    0 | |   <         でも味方になってくれるならかまわねぇけどな!
       /^ヽ|.    L....    、.__| |    _ > 
       |.(^!     '""゙゙   ->゙゙ | /      
' ー‐-- ...__ ヽ.ヾ-、         ,.-┐  |/         
  _,. -‐'´    ゝ--、       `ニ´  /       
   ̄ ̄ ̄ ̄`‐-、/` ‐、_         /
           |    `  .. _/ \



              /      `ヽ、   / ____     __    /
             ト、__/ ̄ ̄``ヽ`ー'´/ , ---、  ``ー‐'´    \  /
             |     ,イ'⌒0ヽ`Y´ /0   / `ヽ、    .へ、_/ `7
             `ヽrーr!ミヽ__ ヽ人_(_ノ二二干ミヾ||`ーイ回├1||  /
               | | トミ|""  (_ _,)  ¬ }三| | |  |  | | | /    どうしようもない連中ですねえ…
               | | トミ| / ト====1 !  |三|_| |   |  | | | /    
               └‐1トミ|   ||   || i   |彡| | |   |  |__ル/     まあ、東側に入ってくれれば文句はありませんがね!
                  !|ミミ| l ||   || l   |彡| | |  └---イ/      
                  ||ミミ|   ||´Y⌒||   |彡|」 |  //__/
                   !|ミミ|   ||_│ ||   |彡|j ノ  //
 / ̄ ̄>──- ..__      `==ュ ||」j ___jj  _r〒ァナ二Z       _ r一
   / /  /  /`` ー ..__/ / /``ーr‐'"´   /}/   r>---v'´ /
 / /   /  /   / / // 丁   i    / /   /  //  /
   /   /  /   / / , イ/  i      /  /_rr'´  / /  /
\/   /   /    / /  (  ヾ、」     /⌒二二/   /  /  /



援助国側もこうした実態はおぼろげにはつかんでいたものの、
このころはまだそこまでこの点が問題視されているわけではなかった。

援助で相手国が発展するのなら文句はないが、
自国の勢力圏に入ってもらうのがまず第一だったからである。




221 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 19:58:26 ID:8sgT3lRc0


         |:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::|
          |_____________,l_|
        ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::|
        /_,, --―――‐t―――----┴-{
        /三ミミ三三三三三     r―、  rミ、       援助を取りやめる?
       ,'三ミミ三三三三三彡'   ` ̄   ヾ'i       できるはずがないでおじゃろう!
      ,'三ミミ三三三三シ´  _,. - 、 :   _ l、
      ,'ミミ.r==、三三三ミ  .:.:.:.:ィ'ら"i、.:. :,らッ'       援助をやめて困るのは、そちらではおじゃらぬか!
      l三{/ノ入 \三三ミ  .:.:.:.:.``=゙^ .:  'iー{
      ',三!l fラ人 ヾ三ミ            ', ゙',       
      ヾ:tヽんぅ  ',三シ         ,r __  ) !
       丶丶二,ノ l三'゙    /  ,. `´ 'ーイ,'       ,r‐- 、
        ヾミ   ',三 ,'  ,:'´ト、    _,,__,/      ,、<_ー 、   ',_
         l三   `'" /   ト、二二,ーアノ/      |   `´ ィ  ヽ、
        ,l^`'    .:.:.:.:l ,' ,. h、:.:゙':.:.lf´,' /       ヽ、_ ノ:.:    `' 、
       /7   .:' ,::' .:.:.:.:; :;  :, ヾゞzェソ ;/        / .|:.:.:.:.:.:.:       |
       ∧',  ,'   ,. - 、   丶 、_`'一' /.         /  | :.:.:   /    l l
   __/:::ヽヽ、  .::.::.::.::丶、     ゙゙゙゙ /       /   |     {    |  ヽ
  rf   (::::::::\\   .::.::.::.::.::`'.: ,-、--―くr-、      ヽ    /   ヽ  `} 〉j
-‐(丶、_ `丶、::::,ゝ \____/ /:::::::::::ノ ノー-- 、  "lヽ/    /:. ̄´ /ノ
                                  l/ ,   、イ:.:.::./  /
                                  人 | ンヽ二ニ´-─ ''


援助される側も、そのことは見透かしている。
少しくらいの浪費では問題にならないと、高をくくっている面があった。

この状況にメスが入れられるのは、1980年代末以降となる。



235 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 20:21:25 ID:8sgT3lRc0



一方、ボツワナである。


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \   アメリカからこんな援助の話が来てるんだけど、
|       (__人__)    |   正直どんなもんかお?
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)   ありがたいけど、ちっとばかし無理があるなあ。
  |     ` ⌒´ノ   この規模だと、今のうちの国じゃ維持しきれないだろ。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l


236 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 20:23:34 ID:8sgT3lRc0


             ____________
          |     ==========.       |
          |;;;;;;;; _/|/ ̄\/ ̄ ̄  ;;;;;;;;|
          | ;;;;;;;; ∧,,∧. /  ∧,,∧ ;;;;;;;;; |     
          |   (`・ω・)/   (・ω・´)   ; |
      ∧,,∧ . ̄ ̄(   つ ̄ ̄(     )  ∧,,∧
      ( `・ω) ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄lll(ω・´ )
      |   つ、_          Σ ⊂   |
   ∧,,∧ゝ-/ / /           _ ─\ノ
  ( `・ω)/_   ̄           \ \  ∧,,∧
   |  つ/ /                    ̄ ⊂(ω-` )ヽ
   ゝ/   ̄= o                  ⊂二ノ )
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|


援助計画は厳選され、
相互に矛盾がない上にボツワナ政府の政策に沿った計画のみが選ばれた。
計画は、有能で清廉なボツワナの官僚の手で、確実に遂行されていった。

援助計画を厳選したことには、もう一つ効果があった。
援助自体が、ボツワナ政府の維持しきれる範囲におさまったことである。




237 名前:怖~い夏のホラー祭り、八月二十三日から開催だお [sage] 投稿日:2013/07/11(木) 20:25:16 ID:AOS6/X7s0
さすがボツワナさんやでぇ…心が洗われるようだ


239 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 20:26:24 ID:8sgT3lRc0


    /、;:;:;:;:;:;:;:;:;ー-:;、_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
   ./ミミミミミ、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ー-;:;、;:_;:;_:;::-‐'"´i
   lミミミミミミミミミー-::、;;;;_;:;:;:;:;:;i;:;:;:;:;:;:;:;:i
  ,!ミミミミミミミミミ   _;`-、;;;!:-‐'''´|ミi
 //`,ヾミミミミシ‐'″  'ー‐'  :  'ニフ' i;/
 l l ,rヾミミミ      _,,,,,   ノ  _,,_ l    このODAで来年は、
 ',ヽヾ、ヾミミ     ィで)ヽ、   r';ィび、.ノ    4割50本を打つ計画でおじゃるよ! 
  ヽ、__,, ミミ      `゙゙'''"フ`  | `゙'''フ'i
  〃 i l ミミ      /´    | `ー'´l
  /ヾ.l ミミ       /'    |  /
. /:::::',ヽヽ`       / ` `゙ー-' /
r/::::::::::',ヽヽ           i:i ', /
/::::::::::::::ヽヽ\    '"ー===-'/
ヽ:::::::::::::::::ヾ、 ` 、   ゙'一''ー'ノ′
、 \:::::::::::::::ヽ  ` ー‐-t't::i´゙ー-、
.`-、 `ー-:、::::::ヾ'、     //:::l ヽ `゙ー- 、


          '、三三三三三三三ゝ-、
_ ,,, __, -'" ̄`~""'’三三三三三三三三三ヽ
 _,,-_´,三三三三三三_三三_三三三三三三i
    `"' 、三三_三//三ハ三三三i三三三i___
      .i;;;`;;、三i0'i i,、 /´  }三/_i/⌒i三三, -'"   
‐--――、-――i く i'-,`==- -==ニi''´ i 9/三/      
‐-、_,‐-,,-,,_`ー三ゝ、i、 i'  -i  i-  i /-'"三〈,,__
   ヽ;;;;i `ー 、 ` ーi  ̄  y ` ̄ ノイ ̄"'' ̄`      よしOK。
    i;;;;;i   `--.ノi ヽ -― , '"  i
    i;;;;;;;',    i´     ゝ-- "   i`ー、-、
    /;;;;;;;;;i    iヽ             / ヽ-―、
‐-,,_/;;;;;;;;;;;;;i    i;;;;ゝ,,_______, -'/
   "'- 、 /    i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
      i     ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
       ゝi    丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/         /;;;;
        i    ゝ;;;;;;;;;;;;;;;/         /;;;;;



途上国がノリと勢い…失礼、
ダメモトで言ってみた…いやいや、
実現性の方向にチャレンジした計画を提出し、
援助国側がうっかりGOサインを出した計画では、
仮に施設が完成しても、
途上国側が維持しきることができないものが多く出た。




240 名前:怖~い夏のホラー祭り、八月二十三日から開催だお [sage] 投稿日:2013/07/11(木) 20:29:12 ID:4lohj8FA0
新しい表現だなwwww>>実現性の方向にチャレンジ


241 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 20:31:29 ID:8sgT3lRc0

|  |  | |   _√      #  '   メ : .     .':
|  |  | |  ';'    .,   ;,'      ":
|  |  | |    ._______          .':          .',';:
|  |  | |    |    ___    ||  i'`'i
|  |  | |    |    |ゝ::::::ζ\ ;||   |;`;| # _ '   ;'; : .   ',          '.;.
|  |  | |    |    |\;;;; \';、\.|  :|':i;;|           ',      #;.
|  |  | |    |     ̄ ̄ ̄ \';、.\|;';;;|:. ゚ ;゙ ゚v-=-    :::
|  |  | |    |             .\';、\;|    「;.':"            ";ゝ]
|  |  | |    |          ,/ ̄. ̄'\';、\、_,_,_,_,_,_,_;.',;: >
|  |  | |    |          |\___\';、\..:::::::./|  <  '  .':"" : . #;.
|  |  | .ヽ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\|__;_;_;_;_;!─\';、\,_;l/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  |_|/ ゞ;;:_ノ ;;:゙´    ゝヾ       "~''ヽ/           _
  _,,    "" ;;  /ヽ                    ∂    :l;;;;;;ニii :: ⊂∵⊃
  ヽ/  _       ̄';;;          ;;:    "`
     //                    lゝ
                    ::'' ;,            :' ;
        ,,;' :.,;;:
                      ._r'"゙'、         ____
                      --'''"゛
                            ____      ........_
                          /__,.:;/||
           ;:.,.;:                ||  __||_||
                              ||/__||/||
                      :'' ;, ; ...  ||___||  |
 .                          ||      ||
                              :. :.:..
                               ヽ、...`


それどころか、普通はさほど維持の難しくないはずの
病院や道路などの基礎インフラですら維持しきれず荒廃するものが続出した。

行政能力の低下している新独立国群は、
既存施設の維持すらできなくなってきていたのである。




243 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 20:34:06 ID:8sgT3lRc0


                 ______
                /│     |
                 │ |.  †  │
                 | |     |
  ミミ皿皿皿皿皿皿皿皿皿|     |皿皿l ̄ ̄ ̄l皿皿皿皿
ミミ彡ミミミ,,、田 田 田 田 |     /|             |
ミミミミ彡彡ミ             |  /   |             |皿皿皿皿皿
ミ彡ミミミ彡ミミミ 田 田 田 .|  │   |             |         |
ミミミミ巛彡ミミ,         |  │   |             | 田 田 田│
ミ彡彡ミミミミミミ       / ! ̄ ̄ ̄ ̄|             ,   |         │
ミミミミミミ彡ミミ         | |.    ---│   | ̄ ̄|  | ̄ ̄|. │         │
|  i;ll;:|           | |   ┌─|   |┐  |  |┐  |   !      ;;;;;;;;;;;:
| ノ!i;::i             ヽ |___.!__|   |┘  |  |┘  |   ! ==;;:;::;;;;;;;;;;:
|二二二二二二二二二|.          |__..|__|_|__|____|.:.:.:.: ... .. .
:.:.:... ...:.:.: .... .. ..:.:.:..: .:.:.:.:.:.:.:.... .. ..       :.:.:.. .:.:.:.:.... .:.:.:.:.:..... ... .. ..
. :. .:.:.:.: .: .... .:.:.:. .:.:.:.: .: ... .. :. .:.:... :.:.:... ...     .. .. ... ..:.:.:..: .:.:.:.. .. ..:.... ... . ..


ボツワナではこういったことは起こらなかった。
一度建設された施設にはきちんと維持費が充てられ、
適切な管理がなされていった。

地方間における配分の不公平も最小限のものだった。




245 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 20:35:34 ID:8sgT3lRc0


           |.|                ,、_|!,." ./ .! ||  .|       |
       ー-‐|.ト、                    ,、_l|, ,.イ  .| . ||   .|       |
._         ー-‐|.ト、    υ           .,'.,.',|!ィ  |  .,!<l||.   |       |
' `^ヽ、_.       |.|      1`、         ,出,.'..l|.|. .|,.r<!.l . ||.   |       |
     `"ヽ _  |.|  .‐ト.  .| `、     , ',.'| . ,f|!マ▽`′..! ||.   |
       ',. ヽ|.|   ̄|` ._ |   `、   ,r, '.! |ー' .l|.|  | .   ! ||               __,,.. . -r
''- .._   i.,'. .;|.|‐、-、.|  .|g ┐ `、.,.11,r'|..|   |!        ||  _,,.. . -┬ '' .T ̄ ̄ |     .|
   |"''r.<ノ ノノ|.|  }T.|  .| └  「'i.|.|、. ! |   l|.-‐ .''T "「|| ̄|   .|..  .|..  ..|     .|    .|
  |" '' '' .r| ~".''|.|=,.、}|  _  |.」""""1_" .|   |!. ..|  .|  |.||  |   .|..  .|  ∠_ヽ ,.r――――
 ̄|_.   !|    .|.| 'k".).!  | _dコe、ニニ|'..,|_  l|    ィニニ、r――――.i. !  ,ィ`-<.i.,' ̄ ̄,'  ̄ ̄
 ̄. .|. ̄._|  .,..、,r'"iヘ-i┌‐'‐`―┴ーーir―――――l.「、-ァ.!ll       i i 〈lпL.>_  ,'
-‐.''"「 .|_,.j_~〉ゝ_ナ`""''' 7!         .|!         |!i. マ !ll        .i'' ‐-ト ̄  ヘ~ ~7ニ''' ‐-
  _.|''"! ,ィ='a,L"‐-._ノ! |________l|_______.ll.i 徐..i.ll       .i  .|_゛-‐i''"  .,'
"´  レ"|〈L レJー'ノr―'ノ !//,ィn、/, |!/////|.ii .行 i.ll         i  .ト. ̄| ).}、__.!
 ,."!,.".ノ.,ヘij/‐′i  .|| |///_i,.イ'ニニニヽ.'//.| ii _.i.ll   _,,....i、 .ii  ,'ー'‐'  ~""''' ‐
  /― θ.'      l  |l=ィ>′i`´i i   Å   i  ̄ ̄.iーiL, ._!i.i‐~'' "~ ̄ !. .||  |
/_  , ' , 'ァヾ7 .,<_ ,ィ,' '   ._i`.´i.!.<=仝=>.i     .「 ̄  !       .ii''r====.ii
   , ' ,.'、,.',.',.,.'  ,.ィ>'     /_ゝ-'.i   歩  .i!               i.i |┌―‐`ヽ _|!
  ., '  'ー――' ,ィ,' '            i   行  .i.!.、                 ト.i.| . ̄ ̄!,ィ' .|l
~7     ∩>'               i   者  .i i ゙、               .l".L====.」.i
.'        ト-<>,.、             i   通  .i .i.゙、. ゙、             ! .i      ! .i
      ト-‐i .|"''"._._       i   路  .i i ゙、 ゙、
        l` ´i l_     "'"._._  .i..,__   ..i.,,_i   ゙、 ゙、
       .i`-‐'_i "'-.、     ."i''"._._  ̄ "i  i   .゙、 .゙、
      _i. `´ .i_    ` .、  .|  .! "''.".._|       ゙、  ゙、



こうして、ボツワナへの援助は経済成長に大きな役割を果たすこととなった。
ダイヤモンド収入だけでは不十分だった部分を、
援助で補うことに成功したからである。




247 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 20:38:04 ID:8sgT3lRc0



          /
      /     、     、          /   
      /         ト、      ト、      ∠ -‐‐‐--
    /           |,.‐ヽ.    | ヽ          
 ___」.      ト、 |'⌒' \  | '^|/l               おめぇんとこで資源が出たんだってな!
´             | \! /⌒ヽヽ/ ,-、 !     ,.. -‐ ''''
>        ト、!   |.  0    0 | |   <         よぉ~し、
       /^ヽ|.    L....    、.__| |    _ >       西側のみんな、
       |.(^!     '""゙゙   ->゙゙ | /            彼にパワーを分けてくれ!
' ー‐-- ...__ ヽ.ヾ-、         ,.-┐  |/         
  _,. -‐'´    ゝ--、       `ニ´  /       
   ̄ ̄ ̄ ̄`‐-、/` ‐、_         /
           |    `  .. _/ \

            アメリカ合衆国


           _,,,,,,,,            
        , - ' ゙    `` ‐ 、_,,,,,      
      ,r'          /=ミ      
     /   元気玉    彡ll',''´      
   . /             彡lll        
    !-- .、    ,、、、、,,,   彡lノ
    l,,,,,__ /   ___     'r''゙ヽ        
   . |`゙'' ./   `'゙'''"    .〉,l |
    |.   ,'           //       
   . ',. ,'           , r'
   .  ゙, ゙'ー ‐`      l  |         
      ゙、''゙ ,,、二''‐    ノ  l、
   ''''''''7'ヽ  '''    /   /`〉`゙T''''''''''
     l  ` 、,,,,、- ' "    / /.|  |
   .  |  |  .l i       / ./ |  |
     |  |  | l      / ./ .|  |
   . |  |   | l     / /  |  |
    |  |   | ',   / /  l  .l


しかも、ボツワナの政権は安定しており、
貴重な資源も見つかったため、
西側諸国のボツワナへの援助額は増加を続けた。
一人当たり援助額は1960年代の一人当たり17ドルから、
1980年代には一人当たり100ドルにまで伸びている。
ボツワナでこの時期人口爆発が起こっていることを考えると、
この伸びは相当なものである。

一方で、予算に対する援助の割合は一貫して急減を続けた。
援助が激増しているのに割合が急落しているというのは、
つまりは経済開発がうまくいったということである。

援助を経済開発に、つなげることができたのだ。



249 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 20:41:40 ID:8sgT3lRc0


                  .:::::::;'                                    ';:::::::.
                 :::::::::i                                      l::::::::.
              ::::::::::!                                     i::::::::
                ::::::::::l                                      ';::::::::
 ̄ ´  '  ― ―‐ --  」                                     L_:::::
                           こうして混迷のアフリカで、           ̄ ̄ ̄ ̄
                __,. -┐ やる夫の政策は全世界から脚光を浴び…
    _ ,. -‐ '' ´   :::::::::',                                r::-  _
‐ ´               :::::::::'、                                  /::::::::   ´` ' ‐-
                    ::::::::':、                           ,.:':::::::
                     ::::::::ヽ                        /:::::::
                    ::::::::丶                        ,.::'::::::::::
                     ::::/  ,:、                 _,..:'::::::::::
                      /   ,..':::::::>   ___  ... く::::::::::
                 /   ,.::::::::    /\ , , /\ `、 \
                  /    ,.∩     / (●)  (●)\.`、  \∩
              /     , ' l ヽ∩ /   (__人__)    \ ∩ノ j
          /     ,    ヽ ノ |      |::::::|      | ヽ ノ \
           /      , '      | ヽ \     ` ⌒´    / / j    \
       /      , '      \  ̄            ̄  / `、   \
      ./       , '           \              /   `、    \


251 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 20:43:38 ID:8sgT3lRc0



          '、三三三三三三三ゝ-、
_ ,,, __, -'" ̄`~""'’三三三三三三三三三ヽ
 _,,-_´,三三三三三三_三三_三三三三三三i
    `"' 、三三_三//三ハ三三三i三三三i___
      .i;;;`;;、三i0'i i,、 /´  }三/_i/⌒i三三, -'"    どこにもねえもんだなあ、
‐--――、-――i く i'-,`==- -==ニi''´ i 9/三/      まともな政府って。
‐-、_,‐-,,-,,_`ー三ゝ、i、 i'  -i  i-  i /-'"三〈,,__
   ヽ;;;;i `ー 、 ` ーi  ̄  y ` ̄ ノイ ̄"'' ̄`
    i;;;;;i   `--.ノi ヽ -― , '"  i
    i;;;;;;;',    i´     ゝ-- "   i`ー、-、
    /;;;;;;;;;i    iヽ             / ヽ-―、
‐-,,_/;;;;;;;;;;;;;i    i;;;;ゝ,,_______, -'/
   "'- 、 /    i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
      i     ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
       ゝi    丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/         /;;;;
        i    ゝ;;;;;;;;;;;;;;;/         /;;;;;


             ,-,ii|||||||||||||||||ii、‐、
  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,_/ i|||||||||||||||||||||||||i ヽ_,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
   ゛゛llll||||||||||/ ' i||||||  |||||||||||||||||i ` ヾ|||||||||||llll""
       ゛lll/   |||||||  ||||||||||||||||||    ,llll""
         \   l|||||||||||||||||||||||||||l   /  
         彡   ゛ll||||||||||||||||||ll"   ミ  
         \_      ゛゛Y""     __ノ     どこかにまともな国はないもんですかねぇ…
           | ]下ミ─-。、_|_, 。-―テ「 [ l   
           ゝ_,. lミミi=´<_,.`=i=ヲ 、__ノ  
                 ヽlミ| 「‐、=ラ7 |ヲ'´       
_______  , へ ノ`i=、_ 二 _,=iゝ、_,へ、  _
i    i    i  ̄| |――-\ ̄∠-――| | ̄ i    i    i



      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
  l    |r┬-|     l   あ、あれ?
  \   `ー'´   /
  /         ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l



…なかった。
前にも書いたとおり、この時期は影響力の拡大が重視されており、
援助が適切に使われているかについてはあまり考慮されていなかったのである。
これが問題になるのは80年代以降、最重要課題となるのは冷戦終結後となる。

よって、このころはまだボツワナの政策は誰に注目されているわけでもなかった。

しかし、これは後々決定的な要因となる。
ボツワナではなく、ほかの新独立国のほとんどにとって。



252 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 20:46:13 ID:8sgT3lRc0



         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)    よそが金出してくれて
          |     (__人__)    自国の建設ができるなんて、
        |      ` ⌒´ノ    ありがたいにもほどがあるだろ、ホント。
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |


受けた援助を正しく経済建設に使えれば、
何も問題はない。
被援助国は経済が成長するし、
援助国も市場と影響力をそれぞれ確保できる。

もう一度繰り返すが、
援助は正しく使用すれば何も問題はない、
どころか非常に有効なのだ。
大事なことなので二度言いました。


しかし、上記のように、ほとんどのアフリカの新独立国は
援助を国家建設に利用しなかった。



255 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 20:49:16 ID:8sgT3lRc0


        , -'""'- 、                    _,..-'''"~""~"""''''- 、
      , -'"::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、             _,..、-''"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;; ;;:;: :::''"'- 、
    , -'"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、      _,,.-‐''"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::'':::::''::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、
.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.
::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;''
,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;
.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:...::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:...:..::.:..:...::..:..::..:..:.
'"""'''""""'''""""'''"", -'", -'"""'''"""'"""'''""""'''"""""'"", -'", -'"""'''""""""'''""""""'''
,,  ,,  ,, ,,   , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,, , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,
,,  ,,  ,,  ,,, -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
,,  ,,  ,, , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
,,  ,, , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
  , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'" ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
, -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,   ,,
""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""
""' ''" """' ''" """' ''" """' ''" """' ''" """' ''" """' ''" """' ''" " """



""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""


さて、ここで少し話題を変える。

独立したばかりのアフリカ諸国では、
産業が発達していない。
よって、住民の多くは農村におり、
農村こそが経済の基盤であるはずだった。



256 名前:怖~い夏のホラー祭り、八月二十三日から開催だお [sage] 投稿日:2013/07/11(木) 20:50:46 ID:x1IpFk120
さあ、カーニバル(地獄)の開幕だ!


257 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 20:51:13 ID:8sgT3lRc0



                     (三三三三三三三三三三三三三三三三(@)
                /,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','/,',',','\
                /,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','/,',',',',',',',',','\
                 /,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','/,',',',',',',',',',',',',',',','\
            /,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','/,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','\
            /,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','/',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',\
        {{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{(_)}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}(_)
           | | ! i |  # .:,,;     ,;:::   ;:::, ,::  | ; i !|    ,;, #   ,;,::. メ ,:: | | ! i |
           |i ; l |  (ニニニニ(の).:,: # ,::;  |i ; l | # .:,,;  ;::    ;::    |i ; l |
           | ; i !|  {,',',',',',',',',',',{ ,;;:'';:  ;:;. ;::  | | ! i |      # .:;;,   .,::  | ; i !|
           | | ! i |  {,',',',',',',',',',',{   ,.;::;, .:::メ  |i ; l |   .,;;;:::...;,,  ,;,:. .:;:: | | ! i |
           | ; i !|,;. 〈,',',メ',',',',',{ メ  ;:;.:,:  ,::  | | ! i | ,,.::   X ..:.; ;;     | ; i !|
           |l ; l| .: 〉',',',',',',',',',{   ;;:: ,;,,:..   | ; i !|   ;::;;:..::::   ;;::  ..;;,  |l ; l|
           | l i ; |,;.: :{,',',',',',',',',',',{ # ;;;:.  .::;;.  | | ! i |    ,,;':;::  ;;::,    | l i ; |
WWjjWwjwiwwjjwW|i ; l |   {川川川川{  メ  ;/:,,:: |i ; l |  メ  ;;;..  ;:;.:.    |i ; l |wwWjjwWjijww
WWWWWWWWIIiiiiWiiiwwwjjjWWwwwwwwiiWwiwjiWWjiIwjWwwwWIwjiwjWjjjWwwwiiWwwwiiwwWWWWWW
WiWwiwiwiw、´ゞ,,"""、   jwiwwjjwwWWwwW  ,,,, "`  ''IwjiwjW ´゛゛゛ 、、、  ´wjwiwwjjwwiWWWwiwjwiww
wjjwwWWwwWWIwjiwjWjjjWw  ``゙゙ , 、 WWIIiiiiWiiiwwwiwjwiwwwiiWwWW   ''´`゙   wiiWwWW


だが、ほとんどのアフリカ国家において農村は軽視された。
ほんのわずかな都市住民のために経済建設のリソースが割かれ、
農村は放置された。




258 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 20:53:20 ID:8sgT3lRc0


         (::::::::::::   ヽ
    , ⌒ヽ    (::::::::::::::::::::::  )
   (:::::::::::: '   (:::::::::::::::::::::::::::  ヽ⌒ヽ 、
    ゝ:::::::::::: `ヽ(:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    )       (⌒ 、
   (::::::::::::::::::   ::::::::::::::: 、⌒  ::::::::::::::::  ヽ     (:::::::  ヽ
  (::::::::::::(⌒::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::  )    (:::::::::::::::::
::(::: ::::::::::::::::::::::::::: `)::::::::::::::::::::::::::::: ノ:::::::::::::::::: Y⌒ ヽ::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)::::::::::::::::::::::::::::     ┌┐  :::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  /~'7;; |/~''7 ::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: (  ( ̄|  ( ::::::::::::::::::::::::
                     、___`t-'ーイゝ-i
                      ヽ] ̄二二二7
~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'"^~~^'""~^'"^~~~~~~~
 ~~~ ~~   ~~~~  ~~~ ~~  ~~~  ~~~
 ~ ~~  ~~  ~~   ~~ ~~~~~    ~~ ~~~
~ ~~~~~ ~~ ~~~~   ~~  ~ ~~  ~~ ~~~~


これは、アフリカの歴史自体と関係がある。

歴史上存在したほとんどのアフリカ国家において、
国家の基盤は農村にはなかった。
遠隔地との商業取引が国家の財政基盤で、
それに乗っかる形で国家が成立したのである。




259 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 20:55:35 ID:8sgT3lRc0


 _  _ _          ___
l^lニl^lニl^lニl  十/i~i~i~i#::/______/~ヽ个卅
'"''^^^^"''"''"''"''"''"''"'''''''''''"| 田 | 田|'"''"''''
''"''"''^^^''"''''''''"''"~~~''"''~"''"''"^^^^'"""'"''"'~~'"''"''"''~
|- - - -/⌒ヽ  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
' /″⊂ ̄ ̄ ̄⊃″″″ /″″″″″″″″' / ″″″″″″″″
/″″(::.´д`.)″″″' /″″″″″″″″''./ ″″″″″″″″″″″
″″ .( )U( )″″″/″″″″″″″″' / ″″″″ ″″″″″″″/ ″″
''"''"'' |_#_i__i!i|"''"~~~''"' .∧_∧.   ∧∧ "''"''"''"''"''""''""''""'~~~"''"''"''""''"''~
.    (__)_).     .( ;´-`) ( ,,゚Д)               ∧∧
wji!w rw,'rilwji!w、 wWkil (    ) (   ) rw,'rilw'rrr、 wjWilw'r (゚-;;゚ ,) rw,'
''"''"''"''"~~~''"''"''"''"''"'' | | |   |  0 "''"""''"''~"''"'''"''""'  | ; ;U ~''"''"
               (__)_).  し´                  |;; ;; |~
                                        し~'J

'"''"''"'''~'''''"''"'~~~"''"''"''""''"~~~''"''"''"''"''"~''"''"''~''"''"''''"''"''"''"''"''"''""''"''"'~'"
WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwl|ili、,、,,    ,, ,;;iijwiijiyw
::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::::_:::::::::::从从:::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::|::
″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″
v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v



これと対照的なのがアジアで、
特に東アジアや東南アジア大陸部においては、
国家の基盤が農村におかれた。

農村からの徴税(いわゆる年貢)が国家財政の基盤となったのである。



260* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 20:57:34 ID:8sgT3lRc0


              ..-  .
            /. . : : : : : :`: . 、
          / : :,: :、: \: :ヽ: :,: .\
         'ⅰ:/: :i:|\厶: :∨ : : : ヽ
         .: :Ⅳ.: :从´ 丶V. :. : : : : : :.
.        i.: :|{.ヽ/' ィ'弐}|: :ト、: : : : j:|
.        |: :ハ._,,   '''|: :レ': : :i:|:从
.        |:/.: :{'' ′_  , |: i|:i : j从'^ `
        八: :i 〕iァ== 个:|: リjL〔 ′`        検地をおこなって、
           ヽ|:リ广ア¨´ :レ'    ヽ
          / j/廴__ ノ{              農村への支配権を確立するよ!
            / /      :. ヘ    :.
.           / .′     \∧   :,
          / j          /     ',
.          ' 厶 ====ミ:、 /    〉  〉
           /       `V   /  /
       ∨  ,     {   ,   ′
          ′  ′    _ /  /
       r―┐:r:r‐-/ ̄   /
       / ....:::∨/.:::《/,:、,..::<
.      /..:::::::::::|d:::::::::´〈/.::::::::{
      /.::::::::::::ー|:|:::::::::::::::::::::::::::i
    く:::丶:::::::::`ヾ:::::::::::::::::::::::::::|
    / ` ー--ゥ┴┬…‥―r┘
.    ′     /  |      |

  アジアにおける一般的な為政者
         ひでよし



このため、歴代の為政者はそれぞれの農村を掌握せざるを得ない。
掌握し徴税するということは、
その対価として安全やインフラなどの対価を提供する義務が生じる。

結果として、アジア諸国は
農村からの徴税機構、および統治機構がある程度成立したのちに植民地支配を受けることとなった。

植民地政府はこの機構をそのまま利用して統治を進めたため、
独立後も各国政府はある程度農村への支配力を持っていた。



261 名前:怖~い夏のホラー祭り、八月二十三日から開催だお [sage] 投稿日:2013/07/11(木) 21:00:30 ID:4lohj8FA0
うーん…なんでも理由はあるもんなんだなぁ


262 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 21:01:34 ID:8sgT3lRc0


             __       __
          〈Υ  ,二><二      Υ〉
          { l ./::::::::::::::::::::::::`ヽ、  l }
           { l/;:::::::::::i:::::ト、::::::i::::i:::ヽ //|
          {ノ,l::::::::ハj ヽ! ∨l::::l:::::l=イ:::|
、.     __   ./ |::::V ○ ::::: ○  l:::l::i::|ヽ \
 ヽ、  .(  ヽ く  |:::l         l::::;イ人   .〉
   ヽ、_ \ノ  ヽ,上|:::ヽ  r-、   , ':LT::::ヽ`ヽ/
      ̄ \  .|::ト::::` ヮ - イn::::::::::::::::', :
         `-|/.乂ζY ζ/ / ̄\::::::| :
            / //_∧_ノ/ /   ヽ::::|
            ( / <r、_」  /     l:::| ー - - 、_
        ___n__>‐ 'フ   |ヽ__ノ::::|
       /´    r、∠⊥___,|__|  |;;;;|;;;;;|
     ∠, - '´ ̄  l  _     __ノ ̄ノ;;|
     | ぜいきん  UШ'  ̄ ̄ ̄ |  ゝ
     |__,;..::=-―'´了 ̄`¨'''¨´ ̄ \丿
      |        /          \\
     ⑩

              アフリカの徴税官


これに対し、
アフリカでは農村からの徴税機能が未発達のまま植民地時代を迎えた。
植民地政府は人頭税や小屋税などで必死に農村部からの徴税を図るが、
アジアほどの成果を出さないまま独立を迎える。




263 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 21:03:40 ID:8sgT3lRc0


llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
llllllllllllllllllllllllll/ ̄ ̄ヽllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllll /      ヽllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii  下     .iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|  さ   税  |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  い  金  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  ・   ・   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|  ・   ・   |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|          |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:. :. :. :. :. :. :. :. ‐‐--‐‐':. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : _∧
                ,ィ_'_ `ー、  
                  廴8》》"
                 y /⌒巛
       ,ヘァ        ⑩}_../}》〉
      ;il||||li'          iー-',
     ,彡§ノ         /::::::::::\
     ノ  i⌒i        '┬┬‐゙` 
    /__彡{ ̄|          i }     
   (  .ミi_ _}        」 ̄i
  クュ二二`Lっ)       `==='



そして、新政府もまた、農村部からの徴税制度の確立に失敗した。
というより、まともな官僚機構が残っていない以上、
新しい税制など確立できるはずもなかった。




265 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 21:05:46 ID:8sgT3lRc0



                        .「^ヽ,ry'^i
                        ,ゝ"´ ⌒`ヽ
                       くi Lノノハノ)」
                        λ.[i ゚ ヮ゚ノi!  素敵な納税窓口はここよ
                  [l二[i二二二二二二二二二二l]
                    ||  ||              .||
                    ||  ||   納     税     ||
                    ||  ||                 ||
                    ||_||,__,,__,____,_,,.,.__, _,,.||
                        /    \
                       /      \
         .,.-.、           /   [1000]  \
         / ./ _,..-、      /      (      \
         i /__/,..--,i      /      )      \
       ., ' `  ´ヽ、      /              \
       i <ノルレノル'   やめてぇ
    (ヾヘ、i !i |;´(フノ|. ・゚・。
   ⊂< `ヽ.| /,つ'Y_クつ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


こうなると、
新政府の税は都市や流通機構が中心となる。
具体的に言うと、関税や専売制などである。
もともと伝統的に商業関係からの徴税が中心となっていたため、
こちらからはまだ何とか徴税ができたのだ。



267 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 21:08:15 ID:8sgT3lRc0


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃           _____             ┃
┃            ///////////|            ┃
┃           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |            ┃
┃           |_____|/           ┃
┃            【税務署】              ┃
┃                                  ┃
┃.    税務署を見た人はいつでもいいので     ┃
┃    生きてなくてもいいから納税して下さい。   ┃
┃                                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


しかし、独立当時のアフリカ諸国など、
ほとんど都市が発達していない。

しかも、都市の徴税制度も農村よりはましというだけである。

その状況で都市重視政策をやっても、
税収が伸びるわけはなかった。



268 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 21:10:46 ID:8sgT3lRc0


 *o ゚ |+ | ・゚   *o ゚ |+  | ・゚  o |*      |+
 o○+ |  |     |i・  |*゚ + | ・゚  ゚| o ○。 |
・+ |  |i・|*゚ + ||+ | ・゚  ゚| o ○。+ |  |i・|*|i・|+
 o○+ |  |     |i・  |*゚ + | ・゚  ゚| o ○。|*|
゚ | ・  |    ,,,,,_ ,. ‐ `´    ゙ ' - ,    | ・゚  ゚| o ○。
 *o ゚ |+  ミ=\          ヽ   ○。+ |  |i・|
 o○+ |   `'','llミ_   100万$   ゙i  。*゚|!     |
・+ |  |i・|゚ + | ミ              ゙i ・+|!  ゚o*  ゚ |
゚ |i    |     (,lミ_   ,,,、、、、,    、. --!゚ l  ゚   |o
o。!    |!    ,r'゙''r'     ___   ゙i  __,,,,,l o| 。 |  |i
  。 |*゚ + |  | l,〈.    ゛'''゙'`    ゙i. ''゙`| +o|! ゚o  *゚・ +
 *o゚ |!     ゙i゙i           ',   .| o  ゚l   |  ゚
。 | ・   o     'r ,           ', .,' o   |!  ゚o*  ゚    サツバツとした新興国財政に救世主が!  
 |o  |*゚ + |・  |  l      `‐ ー'゙  ,゙ l  ゚   |o  ゚。
* ゚  l| ゚    ,.l  丶    ‐''二、,, ゙''、゙  | 。 |  |i        
 |l + ゚o''''''''''T゙´〈`゙i   \    '''  ,r''7''''''+o|! ゚o  *゚・ +
 o○ |  |  |  |.゙i ゙i    ゛ ' -、,,,,、 `  l  o  ゚l   |  ゚
・| + ゚ o }  |  | ゙i. ゙i       i l.  |  |  ・|o   |!  ゚o*
 O。 |  |  |  |. ゙i. ゙i      l |  |  |   l  ゚   |o
 o+ |!*。_|\∧_∧MMMM∧∧∧/|_ |  |i
 |・   | ゚・ >                  <゚o  *゚・ +゚
     /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
     /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
         \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o
       >                  <


本来なら、ここでなんとしてでも農村部への徴税を強化すべきなのだが…
ここで援助が出てくる。
出てきてしまう。



271 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 21:13:44 ID:8sgT3lRc0




          i三へ:;:;:;:;:;l:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_x彡'三三|
          |三 r=ミー‐r==く ̄ ,:三三彡イ|
          Ⅳ ,.二´  `一"  ゙=彡彡⌒i
            リ ゝェミ、.i | 才ァ-、   彡彳ソ/    苦労して税金を取らなくても、
            1    ̄イl |::.ゝ~ ̄    彡「´ノ    国家という枠組みがあればやっていけるではおじゃらぬか
           ヽ.  /:: ` 、      彡i"′
         /ィヘ  ヽ--='  _     彡ト、
       .. "´{ l//∧ 、____ , `  イ j/∧ミx
  .. "´    ヽ \//\こ二´  / / ////} }`  、
/         \ \//`ー一 ´ ノ./////j /    `ヽ


援助と天然資源。
この2つは、どこの国の政府にもそれなりの収入を与えた。

この二つの収入には共通点があって、
どちらも徴収に手間がかからない。

天然資源は開発企業がまとめて払ってくれる。
許認可権は国にあるから、資源企業もこの時代になるとそうそう無茶はできない。
そして、援助は先進国から文字通り降ってくる。

簡単に金が入ってくるのなら、苦労してそれ以上の収入を上げる必要はない。
こうして、徴税制度の確立はなおざりにされた。



272 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 21:15:44 ID:8sgT3lRc0




         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \      開発!開発!
     |       (__人__)   |      地道な開発!
      \      |r┬-|  ,/
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l



ここでボツワナのように、資源収入や援助を地方にもきちんと注ぎ込んでいれば、
まだよかった。

ボツワナは資源収入を地方の整備に回すことで、
統治機構の弱体化を防いだのだ。




276 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 21:18:53 ID:8sgT3lRc0


                         〈::::::::::::::::::::`丶、/_:_:_:_:_:_:::::::::::::::::::::::::::
                         /ミ了`ー- 、::::::/:::::::::::::::::::::::: ̄:::::`::::―‐
                          lミミ   (三シ`‐---  ___:::::::::::::::::
                           lミシ  ,.        ヾ三)    }三三三
          |  /            fi7  . "  `、 :     _ _    ヾ三ミ三    もちろん資金は麻呂と支持者に
      ,\__ノし//             .| !  ' 、==z、ヽ|:  , '"  丶   `}ミミミ    分配するでおじゃる!
     /  ..)/⌒                  |i|  ` `二彡/    、ー==、、:   |ミミミ
      ̄ ̄   l⌒\           lリ      _/     `二ニ``   |ミミ/
            !   ヽ  .,. ''´ ̄ ̄ ̄`ヾ!:、    f´'′  :^ヽ        ,.lミ/
..         /   //         l ` :r '´`^'、__,.-、ノヽ、    ,. " }シ
        /⌒ト、/.       _,. -‐ '゙´ヽ { 、-- 、:.:__   ヽ...  '   /}\
    r-='´     ヽ _,. -‐ ''"´     /,ハ ヾ`ヾエエェェェ>-     , 'ノ   ハ、
     |    _∠ ノ |        ,. -, {{(  ヽ `丶`二ニ´      /´   | |
 ,. '´} ⌒´     `V        i //ヽヽ、 ,ヘ          , '´     //
'´   〉       -‐く        、ヾ、 \\| ヽ、       ,. -,:'´     //
    ヽ   ̄      /         /ヽ、``ー`、_`丶>---_彡'"´     //
    ハ      /|/      /   ` ‐- 、` ‐--`ニ==----――'´/



しかし、前にも書いたとおり、
ほとんどの国では有力者とその庇護下の民ばかりに支援が回った。

残った資金も、前述の理由で都市へとつぎ込まれることが多くなった。
都市というより、厳密には首都であるが。

首都こそが有力者の住まいであり、政府機関もあり、富の分配の中心となったからである。
政府のおひざ元のため、ここで暴動などが起きると一発で支配が揺らいでしまうという事情もある。




282* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 21:23:41 ID:8sgT3lRc0


                     (三三三三三三三三三三三三三三三三(@)
                /,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','/,',',','\
                /,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','/,',',',',',',',',','\
                 /,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','/,',',',',',',',',',',',',',',','\
            /,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','/,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','\
            /,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','/',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',\
        {{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{(_)}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}(_)
           | | ! i |  # .:,,;     ,;:::   ;:::, ,::  | ; i !|    ,;, #   ,;,::. メ ,:: | | ! i |
           |i ; l |  (ニニニニ(の).:,: # ,::;  |i ; l | # .:,,;  ;::    ;::    |i ; l |
           | ; i !|  {,',',',',',',',',',',{ ,;;:'';:  ;:;. ;::  | | ! i |      # .:;;,   .,::  | ; i !|
           | | ! i |  {,',',',',',',',',',',{   ,.;::;, .:::メ  |i ; l |   .,;;;:::...;,,  ,;,:. .:;:: | | ! i |
           | ; i !|,;. 〈,',',メ',',',',',{ メ  ;:;.:,:  ,::  | | ! i | ,,.::   X ..:.; ;;     | ; i !|
           |l ; l| .: 〉',',',',',',',',',{   ;;:: ,;,,:..   | ; i !|   ;::;;:..::::   ;;::  ..;;,  |l ; l|
           | l i ; |,;.: :{,',',',',',',',',',',{ # ;;;:.  .::;;.  | | ! i |    ,,;':;::  ;;::,    | l i ; |
WWjjWwjwiwwjjwW|i ; l |   {川川川川{  メ  ;/:,,:: |i ; l |  メ  ;;;..  ;:;.:.    |i ; l |w
WWWWWWWWIIiiiiWiiiwwwjjjWWwwwwwwiiWwiwjiWWjiIwjWwwwWIwjiwjWjjjWwwwiiWwwwii
WiWwiwiwiw、´ゞ,,"""、   jwiwwjjwwWWwwW  ,,,, "`  ''IwjiwjW ´゛゛゛ 、、、  ´wjwiwwjjw
wjjwwWWwwWWIwjiwjWjjjWw  ``゙゙ , 、 WWIIiiiiWiiiwwwiwjwiwwwiiWwWW   ''´`゙   wii
_:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.: . . . . . . . .                        
: .  ̄ ̄Λ_Λ──______:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:.i ̄ ̄i:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :. . . . . .
:::::::::: /:彡ミ゛ヽ;)ー、::::::::: Λ_Λ. .  ̄ ̄ ̄ ̄─‐. ⊂ニニ⊃ ______:. :.:. :.:. :.
::::::.../ :::/:: ヽ、ヽ、 ::i:::::....(-д-::: )ー、::::::.......    ( ゚д゚ )ー、  Λ_Λ:: .. . ̄ ̄ ̄
::. . / :::/;;:   ヽ ヽ ::l::: . /i ;:      :::i:::.::::::..... .  /i ;:      ::. i /:彡ミ゛ヽ;)ー、:::::::...
: . (_,ノ⌒\;; ヽ、_ノ:l: . (:: ;;__/ :::./ |:::::......   (:: ;;__/ :::./::/ :::/:: ヽ、ヽ、 ::i::::.... .
    i⌒\)i⌒\ /:: .. / ____/ :|:::::::::.... . .  / ____/::/ :::/;;:   ヽ ヽ ::l:::::......
    | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ: . i⌒i_ノ :i⌒\ /::::::...... .   i⌒i_ノ :i⌒\(_,ノ⌒\;; ヽ、_ノ:l::::... 
    | :::|  | :::|:::: .... | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::::::::... ..   | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ i⌒\)i⌒\ /:::::::....
   (___/  (___/::.....  | :::|  | :::|:::::..... .     | :::|  | :::|:: .  | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::::.... .
                (___/  (___/:::.... .. .. .     (___/  (___/:: : | :::|  | :::|:::::::.... .  
                                      (___/  (___/:::.....



しかし、このような政策の結果、
有力者の出身地を除く、
ほとんどの農村が政治から離れた存在となってしまった。
国民の大半は農村に住んでいるというのに。




288 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 21:27:23 ID:8sgT3lRc0


      /"'-..,;;;;;;;;;;;;;`''-..,,_;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;..|
       ト:::::::::`''- ..,, ;;;;;;;;;;;;`'' -...., . .- ''´|
      i:::::::::::::::::::三  `'' - ..,,;;;;;/;;;,,..-'イ;,
     /ニ、::::::::::::::::三    、;;;;;; `"´ ,,,,, i;;;i
    { ( _',::::::::::/          "" |/    税金がろくに取れない以上、
    ', '<i ヾ:::::::i  、、,,三、     ,,.-、 i     地方の行政機構に金を注ぐ必要はないでおじゃ。
     ',、ヾヽi:::::i   '-ヽソヾ   /,'ッフ、i
     ヽ__.. i::::i    、  ̄ノ  | ;ニ ノ.i     治安?インフラ?
     ノ,.-| i::i          |   i     知ったことじゃないでおじゃ、
.       i,ィ''"',    /、_  ::::   /     地方がなくてもやっていけるでおじゃるもの。
       /',',',  ',  /   ヽ_ノ  /
.      イ',',',',', ', ', ( ,.---::;;;;、_,. } /
     / '',',',',',', ', ',- 、 ,.__`ー´ノノ
   ,.-イ  ''',',',.',', ',:',    ,ノ /、,,、
  (  {´    ',',',',', :',.','---─ '´リ  ', ヽ
''´´ヽ((''- ..,  ',',',',', .',.',ソ  ./ /   ',) }ー..,,,



そして、徴税能力は行政能力と直結している。
地方の状況を把握し的確に徴税するくらいの能力がなければ、
地方で政府の命令を実行することなどできはしない。

それに、地方に徴税機構を張り巡らせるということは、
それだけ地方に行政機構を整備するということと同じである。

教育と公衆衛生に関しては不十分ながらも多くの国が地方にまでネットワークを張り巡らせたものの、
肝心の徴税機能がダメでは立ち枯れてしまう。





290 名前:怖~い夏のホラー祭り、八月二十三日から開催だお [sage] 投稿日:2013/07/11(木) 21:29:00 ID:w7PtB.Ds0
ODA依存国ってのはこうやって出現するのか・・・。


294 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 21:32:08 ID:8sgT3lRc0



  #;'   ;,;'.             メ      ':;,: [市民権・営業権の認定・取消・修
 _________________________________
 ┃    ┃                   ┃    ┃                ┃    ┃
 ┸──┸┐ ====================┌┸──┸┐______┌┸──┸
   15番  | iiiiiiiiiiiiii||||iiiiiiiiiiiiiiiiiiii|||  16番  |__lニニl_l||l_lニ|  17番
 ────┘ =======||||==========||└────┘__lニニl_l||l_lニ└────
        ||[[[[[[[[[[[[[[[[||||[[[[[[[[[[[[[[[[||          .|l_lニニl_l||l_lニニl_l|
   ∧_∧   =======||||==========|l  〃ノノ^ヾ  |l_lニニl_l||l_lニニl_l|
  (´∀`;*) [][][][][][]||||[][][][][][][][]||  リ´-´ル  |l_lニニl_l||l_lニニl_l|
  ─── ────‐,──,────────────────────
 誰も来ないモナ  ̄| ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄だって、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                | ̄ ̄|        予算不足で何もできないんだもの…
 .___ ...____|    |______________________
                        


ここで徴税を捨ててしまったので、
新国家群は地方の行政機構に力を入れる必要をなくした。
地方の行政は形がい化し、機能不全のまま放置されるようになった。

教員のいない学校、薬のない診療所の誕生である。

しかし、これだけならまだよかった。



297 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 21:35:35 ID:8sgT3lRc0


       ,. -─… 、
       /      ヽ _ .. - ─ - _
      /       ,  ¨         >‐…‐ 、
     '      , '    /⌒           \
   /     /    /    /       \   \
   .'     /  /      |    fハ,    \.  ヽ
   |   ,   ,'  , '     '   |.   トャ|   ヽ  ヽ  ',
   |  /   | /  /  │ j  ハ  !│ | | ィ   ',   ' へ.
   | '   ハ, !  ,.'    | /| ,.' | !│ | |, |.  │ | |  l|                  ___
   レ     ハl /,    _|_i |_|_|_ ト、 .ィ_j斗  │ | |  ,'               〈´¨Y¨L,.=、
   |/     | | | |  l  ィ'ir=zr ヽ|  イ_jハ|   ,り'│ l          _,.=t=t=≦¨!´:γ´¨ヽ丶
   ′   │ | ト,. ハ  ハi辷7    ゝ' / /|  イ ,'__,--─==''|三[l::[l::[l三ニ|::::{:::!⌒ヽ:l:::|
  ハ    │ | | |. トl ハ      __ '  イ /'|//j/´¨三三三三三!三三三三ニ:|:::弋ゝ='.ノ::::|!.
  | !.    │ 从 ヽ,ハ !     / V .イ / ./三三三三三三三ニ:|三三三三ニ:!:::::::`ニニ´::::::!
  l l     |      ! ∧| ゝ.. _ `ー_' イ ,/'三、__,======ⅲⅲⅷ!}、三三::f}三',三三三三::_'.
  | l      |    >'  \_  「、_j_/l三:::IIIIIII三三三 ⅲⅲⅲII|ー―――‐ゝ三三三::/
  | l      jr-‐''⌒ヽ\   /7ァ'j'/==t_,ゝ三三{T=、、f¨ヽ三ヽ====斤`ー―‐‐!三二ニ:〈¨
  | |   /⌒ヽ   ト '_ ..//´' ̄ ̄\三三三!三:、三三=ソ::j_|三三三ヨ==f ̄ ̄ ̄`ヽ.
  /  , 7       `7'フ'´ r'´ /   `¨ ̄ ̄{ ̄ ̄{  j三三fニニニニニニニ='庁´三ニ/三三ミ、ヽ
      ' t=='   `ー、_/´ / |::!|f     __,=──''¨三三V三三三三ニ',::::,'三ニ::!::γ⌒ヽ::::}
    /   /´ ̄ ̄√    |  |:弋|        {l`¨ ̄ ̄ ̄}==、三──`ー‐::::|三...::j::::{:::::::ソ:::::|
    /  /´´     '. ゝ、`'.   ー――――'¨ ̄ ̄}  \三三三三三三ヽ.三弋=='::::::j
  i / ,.. イ           \  \'.   、___{l___ノ    ` ̄ ̄¨¨¨---==三三三:::/
                 ヽ  `             ヽ


見捨てられた地方では、やがて弱体化した地方行政機構の合間を縫って、
治安維持のための顔役が登場してくる。
彼らはやがて武装化し、何もしてくれない中央政府に反抗するようになった。

こうなると内戦である。




299* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 21:37:50 ID:8sgT3lRc0


//////////////∧  / /         ,、 ,、            ヽ
、//////////////∧/ /           厶∨ヘ             l
. \/////////////∨´/      /  /  /    !            l
  \////////////∧l      |  |  |    | /ヽ           !
    \///////////∧     !  !  ハ  l    / /  |  /       ,
\    \//////////∧. l  |  |、__,ィ弋´ |   `/''ナ一!-/   /   /
  \    \,/////////∨、 ヽ ヽ\f乞ヾ、  /ィ乞ミk/ /   /   /
   \    、 ////////∧ヽ  \∨f:::::} `   l:::::::::::レメ   /   /
     \   ヽ////////∧ \  ヾ 弋ソ    弋:zソ/   /   /
      \   、///////.∧/ \ ゝ    ,      /  /    /
        ヽ  ヽ///////∧    `ヽ、  ーっ  /_'7´    ,.イ|
         ヽ  \//////∧      >、    _,ィ /     / `
          ヽ   ヽ,/////∧/7/!/   `丁  /    //
           \  ヽ/////∧/ ___ ,. イヘ! /  /,イ┐
            ヽ  ヽ/////ヾヽ ヽ:::::::::|´ノ / ,/!//:::::/`ィ─- 、
             ` 丁 ̄∧二∧_\ ヽ::::::ト'´`! / /:::::://´    ヽ
                 | / f'ヽ' ̄_,.).|\ \l'´`l //::::::://       |
                |/  |    ,.)!  \ !_イ/-─' ,イ   /      !
                 r |    ´ 〉\__ヽ/ ̄ ̄/ |  /         |
                 レ'|    ノ!,.ヘ / 7 ̄ ̄ ´ r_'´_,. - 、    ノ
                /__/   //   ヽ |     /´___   `ヽ /
                 /ー/  イヘ,/´__   \   /, -──ー `ヽ  Y


まずいことに、多くの国の財政のもう一つの柱である資源は、
首都にはない。あるわけがない。

資源を生み出す鉱山は首都から遠く離れた山の中にあるわけだが、
ここの支配体制はどうしても首都と比べて弱くなってしまう。

地方に生まれた武装組織はこれらの鉱山に進駐し、
やすやすと支配下におさめた。




301 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 21:39:53 ID:8sgT3lRc0


                 │:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::^ゝ、
                 丿:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                ,'′―――――――――‐‐---___:::::::::::::::::│
                l′____________        ^‐‐--___ゝ
              __┘::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄"───‐ー......_   ゝ
         _..r─"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ''ー--'ヘ
         '''''''广"゙'、 _/: : : : : __  ̄ ̄ ̄─‐--....,,__::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー
           │ 1 ,'_r′_一''" ̄   ●  「: u: !    .. ニ^''‐ー--..、:::::::::::::::::::::ゝ
          :l- |〃: u : ゝ        _/: : : '、●  `''ー 、  ゝ ̄ ̄ ̄、
         ./’  ノ: : : : : : \、     _/ _‐'u ゝ        `'ゝ: : l│- ゝ      ウチだって、
         丿  丿  、_   , `''ー‐‐'''´:广’ ┴x ゙' 、     _/:u: : :゙l> │      別に払いたいわけではないんですが…
        │  │   `"' 丿      `‐ 、_..--′ `''‐‐ー‐": : : : : : : 〕  、
.       ,ノ'、 卜    ....t{ --..------―-_........_       `'ー--- │  ヘ、     これまでの投資を考えると、
      /:::::\ :ト   ´`|'、 了"'''''''f''''''''''''''¬‐-- ユっ-..,,        │   l-、     むざむざ撤退も…
  ,,..ォ-―''′:::::./ア゙r     | ゙ー∟  ノ    亅   「  ``T''''゙'‐_  u. │  丿::::^''::- 、_  ..、
../  〕 〕:::::::::::::/丿:::::'、 u   .儿.. ``ー'ゝ、....,,__」    │___∟--テ `   丿  丿:::::::::::::::::: ̄''┤
    丿:::::::::::,'丿:::::::::ヘ     <ヘ `ーy..__    ̄ ̄ ̄ ̄`  ___ ノ     ./_,,..r' 丶:::::::::::/''ア'L⊥
   イ  ..rニヽ、:::::::::`ぅ 、   `.. \│ ``'''''ァ――'ナ''''"´] rソ     ノ´   ‐ヽ_:::::│''ー''´`''
    | ‐’ ヽ/ 卜:::::::::::ヽ\、   \ `ゝ__   |    〔  ..rク'′u   /     ./ 冂l!'⊥_
   丿    ,,/::::::::::::::::ヘ ^' 、、  `''‐.. >ーゝ----ゝとン'´    ..〃      l ´゙゙   `'、
  /    _/ ..‐i弋┐   '、  `ヽ..,,_   ゙゙''''''''''''''''"´    _,v‐' /     ,,,,_ ゙ゝ    ''、
  -   :|┘  ゛’ ′   ヘ、  ノ `^ゝ、_       __..x....-‐"  /     / |'ア'' 、ヽ    │
      丿    /      ゝ ,,/::::::::::::::::::゙''''―‐'''''^′::::ヽ  /       '、`   '''、   ゞ
     │   r′      `′:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ/         ヽ、   ′


ここで注意しておきたいのは、
鉱山企業が反政府勢力をあおって反乱を起こさせる、ということはほとんどないということである。

考えてみればすぐわかる。
鉱山企業だって企業である。
企業が私兵を雇って自社の鉱山を警備せざるを得ない、などという状況が、
経営的に望ましいわけはない。

企業としては、安定した政権が国土をきちんとおさめてくれるのに越したことはないのだ。
なにしろ、鉱山は逃げられないのだから。

しかし、周囲を反政府勢力に囲まれた場合、
鉱山企業としては反政府勢力に権利料を払わざるを得ない。



307 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 21:42:58 ID:8sgT3lRc0


 :.:.|   : : : :|:.: |//     ヽ    |     |         l ヽ
 :.:.:l;    : : : :|: :|/     ___|_ _ハ     |         |  i
 :.:.:.l;   : : : |:.:|    /゙´ |  / `ト、    |         |  |
 :.:.:.:.l;.    : : :|: |   ′厂xデ≡=V、 |  │        !  !
  ::::::::ヽ    : : | |    〃 |/ __  \`ト、  j        /   !
  .:.:::::::\  : :.|:ト、  ´{ 'j|゙::l;cヽ  Ⅵム/     ,. ´   |
 :.\  :::::::\ .::ヾ: \    ';:...┃:r}  //`   /.     |
  :::::\ :::::::::\:::::\_     ヽ、,`_ノ ´|:./   /  {:    /
  :.:.:::::::\ー---三 ̄   _ヘ、___,/..;j/  /     |:   /
  ヽ、_:::::::::\三三三   __,.ヘ / /|       |:  /
  \三三三三三三三ニ-─ ¬ー,〉 ̄ :^|       ヽ{
  ::::::\三三イ',.-''´_,r──‐‐、/   ,ハノ|       `ヽ
  ≧==ミ<く/ /::.:.:.       /   /: : . .'、       ヽ
  玉三三三\/:.:.:.:..      ,.′ ,.′: . .: \      ヽ
  三三ゞ三三三\:.:.:.:..... .. ../  /\_ト、 \  丶      `,
  三三三三ゞ:三三≧==こ´  /|   \ \トヘ、       i
  .三三三三王三不三三{__// |         \ ヽ   l
  三三三三ノ/  |三三三/〃  \           ヽ }   |


ここで思い出してほしい、新国家群の財政は鉱山と援助と専売制、それに関税に由来していることを。
徴税にそれほど頼ってはいないことを。

つまり、徴税というシステムがうまく機能していない以上、
一般市民は財政にあまり意味をもたらさない。
財政は鉱山利権によって賄えるため、
一般市民は利益構造に絡まない。
そのうえ、武力で無理やり制圧した地域においては、
市民の統制にも費用が掛かる。

 …つまり、 一般市民自体が、 不良債権と化してしまうのだ。

「資源の呪い」である。

こうなってしまうともはや救いはない。



310* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 21:45:33 ID:8sgT3lRc0


                         ミヽ                    i川
        ミyI           川i    .'ミヽ-=.,             __  _,} .{
        ス f             {j .ノ     ~´>、`>-.、       .γ::::::::ヽ~'彳ハ
.           | .!.       __    }.ハ           `>.、_`>- =、_  {::::::::::::ノ _,ノ .}
         l, ヽ、   γ::::ヽ   」 l             >-<,   ̄`>-="  ,/
.           `'>.、二"'''"⌒'.7-='",. イ                    マ      "';:::シ
.               `ヽ, ,.   .,γ                   }       、ノ
                j''.  :.  {                      ,'       .ソ
                ヘ   :.  i                       {      ,/
                   j,  :.  ヽ、                   マ.     ヽ,
                 _」    ,  ハ                   l   ::... ..:: "ニヽ
            ,.<  .:.:.:::::j:.::.:..ヘ                     |     ,   ,ノ'',
               ム .:.:._.::.:.ィ'""ヽ,:.:.ヽ,                ノ::...    i:.:.:.:..,イ:.::j
               ヽ, ~ヽ      ヽ,."ヽ,            ,イ   .:.:._ノ'ー彳!:.:.:i
                 >、 \_     ヽ,. ハ            ./  .:.:.::/     マ:.:l
                 "''、,. )      .ヽ, ヽ,__       / .:.:.:.:∠        }:,:{
                      } ,イ       >、,ン        7 .:.:::7"        },...>、
                "´                 '':、 ⌒`>、        ⌒"´
                                    > 、_ ヽ、,__
                                          ヽ,,.  シ
                                         マ .{
                                               マミ}
                                          {シ

                     武装集団(リベリア)


各地の武装集団は鉱山を確保すると、
その周辺にいる住民に対しありとあらゆる暴虐を働いた。
税収が見込めないのだから、丁重に扱う必要はないわけである。




311* 名前:怖~い夏のホラー祭り、八月二十三日から開催だお [sage] 投稿日:2013/07/11(木) 21:45:35 ID:4lohj8FA0
市民そのものが不良債権ってのはなんか目からウロコというか
なるほどなぁ、当時はそういう感覚だったのね…


314 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 21:48:43 ID:8sgT3lRc0



.   丿,.:.:.:.:.:',:.:r'i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ,
  / ,:.:.:.ィ ,i'  'i,i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i
  i :  :.i:        ``'‐、:.:.:.:.:.: i'
  `'ヘ ':i      _,.-‐''- _,.Lr‐;.:./    私が村長のムスカだ。
    '‐<>- 、,_r'"゚´~`i゚  i' f /:.i
     i,_  _,i '‐--‐'゜   /.:丿   もし望むものがあれば何でも与えよう。
   .  ヽ ̄ L、      i 〈-'´    だからこの村から退去しては…
      ヽ.  __,,...-‐'  / i,‐z,
       ヽ  -     / _,.‐'´`>、_
        ヽ.  __,.. - '-‐'_,.、‐'´:::::.:.:ヽ_
       ┌'`]'"´~__,,.‐'´::::::::::::::::::::::::::..``'''‐‐-
    _,,..、-‐'~'‐t-‐彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....:.:
  ,r'´ ィ'´     i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


              , '
             〆
           //
           ノ /
          /  i
          ,i  |i
         ,'  |i
         i|   |i
        i|   .|i
        |    .i、
        ゝ     i、         ザンッ
        .i|      ゝ
         .i|      丶
         .i|       \
          .i|        丶
          .i|        丶丶、、,,
           i|         \ゞ`
            i|、       `\ 、、,
             ゝ       `丶`\ゞ
               \  ,.   ミ\丶 `
                 `;丶\丶  、`丶
                       \ 丶
                           \


318 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 21:50:41 ID:8sgT3lRc0



            ,.,,,.--;;,.、
          ,.-':::::::::::::::::::\
         j';;:::::::::::::::::::::::::::::ス 目がぁ、目がぁーーーー!!
        l':::::r',l,.,っ:;-;:::;:(゙ 、;、
         l:l'j -' l/,''-ァ- y lぃ
.         ゙l   ′' /j''゙l  ,l'  ,.-、
.       ,.......゙,   ,''ニ__;.l   ゙y 〉::::::`:::::-::、
      /::::ヾ 、 ,ィ'゙-- ' ,゙-、 / /::::::::::::::::::::::::`:::-
     /:::::::::::::::,ィ゙ - 、=,ッ''l:::゙、ケ入::::::::::::::::::::::::::::::::
   r'ス::::::::::::::::::/:l゙ -ッ=---、:::::゙l,;;;;;;;;` -、::::::::::::::::::::
  ,l'::::::::::::::::::::/:::::::゙、,j::::::'.:ヾ.:.:.`.、:::::` :y;;;;;;;`::-、:::::::
,./::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;j::::::'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙、::::::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/:::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,l::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:- イ:::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


集落を制圧すると、武装勢力は略奪を行い、
気ままに人々を虐殺した。
さらに生き残った人々に対しても、目や手、足を切り落とすなどの蛮行を繰り返した。
こういった不具者は生産に寄与しないので、
この集落が属する民族の勢力がこの村を奪回した場合、経済の足かせになるのである。



320 名前:怖~い夏のホラー祭り、八月二十三日から開催だお [] 投稿日:2013/07/11(木) 21:50:48 ID:gvRRsfKQ0
映画の「ブラッド・ダイヤモンド」そのまんまだな・・・
あの映画観てて、反乱軍のRUF兵士が、
北斗の拳のヒャッハーなモヒカン共に自動的に脳内変換されたのを覚えてる。


323 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 21:53:37 ID:8sgT3lRc0



;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ィ;;;;;;ィ;;;;;;;ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ/;;;;;;;;;;;;;;/-'-'"///;;;;;;、;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;__;;;;;;;;;ィ-'"´ ´ `',.=、_!' /イ;;;;/i;;| |!
;;;;;;;;;;;;;/ ヽ;;;/      イl;i' ` /// /'
;;;;;;;;;;;;;;l r, i/   ,.,.,.   ゞ   !'
;;;;;;;;;;;;;;l '    :;:;:;.,.,       '、
;;;;;;;;;ヽ`>-    ;:;:       ,./
;;;;;;;;;;;;;;!"  ,:;.  ;: ;.   , -,ァ'     村長さんになんてことを!
;;;;;;;;;;;/   ;:       ゙ーォ
;;;;;;;;;/ヽ     ,._     /
;ヽ;;/;;;;;;;ヽ   / '' ー- '
;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;「 `ヾ、
;;;;;r;;;;;;; ̄`ヽ,  `、
ヽ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i !'


              /.:.:.:.:.:.:.:.:./ !.:.:.:.:.:.|   ヽ.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:! !.:.:.:.:.:.! /⌒|ヽ.: ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.!  、:.:.:.:|/     !.:./  ヽ.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:!
          /   / .:.:.:.|.:.:./|⌒ ヽ.:.:.:!  /ヽ!/_ヽ  !.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:!
 (⌒'⌒)    ./   /   . . ト、:.:.:!    \i  ト..イ (::::j  |:/.:.:.:.:.:.:.:.:!       (⌒'⌒)
  \/      |.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:V\!イ⌒ヽ   ヽ::'⌒>´  /.:.:.:.:.:.:.:.:.l         \/  はうぅ~
           、.:.:.f !.:.:ヽ.:.:.:.ヽ レノ`7::j      ̄⊂⊃.'.:.:.::::::.:.:.:.:.'
        (⌒'⌒)\l |.:.:.:.:l\.:.:.ヽ\:ゝ ´ ノ  ̄ ̄|  /イ:::::::::.:.:.:|.:{      (⌒'⌒)  かぁいいよぉ~!
       \/    ヽ.:.:.、 \:.:.\⊂⊃\/⌒|    |:::::::::.:.:.:A;|      \/  お持ち帰りぃ~!
               \ヽ /`T `     \ ノ   (二ゝ 、/   \
              (⌒'⌒) `冫.:.:.::丶.. _         ,.ィ\ \  !    | (⌒'⌒)
             \/  /.:.:.:::::::::::::ィゝ〒ニ二仁」 \ ヽ   '___」  \/
                ;.:.:.::::::::://Y  !  | l⌒ト、      /____」
                |.:.:::::::/  | !  '    ヽヘ、   /二二二|
                |.::::::/   \         |〉へ   \   |ノ
                l::::/      〉>ァ┬  |   \    \ !


326 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 21:55:46 ID:8sgT3lRc0


               _
              '、ミ;`r-r;;、
                 ̄`(;::ハ       _,,,-'''フ_--,
                    て;,`, , -__‐::;';;;;;;;;,,;;;;;;;;;;;;;;;        ノ彡
                    (;:::,'://:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;       _,/7
              _    7 |/::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|_ ,,,,,、, ,,,-<ソ'"
            ,,-''' .::`.. 、  i;;:::::::::_;;;;、-,:::::,イ、::;;;;;;;i,;;ヽ、;;)ソ'":::::::::: ̄` 、
          /     :::::::::::::::. !::::::ノ___, -''''" 、__`、;;/-''" :::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         /      .::::::::::::::::::: r、|  イ゚j`   'l゚j ハ'' .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,    パズー!パズーっ!
         ,'     .:::::::::::::::::::::::: 、_:      '   iノ ̄''''''‐ 、 ::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        |     ::::::::::::::::::::::::::::/^ 、  == /i:.:::::::::,  :.::ヽ_ :::::::::::::::::::::::::::::::|
       |    :::::::::::::::::::::::::: |    ll `  -'",,/:.:::::::: |  .:.::::::` 、 ::::::::::::::::::::::::|
.         |__  _,,‐‐-<,,___,-ー_;'::i     ` ー''''":.:.::::::::: |   :.::::::::::` 、 ::::::::::::::::::|
       (ヽ`t-l´ : : : l;l-ー''~:::::::::`ー、      :.:::::::::::: 、   .:.::::::::::::\ _,,,,,,L -―――
         ヽ_|,_!i :`‐ー' :::::::::::::::::::::::::::| ヽ、_    .:.::::::::::: ヽ、  .:::::::::::::::ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::
            、|,、,..):、  :::::::::::::::::::::::::| / >:::ー''''''":.:.::::::: ヽ  :.:.:.::::::::::::::ヽ ::::::::::::::::::::
.          ヽ,;:;:;:;..,,,.  ::::::::::::::::::::::|  /:::::::__,-‐''":.:::::::::::: |  .:.::::::::::::::::::::| ::::::::::::::::


さらに武装勢力は、子供や女性を大量にさらっていった。
女性は娼婦に、子供は少年兵にするためである。

ここまで状況が悪化すれば、
もはや国家など崩壊同然である。
内戦が終結したところで国家復活の道のりは非常に遠くなる。
じっさい、この状況がなんとかおさまったリベリアやシエラレオネでも、
復興は遅々として進んでいない。



329 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 21:59:47 ID:8sgT3lRc0


       ,,.. ,,                          ,, .. ,,
    ,, -''    ;‐- ,, ,,                 ..,, - ''    "'' ー ; ..,
  -''           ''ー - ,,        _ ,,, -- ''             '' ー - : ,,
                  '' ー - ,,, :- ''                        '' ー :
                    -''           :: :::
                               :::::
                               ::::
                               :::         ,,,,,;;;;;;;;,,,;;;;;iii;;;;;;;iiiiiiiiii;;;;;
  ... ........  .......... / /ヽ .ヘニヽ ヘヘニヽ、....ヘニヽ / /ヽi..〃、.............  ;;;;illll;;;lll;;lllllii llllllliillllll
           !-!-! Ll_l LLl_l-!  Ll_l Ll_l !-!      ;;;;;ゞ;;;;;;;lllll;;liilll lllii;;lllll

 '    ''    '   '  ''  '    ;'  ;;    ''    '    '  '  '  ''   '
''  '''   ''  ''' ''  ''''  '''    ;'   '; ''  ''   ''  ''  ''  ''  ''   ''  '' '
  ''  '''   ''  ''' ''  ''''    ,;'    ';,  ''  '''   ''  ''' ''  ''''  '''   ''  ''' '
                   ,;'     ';,
""  """   ""    ""  ,;'        ';, ""  """   ""    ""   ""
 ""   ""   """  "   ,;'      ∧_∧
                ,;' ∧ ∧  (    )';, ""   ""     """   "    ""
 ""   ""     """  ,;'  (  *)  (  O ) ';
       ""       ,;'  (|  |   ヽ ヽノ  ';  ""   ""   ""  、,,;;;ゝ;;))ゝ;;;ゝ))
               ,;'   ~ ,,つ    (__)   '';            ゝ;;;ミ,,、,,;;;ゝ;;))ゝ;;;ゝ
 ""  """    ""   ,;'    し'             ';     ""   ""ヾ;ヽソ;;;)ヾミ;ソ(;;;ゝヾ;))


ここまでの状況は極端だが、
それでも徴税能力の低さと地方軽視が生んだ弊害は
相当なものだった。

ボツワナは、
収入の的確な使用によってこの罠からは逃れることができた。

特に援助を的確に使用できたことは、
以後の経済発展にとって重要な役割を果たすこととなる…



331* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [] 投稿日:2013/07/11(木) 22:00:44 ID:8sgT3lRc0
今回ここまで。

いやあ、しかしなんというか、
だいぶSAN値が下がったわ、今回…


335 名前:怖~い夏のホラー祭り、八月二十三日から開催だお [sage] 投稿日:2013/07/11(木) 22:01:50 ID:wvF8huBM0
そうか、税収が見込めない限り人間なぞ「不良債権」に過ぎないんだなぁ。

おつ


338 名前:怖~い夏のホラー祭り、八月二十三日から開催だお [sage] 投稿日:2013/07/11(木) 22:02:42 ID:x1IpFk120
乙乙! グッダグダとしか言いようがないな。

そしてついにアフリカの凄惨四天王のうちのリベリア&シエラレオネが出てきたか・・・


339 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [sage] 投稿日:2013/07/11(木) 22:02:45 ID:8sgT3lRc0
あと、基本的にはこのスレはブラックアフリカ対象です。
北アフリカはアラブ文化圏なので、
ちょっと「文化が違~う!」という感じで…
統治もブラックアフリカよりは数段マシですしね。


348 名前:怖~い夏のホラー祭り、八月二十三日から開催だお [sage] 投稿日:2013/07/11(木) 22:06:41 ID:3Kqf51GE0
乙でした
アフリカ貧困理由が段階を踏んで説明されたのでとても分かりやすかったです


349* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [sage] 投稿日:2013/07/11(木) 22:06:56 ID:8sgT3lRc0
いや、いろんな研究書では、
資源の呪いのことは書いてても
市民=不良債権とまでは書いてないんですよ。


…でもね。
読み込めば読み込むほど、そういう結論しか出てこない。
あれ、ひょっとして書くに書けなかったんじゃないかなあ、結論がひどすぎて…


351 名前:怖~い夏のホラー祭り、八月二十三日から開催だお [sage] 投稿日:2013/07/11(木) 22:08:26 ID:kkuVp/hM0

このスレはわかりやすくていいなぁ
言い方は悪いけど失敗経済のお手本のようだ


358* 名前:Opqr ◆XLjdU8ssbY [sage] 投稿日:2013/07/11(木) 22:13:08 ID:8sgT3lRc0


      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,      
         `、||i |i i l|,      、、__人_从_人__/し、_人_入
          ',||i }i | ;,〃,,     _) そんなひどいことするわけないですよ!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `) 神がお許しになりません!
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y _   _   .i|,];;彡
        i ・ .〉. ・`   H;;;ミミ
        {  ( _,:、      ゙};;彡ミ
         ゙i  ____  .||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i ヽr-ノ   li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,  ´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/

        ソマリアのみなさん


ちなみに、あのリアル北斗の拳のソマリアでは、
なぜか手やら目やらを切り落とす事案は聞いたことないです。

スーダンではいろいろ起きているから
必ずしもイスラムと関係があるともいえないと思うんですが、
これに関しては1もよくわかりません。



364 名前:怖~い夏のホラー祭り、八月二十三日から開催だお [sage] 投稿日:2013/07/11(木) 22:16:25 ID:atKo/93M0
乙です。
いやー今回は本当に勉強になった。




関連記事
Comment
しかしこういうスレを見ると自分がいかに無学だったか思い知らされる
アフリカの国々なんて元から世紀末ヒャッハーな国なんだろ、とか思ってた自分が恥ずかしいわ
ヒャッハーになるにもやっぱ理由ってのはあるんだよな
なんという負のスパイラル
もちろんこの>>1の主観も本人がいうように
多分に入ってるからまんま受け入れちゃいかんよ
こういう考え方もあるくらいに納めて
これまでも勉強になったけど、今回は特に勉強になった。
支配対被支配的な観点だと徴税は収奪であり悪ってイメージになるけど、
徴税される事で国のシステムの一因として組み込まれる事になるわけだな。

税収に関わらない存在なら死のうが生きようがどうでもいいが、
システムに組み込んじゃったら、恒常的に維持しなきゃあならんからなぁ。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

maakun

Author:maakun
思うところがありまとめを畳みます、今までご利用ありがとうございました。
当ブログで纏めさせて頂いていた作者様、ありがとうございました、そしてすいませんでした。

最新記事
最新コメント
作品一覧
月別アーカイブ
人気記事ランキング
RSSクーマー
アクセスカウンター ( 総PV )
アクセスカウンター ( ユニーク )
現在の読者数
現在の閲覧者数:
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。