ブログパーツ QLOOKアクセス解析
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  完結作   »  やる夫はアフリカで奇跡を起こすようです  »  やる夫はアフリカで奇跡を起こすようです 第七話 「ダイヤモンド」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる夫はアフリカで奇跡を起こすようです 第七話 「ダイヤモンド」





1967年、ボツワナ北部、オラパ。



       ,、                , 、
         l:. \         /.: i
        |:.:.  \  __ /.:.:. |
        |:.:.:.  ..::`´    `'.:.:.:.   |
       /:.:.:..:.:.:.::...          ヽ      こ、これは…
      ,':.:.::.:.:.:.::.:.::..       -― ',
        l:.:.::.:.::.::.:.:.:.:.:.:...         __l
       {:.:.:.:.:.:.:.:.:..::.:.:..:.:..  し  /  }
      ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:::.:.::.:.:.::.:...    、___/
          ヽ、:..:.:.:.:..:.:.:..:::.:.:.::.:.:..  ,/
       /:.:.:.:.:.       .:.:<

          探鉱技師A




      ∧       ∧
     /  ヽ___/  ヽ
   /::::::          \
  /::::::   ヽ     ノ    ヽ        こんな大鉱脈、見たこともないよ…
  |:::U  ●        ● :::::|
  |:::::::      / ̄ |  U..::::::!
  ヽ::::::..... U  ├--┤ ....::::ノ
   >:::            <
  /   /⌒ヽ.    /⌒ヽ
  /   /  九l    (つ  i

      探鉱技師B




492 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:27:26 ID:slNjrxRw0


  、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人___人__人__人__人__人__人__,
  _)                                                (_
  )         ダイヤモンドだ!信じられないくらいの大鉱脈だ!       (. 
  )                                                  (.
  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y .


  人
 `Y´                         人
/.二二二二二二二二二二二二二二ニ`Y´二二二二二二\
/|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人:.:.:|\\
._._|:.:.:.:.:.:.人:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.._.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`Y´:.:.|:.:.:.\\
: : :>、: .、`Y´/ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./;'Y;ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_._._._._:.:.:.:.:r- 、:.:.\
: ´: : : ヽr; '´|; ' ; 〉__::-‐==<;';';'〉;';';'>; '´ ̄フi/´..|.........}:.:.「ヽ!  ヽ:.:.
ヽ:_ : : / ' ; / ' ; {:.ヽ  __  ヽ `>; ; '´; ' ; '/ ' |.......|....「`ヽ」  ヽ  〉:
人、:::::: ̄:`ヽr;-‐‐;‐';';';';';'`ーv' ' /´; '/; ' ; '/......У..}::::::〉::`ヽ__/:.:.
:Y´::ヽ::_:::::/;';';';'-―;';';';';';ー〈_/; ' ; ' |; ' ; / ̄ ̄:`ヽ」ー〈::::::::::::ヽ、:.:.:
:::::::/:::::::::\;';';'丶;';';';';';';';';';';';'); ' ; ' ∠__/:_: :-:‐:ァ':::ハ:::ヽ::::::、::::::〉:.



1955年、ボツワナ東端のトゥリーブロックでダイヤモンドが3個発見される。
さっそくデ・ビアス社によって探鉱技師が派遣され、鉱脈探しが始まった。
しかし発見された近辺に鉱脈はなく、調査は難航した。
実はダイヤモンドが発見地に流れ着いた後に地殻変動が起こり、
水脈が変わってしまっていたのだ。

調査は12年に及んだが、とうとう1967年、
トゥリーブロックから北西に300㎞ほど行ったオラパで鉱脈が発見されたのである。




493 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:27:58 ID:slNjrxRw0



.     ./ ̄ ̄\
    _ノ  ヽ、  \                じょじょじょ、冗談だろ!?          
   (○)(○ )   |  .___         いくらなんでもそんなうまい話があるわけないだろ!?  
   (__人__)  u . |/ー  ー .\
     ヽ`⌒ ´    /(○ )) (○ ))\      これはきっと夢だお!
     {      /  (__人__))    \     やらない夫!ちょっとやる夫のほっぺたつねってみてくれお!
      ヽ    |     )r┬リ u. .  |
        ン   \   ` ⌒ ´     /
      i´    . ン          \
      |   . /             \


     ___
    /    \       ___
  /     u;  \   ;/(>)^ ヽ\;
  |          ) ;/  (_  (<) \;      ほ、ほっぺたってここだったよな!?
  |   、       );/   /rェヾ__)⌒:::  ヾ;
  |  ^       | i   `⌒´-'´  u;  ノ;;
  |          | \ヽ 、  ,     /;     ギブギブ!やらない夫、そこは首だ!首だお!
  |  ;j        |/ \-^^n ∠   ヾ、
  \       / ! 、 / ̄~ノ __/ i;
  /      ⌒ヽ ヽ二)  /(⌒    ノ
 /       r、 \ /  ./   ̄ ̄ ̄/




    / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、
   /        ヽ____⌒ヽ_____
   |       /_____ |⌒ヽ____ ヽ.、
   ヽ、______(____|つ__.____|ヽ.、     とりあえず落ち着いただろ、常考
  /´:: ::::;;:::: ;;::::ヽ :: )
   / ̄ ̄ヽ__::::::_::-‐´'
  /       ヽ____⌒ヽ_____
  |      /_____ |⌒ヽ____ ヽ.、         落ち着いたというか落ちたというか
  ヽ、____(____|つ__.____|ヽ.、
 /´:: ::::;;:::: ;;::::ヽ :: )
 ヾ:::::__::::::_::-‐´



494 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:28:27 ID:slNjrxRw0





         ____
        /  ノ ' ヽ\
      / (≡)   (≡)\        とにかく!
     / /// (__人__) ///\      本気でビッグニュースだお!
     |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !     これでなんとか経済開発のめどが立つ!
     /     `ー'    \ |i      今夜は祝杯だお!
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <





495 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:28:57 ID:slNjrxRw0






     / ̄ ̄\
    /   _,.ノ  ヽ、_
    |    ( ○) (○)        喜んでるところ悪いがな、やる夫。
   | U  (___人__)        よほどうまくことを進めないと、大変なことになるぞ?
    .|       __ノ__
    |     _/ ___\ヽ_      南アフリカやローデシアあたりが攻め込んでくるかもしれん。
     、    '-/____ヽ  |
     ノ 、 ._'-〈  、ヽ  |
    ,´         ヽノ}   |
   /          {   /
  ./  /       /   {




496 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:29:20 ID:slNjrxRw0






               -―─- 、
           /         \
         ′  -‐    ‐-   ,      そんときゃそんときだお。
          i  ( ●)  (● )  i      金がないから、ボツワナには常備軍がないんだお?
          |   ⌒(__人__)⌒  l
         、     `⌒´   . '      数十人の警官隊で、精強さで名高いローデシア軍や南ア軍と戦う?
      ⊂⌒ヽ  >       <_/⌒つ   冗談にもならないお。
       \ 丶′             7
        \ ノ           ト、_/





497 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:29:54 ID:slNjrxRw0




             / ̄ ̄\
            ノし. u:_ノ` ,,\.
            /⌒`  ( ◯)(O):          他人事みたいに言ってんじゃねえ!
           .:|   j(   (__人__)         攻め込まれたら一巻の終わりなんだぞ!
          :|   ^  、` ⌒´ノ:          
          |  u;     ゙⌒}:          オラパは国土のわりと奥深くだから国境紛争にはならんが、
          ヽ     ゚  " }:           国ごと取りに来たらどうするつもりだ!
            ヽ :j    ノ: i |i |
         /⌒      ヽ  | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i        トランスヴァールの歴史、お前なら覚えてるだろ!
    :: (「    `rノ ::      \   ||i  \      ああなるかもしれんのだぞ!
     :: ヽ   ノ ::          \       \
ガタッ!  |   | r         「\   \       \
       |   | |       ノ  \   \__   \
          ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ   \
     || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)    \
     || ||  |         | ||| |                    \




498 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:31:13 ID:slNjrxRw0


19世紀末には南の隣国だったトランスヴァール共和国。その国は今はない。
トランスヴァールは財政難に悩み、1877年にはそれに付け込んだイギリスによっていったん滅亡させられた。
しかしポール・クリューガーやピート・ジュベールといった名将によって英国軍は撃退され、1881年に再独立する。
こうした中、1886年にトランスヴァール中央部のウィットウォータースランドにて金の大鉱脈が発見され、
金鉱の中心には瞬く間に大都市・ヨハネスブルグが誕生する。
トランスヴァールの経済も、あっという間に拡大していった。




┌────┐:::::::::                 :::::::::::::::::;;;;;;;;
│ ヨ    .| ::::::::::,,,,,,,,,,:::::::::::::::        ;;;;;;:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;
│ ハ  魔 │  ::::::::::::::::::   ::::::::: :::::::::::::::   ;;;;;;;;:::::::::::;;;;
│ ネ    │         .|    ;;;;;;;;;  :::::::::::::
│ ス  城 . |         .|          :::::::::::::
│ ブ     . |        ||     .|     ;;;;;;;;;;:::::::
│ ル     |    |   _| |__..  .||            ゴロゴロ……
│ グ    │    .|;|  /。 。ヽ  |,;|
│        │    |.;;|  ヾi||i;;,,,ノ ,-'。'-,
└────┘   ノ ヽ  .|,l.|iii|/。。。。ヽ
         ||   <。。。`)イ。ヽ|ヾiiii;;;''""ノ.
  .    .|;;|    |ii;;;"''(。。。。);;|ii;; ;:|        ピッシャーンーー!!!
       .| ;;,|  /'~~~';;; ヾii;;:iノ  |;; ;|.
  .    .ノ ;;ヽ_ ヾミlli;;∧;|i;;;i.|   ||;∧.||     .||
    /。。。。\|ミ,-' '-,i;;;| ll  いノヽ   |.|
   /o o o o o o .Y。。。。ヽ,, ll  .|i; |。。\,-'-',_  :::::::::::::
   ヾミi;U;;o""''∧'~ヾii;;;;:''/ii ll ..|i; .|;;;;:::::''ノ______ヽ:::::::
    |iii;;;:∧::ヾ(,,,,,,,,,)ii|.ii;;'' |ii  ll  |ii; |;;;丿iii;;;/   ;;;;;;;;
     |iii;;;| |::ヾ`|ii..|´ ii|. ヾ|ii  _,ノii;; ヽ_ii;;::/
  /'~'\ノ::ヽ  .|i;.|  iiii .ヾii,-'~。。。。。。 `\    .|



499 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:31:52 ID:slNjrxRw0


しかし、この金はトランスヴァールに平和をもたらさなかった。
金鉱発見のニュースを大喜びで伝えに来た部下に対し、
老将・ジュベールはこう告げたという。



                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.ヽ
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:\
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:!
           !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:/
              〉:::::::::::::::〈カj:::::::::::::::,.'"´ ̄``ヾ;:;:;`i
           j `ヾ、_:::::::::::::::::::,.'´   _, ;: ;: ; ト  |
           !  }  `二、_"´    ' "´     !  !
            | 」 .,:;:; . :; .,``''  ,、-‐''´  ゙; .,!  」          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
           /^ヽゞニ二ニ''ー-、j  、,、zー''ニ二;} { ,r''ヽ        | お前は喜んでいるが、むしろ泣いたほうがいい。
            〈 ,コリ , ; :' ,rェュ_,`冫 ,`ゝェァ-, ´ ,〉イ ,!!     < この金は我が共和国が再び血に染まる原因となるだろう…
            `,ヾ!  ``  -‐'"i´ ;::::.`ー '´  リカ /         \                                            /
            ヽj , ; : '   ,   ;:::::.:.. . , ;: ' レ' /              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             ゙ト、 .:; :  ,ィ、   ;:::.:.::. . .  ,'´!ノヽ
              /::! ,  ,ィ'゙´"`ー'‐'^ー-、,,   ; !::::::::ヽ
           /::::::! ;  jk,,,、、-ー'''ー-、、,,〉. ' !:::::::::::!
          ,イ::::::::ト,'   ,  `ー─‐一'  ,! ,!/:::::::::::::|、
      _,、-‐''´.:i:::::::::ヽゝ、    ー一   ,' ,'イ:::::::::::::::|:.:.``''ー- 、_
  _,、-‐''´::::::::::::::::::l:::::::::::::ヽ \    ;  . :; :; ,イ/:::::::::::::/i::::::::::::::::::::::.:.``''ー
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::/iY´`ゝ--‐'ー--‐'゙´V:::::::::::::::|/:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:..
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾ/ ! '´  ,イ  .:::::::;;/:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.

        ピート・ジュベール トランスヴァール共和国将軍
             第一次ボーア戦争の名将




500 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:32:39 ID:slNjrxRw0




                                          ,、-‐、
                                          ハミヽ ',
                                          Lミミ__ノ
                       ,',.゙:; , : '        r‐,. -‐'.:::::::::::::::::::::.`ヽ
  r'''''!                 :. ; ; . ,          ´1!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
  _ト、/        r;;;;;        rr 、              ``ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::|
/.::::::::::',        !「 ノ   L) _ _ミ! 〉                 〉::::::::::::::::::::::::::l
.::::::::::::::!      /.:::::::.:.`ヽ 〈::::::::::::::::::::::く_                /.:::::::::::::::::::::::::::::!
1.:::::::/        〈 1.:::::::::ハ::! `""´i::::::::::::::.ヽ             /.::::::::::::::::::::::::::::::::',
「 ̄ ',           L.:::::/ ヽ     ',.:::::, -、L            /.:::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::〉
 ハ  ',       /   〈         レ'´  ハ.:::::7ニヽ        ``ヾ:::::::::::::::/:::::::::::::/
/  ', ',      / ハ ',      (/  / ',               〉 、:::::/l.:::::::::::/
.   ', !      / /  i  !       / /ハ ',             /    ̄`7´ ̄/
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;



彼の危惧は現実のものとなった。
この金を欲したイギリスの侵攻により、この後わずか16年でトランスヴァールは滅亡することとなる。





501 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:33:10 ID:slNjrxRw0






    / ̄ ̄ ̄\
  /        \          もちろん知ってるお。
 /    ─   ─ ヽ         でも、…たぶん、そうはならないお。
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \






502 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:33:35 ID:slNjrxRw0





           ____
         /      \
        /  ─    ─\        …やらない夫。
      /    (●)  (●) \       ボツワナが独立できた理由は、なんだと思う?
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \






   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)       我々の必死の独立運動…と言いたいところだがな、
. |     (__人__)       ぶっちゃけ俺らがやったのは独立運動でもなんでもないだろ。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }       イギリスが手放したがってた、そこに俺たちが乗った。それだけだ。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |


503 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:34:11 ID:slNjrxRw0




               ____
             /      \
           / ─    ─ \        そういうことだお。
          /   (●)  (●)  \      ボツワナは植民地として引き合わなかった、だから捨てられた。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/      …じゃあ、引き合うようになったら、ボツワナはまた植民地にされる、と思うかお?
          /     ー‐    \





     / ̄ ̄\
    /   _,.ノ  ヽ、_
    |    ( ○) (○)          ああ。俺はそれを恐れてるんだ。
   | U  (___人__)
    .|       __ノ__          この大鉱脈が、ボツワナを滅亡させることをな。
    |     _/ ___\ヽ_
     、    '-/____ヽ  |
     ノ 、 ._'-〈  、ヽ  |
    ,´         ヽノ}   |
   /          {   /
  ./  /       /   {


504 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:34:51 ID:slNjrxRw0



         ____
       /      \
      / ─    ─ \          やる夫は、実はそこまでは思わないお。
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |        この10年間で、ボツワナに限らずたくさんの国が独立したお。
     \    ` ⌒´    ,/        その中には資源の豊富な国もあったし、コンゴみたいに内戦の起こった国も多かった。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |         …じゃあ、その中で再植民地化された国は、どこかあったかお?
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |






    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |         …あ、あれ?
. |        |         どこもない…な?
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |


505 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:35:21 ID:slNjrxRw0






               ____
              /    \
              /          \         やらない夫。
            / ⌒    ー    \        この10年で独立国が大量にできた本当の理由は、
             |  (●)  (●)    |        採算が取れなくなったからじゃない。
            \  (__人__)    /
              /   `⌒ ´   イ`ヽ、       「独立」というものが異様に重い時代が来たからなんだお。
         , '     ` ̄          \





507 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:35:48 ID:slNjrxRw0

                                  <|>
                              <////|  \
       .x                         |//////|   \
  .z< ::::::::|>                       |//////|     \
<::::≡:::::::::::|: : : :>                    |//////|      \
≡::::≡:::::::::::|: : : : : : : :、                   |//////|        \
≡::::≡:::::::::::|: : : : : : : : : : 、                |//////|         |
≡::::≡:::::::::::|: : : : : : : : : : : : .、           |//////|         |
≡::::≡:::::::::::|: : : : : : : : : : : : : : :.、            |//////|         |
≡::::≡:::::::::::|.: : : : : : : : : : : : : : : : :.:.、       |//////|         |
≡::::≡:::::::::::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.、      |//////|         |
≡::::≡:::::::::::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :..、   |//////|         |
≡::::≡:::::::::::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :..、 |//////|         |
≡::::≡:::::::::::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :...、|//////|         |
≡::::≡:::::::::::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : x////|         |
≡::::≡:::::::::::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : x|         |
≡::::≡:::::::::::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : x        .|
≡::::≡:::::::::::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :..x    |
≡::::≡:::::::::::|: : : : : : : : : : : : : : : :______: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .|......._..........
≡::::≡:::::::::::|: : : : : : : : : : : : : : : ||工工工工工::/エ≧ェ 、: : : : : : : : : : : : : : : : :| |: : : :|
≡::::≡:::::::::::|: : : : : : : : : : : : : : : >―───‐ ≧=──────ォ 、: : : : : :.| |: : : :|
≡::::≡:::::::::::|: r─────―イ///////////////////////////|:::[工エェ]| |: : : :|



「独立」が、この10年で侵すことのできない権利になった。

今やアメリカやソ連みたいな超大国でも、力ずくで他国を併呑することはできない。
そうでなければ、ボツワナみたいな弱小国、
独立したところですぐにどこかに併合されて終わりだったお。
独立しても占領される恐れがないから、みんな次々独立してるんだお。






508 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:36:38 ID:slNjrxRw0





..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)       だからやる夫は、独立維持に関してはあまり心配してない。
  /     (__人__) \      一度独立してしまえばこっちのもんだお。
  |       ` ⌒´   |      南アフリカにしろローデシアにしろ、一国を消滅させる度胸があるわけはない。
.  \           /
.   ノ         \       …ただ、別に併合しなくても言うことを聞かせる方法なんていくらでもある。
 /´            ヽ      だから…






509 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:37:40 ID:slNjrxRw0






         ___
       /     \         やらない夫!
      /   \ , , /\        今すぐヨハネスブルグのデ・ビアス本社に連絡を取ってくれお!
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |       この話、どちらにせよダイヤモンド・シンジケートを持ってるデ・ビアスに話を通さなきゃならんお。
      \      ` ⌒ ´  ,/       都合のいいことにあそこは南アフリカ資本だから、
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ     うまくいけば政治的にも経済的にも南アフリカとの関係が改善できるお!
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |





510 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:38:11 ID:slNjrxRw0



                / ̄ ̄\
               _,ノ ヽ、_   \
               (●)(● )    |
               (__人___)     |
                    '、        |
                |       |               わかっただろ。
               | ,     /_.{               任せとけ、必ず話は通す。
               `ァニニ<//〉、__ __
               ,./ /\  / : : : : : : > : :\        まあ、そんな難しい話じゃないだろうけどな。
            _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶       あちらさんにとっても願ってもない話だ。
          /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }       必ず乗ってくる。
         ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
          { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
        / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ
       、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´
      / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}
     / : : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :}
    { : : : : : :\、 : : : : : : : : : : : : : : : :\. : : :∨ : :l
    ヽ: : : : : : : : ̄"\ : : : : : : : : : : : : : : : / : : :{





               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |      頼んだお!
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /



511 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:38:51 ID:slNjrxRw0




    / ̄ ̄ ̄\
  /         \
  /ノ  ヽ、_      ヽ
 ( ●)( ●)      |
  | { .!  )        |.         ところでな、やる夫。
  |. ¨´ `¨´      l.         行く前に、一つだけ聞きたいことがある。
.  |          /.
  |          /          …お前、この鉱脈のこと、前から知ってたんじゃないか?
   \__      (           タイミングが良すぎるだろ、常識的に考えて…
     _)_ ===\
    /          \
   /            ヽ
   |    ,        i
   |     |        l.|
   |     l         | |
   |     |.        |. l
   l    |       |.│
  /    ノ        | |
  /     /        l /
 (ヽ、__,/____  __,У
  ヽ_ィ  __ __ ̄ ̄_ ̄_,|
  ¦  ¦ ¦ j l   |



512 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:39:24 ID:slNjrxRw0




         / ̄ ̄ ̄\
         /        \
      /   ─   ─  ヽ
       |   (●)  (●)  |
      \   (__人__) __,/
      /   ` ⌒´   \
    _/((┃))______i | キュッキュッ
 .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
 /  /_________ヽ..  \
 . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






           / ̄ ̄ ̄\
         / ─    ─ \
       /  (●)  (●) ヽ
        |    (__人__)    |
        \   ` ⌒´  __,/
        /            \
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  トン
    _(,,)           (,,)_
    /  |   偶然だぞ   |  \
  /    |__________」   \



513 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:40:07 ID:slNjrxRw0




    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__)    そっかーぐうぜんかー(棒
  |         ノ
  |     ∩ノ ⊃ }
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /





           ___
       /      \
      /ノ  \   u. \      いや、マジで偶然なんだって。
    / (●)  (●)    \     そりゃいくつか鉱脈のないところでダイヤが見つかってたからあるだろうとは思ってたんだけど、
     |   (__人__)    u.   |      こんな大鉱脈が見つかるなんて予測不能だお。
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \      てか、本当に大鉱脈が発見されてたのなら隠し通せるわけがないお、こんな話。
  /´               ヽ



514 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:40:47 ID:slNjrxRw0


                                ,、
                                 | `ヽ、
                         ,r‐--}`ヽレ‐-、.`ヽ、
.    \                 /    ,|   }`ヽ、.`ヽ、`ヽ、
.     \                 /   / //|  | /|  `ヽ、`ヽ `ヽ、
         \          //  / // .l  l/| |、   ヽ ヽ  `i          はーい。解説の高良みwikiです。
          \         / /  / //| /|   | l| ヽ     ヽ ヽ   |         この件なんですが、やっぱりタイミングが良すぎるんで、
           \     l  |   / /,.. -、 l   | ,..-、 ヽ     ヽ ',  |         けっこうあちこちで疑われてますね。
            \-、    ! / l //r`::r ヽ、.l lr:::ヽヽヽ   i ヽ .l |
                r'{ヽ ',__  ヽ{ ト| l l.:::ノ i__,/ ゝ l:::::::r' 〉 ト、 ', ∨ |         元資料でも何件かこの疑惑に触れたやつがあります。
                {ニi//`ヽ、 l 、i. ___,ノ '、  `ー ,' / |) ) } | ヽ′        
             y /     ` <  |` 、_ ー `ー‐'_,/  |'´ | ,/ | ||
                >'       ,/ /ヽ,.-、_>-‐ <)   l  レ'  | ||         もちろんボツワナ政府が「見つかったのに隠してたよ!」
                \   ,/  /   ,//::/ /::/   /     | }{         なんて言うわけもないので、
                \ /  ,.-‐'   ,∠ f=======┐   |( ヽ        真相は永遠に闇の中ではあるのですが。
                  { { i、___ / /|     ||    |   i   l ゙゙゙゙
             __... -‐ヽヽ|′/l/⌒,ネ    ||    |  |  l
      ,.-‐ ´        / ///:::://ー┬-r、i´|`レ)_|,  |   ',
     /,..-‐ァ'´    _,. '´/ // ,/::::/77:::::::| lヽ、_ノl )ヽ  |   ヽ
.     〃´ //  / /  /   ,|::::/:/::l:::::::ノ|  \__,/ノ /  |   ヽ
      / ,イ  / /  /  /::レ'::/::::|/|::|    \__,.<      |     ',
.      l i |  |/  /  //::::::/::::::::::::l:::|       ヽ     |    }
      ヽ、|  / /  /::/::::::::::/::::::::::::::l::::|        ヽ    |    /
        ヽ/ /   ,/:::::/::::::::::/::::::::::::::::l::::|          ヽ   l    /
         { /    /:::::/:::::::::::/:::::::::::::::::l:::::|           ヽ ノ  /
         /   /___'ー- __く‐-、:::::::::::l::::::l           ヽ /
.         /    `ー-〈:::::::::::/ | ヽ、ノ:::::::|                 ヽ
        く           `ー-/__|   |`ー--|        __... -─-、 ヽ
          `ー──────-|  |─--L__,.. -─<´     __>
                        l   |      |   | `ー--‐‐'´
                     l    |        |  |
                       /     l       ,'   l
                    /'´ ̄ ̄`ヽ  ,. -┴ 、  {
                      (         | i     ヽ!)、
                   `ー----‐‐′}     ,-┘
                          `ー--‐'´


515 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:41:25 ID:slNjrxRw0



                  ,-、
         ,λ ̄゛`ー‐--.|  ヽ-‐─--.、_
         //        .;|   . :i::.    `ヽ、
.        //   ノ  / .:|   : .:|:: :、    、. `ヽ、
       /´  ::/  :.:/ :;メ{   : .:|.:|、 \  :.ヽ、} ハ         ただ、1の感覚としては、
      /  / ::/ : :/ :./| ∨  .: :|.:| ∨ .|   :.:`ヽ.|            やっぱり偶然だったんじゃないかなあと思っています。
.     / / : : :/ : :/ ,ィ⌒| ∨ : .:|:|  V⌒ヽ : :. 、 ヘ、
    / /| : : : / : : j ::/   |  ∨i .:|j   ヽト、  :.: : |: ヘ       見つかったところで当時の情勢ではイギリスが独立をやめさせるわけもなく、
    〈 :| | : : ::| : : :/|/ ___ !   リヽ、.:| ___   〉 : :.: ト、: 〉         隠す理由がないんですよね。
    ヽ,| |: : : :|  : :;ハ ,.ィ'≠ミ  }冖{ `,.ィ≠ミ、 } : : :. / i レ'
.      |: : : :ヽ、::{:.:ハ.      ノ , 、     j: : : :/: |         むしろこれが見つかってたら、
       | : :{ヽ、::|': ::.::j` ‐-‐ ´ __ `‐-‐ ´,|: : :/i:  |          ボツワナ側が切り札として使う可能性のほうが高かったでしょう。
       `ヽ|  |`: |:::::|`l.、    V_,ノ    /j;/ |  i|           1ドルでも多くお金が欲しい時期でしたから、
           | j: |: :::} .|、:`>‐ァ--t‐<´j::|: : :  |  |:|           大鉱脈の発見はより大規模な援助を引き出すカードになりえます。
           リ : |::;ノ ,ニュ、 |´   `} `|::|: : : ノ.  λ          独立自体は動かないんですから。
         ノ .,ィ´|  -‐y 〕 |-─‐-|   |リ:. : /ヽ、. ヘ
        / : f\.rヽ、___,j;>、  |  |: :  メ /i:..  ヘ         ですので、やっぱり本当にこの時期に鉱脈が発見されたのだと1は解釈しています。
       / ::ノ:|   }`ミ三三三彡.  |  j::  //   |::i :. `ヽ、
      / : .:/: :|  〈`゛──--ー'〉 |  ./  /      |: :| ::.   )
     \ .:/: : :|  〉      "|. | /  /       |:.:| ::: /


516 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:42:16 ID:slNjrxRw0


数日後…


                         / ̄ ̄ \
                      _,ノ ヽ、,__   \
                      (●)(● )    |
                        (_人___)   U  |            話は通した。あちらさんは大乗り気だ。
                         '、       │           今日にはハボローネまで来てくれるだろ。
                  <二ニヽ        |
                     /-‐   `i 、 ___,. イ i            ただ、なんというか…
                     {/´、     ',┐__>ーメ ┴ュ           本当にこの話進めるのか?
                 しrヽ    V:::Λ  / : : :>、_        強烈に嫌な予感がするんだが…
                   ,.<ハ、_/ ̄ V ∨ : : / : : : : :_>-.、
                     「 : : : :〈 : : : : : : ヽ/ : : :/ : : : /: : : : : `、
                 /. : : : : ∧ : : : : : : :ヽ : : : : : :/ : : : : : : : : }
                    / y : : : : : Λ : : : : : : : \ : : / : : : : : : : : : }
                 / : :.i : : : : : : Λ : : : : : : : : :ヽ:ノ/ : : : : : : : :j
             ノ. : : :| : : : : : : :.∧ : : : : : : : : : :ヽ : : : : : : : : :ィ



517 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:42:47 ID:slNjrxRw0




      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・         なにかおかしなことでもあったかお?
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.    |  /      |




           / ̄ ̄\
      / 〉 _ノ  ヽ、_ \
     / /' ( ―)(― ) |
    ./ //〉 (__人__)  │          …ま、会えばわかるだろ。
    .l  ´ イ|   `⌒ ´   |
    .l    iY           |          おっと、もう来たみたいだぞ?
   ./   ハ !       /
   ./  /  ' ヽ      /
   l   /  .〉-r:::┬〈、
 __「 ー‐1  ./Λ 〉.:〈 7//\
 i//7777|/////V::::::V/////\
 |//////|//////∧::://///////}
 |//////| ///////∨/////////{


518 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:43:18 ID:slNjrxRw0


      , -―- 、 ,. - 、
     /:::::::::::::::::`´::::::::::}
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::/
   {::::::::::::::::::::::::::::/
   /^):::::::::::::::::::/     ___
. r‐'-く::::::_:::::::/.   , .::::::´::::::|!:::::::::`ヽ
f⌒ヽ_j::/ //    /:::/´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ::ヽ              オーッホッホッホ!
 ̄`V   |'   r-:{:/  ___  ___   ゝ、:Vヽ            いやいやいやいや、はじめまして!
.`ー'   ∧  ._j ,   r '^ー┤.ト- ^ー,   ヽ; }            デ・ビアス社長のハリー・オッペンハイマーでございます!
ヽ.___/::::ヽ {  }   ゝ-- ソ^つ 、__ノ   .} ヽ
 ',:::::::::::::::::::::ゝフ'{. iーr―┬^ーr―r―'7 .Lノ
  ',::::::::::::::::::::::::::::::. ヽ-| _|__.|_|--./  ,::::`ヽ
  ヽ::::::::::::::::::::::::::ヽ ゝ|__|  | _」/  /:::::::::::::\
    \::::::::::::::::::::|:.ゝ、_   ̄ ̄   _. ィ:´:.|:::::::::::::::::丶
     `|:::::::::::::: |:.:.:ヽ `7ー- <´  ./:.:.:.|::::::::::::::::::::: ',
      .|:::::::::::::::|:.:.:.:.:.ヽ/    ヽ/:.:.:.:.:!::::::::::::::::::::::::!
       .|:::::::::::::::|:.:.:.:.:.:.:.:\   /:.:.:.:.:.:.:.:|::::::::r_ニニ二ゝ
       .|:::::::::::::::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ニ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::::::/      l
      |::::::::::::::::l:.:.:.:.:.:.:.:-(___)-:.:.:.:.:.:.:.,'::::::ヽ .ハ   j
      |_:::::::::::::::`ヽ._:.:.:.:.:.:.:.:,、:.:.:.:.:.:.:._/::::::::::'/,A ',_ノ:く
      /::::::::::::::::::::::::`ー-:':::::`ー‐´:::::::::::::::://riァi V-i iヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::::::::::::::::::::::::::::/7 |.|| ヽ>、V、!
      |::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ::::::::::::::::::::/ ´ r'''i  ヽ':.:ー'ヽ
      |:::::::::::::::::::::::::::::::::|    |:::::::::::::::::f´:.:.:.:.ゝノ:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.ヽ
     f´ ̄ ̄`ヽ::::::::::::::::i    .|_:::::::::::::::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:/
     .ヒー----i ̄ ̄二!    i__二´ ̄^ー----r―-´-´
     `ー――'´`ー‐ '     `ー―ヘ____ノ

          ハリー・オッペンハイマー




       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \   (嫌な予感しかしねええええええ!!)
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /




520 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:44:20 ID:slNjrxRw0


                _,,r‐‐―-.._,,ノ′:::::‐-、
             _-‐''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ゝ、
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
           /′:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
           | __........--‐'''''''''' ̄"゙''''"`゙''''''''''''''‐ー-..│
          ,'""_______________│
          _レ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、,,_
      _..-‐'∑..---―-' っ‐'j―:冖‐'ァ‐‐―'―‐‐-:::::::::::::::::::`''‐‐-..、           _____
    -''F‐ナ""'、  _..--‐"´ `''"  ,'  │ `ー'´`''ー-、_  ̄ ̄|`"゙'''''‐-         _ノ"´  `\       おおっと、すいませんでした。
      /    :ヘ       ,,r’ r'ゝ \       ノ    |            _/      │      わたくし、こういうものです。
      /    、  ゙‐..,,___....‐ 广  `'l::'‐....__ __..r'′    ヽ         _..‐′      /
     l′  |  ゙''''´        ̄‐‐ ̄    ̄’ `''''′ |  ノ       _ノ'´        _/        今日はよろしくお願いします。
     l    |  Tlー-..,,,,......--┬ニニソヘニニニ--- ┬‐''、   |_‐     ___r''´        _/
     ヽ  |  ゙J 、  l   ト    |   |i   || _丿   ナ    _-'"          /′
_‐‐‐''"^`ー-、  ヽヽ `'iー--..⊥__」__レ‐‐'T了   |    ノ'´            ー-,,__
:::::::::::::::::::::::::::::::\  ヽ>廴  (    l    '、 _..ク′   │  /                  ̄′
:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ、  `ーこー-ゝ__∟_-rヒフ     /  _┘
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::^ゝ、_    `''''ー----一''"´     r'"∨/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ `‐            _..‐"´ _ _丿
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  ̄ ̄ゝ、_    _,,/    /  ゙厂
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、  /’: `゙゙''''''"´: : '、   ノ’ │    ‐'" ̄ ̄ ̄"^ー 、_
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /: : : : : : : : : : : : ヘ /    l               ゙‐
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`′: : : : : : : : : : : : ` ´    ヘ                      ____ヽ


521 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします:2013/05/18(土) 19:44:36 ID:LeiwhLj60
その人はいやあああ!?w

522 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:44:52 ID:slNjrxRw0



         |   │
         |   │
   ┌──| r―t│───i
   │    | i ___ ! .       |
   │   ゝ ─ '  サ  |
   │         イ  |
   │  オ   お   .フ   .|
   │   .ッ  埋  の  |
   │  ペ  め   ス   .|
   │   ン  し  キ  |
   │  ハ  ま  マ.   |
   │  イ   す    、 .|
   │  マ          |
   │  |            |
   └────────┘



523 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:45:28 ID:slNjrxRw0


          /′::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ 、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、
         ノ..、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│
      _,,..-r′ `゛───‐''‐‐ー----------‐''' ̄´ ゝ-....
    /:::::::::::`''''‐‐.._____ _ _ __ _ _ _ ________________,,..-‐'''''´:::::::::::`''ヽ
    ゙‐......__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__,,..../
     /´´´``゙''―‐┬ 、........________,,__,,........--一''/ `''、
     l :::::::::::::/''"`   ''‐'’|:::::::::'、 `ー‐  ゙''''ー- 、::::::::::::::::l
    /:::::::::::::::ヽ       ,,/::::::::::ヘ        /::::::::::::::::::\
   丿  :/′  丶,,_   _..-'' -′ ヽ..へ..__  __../    |   l
   '、  | 丶---    ̄´  ゝ..、_ ....′   ̄`   ‐-___.  |   │
..-':''´::ヘ  │   1''''‐-......,,____    ´   __,____ --'‐'l   |   丿::`゙''ー、
:::::::::::::::`─ |   ゝ  !   !´"`^ 1^" ̄ {   」   !   ,'‐''´::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::l    ヽ -..L_  |    」    '、  __!..-/′  ,':::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::ヽ   ゙ 、厂゛'''''|‐ー--│--‐‐|''''"" 1/   丿:::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::''\   丶、 |    」   │  _/    /::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::゙lゝ、    `ヽ∟__  |   _,, l-''´    ,,ィ/::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ 'ゝ、       ̄ ̄"´     ,,..:'' /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::


 ハリー・オッペンハイマー。南アフリカ経済の巨人である。
 大学卒業後、連合党の代議士となっていたが、
 父の死とともに政界を引退し実業界入りした。

 多数の金・ダイヤモンド鉱山を所有し、デ・ビアスを中核とする
 南アフリカ最大の財閥「アングロ・アメリカン」グループを大きく飛躍させた。
 世界有数の大富豪でもある。




524 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:46:30 ID:slNjrxRw0


                    ___.-ー-,,_-ー-__
                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                 l-────────────―‐|            いやいやいやいや、今回はどうも、
              __|______________|__         デ・ビアスを指名していただきましてありがとうございます!
             <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
   _         ( ̄./ ̄ / ̄ヽ__フ.|  .|ヽ__フ ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄|          あの鉱山があれば、わが社もボツワナも
  /  .ヽ        〉 |  \     / |⌒|        ノ   ヽ \         飛躍的な発展を遂げるでしょうなあ!
  |   .|       / /      ̄ ̄ ̄l"" `゙゙7―-―'''''''''    |   |
  |   .|   __(_/  ''―'       ´゙ゝ'"´      ''―'   .|_.ノ         …なにごともなければ、の話ですがね。
  /   |─、´::::::::::::::::::::l  ヽニ二二二二二V二二二二二二/   |:::::::\
. /  ,____ /::::::::::::::::::::::|   |   .|   |    |   |   | l   : l::::::::::::::゙''-、
.| /    ̄レ⌒ヽ:::::::::::|   ヽ ─|――|─‐ー|――|ー─| /    |::::::::::::::::::::::\
.|  .      .) |:::::::::::::\   \ .|   .|    |    |  /    /:::::::::::::::::::::::::::::'、
.|  ー ̄ ̄ ̄ .l /:::::::::::::::/ヽ    二二二二二二二二二     /ヽ::::::::::::::::::::::::::::|
.|______________/:::::::::::::::::::::::\ ―───────────‐'  /:::::::::::::::::::::::::::::::|





               ____
             /      \
           /   ⌒   ⌒\            …なにごとかあってもらっちゃ困るお。
          /   ( ●) ( ●)ヽ
            l      ⌒(__人__)⌒ |           鉱山の開発条件だけど、こんなもんでどうかお?
          \     ` ⌒´   /
          /             ヽ




525 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:47:07 ID:slNjrxRw0


                    ,――-_,,
             ィ――ー''''゙゛::::::::::::::::::::::´゙'''ヽ
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
           |_‐' ̄ ̄ __________l
             |_._,,__--ー::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\__          どれどれ…
          ,ノ:::::::───── r‐--、__───l⌒、:::::::::::\
       _/::::::::/ヽ_ノ .| __  .l ゙ー'     ̄ゝ  |  l:::::::::::/
     /:::::!⌒| /     / _l l__ \     /    \ ̄          …ふむ。
      ̄ ̄.l l ヽ__/ (    }  ̄ ̄ ̄、__、    .l           ボツワナ政府とデ・ビアスの合弁会社を設立し、
        ./ ./.、      `''''''"       ,,,,,,,,,r    |           その会社にボツワナ国内のダイヤ採掘権をゆだねるわけですか。
       | .| `'i----------、,=ニニニニ二.|  |    ノ.,,____
       | .|  | ̄|.゛ ̄l ̄ ̄|   |   |__//   /:::::::::l l:::::::       出資比率はデ・ビアス85%、ボツワナ政府15%。
        .\|  |―|ー─l__|_-ー| ̄ ̄| //   /:::::::::::l l:::::::       契約は満了ごとに更新。
          ヽ ヽヽ   |   .|    .| //    /:::::::::::::| l:::::::       ただし条件は1年ごとに見直す、と。
       /:::::::ヽ. \\ |   .|   //   /::::::::::::::::::.l l:::::::
     ./:::://:::::|.;\  \ニ二二二二/   /l:::::::::::::::::::::::l l:::::::       いいでしょう、じゃあ契約書にサインを。
    ./::::::://:::::::|.;.| \_______/ /.;..|::_____//:::::::
  ./:::::::::::ヽヽ::::/.;.;|   /二二二二二l   /.;.;..|::\  __/:::::::::
  /:::::::::::::::::://::::/.;.;.;\ /二二二二二ニ| /;.;.;.;.;.;|:::::::\\::::::::::::::::
. /:::::::::::::::::://::::/.;.;.;.;.;.; \二二二二二 /.;.;.;.;.;.;.;.;.|:::::::::::ヽ ゝ:::::::::
/::::::::::::::::::::| |::::/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;\二二二/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;..;|:::::::::://:::::::::::
::::::::::::::::::::::.| |:::|.;.;..;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.|:::://:::::::::::::::::


526 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:47:48 ID:slNjrxRw0





              __
            ,,.-´   ``ヽ
          ./         \
         /           ヽ           「ボツワナ共和国大統領 セレツェ・カーマ」っと。
         .|   .'⌒`  '⌒丶  .|
       / |   ( ●)  (● )  .|\          これでOKだお。
      /   \  (__人__)   /  \
    /    / `ー─ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/\
    ,\   .l |  ∧ /         / /
   / .\  i l  .| /        ⊂)/丶
  ./    .\| | ./ /       ⊆)    \
               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




529 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:48:16 ID:slNjrxRw0


                _,,r‐‐―-.._,,ノ′:::::‐-、
             _-‐''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ゝ、
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
           /′:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
           | __........--‐'''''''''' ̄"゙''''"`゙''''''''''''''‐ー-..│
          ,'""_______________│
          _レ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、,,_
      _..-‐'∑..---―-' っ‐'j―:冖‐'ァ‐‐―'―‐‐-:::::::::::::::::::`''‐‐-..、           _____
    -''F‐ナ""'、:::::::_..--‐"´ `''"  ,':::::::│ `ー'´`''ー-、_:::::::::::::::|`"゙'''''‐-         _ノ"´  `\
      /::::::::::::::::ヘ       ,,r’::r'ゝ \       ノ:::::::::::::::|            _/      │   これで契約成立ですな。
      /:::::::::::::::、  ゙‐..,,___....‐ 广  `'l::'‐....__ __..r'′:::::::::::::ヽ         _..‐′      /
     l′::::::|:::::::゙''''´:::::::::::::::::::::::::: ̄‐‐ ̄    ̄’ `''''′ |  ノ       _ノ'´        _/     一応言っておきますが、もし約束を破ってしまった場合、
     l    |:::::::Tlー-..,,,,......--┬ニニソヘニニニ--- ┬‐''、   |_‐     ___r''´        _/      大変なことになるかもしれませんよ?
     ヽ:::::::|:::::::::゙J 、  l   ト    |   |i   || _丿   ナ    _-'"          /′
_‐‐‐''"^`ー-、:::::::ヽヽ `'iー--..⊥__」__レ‐‐'T了   |    ノ'´            ー-,,__
:::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ>廴  (    l    '、 _..ク′   │  /                  ̄′
:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ、:::::::::`ーこー-ゝ__∟_-rヒフ     /  _┘
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::^ゝ、_:::::::::::::`''''ー----一''"´     r'"∨/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ `‐::::::::::::::::::        _..‐"´ _ _丿
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  ̄ ̄ゝ、_    _,,/    /  ゙厂
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、  /’: `゙゙''''''"´: : '、   ノ’ │    ‐'" ̄ ̄ ̄"^ー 、_
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /: : : : : : : : : : : : ヘ /    l               ゙‐
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`′: : : : : : : : : : : : ` ´    ヘ                      ____ヽ


530 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:48:53 ID:slNjrxRw0





       ____
    /     \
   /  ─    ─\       
 /    (●) (●) \     言われなくてもわかってるお。
 |       (__人__)    |     途中での契約破棄とか言語道断だお。
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||




531 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:49:16 ID:slNjrxRw0


              __/三三三三三\
             ,r'"´三三三三三三三三三ミ\
               /三三三三三三彡'"´  _,, -―'=ー‐--==ァ
            /三三三三彡'"´ _,, -―'三三彡'"´三三彡'
          l三三三彡'´ _,, -‐'三三ミ彡'"´ `ヾ;/´  Y
          l三彡'´_,, -‐'三三彡_,,=-‐''"´ ̄l  `  / ノ
          ',  _, '´三三彡'<´ ゙ー゙     ,'   , \ `ヽ             うまく約束が守れるといいですなあ!
           ',='´三彡'/' ,   ' ,      /、_ノ   .\ .' ,
    ,r=ー--‐‐v三彡'´, <_ノ  }r‐、 `ー-=-‐'´ , ヘ        ',           それでは、私はこれで。
    /  、 __ノ彡'´ミ/     ノノ  `´)   ,,-‐'´  }           ',           お互いいいビジネスができました。
  /=-=ノ、  /,r‐ミr'',ヘ_   ノ ハ_、__ノ´ ,,-‐'  ヘ  ,j          ノ
 ./´ `ヽ  Y_ノ  ノ、 }  `¨´   ,、,、='  ヘ   》=',ノ    ー=_ノ            これからもいい関係でいられるといいですなあ!
../´ `ヽ  Y ',   /三`lー't--―''"´ ヘ    ヘ,,='´,,=' }       ///ハ \         オーッホッホッホッホ!
'´ `ヽ  Y ', }  /三三', \ヘ   ヘ _ヘ,,='´ ,,='´ >ノ     , '////ハ三\
  r  Y ', }ノ./三三三', . \`''´ ̄_,,-‐=''"´ ヘ/ノ   ///////ハ三三\
、 `ー' ー'´ ノ三三三三{.' ,.  \"´ヘ  ヘ,,,='"´/ /__,,イ./|///////ハ三三三
ミ`ー――'´三三三三三>、ヘ,,_  `ー-===-‐'"´./ホホホ/;;;|///////三三三
三三三三三三三三三/////|\ ーt‐ゝ====-‐'ホホホホ/ ;;;;|/////<三三三三
三三三三三三三三三\///|;;;;;;\ |ホホホホホホホホホホ./;;;;;;;;|//////\三三三
三三三三三三三三三三>//|;;;;;;;;;;`ー-=、ホホホホホホ/;;;;;;;;;;|////////三三三
三三三三三三三三三////|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ー-=-‐'´;;;;;;;;;;;;;;;|///////三三三
三三三三三三三三 </////.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r===ミ;;;;;;;;;;;;;;|//////三三三三
三三三三三三三三三ハ ///|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{     };;;;;;;;;;;;;|/////三三三三
三三三三三三三三三 ハ///|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ー―';;;;;;;;;;;;;;;|////三三三三三

532 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:49:45 ID:slNjrxRw0



こうして、デ・ビアスとの交渉は上首尾に終わった。
南アフリカ最大企業に開発権をゆだねることで南アフリカとの関係は強まり、
また南アによる内政干渉や傀儡政権樹立を思いとどまらせる効果を持った。
南アとしても、友好的な政権が近くにいてくれれば文句はなかったし、
仮に併合したとして、今以上の国際的な批判を浴びたうえ、国内にさらに多くの黒人を抱えることになってしまう。
そんな選択をとれるわけがなかったのだ。



         __,,,.... -――‐- .._
       /vV///∠∠彡:ニニヽ
      {/`ー-‐'''"´   二二ニニl
     /ー--‐''''"´    二二ニニ|          ボツワナ政府の決定は非常に喜ばしい。
    ,/ー---‐'''"´__   ニニ二二|          我が国としてもできうる限りの支援を行う所存であります。
    〈べヽ l. ヾニ-‐'''ヾ> =r-、ニニ|
    },-o->  ヽPニニ  ミ ス.|ニ二|
.     |二/,'   ー― '  `に!|二ニト、
    |/,' __ ヽ\    r<二ニ| \
      | 「r---一ァ'!   | \ニ|   |`'ー-、__
       | !` 三 ̄  l    |    \!  |
        \       _.. -''"    /|    |
    _,.. ‐'''"`ー <´       / |  |

 南アフリカ共和国首相 バルタザール・フォルスター





533 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:50:23 ID:slNjrxRw0


             /. : : : `ヽ: : /: : : :\
                / . : : : `ヽヽ:l://. : : : : :ヽ
            / . : : : : : : : : Y : : : : : : : : : :.
            .: : :/⌒\: : : : l: : : :/⌒ヽ: :.:i
            | : :|    ::....、: l :, .'     '.: :|         ローデシアにも異論はない。
           : : :|     ::::`´      ': : |
           '. : |_    ...:::::::.  '" ̄   |: :'
                〉, { ー―u‐ァ.::ィ r―u‐ァ |/、
             {う l / ̄::/ | ヽ ̄`ヽ |う}
               V∧ .:::::::〈 |      リ /
               ヽJ.   ::::::ー、l_,.     ,ィ′
                 Y:.、 ::::::. __,    /|
              l  \:::::.` こ´   / ,|
               _/|\  \::. l    イ/卜_
          _,. -‐<_} |::人>=.≧ー≦=人::::| {_>‐- .、_
    _,. -‐<_>  ´   乂:::::::三V} | {V三:::::乂  `  <_>‐- .、_

        ローデシア共和国首相 イアン・スミス


ローデシアにしても事情は同じだった。
南アより国力の劣るローデシアに、国内に不和のないボツワナ政府を転覆させることは難しかったし、
そもそもローデシアは同じ白人至上主義の南アおよびポルトガルとの協調によって国を維持していたのだ。
後ろ盾の南アの資本が入った以上、とくにできることはなかった。





534 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:51:15 ID:slNjrxRw0




     ____
   /      \
  /         \
/           \       …つ、疲れたお…
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





     / ̄ ̄\
    /   _,.ノ  ヽ、_
    |    ( ○) (○)
   | U  (___人__)         すごいプレッシャーだっただろ…
    .|       __ノ__        さすが南アフリカ最大の財閥トップだろ。
    |     _/ ___\ヽ_      ほかの財閥トップも、みんなあんなんなのか?
     、    '-/____ヽ  |
     ノ 、 ._'-〈  、ヽ  |
    ,´         ヽノ}   |
   /          {   /
  ./  /       /   {





       ____
     /      \
   / ─    ─ \        やめてくれお、想像したくねーから。
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /




535 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:51:49 ID:slNjrxRw0





       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (● ) .   |
     . (人__)     |       それにしても、あの条件でよかったのか?
     r‐-、    .   |       うちの取り分が少なすぎだし、
     (三))   .   |       よそだと最初から資源は国有化してるところが多いぞ?
     > ノ       /
    /  / ヽ、 .   /        さっきの「約束」うんぬんは、
    /  / ⌒ヾ   .〈        「国有化するなよ!絶対国有化するなよ!絶対だぞ!」ってことだろうし。
    (___ゝ、  \/. )
      . |\    ,.1
      . |  \_/...|




536 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:52:21 ID:slNjrxRw0




      ____
    /  ⌒  ^\       ああ、それはかまわねーお!
   /  ( ●)  (●)      どうせ国有化したところで、うちにはノウハウも販路もないんだから。
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ    だったらプロに任せて、うちはロイヤリティだけもらったほうがずっと合理的だお。
 |       |r┬-|   |    それに、今はまだ操業もしてないんだし。
 \        `ー'´  /     1年ごとのロイヤリティ変更を盛り込んだから、操業してから上げていけばいいお。





         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)     なるほどな。
        |      ` ⌒´ノ     言われてみればその通りだろ。
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |



537 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:53:08 ID:slNjrxRw0



  n__ o.   _     __n__ o        . _
  | r‐┘   └┘/7  └ォ r┘  ___  └┘/7
  ..∟ニコ    <ノ   <八八>  ゛―――'   <ノ

   .______________
.   |:::::::::::::::::::::::::::::::: ||:::::::::::::::::::::::::::::::: |
.   |:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::||:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|       こんばんはー!
.   |:::::!:::::::::::::::::::::!:::::||:::::!:::::::::::::::::::::!:::::|       ボツワナ郵便局です!
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|       ハリー・オッペンハイマー様からのお届け物ですー!
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|::[||||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::!:::::::::::::::::::::!:::::||:::::!:::::::::::::::::::::!:::::|
.   |:::::|______|:::::||:::::|______|:::::|
.   |:::::::::::::::::::::::::::::::: ||:::::::::::::::::::::::::::::::: |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




     ____
   /      \
  /─    ─  \
/ (●)  (●)   \     なんだお、さっき帰ったばっかりなのに。
|    (__人__)      |     はいはい、今行きますよー!
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/


538 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:53:45 ID:slNjrxRw0




     (    〉三彡ミミ刈//ノイ{{//川ヘミ川|彡ヲ刈三ヾー'
      >ャッv彡三彡ミミゞゞ{{{ヘ{≧ミミ刈}〃川彡彡}!}三≧≠⌒
      {!  >ミミ三三≧ミミ>ミミミミ川川彡彡彡三彡≦三ミミ≧xイ_,r
     _ `y∧/彡≧ミミ/     ゛ヾリ〃´    "シ≦ミ≦三≧ミ<
   /,≧x=>ミ三三彡゛                "彡ミ≧彡三ミト-      すみません、こちらがお届け物です。
    ,ム三ミX三三≧イ   _, -=一'{      .r=- 、   }三ツ彡彳´ ゛ミ、       じゃあここにサインを。
   {;'´ ̄7>ミ三彡彡! ,r'´ ̄ ヽミミ 、  l   川√ ゛>ヽ ソ三≦ミミ、  ゞ、_ノ
   ,!_,〃,f彡三彡彳 ヽ、ニ二 _ヾミミッ | r彡"_ 二ニ ヶ  レ⌒)ミミミゝ
  ,f"ヽ_//〃ァ7ハ 八   >- ィハY 、l Y ≦ -イ   },ノ/三ミシ彡≠、
{、_ム彡"ヘ//彡"三ハ_ノ ゝ、    _ノ  l l  ヽ、     ノf_/三ミミツ
,x三ミ=-=彡≦三彡f {  )ヽ /   ,   、  \ ,r´ イハミミⅦ!{    _ノ
   ,r≧三彡7/彡ヲ   ゝ {  〉    ゝ--<    ハ  ,ノ  Vルミリゞ=≦、
 _,ル′  //彳彡イ    ∧.(   ノ二 ー' 二ヽ   {ノ ノ     トミ三≠≦ミミッ'⌒
     ,イ/彡イ川i!     ヽ入 ̄`ー. ̄.一' ̄ / /     ドミ三三ミミ≦、
    ノ ル1{ リ彡!       ヾ   ,r'  ̄ `ヽ  〃         |ミ三ミミ≦、__ ヾ!
    _,ム斗イ  八       ,ハ {     } /        厂`ヾー-<⌒ヽ
 .//////// /  ヽ       ゝ ー  一 7        ハ   〉/////>、
<///////// ノ   ハ                    /  ゝ ./////////∧

                  郵便配達員



539 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:54:08 ID:slNjrxRw0



       _(⌒(⌒⌒)___
      ☆☆\_\/☆☆☆ |         |
   ./  ☆☆☆   /【】 |         人
   | ̄ ̄ 【】  ̄ ̄|  【】 |          ̄ Y ̄
   | ☆  【】  ☆ |  【】 |         |
   |  ☆ 【】 ☆  |  【】/
   |☆   【】  ☆ |. /           *
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        *




            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \    いやにファンシーな箱だお…
    / (●)  (●)    \   とりあえず、開けてみるか。
     |   (__人__)    u.   |   手紙もついてるな。どれどれ…
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \



540 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:54:38 ID:slNjrxRw0


:::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  __---‐'''" ̄ ヽ
 ̄´           ヽ、
       ,,..---‐'''''''´`──----..,,__
----‐'''^´´:::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::::::::::::::::"
:::::::::::::::::::::::::::::::::_....- r''('^゙て
:::::::__,,..--‐'''' >''`ー'’ !  ,ゝ、
丿"   _r'"      l′ │ ヘ、            「とりあえず、今年分のロイヤリティをお支払いします。
ノ   <′      /      〕            まだ開発前なのであまり多くはございませんが、
     `' 、__、__/    ̄ ̄ `ゝ           お納めください。
        ´      _....-‐七 ニ|          オーッホッホッホ!」
    ^''''' ′_二二ゞ一'''フ´   ノ
      ..lニニ    ノ    /   丿
      ∟ "''=ー--....,,_│   ノ
       '广''ー- \ ::::::::::::::::::::::´
       ゙ゝ、 ノ  `゙'''ー‐-- 、
        `くゝ,,   /    /
          ゙''ゞヽ.. __  /
             `''ー⊂⊥
___               )
  ゙'‐ニ''''――─ー..、__/

541 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:55:05 ID:slNjrxRw0



.        /.壱//万:/|
         |≡≡|__|≡≡|彡|____
.. /$//|≡≡|__|≡≡|/.壱//万:/|
 |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
 |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
 |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
 |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|/

        /.壱//万:/|
         |≡≡|__|≡≡|彡|____
.. /$//|≡≡|__|≡≡|/.壱//万:/|
 |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
 |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
 |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
 |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|/

        /.壱//万:/|
         |≡≡|__|≡≡|彡|____
.. /$//|≡≡|__|≡≡|/.壱//万:/|
 |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
 |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
 |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
 |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|/

        /.壱//万:/|
         |≡≡|__|≡≡|彡|____
.. /$//|≡≡|__|≡≡|/.壱//万:/|
 |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
 |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
 |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
 |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|/

        /.壱//万:/|
         |≡≡|__|≡≡|彡|____
.. /$//|≡≡|__|≡≡|/.壱//万:/|
 |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
 |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
 |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
 |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|/



543 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:55:35 ID:slNjrxRw0




      __/ ̄ ̄\
     /  / \ _   \
   / _ノ(○.)(○ )   |
  /o゚(>)(__人__)  U   |     な、なんだこの金額!?
 |   (__人r┬-| u     |
 \ .  ` ⌒{ー'´     /      こんなんすぐに出せるのかお…こわいお…
 `'ヽ. 二ニ. ―'⌒)   (⌒)
   `i ‐-_ ̄ ̄/.   ヽ
    | .  ̄ ̄i      |
    | .     |      |



オラパ鉱山の開発によって、ボツワナはそれまでの予算とは比べものにならない収入を手にした。
しかし、この収入をどのように使うか、ということの方向性はいまだ定まってはいなかった。
この収入の使用法によってはボツワナは飛躍的な発展を遂げることができるだろうが、
この時点では前途はいまだ杳として知れなかった…





545 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/18(土) 19:56:00 ID:slNjrxRw0
今回ここまで。


547 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします:2013/05/18(土) 19:57:07 ID:7IsjMNAI0
うわぁw

まあ、政府庁舎さえ碌に造れなかった国と、世界有数の大企業グループとじゃあなあ・・・w


551 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします:2013/05/18(土) 20:00:48 ID:bmqoSARY0
乙でした
大金は人を狂わせるからね。どう転ぶことやら



関連記事
Comment
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:maakun
思うところがありまとめを畳みます、今までご利用ありがとうございました。
当ブログで纏めさせて頂いていた作者様、ありがとうございました、そしてすいませんでした。

最新記事
最新コメント
作品一覧
月別アーカイブ
人気記事ランキング
RSSクーマー
アクセスカウンター ( 総PV )
アクセスカウンター ( ユニーク )
現在の読者数
現在の閲覧者数:
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。