ブログパーツ QLOOKアクセス解析
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  完結作   »  やる夫はアフリカで奇跡を起こすようです  »  やる夫はアフリカで奇跡を起こすようです 第六話 「前途多難」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる夫はアフリカで奇跡を起こすようです 第六話 「前途多難」




1966年。



                                \│/
                                ― @ ―
                        ⊂⊃     / l \    ⊂⊃
                           ⊂⊃
             _______
           ////////\
          //////// ̄.\\
        /∠∠∠∠∠∠/    . \\
         ̄|::..... . .. ..... .. ....|::. | ̄ ̄| .::.|. ̄
  , ;;"''''"~"''"'"|:: : □..::.::.: :. ...|:.: |o  |:. |""''⌒~""⌒''''";;;,,,,
 ;;;        |;.,.,:;.;:,.;:,.,.,., ,. ,.,.,|;., |    | .,|          '"~"''''"~"''''~;;;;,,,,
          "'"'""'''""'"'"""'"''""'""..


      ボツワナ共和国首都 ハボローネ(ガベロンズから改称)
              大統領官邸






392 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:31:50 ID:ClL2Rshw0



  _ _   ___
 / ) ) )/ \  /\
 {   ⊂)(●)  (●) \        ついにボツワナが独立したお!
 |   / ///(__人__)/// \       バリバリ働いて、少しでもここを住みよい国にしなくちゃ!
 !   !    `Y⌒y'´    |
 |   l      ゙ー ′  ,/       やらない夫、まずはどこから手を付けようか!
 |   ヽ   ー‐    ィ
 |          /  |
 |         〆ヽ/
 |         ヾ_ノ





   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)        …どこも。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }        てか、やることは多いわ金はないわでどうにも動きが取れないだろ、
.  ヽ        }        常識的に考えて…
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l


393 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:32:23 ID:ClL2Rshw0







          ___
        /\  / \
      /(●) (●.) \
     /   (__人__)     \        ひとがせっかくやる気になってるのに、
     |      |::::::|  ノ(  |        話の腰を折るなお!
     \     l;;;;;;l   ⌒ ,/
      /ヽ   `ー´   ィ⌒ヽ         …そんなに現状ひどいのかお?
      rー'ゝ       〆ヽ .)        いや、ひどいことはわかってるけど、具体的な数字が…
    ノヾ ,>      ヾ_ノ,ヽ}
    ヽ ヽ|        ヽ_ノ







394 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:32:50 ID:ClL2Rshw0



       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (● ) .   |
     . (人__)     |          …なあ、やる夫、
     r‐-、    .   |          この国の黒人で大卒って何人くらいいると思う?
     (三))   .   |
     > ノ       /
    /  / ヽ、 .   /
    /  / ⌒ヾ   .〈
    (___ゝ、  \/. )
      . |\    ,.1
      . |  \_/...|





      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |         …1000人くらいかお?
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ


395 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:33:14 ID:ClL2Rshw0



        . __
       ./::::::. \
       /::::::ヽ;;:   \
     . (:::::(::::冫    |
     . (:人;;;) .    |
     r‐-;::::::. .     |       お前を入れて22人だ。
     (三)):::::.. .   |
     >::::ノ:::::::::.    /
    /::: / ヽ;:::::::::   /
    /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
    (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
      . |\::::::::::::;;:1
      . |:::::\;;/:::|





         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /( ○)  (○)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・



396 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:33:53 ID:ClL2Rshw0





      / ̄ ̄\
    /ノ(  ゝ 、_,ノヽ        r'´ ゙ヽ      /`ヽ          ____
    | ⌒(( ●)(●)        ヽ   ヽ从从/   /        \   /\
.    |     (__人__) /⌒l     \  \/  /て       (●)liil(●) ノ( \
     |     ` ⌒´ノ |`'''|    ∑ ヽ/  /  そ     / (__人__)  ⌒   \      大卒たった22人で近代国家なんかできるかお!
    / ⌒ヽ     }  |  |      ,)/  / \ く     |   |!!il|!|!l|         |
   /  へ  \   }__/ /      /   /\  \      \i⌒ヽェェ|      /
 / / |      ノ   ノ    /   / YYY\   \     \ \  /⌒,/´       俺に言うなよ!
( _ ノ    |      \´    /   /       \   \     / \ \/  /l        ちなみに高卒も100人しかいねーよ!
       |       \_,/   /         \   \_/    \__ノ |\
       .|            /            \             |) )
       ヽ          /               \           ,r' /
         \      , '´                   `' ,        /ー'′
          \     (                     )     /
            \    \                  /    /





397 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:34:34 ID:ClL2Rshw0







      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ           人材がいないとは聞いていたが、想像以上だお…
   / _ノ ノ    \  \ `、
  (  < (○)  (○)   |  )
  \ ヽ (__人__)   / /







398 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:35:03 ID:ClL2Rshw0




   / ̄ ̄\
 /   __ノ ヽ
 |    ( ●) )
 .|       (__人)         それからな。うちの国の舗装道路は現在何㎞かわかるか?
  |         rつ
  .|        ((三)
  ヽ       ( <
   ヽ    /∧ ∨
   ∠    /⌒ ∧ ヽ
  (  \ /  / ___)
  |\  ''  /|
  |  \_/  |





      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |         …せ、1000㎞くらいかお?
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ



399 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:35:58 ID:ClL2Rshw0



     __
   /::::::::::::\
 /   __ノ::::ヽ
 |    (;;;;;;)::::)
 .|      ::(;;;人)      13㎞だ。
  |      :::::::::rつ
  .|      :::::::((三)
  ヽ    ::::::::::(::::<
   ヽ  ::::::::::/∧::::∨
   ∠::::::::::::/⌒ ∧:::ヽ
  (:::::\ /:::::::/;;;;;;;;;;)
  |\::::::::::::/|
  |:::::\_/:::::|




         ____
        /_ノ  ヽ、_\         ━━┓┃┃
       o゚((●)) ((●))゚o         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \       ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                          ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・



400 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:36:24 ID:ClL2Rshw0




      メ ,, -──- 、._\
    メ/ u    ゚ 。 \\     ど、どうしろっていうんだお。
  / /    ノ  ヽ、   \\
   ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |
  \\    (__人__)   /く<
   ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ





   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   (○) (O)
. |.   .|| (__人__)       こんな状態、いくらなんでもひどすぎるだろ。
  |    ノi  !   | }        どんな国ができるのやら、本気で見てみたくなった。
.  |   し' ` ⌒´ノ
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)


401 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:36:47 ID:ClL2Rshw0








   /  ̄  ̄ \
  /  _ノ  ヽ、_  \      前回投下とやらない夫のセリフは一緒なのに、
/ o゚|⌒|  |⌒|゚o  \    内容が真逆だお…
|   | (__人__). |    |
\  | `|⌒|´ |  /
/ ̄ |川!| ̄|川i| ̄\






402 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:37:22 ID:ClL2Rshw0




そう。この時点でボツワナ経済はいまだ貧困脱出の糸口さえつかめていなかった。




           冫----v----、
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::\
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /’::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::::::::::::ハ           Q:ボツワナはいつ豊かになりますか?
       7::::::::::::::::::::::/ ヘ:::::::::::::::::::::::::::ハ
        iヽ、__:::::::::ノ   ヽ _:::::::_,..、≠
       _i”++±ノァY〉;l=l=l=l=l'=ト=モヲ'"ハ          A:いやあ…
      i ヽ::::/`゙''-、_     _,,.-‐''"ヽ::/ ヽ         父さんの任期中には無理かな…
      ヽλ  ■□■□■□■□  〃7/
        iヾ、 □■□■□■□■  ノ,         (プライバシー保護のため音声は変更しております)
       i:::::::i   u  i        i'":::::i
       /:::::::ハ    〈 ,    u  i:::::::::::ヽ
 _,,.-‐''":::::::::::::ヘ   ━ ━     i:::::::::::::::ヽ
`゙''ー-、,_::::::::::::::::::ヘ.   ̄ ̄ ̄   /,::::::::::::::::::::i
     /:::::::::::::::/-,\  ,,    /  i::::::::::::::::::::ヾ
    i::::::::::::::::::::i    '-lllll- '" / ヘ::::::::::::::::::::::ヘ _
    i::::::::::::::::::::i   l     /   〉::::::::::::::::::::::\\
    ヽ::::::::::::::::::ヽ  i     ,′  /:::::::::::::::::::::::::::::i  \                     LIVE
     ヽ::::::::::::::::::ヽ        /:::::::::::::::::::::::::::::::/    \                    東京 立川



403 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:37:57 ID:ClL2Rshw0



             / ̄ ̄\      ヽ_,
           / ノ  \ \     ヽ(_/
           |  (◎)(◎) |      ) (          電話もねえ!ガスもねえ!
           |  (__人__)  |     ノ (`          バスも一日一度も来ねえ!
            .|   |!i!i!i!i|  .}    ´⌒\
.            .|   |i!i!i!i:|  }                 信号ねえ!あるわけねえ!
             ヽ  ` ⌒´   }                 オラの国には舗装がねえ!
           _,r、 ヽ     ノ
           _j'、_ノ  }` ¨¨  {
.          ,ノ  Yヽ ̄"    ⌒゙ヽ
        「 ヽ ヽj_.       i  }
     ,イヽ、 `,__,ィ、__)       |  |
     (  ト、  Yrイ          | |
      ̄ " ̄   |         | |





                   ,,  、、 ,
                  、、 ゛  __  ' ,
                 ,'   /^ ≡^\  丶
                  ;  /(@)≡(@ ) \  ;        あれより下なのかお…
                 ; /::⌒(__人__)⌒:::\ ;
            ,'  | u  |r┬-|    u | _
               ;  /´ ̄``゛)- .‐    /  '、,
                ;  |   ̄ ̄        ̄)  、
             ; |            | ̄ ̄    ;



404 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:38:35 ID:ClL2Rshw0






     ____
   /      \
  /         \      …ま、まあ、どうにもできないものはしかたがないお。
/           \     とりあえずじゃあ外交でもしとくか。
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/     やらない夫、近隣諸国の情勢ってどうなってるお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





405 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:39:05 ID:ClL2Rshw0







       __
       /ノ ヽ\
     /(○)(○) \
     | (__人__) u|      味方がいねえ。
    |        |
.    |        |
.    ヽ      /
      ヽ    /
       /    ヽ
       |      |
       |      |





406 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:39:31 ID:ClL2Rshw0




               ____
            /      \
    i⌒',   /   ⌒    ⌒\
    |  つ / u  ( ○)liiil( ○) \
    |  | |        (__人__)   |        ちょ、そんな一行で!
    |  | \       |r‐- l u./
    |   ̄ ̄   ,- 、 `ー'´   \
    \____  ヽ  ヽ___)   |
           \⊂_         /
           \ `ー─── ' ヽ
            )            \
            /            \
          /     /´`\      \
          !    く´     \      ヘ
           \    \       ヽ     ヘ
           (´________ノ        ヽ    ヘ
            ` ̄  ̄           ∨______`)




407 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:39:55 ID:ClL2Rshw0







     / ̄ ̄ ヽ
    /      ヽ          事実なんだからしょうがないだろ。
   /        ヽ
   |     _,.ノ '(ゞ、_|         詳しく説明してくぞ。まず南の南アフリカはこれまで見てきたとおりだ。
   .|    ( ー)ヽ ヽ         国力的にも経済的にも絶対敵対できないけど、どう見ても仮想敵国だろ。
   .ノ| U   (___人_\\__      西のナミビアは第一次世界大戦以来、ずっと南アフリカの植民地のままだ。
 /  |     `⌒(⌒_   \     まずいことに北もナミビア領のでっぱり(カプリヴィ回廊)にすっぽり覆われちまってる。
 {   .ヽ.       し「、    \
 {   ト `ヽ. ___´ノ  ヽ、    i   そして東のローデシアだが、ここは南アフリカがかわいく思えるくらいの白人至上主義だぞ?
 .|   |       |  /   /






408 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします:2013/05/15(水) 20:40:28 ID:r1Xs1ZBM0
詰んでるwwオワタ!


409 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:41:25 ID:ClL2Rshw0



              ,.r‐'" ̄ ̄ ̄`゙ ヽ、
            ./ ,,           \
           ./ ,:f            :ヽ
         ./ ニ十'ニ:-――、_       i.
         / _ ゙ナ'"  ゙ー‐-、        :i!
        」__≧、,r-‐====‐-ゝ     ,r-┤
       /i、_,_トート <゙;ニlユニーt゙!、   ,i.ノー、ト-、_
       ! l`゙ー;`ナ' .ハ、=:゙ー==‐'/ ̄ヽ リ Lr‐ 「゙ー-ヽ、_
       ヽ!ーニ;/ ;イ  ニー---'"   ノ ,r'"i! l   ヽ.ヽ
        七'"リ‐-ィー―゙\    /  T.ノ ./i   .,! ノ!
        l_l゙ーi        \  i"   、_ノ l  // .!
       ./,ィ! -=ニニニニ=、_,   i    i   レ'./  .!
      .r',f   ____  __    i  __,r'ー‐'"r'"    l
      .l ト、  ,:    ゙ー"_,.---┴=-‐'"゙i  └r'    !__
      .ト-、_ヽ_j   _,..-="_,二二 ̄   ._ノ ,.r‐'  _/
   ,(   ト-、 ヽヽヾ/,r'"r‐'"‐‐ゴ"    ゙ー‐' _,..-‐"


     南ローデシア自治領初代首相 ゴッドフリー・ハギンス


ローデシア(南ローデシア)はもともとショナ人とンデベレ人という二大民族の対立が続いていたが、
19世紀末にケープ植民地首相セシル・ローズによって植民地化された。
南ローデシアは鉱物資源は見るべきものがなかったが、
適度な降雨がある肥沃で広大な高原が広がっており、農場としては一級品であった。
そのためイギリス本国から多くの農業移民がやってきて、黒人の土地を取り上げながら大農園地帯を建設する。
やがて移住者たちは団結し、1923年にはハギンスのもとで自治領政府を樹立した。




410 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:42:37 ID:ClL2Rshw0



                        _
                /        \    | |
              /           \    | |
             /              \    | |
            /                 |   // |
           /  _ /_            |   // |
           |  _ | _     /       |   // |
          (___)|(___  ) |    |  //  |
           |<・>)=(<・> ̄|   |  ⌒)|  //  |
           |___// \___/  ノ   6)|  //   |
           | |  / 〉\     |    |  | //   |
           \ | んつ  〉   |     |  |//    |
            |/  U       \    |//     |
            | (  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ) |    //      |
            \  ⌒\      ノ   //       |
             \____      //        |
             ________ノノ   彡
          ミミ   ̄ ̄ ̄||| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  彡彡
           ミミ三\   |||   /三三彡彡
            ミ三_二二|||二二_三三三


とはいえ白人の人数は南アフリカよりもさらに少なく、一度も10%を超えたことはなかった。
そのため南ローデシアでも南アフリカと同じような人種政策が行われ、
黒人たちは居留地へと押し込まれることになった。
この政策を推進したのがハギンスで、これ以降も南ローデシアの政権は強硬派が握り続けることとなる。


やがて第二次大戦が終わると、南ローデシアの白人も勢力拡大を目指し、
同じ英国植民地である北ローデシアとニヤサランドを併合して「ローデシア・ニヤサランド連合」を結成。
北ローデシアの豊富な銅とニヤサランドの安い労働力を手に入れた南ローデシア経済は一気に発展する。
しかし白人の影響力がさらに少ない2植民地は反発し、
1962年にはニヤサランドがマラウイ共和国として、1964年には北ローデシアがザンビア共和国として独立。
南ローデシアは再び単独の自治領に戻った。




411 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:43:11 ID:ClL2Rshw0


               ,、
             //
           ///)
          /,.=゙''"/       _,r'三 ̄`ヽ、
         i f ,.r='"-‐'つ     /ヘ/" ゙̄\,ミ\
         /   _,.-‐'゙~     ,! 、!r r。-r ミ   i
        ,i    ,二ニー;     ドツ ヽ ̄  fハ, il        諸君らの愛してくれたローデシア・ニヤサランドは死んだ!
        ノ    il゙ ̄ ̄      l ー-_゙   ,、/ /        なぜだ!
      ,イ「ト、  ,!,!         ゙! )二」゙  ,!i Y
     / iトヾヽ_/ィ"___.     ヽ.t  _/,!  i
    r;  !\ヽi._jl/゙_ブ,フヽヾーtー:、__ ,トf-≦-=、_,L
    ∧l   \゙7'゙ .j!/ / /\jr=ニ:ー-゙┴、 ゙ミ三ヽi]l「/l
   ./ i !   \.// /./  ./   \ ┌‐ヽミ≦‐十'"!
  /  i゙i     /  ̄ ̄ ̄       i .l ッー-、\_ミ「彡゙ー=r.、
 ノ   ヾ、  /            i! ! \_ ̄i i l r‐へ__\ー-、
/      ゙''y'              l .i  、 l  !.j .l l 「,> ゙t.,>‐fi


       ローデシア共和国首相 イアン・スミス



この状況に危機感を抱いた南ローデシアの白人たちは、
選挙で極右のローデシア戦線を支持。
その中でも最強硬派のイアン・スミスが政権を握ると、
1965年には「ローデシア共和国」として一方的に独立を宣言してしまった。

この国はその成り立ちから他国に対しても超強硬派で、
黒人諸国に対して非常に敵対的な態度を貫いていた。
特に北のザンビアとは犬猿の仲で、お互い経済制裁をさかんに発動している。




412 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:43:42 ID:ClL2Rshw0



                  _,,,..........___
               ,.‐'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``丶、
              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_)
             /;;;;;;;;;;;;;伐};;;;;;;;;;;, -'゙i"ミ; ゝ、
              {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::{:ゞ、 冫し
             >;;;;_ _, -''"::-::::::::::ゞぐ  く
             犲彡r''_丶、:::::::::;_.._.、-ミシ ィ}
             ゝTリ ~=tェ);;::Kーtァ=;;川イ
              八ン::ゞ:::::::::i::|::l::'':':::´;;;};: リ
     ___,,,..-.t''i"((从:::::::::,,イ:;;::え::::::::;;;イ从`''ー-、, _
   ,ィ乍三;;_;;_;;_;;_;;」;;゙i;;;;;;;「i:〉::::::,ィ==-、::;;/i;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ー-、,
 /;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;川;;;;;;;;;;;;゙i;;;;;ゝヽ:::::::`ニニ'´:;;/ /;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>-、
/;;;;;;;;;;;;;;;;;゙i;;;;;;;l;|;|;;;;;;;;;;;;;゙i;;;;;;;;\\::::::::::::://∧;;;j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;_
{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙i;;;;;|;|;|┌┬┬i;;;;;;;;;;;;‘Y´丁〒'´;;;イノ;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;


       ジンバブエ・アフリカ民族同盟 ンダバニンギ・シトレ


こんな状況に対し、ローデシア国内でも反政府組織が設立され、
ンダバニンギ・シトレやジョシュア・ンコモらによって闘争が開始される。
しかしローデシア軍は非常に精強で、寄せ集めの黒人ゲリラなどがかなう相手ではなかった。




413 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:44:38 ID:ClL2Rshw0





            ¨¨¨¨¨   、
         /  i l! |      \
         ′u | | |l !      u. ヽ      …つまり、あれかお?
      /     !   (___人___)   }      東西南北、あたりはぜーんぶ白人至上主義?
       i u      !ililililil|   /
      !        {ililililiノ  /
        ゝ          イ..ノ}
         7 ..ノ}      ! ノ
         /  .ノ     |´
          /          |





      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \
  | /:/ /...| |  |        そういうことだろ。
  l レ ./..ノ .,''´} i        アパルトヘイト反対なんて言った日にゃ、
  l   ' ´ .〃 / |        あらゆる意味でぶち殺されるだろ、常識的に考えて…
  ヽ.     . 〈 .ノ
    \.,_  ._ノ /
     /  /  ヽ
    ./  /   |
    i ./  .  |


414 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:45:16 ID:ClL2Rshw0



         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\       じゃあとりあえず、アパルトヘイトに関しては沈黙しとくお。
    /   ( ―) (―) ヽ      ほかにどうしようもない。
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |
    \     ` ⌒r'.二ヽ<      そのかわり、初めて招く国賓は「もうひとつの隣国」からにするお。
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!





      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \         もう一つの隣国?
  \          |
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|


415 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:45:46 ID:ClL2Rshw0




       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●  ( ● \      あるだろ、一応隣国が。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \     北の端で、爪の先くらいのちっちゃな国境があるところ。
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /





        / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
      (⌒)(⌒ )   |
      (__人__)     |       ああ、ザンビアか!
      (`⌒ ´     |
     {          |       なるほど、それなら問題ないだろ。
     {         ノ
  __∩  ヽ      ノ
 (ミんゝ、 /     ヽ
    \ '' /|    |



416 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:46:21 ID:ClL2Rshw0



      ト 、.__   __   ト、  __
   ト 、 ヽ   ``ヽゝ ``ヽl .\ヽ`ヽ.
   ヽ `ヽゝ              iノ   ヽ
    ヽ                   レ`ヽ
    ト-ゝ                    i
    ヽ、_                      }ノ)
        ``ゝ      ,、ト、_           く
        {  ,   ,ハ| r=ト、.__        }
        ヽ ト、 .,心 ,.-'マ>   \ ,.-、  トノ
            ヽ! Y⌒ノ^、__,ノ ̄ ̄ ̄| !i^リ ./
               `i‐ヽ__      り,ソ /
              ヽ `ニ´       ! /
             ヽ         |,′
               ,ゝ‐r‐ァ '´     !
      ,. ‐'´ ̄`ヽ./   〔_.|      ト―- 、__
    , -く ヽ二二二_)、 __  L_\_    |       ̄ ア
  /`ヽ `ヽ       `ー-、__  lト、  !ー-、   ,rく_


     ザンビア大統領 ケネス・カウンダ


ザンビアとボツワナの間は数㎞だけつながっているが、
この当時はただ接しているだけで全くアクセスがないため、国境としての意味を持っていない。
しかし、一応隣国であるには違いない。

そして、初国賓をザンビアからにすることには大きな意味があった。





417 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:46:55 ID:ClL2Rshw0



.         ∨: : :丶: : : : : :丶 : : : : : : :ヽ: : : : : :Y: ヽ
     人   ∨: : : :\: : : : : : \: : : : : : : : : : : : : : : :}
    {: : : 、 ∨ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : く___
      \: : : : : ≧=‐- : : : : : : : : -―….、: : : : : : : : :ヽ(〈
      ≧=‐- : : : ヘ: : :へ : /: : 丶: : : :≧=‐-: : :-‐=≦て
     /: : : : / : :/ : : /: : : ハ\ : : :ヽ : : : : : : : : : : : : : :刈ヽ
.    Y¨⌒¨¨ /: /: l : l {: : : / ム斗-‐≧\: : : : : : : : : : : : : :l : .、         俺の話を聞けー!
         /: /: : | : l人:.:/ /¨迅_癶  丶 : : : : : :_:_: : : : l : : }
.        /: 人√}::/-=ミzzY⌒Yr――― ¬ : : :{⌒ } : : |八{
       /   {:ハ迅_厂ヽ::::ノ′    { 八ヽ:lじ 八: :{
            {:::::乂_^        ____从ノ‐く:ノレ′____     -‐…
                {  ム-‐===、.  |_________ {  /: . .     . .`
                 \ \ /⌒ j.i  |   丁: : : : : : : : : : : ∨: : : : . .   . . : : : ヽ
                 \ `辷 ツ   |   } : : : : : : : : : : : ,ノ ==‐-   -‐==彳
                 \`ー‐   人   ` : : : : : : : : : :/
              [[匚 ̄ ̄ ̄_>-< ./ \_ _丶: : : : : : : :!
             \\: : : : : : : : :∨ / /  丶_ _\: : : : : :!
.          -‐……\\: : : : : : : ∨ /    }}   /: : : : : :!
       ∠          \\ : : : : : ∨    }} ‐く: : : : : :|



ザンビア大統領のカウンダは、アフリカ有数の独立指導者として知られていた。
やや急進的で白人諸国とは対立し、のちに独裁者となるが、
基本的には理念で人々を引っ張っていくタイプで、無用な流血を好む指導者ではない。

そのカウンダを最初に国に招くということは、
ボツワナは黒人諸国との連帯を忘れていないという強力な政治的メッセージとなった。




418 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:47:44 ID:ClL2Rshw0





      / ̄ ̄ ̄\
    / /     \ \        とりあえずこれで、どっちにもいい顔はできたお。
   /  (●)  (●)  \       しかし、こんな綱渡り毎回やってかなきゃならんのかお…
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \





   / ̄ ̄\
 /    _ノ \
 |::::::     (● ) )                     弱小国家の悲哀だよな。
. |:::::::::::   (__人)
  |::::::::::::::  `⌒´ノ          ....,:::´, .      あと、財政は牛肉関係だけはやっておかないと。
.  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..       唯一の収入源だからな。
.  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
   ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
   /:::::::::::: く         ,ふ´..
   |:::::::::::::::: \       ノ::ノ
    |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´



419 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:48:20 ID:ClL2Rshw0



ツワナは牧畜の民である。
農牧兼業で定住民ではあるが、牛は古くからツワナにとって富の象徴でもあり、財産そのものであって、
牛の数がそのまま貧富の差とみなされるような社会であった。

これは、ボツワナにとって数少ない強みであった。
近隣の他民族がヒツジやヤギを重視しているのに比べ、
より商品性の高い牛を基盤としているため、輸出がしやすかったのである。



                         , ァ
                  、_.. -‐::::::::{ {ニ=-
          {≧zzx、__,..x≦::_:::::::::八 ゝ≧====ミ 、
            V//\///////////≫  ≫.:´:::::´::::::::::::ヽ_
            `ー―‐ァ、////≫.:´ヽ/::::/::::::::::::::::: /::::::::}__
                //ハ≫.:´::/  .:'::::/:::::::::::::::::::/:::::::::::::ハト
                 /´ ̄::::::::::/ ヽ/::::/::::::::/:::::/:::::::::/:/::::::}:::}__ イ
             イ::::::::::::::::::/ミ /::::::′:::/:::::/_:::::::/::::::′::/::::}  ノ
             |:::/:::::::::〃 }/{:::: :|:::::/}/::::::::`メ:::::/::::::/::::八¨´
                ノイ::::::/{   ハハ::::::|:::/癶==ミx´ }/:::::::/}::::::::::ト
                 {:::/{  ゝ彳 } }i::::N{      ヾ幺イ彡  }::::::::::}
              V:::{ / / ノノ }从          ⌒V:::::::::∧
                }ハゞz/彡ヘ    ヾ           {=ミメ /::::::::/:i∧          モウー?
                }/i:i:i:八 }i     __     〉  /::::::::/:i:i:i:∧
            , -=ミ }:iイ   八    {  `ヽ   ー=彡 幺'\:i:i:i:i:iヽ、
             /    \     ヽ    、__ソ    ∧     `¨¨¨¨¨
     .      /         ヽ≧=ミメ \        イ:i:i}
          /           ∨-=/ ハ、≧=- r<__ノi:i/
          .′        ∨、ゝ// / \  \i:i:i:ノ
           {          ハ:i:}\≧= 、/ヽ   ̄
     .    /{             { Ⅳ  V  _\:i\ __
         ′          V    ∨ /i:≧x:i∧  `ヽ
         {   '.            '.     ∨○i:i:i:i〉i∧    .
         |   '.  イ ̄ ̄ミ 、 }__   ゝ-=彡 V∧    .
         |   ∨ {      \i:i:i:i≧、 ‘, \  マiム、   i
         |    :/  〉         〉i::i:i:i:i:} ‘, 丶 \i:ヽ} }
        }   /ヽ ヽ       V:i:i:i:i:iハ  ‘,   \ ヽト、 }
        /  .′ ト  ‘,      ∨:i:i:iノ  ___、     :.  V:i\
        .イ     \  ‘,       V´  /i:i:i:iハ    :  ∨:i:i} 、
     /ニ{   ヽ{    ヽ ‘,      \ -‐ 、i:i:i:}    }  V:iノ ヽ
    /ニニ八  八     ハ   }      /i:i廴⌒ <!__  /   リ .....、:
.   /ニニニ≧=-   \ / '.  廴    /i:i:i:i:i:i:i:ヽ   {:i:iV_   / /:i:i:i:ハi
.   ゝ=ニニニニニニニ=-{彡  '.   `ヽ /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}   L:i:i:i:i:>x {:i:i:i:i:/}
  /`¨¨  -=ニニニニ八 _r:i:≧=-   _{i:i:i:i:i:i:i:i:i:ノ    ヽ/     >‐- 、

                     牛




420 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:48:55 ID:ClL2Rshw0



くわえて、さらにいくつか優位な点があった。
ツワナにおいて牛は重視されていたが神聖視はされておらず、商業取引には何の問題もなかったこと。
そして、牛はあくまでも個人の財産であり、その所有権は厳重に保護され、さらに所有権の移転手続きが簡単だったこと。
つまり、近代的な財産権に近いものが確立されていたのである。
また、このためにツワナ人は牛の飼育に意を用い、ツワナの牛はその質で知られるようになっていった。



           _
         ./三三ニヽ
        ./ニ三三三ニ`、
       {ニ三三三三ニノ
         .',三三三三ミ/
          .',ミ三三三ミノ
      ._.,/ニ三三ミ/
  _,, .‐''ニ三三三三.`- .,_          どうだろう、この牛は。
f´.三三三三三三三三三三`'' 、        30000ランドくらいでどうかね?
lニ三三三三三三三三三三三ニ',
!.ニ三三三三三三三三三三三ミ',
l.ニ三三三三三三三三三三三三',
.!ニ三三三三三三三三三三三三',
..',三三三三三三三三三三三三三i
 ',ニ三三三三三三三三三三三ニ.l
  ',ニ三三三三三三三三三三三ミ.l
  ',ニ三三三三三三三三三ニlー-┘
  .|ニ三三三三三三三三三三.l

       牧場主A


           _
        ,r'"::::::::::::゛''-.,
       /::::::::::::::::::::::::::::ヘ
       i:::::::::::::::::::::::::::::::::i   ._
       |:::::::::::::::::::::::::::::::/  .//
       .彡:::::::::::::::::::::::ノ|!' ./::n、        ハーッハッハッハ!
      /::::::::::::::::::::::::,.'   /:::::::::''7       20000ランドだ。それ以上はびた一文出せんぞ!
    ,.-'"::::::::::::::::::::=ニ'_,,   ',:::::::::ノ
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ-、  <:::::::>
  .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ .r'':::::::::ヽ
  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ|::::::::::::::|
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
  .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

        牧場主B



                >-、____
               r‐::7:::::::::::\::::::ヽ
             ./::::/:::/:::,::::::}::ヽ:::、:ヽ
            /:::::i::::::i::爪:::ハ:斗::ト::::}
           .f::::r‐i从⊂ニ⊃ ⊂⊃∨         モ、モウー?
          ヘ:::i i:::| u ___  |::乂
          \弋ト   |iiiiiiiiiiil .}:ノ `
            乂从`t==<イ
           γ. ̄.y|__.レ´ヽ
            ノ  y   ヽ  ̄ヽ
          .く.__.」    ≠   .}
           | i.ゝ._____ノ.r イ
           |..ノ     .i ./
           入      レ
            ///>─----{
          .///////く///∧
         レ/////  .寸//∧



421 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:50:10 ID:ClL2Rshw0



そこで、独立後に基幹産業となるであろうこの牛の加工・販売をどうするか、
という問題が生じた。
南アフリカなどにそのまま売ってもいいが、屠畜や加工を自前でできればもっと儲かる、というわけである。

結局これは、1967年に屠畜および牛肉の販売加工を業務とするボツワナ食肉委員会が設立されることで一応の解決を見た。
食肉委員会は南端のロバツェに屠畜場を開設し、ボツワナはやっと自前で輸出用の食肉を生産することができるようになったのである。




            , -──-、___  r─-- 、
         /)く        `/`ヽ、r---ヽ、
        // / /       /`ヽ、_(ニニ  `ヽ、
      (/ //i |l|  i |  | l `ヽ、 (ニニニ`
       /`-' | | | |||  l_! | | l | |  |`'ー‐‐-、
       | /| |‐|T!´|  リl/`トl、| |  |      /ヽ
       || | |ハ! _,> ∨ <_リ l=!i |     / /     ぶぁりぶぁり加工(プロデュース)しちゃうよー!
       || | | l| 〃  ,  〃 ,ハ || |!     レ'、
       ||!| || |\ ト===1 /川| /⌒ヽ、____>
      /!|l ||ト!| ヽヽ--'イ リ!/||/
   r‐ァ'´  ! !  |  ヽ   /  |リl/     ! 〉
  ///l     /  レ'⌒`メ‐へ、_| !    | |     _
'´ /  |   /      |o         ヽ / ∠r‐'´
   〈 ヽ  /         |        V/

        ボツワナ食肉委員会P



                >-、____
               r‐::7:::::::::::\::::::ヽ
             ./::::/:::/:::,::::::}::ヽ:::、:ヽ
            /:::::i::::::i::爪:::ハ:斗::ト::::}
           .f::::r‐i从⊂ニ⊃ ⊂⊃∨         モ、モウー!?
          ヘ:::i i:::| u ___  |::乂           モウー!?
          \弋ト   |iiiiiiiiiiil .}:ノ `
            乂从`t==<イ
           γ. ̄.y|__.レ´ヽ
            ノ  y   ヽ  ̄ヽ
          .く.__.」    ≠   .}
           | i.ゝ._____ノ.r イ
           |..ノ     .i ./
           入      レ
            ///>─----{
          .///////く///∧
         レ/////  .寸//∧



423 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:51:01 ID:ClL2Rshw0



しかし…


      ___
    /       \       これだけやっても、収入がそう増えるわけじゃなし。
   /          \        行政費のほとんどがイギリスからの援助で、
 /   ノ  ヽ、_    \       まともな政府収入は「南アフリカ関税同盟」※から分配される関税だけだお。
 |   ( ●) (● ).     |
 \ l^l^ln__人__)     /       ああ、どこからか金が降ってこないもんかなぁ…
  /ヽ   L⌒ ´
      ゝ  ノ






※南アフリカ、バソトランド(レソト)、スワジランド、ベチュアナランド(ボツワナ)の加盟する関税同盟。1910年発足。
  南アフリカが加盟諸国の関税を代理徴収し、加盟各国に分配する。
  これら国家の貿易がほとんど南アフリカを介して行われるために、こんな芸当ができる。




425 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:51:52 ID:ClL2Rshw0






     / ̄ ̄\
    /   _,.ノ  ヽ、_
    |    ( ○) (○)
   | U  (___人__)           そんなうまい話、
    .|       __ノ__          そうそう転がってるもんじゃないからなぁ…
    |     _/ ___\ヽ_
     、    '-/____ヽ  |        せめて行政費だけでも自力で何とかしたいもんだが…
     ノ 、 ._'-〈  、ヽ  |
    ,´         ヽノ}   |
   /          {   /
  ./  /       /   {





426 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:52:25 ID:ClL2Rshw0





           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \        た、たたた、大変っス、
            彡  〆     \ \ ヽ        大変っスよ大統領!
          〃 ハ   _ノ   ―\ l  |
         ル从§ (○)}l{(○) ヾ  |
             乂§ ゚ (__人__)゚  从イ
            \ ヽ |!!il|!|!l| / /
            /   ` ⌒´     \

              下級官僚




427 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:52:54 ID:ClL2Rshw0






       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \        なんだお。空から金塊でも降ってきたのかお?
   /  (ー) (ー) /^ヽ       それとも100万ドルが落ちてたとか?
  |   (__人__)( /   〉|
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )





428 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:53:19 ID:ClL2Rshw0



 ト VVVVVVVノ\
  \          \
    ヽ           \
 ⌒≧x  /^^\/\ \      な、なんでわかったんスか!?
   〃 ハ  ー  ー   Y:i|
  イ 从§( ●) ( ●)|从
  乂イ§   (__人__) |从
   乂イ U   `i  i  |
    \ _    `⌒/
    /      ⌒丶





               ____
             /       \
           /  ⌒   ⌒  \
          /  (●) (●)  \         …えっ?
            l    ⌒(__人__)⌒    l
          \     `⌒´     /
          /              \



429 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:53:44 ID:ClL2Rshw0





          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \       北部のオラパで、世界最大級のダイヤモンド鉱脈が発見されたっスよ!!!!
            彡  〆     )   丶 ∨      品質も一級品で、宝飾用として申し分ないそうっス!!!!
             〃 ハ     ⌒   ⌒ Y:i|
             イ 从§  ( ●) (●) |从      どんなに少なく見積もっても1億ドルなんか軽く越えるそうっスよ!
            乂イ§   ⌒(__人__)⌒|
               \゚ o     Y⌒Y /
             /⌒ヽ ∽  ー ∽ヽ
               / r‐、    ∞∞〆ヽ |
           / ノヾ >      ヾ_ノ |
            | ヽイ          |  |




431 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:54:31 ID:ClL2Rshw0



       ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
        cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・
        ___________          ______
.      /                     \..    /           \
.     /         u               \.   /              \
  /.    ゙̄`ー-.、     u  ;,,;   j..  ゚。/                |
  .      J   ゙`ー、   " ;, ;;; ,;; ゙..   ゚。..../_,,\.         _,,ヽ.l
          _,,.. -─ゝ.、   ;, " ;;   _,,. _ .イ ´.. ro `厂-メ ,.-´、  i
    j    /   ,.- 、  ヾヽ、 ;; ;; _,-<   /  ヽ.__,,... /. u ゙l´.iOj.冫,/
        :    ' ・丿   ̄≠Ξイ´,-、 ヽ /.         j  i、`ー' .i
         \_    _,,......::   ´゙i、 `¨ / i      , u   ,     /
     u      ̄ ̄  彡"   、ヾ ̄``ミ::.l  u  / 人__/..   i
                u      `ヽ  ゙:l   ,.::-、`¨,, ,.  ゙ u !
              _,,..,,_{    人    }   |  /__   ``- 、_     l
    ゙    u  ,./´ "  `ゞ_,/  \_,ノ.   丿 l,... `ー一''/.   /
          ./__        ー7    /、 l   '゙ ヽ/  ,. '"
         /;;;''"  ̄ ̄ ───/  ゙  ,::'  \ヾニ==='"/ `- 、
  、      .i:⌒`─-、_,....    l   /     `ー┬一'      ヽ
  ヾヽ     l      `  `ヽ、 l  ./  ヽ      l         )




1967年。ボツワナ北部のオラパで、世界最大・最高品質のダイヤモンド鉱脈が発見される。
このニュースによって、世界最貧国の一つだったボツワナは奇跡への道をひた走ることとなる…





432 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 20:54:54 ID:ClL2Rshw0
今回ここまで。


436 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします:2013/05/15(水) 21:00:21 ID:4fb4j09c0
乙乙! 途上国の天使と悪魔である地下資源・・・どう使うかな


440 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします:2013/05/15(水) 21:16:49 ID:z6SSfCiw0
乙でしたー。
ボツワナとザンビアの国境がgooglemapで見たら200mくらいでワロタ


441 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします:2013/05/15(水) 21:17:02 ID:btD/11660

シエラレオネみたく、最高のダイヤモンド鉱山があっても
多国籍企業に搾取されまくって国民に全く還元されない絶望ルートもあるんだよなあ


442 :Opqr ◆XLjdU8ssbY:2013/05/15(水) 21:22:02 ID:ClL2Rshw0
ちなみに、わかっててやってるので
「加工はプロセスだろ!」ていうツッコミは禁止でw


451 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします:2013/05/16(木) 05:33:08 ID:KetRk5GQ0

何ちゅうか、小説だったらご都合主義にもほどがあるって言われるレベルだよね




関連記事
Comment
まぁでも実際はやる夫が何かしらの鉱山探させてたんだろうね
さすがに金剛石は予想外だとしても
ご都合主義が積み重ならんと起きないのが奇跡
こっからが面白いのに良いところで切りやがって・・・
そんなもん見つかったら、世界中から普通に”難癖からの侵略”コースなんだが
……果たしてどう乗り切るのか
ンダバニンギ・シトレって、AAがシトレ元帥だからじゃなく実際にこの名前なのな。

それにしても、美味しそうな牛…(じゅるり
なんというご都合ダイヤモンドw
食肉委員会のAAってコンビーフたんだよな……
数年ぶりに見たわ。
難癖どころか元よりこの国、ケチつける要素には事欠いてないわけで……。
13キロや・・・
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

maakun

Author:maakun
思うところがありまとめを畳みます、今までご利用ありがとうございました。
当ブログで纏めさせて頂いていた作者様、ありがとうございました、そしてすいませんでした。

最新記事
最新コメント
作品一覧
月別アーカイブ
人気記事ランキング
RSSクーマー
アクセスカウンター ( 総PV )
アクセスカウンター ( ユニーク )
現在の読者数
現在の閲覧者数:
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。