ブログパーツ QLOOKアクセス解析
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  やる夫が永遠存在になる様です  »  やる夫が永遠存在になる様です インデックスとファーザーの楽屋裏コーナー 【Vol.5:魔法(技能)説明ぱぁとすりぃ】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる夫が永遠存在になる様です インデックスとファーザーの楽屋裏コーナー 【Vol.5:魔法(技能)説明ぱぁとすりぃ】




                 /        | ><    ノ )  ノ'{.|
                  ,′       | 、-'    __ > ー ''ゝ,,,,_
                    /         }- '_ ー≦}: ;ィ: ム`: : : ヘ
                    /        _ノ-,, - ニ: :ノ }/ j!-ミj: ヘヾヘ
               /     __,,, =フ: :,イニ-- く ノ   イ:ハ }〉ルヽヾj
               ,′      ,,∠ィく/{!::::ハ   '   弋リ リヘ
                 /       イヘ: :.ヘ 弋zリ     丶   | ヘ
            ノ   _ ,, - '´  ヘ、ヘ: :ヘ  ̄      _,   八. ヘ       イン(ryと!
        _, <´          ノ`ヘ: : ヘ    r  ̄ ノ /,    ヘ
    _, <´             /: : : r=ヘ、ヘ- _`   イ: :.ヘ    }
ー  ̄             _ <´: : : :./ ‐  ヾ、‐'ヽ ̄、: : : : : }    j
              _ - '´: : : : : : : :/   _ヽ、_ ヽ:.ヽ }: : : : ノ   ノ
        _ ー ´: : : : : : : : : : : :.{   /:.:.:.ノヽ`ヽ、l!ヽ: :/   /
__ ー‐ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |  (:./´  _ イ´/、.  /
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : _:_:_:_:_;,;,;,;,; ニi ー  ニ : : : :_;, ィ ヘ.  }/
: : : : : : : : : : : : : : :> ´: : : : :_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_: -- ー ''' ´     ヘ.|
: : : : : : : : : : : : /> '' ´: ̄: : : : : : : : :ハ     \       \、

                                                       ,. - ―─‐-,、
                                                    /―――‐ '´  ヽ
                                                   /,rニ二!    /O7 ヽ
                                                   ,! ヽOヽ    ヽ ̄/ i
                                                   ! ヽ ̄/         |_
                                                <I´「|     /`ヽ      |」_I>
                                                 ``| ヽ  / ー'`J ヽ  / |´
                               ファーザーの!           !  | |      ヽ  | |
                                                  |   | r'⌒ヽ_/⌒ヽi、 | |
                                                     l   | |  ,rー ‐''^ヽ | | |
                                                   ヽ  | ,レ-‐--、」 ,!   !
                                                   ヽ  ヽ _ ノ⌒ー-'/   /
                                                    ヽ_         /
                                                     |[口]ヽー――i'´
                                                 ,.. -‐ '''i"´ ̄`\) ̄ ̄ `iヽ、
                                              /| \O |           | O,ヽ、

958 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:31:40 ID:MzwpnZgw

                         |  |     _ュ_.           /   /    __j__
                        |  |   /二 ̄二\        /   /     l
                        |  |   |/≧ ll ≦ `|      /  /        _人_
                         |  | _|   ┬   |_    /  /         `Y´
                         |  <| | | / ^^ ヽ ,| | |>  /  /
                     _人_      |  |-| | |⌒─⌒| /|-'   /  /──-,
                     `Y´     |   | | l|/ ̄ ̄~l | | |  //  /   /
                |              | |  | |─── | |/ /  //  /
            __ 人 __          | |  | └──┘ / ̄7  // / __     /⌒─_
               `Y´              |  |`─__─' / /  //~|  / /    /_┌─_3
                |               /\ |__ -─7l /  //   | /_/    / ̄_7
                            /  /\|   _//   //   / ̄_7    7~ 7
                           /  /   T  ̄  /    |   7~7     / /
                           ̄/    └┬-'     |\/ /     /  __________
──────────────────────────────────┤ 楽屋裏コーナー!! ├────
                   _人_     /     / x. ,.ろ  ,/ + ,rく、 ノ' /´ヽ     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  `Y´   /    / /'r= /し) / }ノ x. ,ろ r ノl   ―【Vol.5:魔法(技能)説明ぱぁとすりぃ】―
                |          .′     {/__ ..廴ム -┬――--<..__廴ノ|    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            __ 人 __      !    ./´ ./ | イ  ∧:  l トヽ丶  |` ー‐ァ'
               `Y´         }    / ./ i 斗‐|/‐ト./|′ヽ. |! |,斗 代: 下. 丶く.    |
                |         ノ   / .イ .:| ./   __,V ミ¨’ ヽ|ヘ{ _ ヽ 丶|}ハ }、 V  |
                     ..,/  /  | :∧{!           ′    从}ノ `}   !
           _人_      /′     人{:..:ト >ァ=='^      ^`===ぐ' i{:.. 小    ト、
           `Y´     / ′    ∧、ハ:j xxxx     ,     xxxx }|:. {.∧   l \
                /   /    / ./i':..小.                  小 iト、.ヽ   .   丶
            !    '    /    //../ .i!/ l|7ヽ     iー―‐‐r      イ: |:. l|:.... ..丶  、   ヽ.
          - + - /    /  / /../ ..:l|′l!...:il:\     、   ソ   .イ:l{:l:..l:. l|:...ハ... ヽ.      ヽ.
            !  /   / /  / /′..i|  l| .:ルくfミi  . `ー ´ . rく`Yト、!|从.. V....∧......\    ∧
             /    /    / /.{  ..l|  l|./   { ≧` ニニ ´ 彡 {ノ∧i:.....:.. V.......l!:......{ \   ハ
            .′    {     / .′..__|  l|′   丶   , -<_`ヽ./   ヽ.∧.. V:....|:.......l  ヽ、  |
            ノ     l     / , く´   |  ll      \/ , -<__\}      厂 :.. ヽ、}:.......|    } |
          ../      ∨  /./  ヽ.  |  lト、      / / /- 、 ヽ.ヽ    /  ヽ.  ヽヽ....V  /  {
          '′        } / ,′   ヽ.|  l| ヽ   `i(ノ' , -‐ヽ__)i′  /    ∧  Ⅵ:....∨ /    |\
                    V ...|        |  :|   \  {`ー ´ ,ィヽ. ∨  /    /  }  }|:.......V     {  \

959 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:32:09 ID:MzwpnZgw

             /        /  / )  xへ >、 \
             ,'         / ,∠__ィ_^ー /`i)`ヽ}
              i      ー=ニ ̄ ̄、  ,.ィ ` < _ ィ´l
           l      ∠ィ   ,イ >'、 ! ,l   `ヽ( }
             l       / ,ィ /'二_ヽ`ト/ ! .ハ   `ヽ、
          /ヽ      レ'´ レ  ん;ハ  '´ j/ー|-'/i ヽ⌒
         /         /! ! i  弋zソ   r心`l / ハ 「`ヽ
       /       人| |l         ヒク rイj/ リ
        /         /ノ ! l l          l l
       ノ      //\! リ      )、    ノ l      はいどーも、恒例のお時間がやって参りました。
.    /     ∠、\  .! l、 >、      ィ ,'
    /     /⌒)ノ ヽ、l  ! ー' )フ ーァ<.i  l         このコーナーは>1代理キャラのインデックスと
.   /     ∠ィ '´ V   l  l  rイ、 /   /! ! l
  /    /   }    }  .l  l'´_l ! Yヽ、/ l l  !
. /   ./    }.    }  (|  !_/ ̄| )ヘ/ V ,リ ,'
/   /        }.    }  i  l/ ̄ ̄ ./ ヽ// /

                                                 |  |     _ュ_
                                                 |  |   /二 ̄二\
                                                 |  |   |/≧ ll ≦ `|
                                                  |  | _|   ┬   |_
                                                  |  <| | | / ^^ ヽ ,| | |>
                        同じく>1代理のファーザーによる、            |  |-| | |⌒─⌒| /|-'
                    説明や解説を主軸としたコーナーじゃよ。       .|   | | l|/ ̄ ̄~l | | |
                                                   | |  | |─── | |
                    なお、質問も受け付けておるぞ!               .| |  | └──┘ / ̄7
                    もし何か有るなら次スレに記述するのじゃ!       |  |`─__─' / /
                                                    /\ |__ -─7l /  /
                                                       /  /\|   _//   //


960 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:32:27 ID:MzwpnZgw

                                                             _ ,─、
                                                             ∠二─ ̄二\
                                                              /rnv   <_ |
                     しっかしワシの影が薄いのぅ……悲しや……         ._/`┌       |_
                                                           <| / /      l  /| | |>
                     ま、ともかく解説と行くかの。                    ./ /──_-┤ | | ̄
                     今回も登場した魔法や技能スキルの説明じゃな。    ./ / ┌─    | | |
                                                      / |\l    ̄─ | | |
                     原作ではコレコレこんな感じで、                |  |二二─_ |   |
                       本作ではこんな風に扱っておると、                |      ─_/    |
                     >1の主観を交えて説明していこうと思う。           .|            |
                                                       .|           |
                                                          |           |
                                                           .|_______| _
                                                           | ┐| ┌─   | \

┏                                                                     ┓
  ◆楽屋裏Vol.2より
  ・フレイムシャワー (レッドスピリット魔法)
  ・フレイムレーザー    〃
  ・ヒートフロア         〃
┣                                                                     ┫
  ◆楽屋裏Vol.4より
  ・イグニッション    (レッドスピリット魔法)     | ・アイアンメイデン    (ブラックスピリット魔法)
  ・アポカリプス        〃               | ・バニシングハイロゥ      〃
  ・インシネレート         〃               | ・ブラッドラスト            〃
  ・アースプライヤー  (グリーンスピリット魔法)     | ・サクリファイス            〃
┗                                                                     ┛
                      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\
                      |                              |::::\
                      |                              |::::::::\
                      |      __      __          |::::::::::::\
                      |        l てハ      / ( )/       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      |        ̄ ̄      ̄ ̄      < 参考迄に過去に説明した魔法の一覧じゃ
                      |                         \__________________

961 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:32:51 ID:MzwpnZgw

            /            `丶、
           /     テァァx_t===‐-  .ハ
         /       了 ̄           `ヽ
         ,'        {            |
                 ハ>-;‐─‐-yxー-、__」
         }       〈// x孑7フ厂}八}i ! }}`ーァ      なお、今回ご紹介するのはこちら!
          亅         ,イxァ'ぅ丐ミ   / 代トN Y
           i         |/{{ トiしリ    拆トY } }       ・ディバインインパクト  ( ブラックスピリット魔法 )
.        |      / {  ゞ='’    kい レ1イ         ・ダークインパクト         〃
         八     /  ! ''       '`¨  }i |.          ・インスパイア       ( 『 求め 』固有魔法 )
       /  }    /7! {        /⌒!  ,/' !         ・レジスト                   〃
         {     イ/小 iト、    / ∨ / {_/           ・ホーリー                  〃
        人   / !ト、j } { `ヽ、 `ー ' <  /'          ・アキュレイトブロック   ( グリーンスピリット技能 )
.     /     / 丨 `|!ニ=イ)`TT´ }/小 {            ・アイスバニッシャー   ( ブルースピリット技能 )
     /           | v-ヘ {ミ辷乃 仏イ/厶レ' |            ・トリーズンブロック     .( ブラックスピリット技能 )
.    /         |//  }|ィ升'つ /_,.-ヘ〉 :-<二〕.
   /            ,' '   ||ルノ'´  {  -‐┤ { 、_}  ヽ.



     ./  !/.'      '  /     /  ヽ      ヽ
      ′ | '    /  /    /__ス_!      |
     |  |/   .-‐ァ 丁  ̄| ̄ト、 、    \     |
     |  |  イ   /  |、   代丁\卞、十  ヽ.     |
     | /  /!=≠ト   i/ヽ.| ×テ=<Ⅵ  !一     |
     レ'   | イ V,テ::ミ     \  ff:::うバ |/       |
    'ーイ 从 l 'イ ん::ハ        弋z少 |  '|        |     なお、朝倉『 誓い 』が使った魔法各種と、
     ∧  |jハ  ら少   ,           |  :|        |     きらきーが使った『 バーチドジャッジメント 』は、
     i \い '.              |  :|        |     説明しても、再度の出番の頃には忘れていると思うので、
     |  | ∧               |  :|       |     また折を見て紹介するんだよ。
     |  | イゝ      '⌒      イ  :|       |
     |  | |:.:.:.:> .._ _ _ ._ '´_| :∧     \!
     |  | |/:.:.:.:.:「 ┴… '´  / | :i: :|       \
     |  | |:.:.::.:.:.:ハ     /: : : | :| ヘ       ヽ.
      /    !   「¨ ̄ /: : :V   /: : : : : :| :|   \       .
    /  「::::`ー─ r -.、: :r=:i===.'z、: : : .:..| 仁 、 /|\     |

962 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:33:26 ID:MzwpnZgw

                 /\
            /    \
            /  リ      \
.          /  ト   3      .\
       /   ン  .1      ./__
      /  エ   o      /'´: : : : `ヽ        では、早速行きましょう。
.      \     N.     < 厶ィ ノ八:_ : ヽ_     まずはやる夫君達に絶望を味合わせた強敵、
          \         /\\fY⌒ ⌒Y:7´       ヴィルヘルミナが使った二種類の魔法。
          \.    /   r、j人 「_ フ イ八
           \/      .ト弋`ヽ/゙)リ: :.}       その一つ目、『 ディバインインパクト 』!
                  ヽ:_:/>ーrヘ:j: :/
                      /´ └‐‐∨
                    く        >
                   `ーu‐-‐-‐<)



              /´ ̄ ̄ ̄  ミ  .
             ノ /.: ̄ ̄ ̄ ::.....<、\
            / ,ム ==ァ===== ミ  V  ヽ
          / /  .,./ |    :ハ \}  ∧
        / / .://   | :′ :/ ⌒ト、 ヽ   '       原作ではどういう魔法かと言いますと、
.       / ′:イ:.,x=ミ |:.{:...:/x=ミ,}:. i:..\ {.       単体の相手を衝撃の刃で切り刻む魔法だね。
      /  |:// /ん::`i ハ/ ん::`iヽ:. 厂 `∧
.     /  /.:' |'八__ツ     廴ツ }∨|     '.      ブラックスピリットが使う魔法の中ではクセが無く、
     ′ / .:| |{ / /   r一  / / | .:|     ヽ.    取りあえずこれ撃っとけば問題無い、みたいな魔法です。
    ′ .′ | |ヘ.    、__.ノ  .ノ} .:i:.\     ∧
    i  | .::i :「厂 ≧ェ ┬ァ チ―j .:′.. ヽ、   }    「○○インパクト」って出てきたら、単純に衝撃波を相手に
    | /! .::| :{    ノ ∨∨ 十 i :厂ノ  ∨\ノ    ぶつけて攻撃する攻撃魔法だと覚えると良いかもね?
    l/ | .:∧:|__彡/  ∧∧ 人 | '「:.... ト、 '.
      | :厂 .|\/  / ハ. ヽ ` }/ 廴._|ハ }
      | :/  {/′/ / ∧ \ 厂    } }ノ
      |/  ,ハ. / / /  ヽ /\     ノ
      ′  { / /      \   \/
          ヽ/`ヽ   _   _\/
              `¨´ {__厂´

963 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:33:43 ID:MzwpnZgw

                         ┏      ┓
                           IMAGE                         Σ ヽoノ
                         ┗      ┛  ○ <ディバインインパクト !!   .-==ゝ  ヘ)
                                   / ̄'                -==ゝ    く
                                     / >              -==ゝ
`¨⌒ヽ,ノ_j 、 \__
     \}/\   `¨^⌒>    ̄ ̄ミ 、
      `  `¨⌒^ア  {>-‐‐‐-ミ  \
        ⌒ヽ、 /  /ニ∠二二∠>  \
          ___,}.′ __j∠三三∠二二二>i     -- 、_
        / _,ノ __彡'. ._i_._./|._././ i`'<ニニ|   .∠: : : : : :\     本作でもソレを踏襲し、とても使い勝手が良い、
       {     `7./.斗ぅミ}/}/ 'l.7i. .`¬{__/   \_:_:_: :     射撃魔法と言う形で表現してみました。
       、_____,ノ|/|《. {r::)     7:代}. } . . V     _,/>く{ : :
 \         /./{ ヽヽ    . ヒ::} }}/. .八{       ̄ ̄( : :    射出に時間が掛からず短時間で撃ち込め、連携にも使える。
    ______, /./.人   ト-- r ヽヽノイ{、 `        {,: :    ある程度の精密性も有り、狙撃魔法としても使えると言う
         __/ . /⌒ミ:\ 、__,ノ   /|. .{ ,)          /}: :}   万能魔法です。
        . . . ./⌒ヽ \:`:ーr‐< ̄ミ. .∨     . -‐   , : ,′
       _._.ノ'⌒    \ \弋___,) {_,),>、\__/      /: /
    ⌒¨´ /      \_,〉 ,ハ \} {/ _,). .}____ __,ノ⌒′
      /       ̄ミ{   {,>、{ } ̄{`}. j八.\



          i r ァ  ( ソ r /  )  人  Y   !
          | ,!/ 二ニ= ,―,-r =r' _^) 匕.!    |
          l _ソ´ _ /_L _ / ! l L _ ハ `>、|   |      レッドスピリット魔法のフレイムレーザー(通称:飛剣)の
        ∠´ィ '´ハムtVi/ ヽ} V_/`}7ト、 ヽ!    |      精密性と射程を犠牲にして威力を上げた、みたいな感じ?
          ,' 人 /'´ん、:}     了示xハ ト、ヽ、_ |
         !  l下 弋zク      Kじc八i/ ! ̄ |       ヴィルヘルミナは空中にいる蒼星石をコレで迎撃したり(※1)
           ;  ,!|     '    ゞ'='" |  l     !     連携の基点(※2)にしたりと、利便性に優れた魔法でした。
           ,'  ,! i、   、            !   !     |
        ; ,:'.l  l,ヽ、  ̄ `ー '     ,.イ ;' |     {     余談ですが表記では「ディ」バインインパクトですが、
         ; ,' l  ハ ファ、     _ ィ ).Y i .|   l     「デイ」バインインパクトと発音する人が居ます。
         // 《|  ! r' l\_T ー.≦ _ </i  }、_}   l     でいばいんです、でいばいん。
.        //{ _/  | | |  ` ̄ ̄  /./  .! ハ    i
        {人.V  l! ! |  、_   / /  ,' / ::}   ',
      /`^' {   !| l     /  /   !/ .:::;   ',
      ,'   !  i l. lr=、ト===r'--、 ./   ,'   ::::    }    (※1):二章十九話参照
       {     !  j ! ゞ='.L_/)_ノ /{   i    ::    i.     (※2):二章二十話参照

964 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:34:21 ID:MzwpnZgw

                 /\
            /    \
            /  リ      \
.          /  ト   4      .\
       /   ン  .1      ./__
      /  エ   o      /'´: : : : `ヽ        続いて同じくヴィルヘルミナが使ったインパクト魔法。
.      \     N.     < 厶ィ ノ八:_ : ヽ_     『 ダークインパクト 』!
          \         /\\fY⌒ ⌒Y:7´
          \.    /   r、j人 「_ フ イ八      ヴィルヘルミナが使った魔法の中では一番印象深いかと。
           \/      .ト弋`ヽ/゙)リ: :.}
                  ヽ:_:/>ーrヘ:j: :/
                      /´ └‐‐∨
                    く        >
                   `ーu‐-‐-‐<)



              /´ ̄ ̄ ̄  ミ  .
             ノ /.: ̄ ̄ ̄ ::.....<、\
            / ,ム ==ァ===== ミ  V  ヽ
          / /  .,./ |    :ハ \}  ∧
        / / .://   | :′ :/ ⌒ト、 ヽ   '
.       / ′:イ:.,x=ミ |:.{:...:/x=ミ,}:. i:..\ {.       ちなみに原作では、黒い衝撃波みたいなモノで
      /  |:// /ん::`i ハ/ ん::`iヽ:. 厂 `∧      相手を包み込む魔法。
.     /  /.:' |'八__ツ     廴ツ }∨|     '.
     ′ / .:| |{ / /   r一  / / | .:|     ヽ.    原作でのインパクト系の効果はどれも似たり寄ったりで、
    ′ .′ | |ヘ.    、__.ノ  .ノ} .:i:.\     ∧   単純にダーク→ディバインと言う感じでダメージが上がる
    i  | .::i :「厂 ≧ェ ┬ァ チ―j .:′.. ヽ、   }   訳なのですが(DQで言う、メラ<メラミ<メラゾーマな感じ)
    | /! .::| :{    ノ ∨∨ 十 i :厂ノ  ∨\ノ
    l/ | .:∧:|__彡/  ∧∧ 人 | '「:.... ト、 '.      本作では基本的に魔法の威力が過剰なので
      | :厂 .|\/  / ハ. ヽ ` }/ 廴._|ハ }     そう言う「同系列の魔法」と言う表現はしていません。
      | :/  {/′/ / ∧ \ 厂    } }ノ
      |/  ,ハ. / / /  ヽ /\     ノ
      ′  { / /      \   \/
          ヽ/`ヽ   _   _\/
              `¨´ {__厂´

965 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:35:07 ID:MzwpnZgw

                         ┏      ┓
                           IMAGE               \ . \Dom!/  /  )
                         ┗      ┛  ○ <ダークインパクト !\\(  ' .. 'ヽ..   ⌒ヽノ
                                   / ̄'          ;: (  .. ) )//∵。ノ● ・<ブゲラッ!
                                     / >          ゝ//'. )) )’ ”
`¨⌒ヽ,ノ_j 、 \__                                    lー-、. ;ノ, ; .\\
     \}/\   `¨^⌒>    ̄ ̄ミ 、
      `  `¨⌒^ア  {>-‐‐‐-ミ  \
        ⌒ヽ、 /  /ニ∠二二∠>  \
          ___,}.′ __j∠三三∠二二二>i     -- 、_
        / _,ノ __彡'. ._i_._./|._././ i`'<ニニ|   .∠: : : : : :\       てな訳で、ダークインパクトは着弾時爆発を
       {     `7./.斗ぅミ}/}/ 'l.7i. .`¬{__/   \_:_:_:.        起こす魔法として表現してみました。
       、_____,ノ|/|《. {r::)     7:代}. } . . V     _,/>く{ : :
 \         /./{ ヽヽ    . ヒ::} }}/. .八{       ̄ ̄( : :     ディバインインパクトがアサルトライフルなら、
    ______, /./.人   ト-- r ヽヽノイ{、 `        {,: :      ダークインパクトはバズーカ砲です。
         __/ . /⌒ミ:\ 、__,ノ   /|. .{ ,)          /}: :}
        . . . ./⌒ヽ \:`:ーr‐< ̄ミ. .∨     . -‐   , : ,′   どっちも殺傷する武器(魔法)ですが、
       _._.ノ'⌒    \ \弋___,) {_,),>、\__/      /: /       モノが違うよって事で。
    ⌒¨´ /      \_,〉 ,ハ \} {/ _,). .}____ __,ノ⌒′
      /       ̄ミ{   {,>、{ } ̄{`}. j八.\



        |│:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    ヽ
        |│:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|     '.
        {└-  _:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j      }
       -='/: : : : /{:丁 :{: :T: ┬:-  __/      ′   >1の脳内設定上のまとめだとこんな感じ。
       /イ: {: ∧⌒l: ハ: :\{⌒ト:ハ: : : :\     |    左にいくほど優れている、みたいな?
.      / 人ハ/ イ卞iト  \{ ィァ=ミj/∨ : ト:>   j
        {/  Y } 弋)ソ     ん刃ハレヘ:∨     /     ○射程:
.       {   | j ,,   ,     ゞ.ン 〃:{V    ∧    フレイムレーザー>>>ディバインインパクト>ダークインパクト
       、   |人         ''' /:.:厶     │
.         \ |i : \  ` ー    /: :/_人       |    ○威力:
           `|i: : : : > ,__.. -=彡':/:::/ 〉      |     ダークインパクト>>ディバインインパクト>フレイムレーザー
         ヾ;. :_:r-、:〈/: : : : :/::::::/        }
            /「 /j__ノァレ-=ニ二  ̄/          ,′    ○射出までの時間や、撃った後の隙の少なさ(利便性):
            { ト┘ ∧       /        ∧     フレイムレーザー≒ディバインインパクト>>ダークインパクト
          トイ__,/       {        / ハ
         7´ ̄入  、     i            |
         /::::/ 八  ヽ.   |        {    |
          /::::/  〃{ ヘ.   \  |              |

966 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:36:09 ID:MzwpnZgw

                 /\
            /    \
            /  リ      \
.          /  ト   5      .\
       /   ン  .1      ./__
      /  エ   o      /'´: : : : `ヽ       さて、ここから皆様がお待ちかねされていた
.      \     N.     < 厶ィ ノ八:_ : ヽ_     『 求め 』たん固有魔法に行こうと思うんだよ。
          \         /\\fY⌒ ⌒Y:7´
          \.    /   r、j人 「_ フ イ八     まずは至高にして究極、最初に覚えるクセに
           \/      .ト弋`ヽ/゙)リ: :.}      最後までスキル欄に残るであろう魔法。
                  ヽ:_:/>ーrヘ:j: :/
                      /´ └‐‐∨      『 インスパイア 』!
                    く        >
                   `ーu‐-‐-‐<)



              /´ ̄ ̄ ̄  ミ  .
             ノ /.: ̄ ̄ ̄ ::.....<、\
            / ,ム ==ァ===== ミ  V  ヽ
          / /  .,./ |    :ハ \}  ∧
        / / .://   | :′ :/ ⌒ト、 ヽ   '      原作では、同一PTの攻撃力を1~3割上げつつHPを回復させる魔法。
.       / ′:イ:.,x=ミ |:.{:...:/x=ミ,}:. i:..\ {.      説明では 【鼓舞のオーラフォトンを纏わせる】と説明されています。
      /  |:// /ん::`i ハ/ ん::`iヽ:. 厂 `∧
.     /  /.:' |'八__ツ     廴ツ }∨|     '.     デメリットとしては防御力が落ちると言う所が有り、
     ′ / .:| |{ / /   r一  / / | .:|     ヽ.   『 求め 』とソゥユートは他にも攻撃力を上げる魔法を数多く取得します。
    ′ .′ | |ヘ.    、__.ノ  .ノ} .:i:.\     ∧
    i  | .::i :「厂 ≧ェ ┬ァ チ―j .:′.. ヽ、   }   しかし、とにかくそう言う事をさておいても最後までスキル欄に
    | /! .::| :{    ノ ∨∨ 十 i :厂ノ  ∨\ノ   残っている人も多いでしょう。それは何故か!それは……
    l/ | .:∧:|__彡/  ∧∧ 人 | '「:.... ト、 '.
      | :厂 .|\/  / ハ. ヽ ` }/ 廴._|ハ }
      | :/  {/′/ / ∧ \ 厂    } }ノ
      |/  ,ハ. / / /  ヽ /\     ノ          (※):原作のゲームでは同時に三つ迄しか魔法を所持出来ない
      ′  { / /      \   \/                  三つ所持している状態で、新しい魔法を覚えたら
          ヽ/`ヽ   _   _\/                      今まで覚えていた魔法と入れ替えをする形になる。
              `¨´ {__厂´

967 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:36:36 ID:MzwpnZgw

         \     ヽ    ..l   l     / ̄ ̄”ヽ   /        /      /
                    ,/    ,イ ,イ   /..      ″
                 /〈    ////.    {.        .}  , ―― 、_  ., イ
 -‐ 、        !    ',./ /  /| レ レ'      t.        /  '――'''''' //      ,,'    !        、 ‐-
`'‐、、 ヽ       ',.    / /   l |           ヽ、,,,,_,,,,/       //         ,!     .,'       ,r'
ヽ     \     ヽ、 ./ /   l |            |         //       !   、,r'     /     ,r'
 ヽ      ヽ      .! ゙/ /    l l.         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \  /'"        ,'. ゛''゙ !.      ,r'      ,r'
- ..,.ヽ、__, __,.' \.    ',//     Y'      /              \     ,イ ,イ     ,'   .,'    ./ '.,__ ,__、,r'.
   .`''ヽ.    `、   / 、_,,. !.          /                \   //// , イ. ! .,,_、 !   、´    .,r',,
      ヽ、._,,. ' \  ',.    ',     /                    \ レ レ // ,'    .,'  / ' .,,_.、,r'゛
        \.   ゙'= _,!  ,,. ゙ヽ   ./      \   :::::::::::   /     \// ,r'゙ .,,  !,_ ='゙   ./
‘'゙丶 、     '., __,,    ̄   \  |      :::::\:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:::::      /'"   ./    ̄   ,,__ ,.'     、 , ' ゙
   ノ ゙ '',…-'" -‐'"       ,ヽ |    < ν >:::::::::::::::::< ○ >     |  ,r',       ゛'‐- ゛'-…,'' ゙ !、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                        イィンスパィィィィイイイイイイイアッ!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ‐'"- ...,,ノ    ,.         ノ .\          ::::::::::             l /. (,         、   !、,,... -゛'‐
      ゙゙''ヽ,. ノ      _,,;;/   \     (    j    )       /   \;;,,_      (, .,,r'''゙
      _,,ノ      ノ  ,        \      `ー-‐'´`ー-‐'′     /        ,  !、      !、,,_
   ,.. - '"    ,    /    l!       ゙            .    ゙       !l    \    ,    ゛' - ..,
-‐''"  、_,,...ノ-‐'‐-‐''ぐ_,,... -'''"゙''‐‐-‐''ヽ、 r' '゙゙'''‐\:      .:/‐'''゙゙' 'r 、,r'''‐-‐‐''゙゛'''- ...,,-‐‐-‐'‐-(,...,,_、  ゛''‐-
  - ‐''"                   ヽi、     ゙i       i゙     、i,r'                   ゛''‐ -
              ,.. ‐'"    ,     ゙''‐ ,,..._ .ノ    .!、. _...,, ‐''゙.      ー..,_
          ._.. ‐'"     . /                               ゙'ー ..、
       ._..-'"´      . /                        \           `''ー、,,
   . _..-'"´       . ,/゛             __               \             `''ー ..,,
..               /           _.. -''''゙゙゙´    ゙゙゙゙'''ー,,、
             /          _..-'″             `゙'-、、    【二章十四話より抜粋】
        /            /   u                   `''-、
                 /                           \

968 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:37:56 ID:MzwpnZgw

            /       /              }  〉
.          ,′       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄l 〈
        │      /                   |  |
         |       /                 | │
         |    /`'ー=ァー─:─‐‐┬:-,、:┬―<   !
        ,'!   ∠ ィ: :.::/:,/>、/_;∠/ |: 厶:斗:│: !:\ |   ボイスが熱いから。
        /      |: :,/|〃卞i:::j「 / j/ イi::卞小∧| ̄|                        シャウト
.       /      /|∨:|   ちソ       ちソ ハ| '  |   いやマジで、ホントに耳に残る叫びなんだよ。
      /      ト|: : :|   ー      ,  ´ !: :|    |
.      /         /: |: : :| ``           八:|ヽ. ∧
     /        /: /|: : :|l\      ∠ )  _ イ: : :|  \│
.    /        /;∠ |: : :| ` 、> 、..__.. イ │: :/⌒>‐、}
   {      /   >‐<`ヽ\`ー┴'´/ |   |: :(_ノ⌒丶\           参考:-永遠のアセリア-技台詞集-その8.1-
   /    /   / /⌒'く  \   ,/l |   |: :/レ ⌒\ /           ttp://d.hatena.ne.jp/video/niconico/sm4970511
.  /   //    {    /⌒ヽ.  \ / |   |: :V⌒丶  /            07:45~ぐらいから。






          ,. ---- .
         / -―一=ミ. `v⌒h
         ,イ  ,. .┬、┬トv} rく.
        {{ィ廴トト!,≦トf∧フ \.
         小'⌒ __ ''Y {、 ` =ィ′.
        ノ :{'' i/  } 人:ヽ`ァ'ノヽ
       ,ィ7 /:个z.`ニ イ  `.爪.   〉、.
     {{/{/{:{⌒アとう/'{  /:..:.. ヽ/ ,イ
  /ヽ  ′ /{`ア/{ソ′7´.:.:.:.:.:.:.:トイ:リ      まぁそれは一旦おいときまして、本作中では
  }:.:.トiミxr廴 イ } /  /ト{、.:.:.:.:ノ}ノ }′     『 求め 』の使い手で有る、やる夫君の身体能力を短時間、
  `T7 } ヽ`く下ノ| { ∧{  \{′         爆発的に増加させる形で表現してみました(※)
    | {   `ヽ\{|∧ `
  /{ ∧    丶'; ヽ ヽ             ブラックスピリット魔法の『 ブラッドラスト 』みたいなもんです。
  {  \ ヽ.       V {  }、            この状態で戦えば、普段以上の攻撃力が見込める……
  廴_ ≧ > 、   }. ヽ  \
           { \ ヽ. \   ヽ.
         ` ー ミ}  \ ヽ   \
             ト、  ハ }  ノ       (※):二章十四話参照
             {::::厂 } | /
              `¨   レ′

969 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:38:30 ID:MzwpnZgw

                ,  -――‐- 、
          /イ´ ̄ ̄ ̄ `ヽ\
         / //_____//|  ヽ.     なんですけど、元々『 求め 』の武器性能がぶっ飛んでるので、
           | |/ イイ∧/V\lミ{   |     攻撃力の増加と言う点よりも、やる夫君の足りない身体能力を
           j }':{ノ    `ヽリレ|:l   |     補う形で登場しました。
         /,リ:l.●    ● .|::l   i|
        l' |::l⊃ 、_,、_,  ⊂⊃j.   │    確かに神剣を持ってる時点で、その身体能力はパンピーとは桁違い。
        /⌒ヽ_|::ト   ゝ._)  j:::/⌒i |       しかし神剣使い同士で見れば、たかが3ヶ月ちょい訓練しただけの輩。
      \ /::::|::l;;>,、 __, イァ/_/ │.     10スレ目では有りますが、やる夫君がこの世界にきてまだ4ヶ月なんです。
.        /:::ノ|/ {::≧=チ::ル{::::::彡 |
       `く    ヾ:::::><:::/ j  ̄.ヘ |



               '´        `丶
               /                \
            /     r           ヘヽ
              ,'     ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l〈
          |     |              |│
          |     |            _ト,L_
          |   -=┴:┬: ァ : :7T:7下:/「:、 : !\
          |ノ   厶イ:/! /-孑'´|/ |/二jハ:リ│      ちなみに、『 求め 』たんが叫んで、発動させてますが、
.           /     l: j,斗テ圷   弋iナ小/ ,|       無論やる夫君が任意で使う事も「 可能 」です。
          |      |Vヘ弋)ン      `´ i:|∨|
            j/      ,'| ''       '    '': |: ' |       でも現在はその事を『 求め 』たんがやる夫君に教えてません。
           /     /.:|丶、   f^ーァ'   イ: :|: : |       理由は推測してみて下さい。
        /     /|: :|(ヽl> `_ー_. イ:!:| : |: ハ
          /     /-|: :|(>、` ー‐┴' ∧L| : !/: : '.        今までのお話と楽屋裏を見てくれた方は、
.         /     ∧. |: :l \      ノ/ } |: :|ヽ: : :i        多分その理由が推測出来ると思います。
        /     / ハ.|: :ト.、 \ー‐ / ,/ |: :| ∧: :|
.      ,′     /    |: :l \   \/  /  i|: :l/ '; :|         ./゙)
. \ __ |    /     l|: :|   \ /\/  |i /l   |│        / 'ー--っ_
    }`ト、|,   /    l|: :|    〈=-O-〉   |: | |. │|         __xく  -‐=彡'
 \ | l| \   |     ||: :|    /\__∧  |: | |.  Ⅳ    /\ l|  '´ ̄
    | l|   |\j     ||: :|   ./   ∧ l   |: | |  八    /\ │ レ'  <ヒント:オーラフォトンの特性
    | l|   |  }ヽ     ||: :|  /   / | |   |: |ノ    }   /   |  | |

970 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:39:06 ID:MzwpnZgw

                 /\
            /    \
            /  リ      \
.          /  ト   6      .\
       /   ン  .1      ./__
      /  エ   o      /'´: : : : `ヽ
.      \     N.     < 厶ィ ノ八:_ : ヽ_    サクサク次いきます。
          \         /\\fY⌒ ⌒Y:7´
          \.    /   r、j人 「_ フ イ八     同じく『 求め 』たん固有魔法の『 レジスト 』!
           \/      .ト弋`ヽ/゙)リ: :.}
                  ヽ:_:/>ーrヘ:j: :/
                      /´ └‐‐∨
                    く        >
                   `ーu‐-‐-‐<)



              /´ ̄ ̄ ̄  ミ  .
             ノ /.: ̄ ̄ ̄ ::.....<、\
            / ,ム ==ァ===== ミ  V  ヽ
          / /  .,./ |    :ハ \}  ∧
        / / .://   | :′ :/ ⌒ト、 ヽ   '      原作では、同一PTの魔法抵抗力を上昇させる魔法。
.       / ′:イ:.,x=ミ |:.{:...:/x=ミ,}:. i:..\ {.      説明では 【抵抗のオーラフォトンを纏わせる】と説明されています。
      /  |:// /ん::`i ハ/ ん::`iヽ:. 厂 `∧
.     /  /.:' |'八__ツ     廴ツ }∨|     '.     原作のアセリアの世界では魔法が本当に凶悪です。
     ′ / .:| |{ / /   r一  / / | .:|     ヽ.   なので魔法に対する抵抗手段と言うのは大きいのです。
    ′ .′ | |ヘ.    、__.ノ  .ノ} .:i:.\     ∧
    i  | .::i :「厂 ≧ェ ┬ァ チ―j .:′.. ヽ、   }   試しに魔法抵抗力が低いキャラで、敵のありふれた魔法を
    | /! .::| :{    ノ ∨∨ 十 i :厂ノ  ∨\ノ   .食らってみると良く解ります。ほんと良く燃えますよ。
    l/ | .:∧:|__彡/  ∧∧ 人 | '「:.... ト、 '.
      | :厂 .|\/  / ハ. ヽ ` }/ 廴._|ハ }
      | :/  {/′/ / ∧ \ 厂    } }ノ
      |/  ,ハ. / / /  ヽ /\     ノ
      ′  { / /      \   \/
          ヽ/`ヽ   _   _\/
              `¨´ {__厂´

971 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:39:42 ID:MzwpnZgw

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
/                        \______ /                                   !|
\                        /            \                                1!|
  \                    /                \      , '⌒ヽ、_   人__ノ⌒ヽ、_ノ⌒ 、 _ !|
    \  ,.rっヘへ、      /                    \    /                            ヽ
      \______/                  \_(  な、何だっ!?何だこれっ!?      )
      / ノ>ー 〉ノ.    \                  /  )                            (
   /Lヽ_ `ーイ/'       \               /   (  ってちょっ!体が動かなっ!?     )
  / , イト、,ィソ、_        \                /      )                         ノ
/ _/  \ヽ  \.        \______/  ___ ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒~i1!|
\ .NトVi:.:.: . \\ _」        /    i⌒:.   \/ノ  ヽ、\.     O      /             |l!1!|
  \rf」j!::::.:.:.:. .  _7      /      |  i   / \)}liil{(○ )\ o      /               |l!1!|
   \ノ``ー‐ '´ー- 、   / (  \   |  i/   (\ヽ、)   u.\.    /                 |l!1!|
.:.: . : . /\______/    \  \  }  }     |i|||l\______/                | |l!1!|
.:._/ ./            \      \  ` '   ヽ、   lェェ/l     /   \                   i| |l!1!|
   /                \     ノ`      ,>-ェ/''⌒)     <.      \
  /                  ( \ ̄ ̄_      , '    / ,. <      ヽ.       \           【二章二十話より抜粋】
/                    `¨ ̄\______/ , r¨               \______
\                  / __        \'                      /           .|| |l!1!|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              ,. -―――-、
            /  ,. -―――-\
           /     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
        /    厶r ァ: TT T <:.:.}
        /   イ: : !./|⌒|メ /|ハr: : >      / )
       ,'    |/!,ィf穴   fハハ: :|       / /
       |    i |: |  r.リ   r.リ iV       ,( i ))     本作では『 レジスト 』を、魔法に対する防御壁を
       |    ん|: | "    ' ` ,;|      /  //       周囲に展開する魔法として表現してみたよ。
       |   / /|: |  {⌒ 7  ,从   /7  ,-
       /!  ,/∧.|: |  、__ ,. rく|: :|  /!:::/ /|         ラースの路地を駆けるやる夫君と翠星石の一行へ、
      /   /厶__|: ト、/ヽ.:././ |: :|/  |:::|/  |イ      ヴィルヘルミナが『 ダークインパクト 』を放つ!
.     /   /   \!.::.:r个く__|イ    |::::|   /         直撃は免れない!コレは大ピンチ!と言う所での登場でした。
     /   /   ―' ´ ̄ ̄>彳     |::::|  ,'
   /   〃       ー'      /\:|  !         .結果、翠星石とやる夫君はかすり傷ですみました。
   /    | |               \/:|  ,'
  /    | \__/           {:::::|/
  |\   |  / /  ̄|T7' <_____,>'
  |::::::\  |       |:::|: :|::||  |: :|

972 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:40:15 ID:MzwpnZgw

    /   レ'////////////////|
    ,'     ,'≧========xl}
   i    {ノ/j__//jノ l:l: }_} ハl|     この『 レジスト 』最大の特徴は、何と言っても
   |  -=彡イノ __`  从ノ∨}人ミ≧ー   【 やる夫君の周囲に居る者も魔法から保護する 】と言う所でしょうか。
   |    ,'l ィfア行 }    f'孖ヽノV|
   }   ,' | ヽ竺ノソ    以ノ/,':i |     一番原作のイメージに近い使い方が出来たと思います。
   /   /:八         '     {.:l |     今後も登場頻度は高いんじゃないかな。
.  /   /:/: |.:>     r‐,.   . イ .l |
 /   ∧: : :r≦|>   ___ . < : |: `Y
./   /  \:ト、 ≧zzx__}>、j: :.|: : :|
{.  /     \\  /`ー'7:\j:.: :.|



    イ: /: : :\   /、   〃       ,.=、,.
    / /:/ :/:∧7:T\|: 冫、      {{´  /
    :./: |: ',ィ仁レ1ル': X! /:`7‐<_ _,.≫''
    イ: :ハ/ィ升芋ミヾV|:| /|:∧,ヘ、: | `ァ<
    .|: :| 〉 弋辷ソヘ:ハ!  | | j厂>< |: : : l>‐
    .|: :/   ` ¨¨゙´      | |斗ヽ!ミV>< | :|
    . V              ヽN.fそ芋ミx、: : :| :|: i:     あ、無論デメリットも有ります。
    .八.      r        .弋辷ソハV: :| :ト、     それは単純に「 発動中動けない 」事。
    : : iヽ             `ー‐彳ヘVヽ:!
    : : | : \                 冫:∧      後述するグリーンスピリットの
    : : |: : / \ ` 、          U  /: :/: :        『 アキュレイトブロック 』(略称:防壁)と同じな訳です。
    : : |: /r' 二\  ` 、.      u  ,. -< ∠/
    : : |/´|└-、/ >――‐‐= ≦´ _,. -- 〈 ノ       物理的な力を遮断するグリーンスピリットの防壁。
    : :/  ハ   \――‐ィ仁彡'___ /\      魔法的な力を遮断する『 求め 』の『 レジスト 』と思って下さい。
    /  /  \.   `ー┬'´ ̄ _  /  /`ヽ
      /     `ヽ  ,. -┴<二__ 弋ン
      |     / /
      「 ̄ヽ / r' '´ ̄ ̄ ̄`     ``: : :

973 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:40:51 ID:MzwpnZgw

                 /\
            /    \
            /  リ      \
.          /  ト   7      .\
       /   ン  .1      ./__
      /  エ   o      /'´: : : : `ヽ
.      \     N.     < 厶ィ ノ八:_ : ヽ_    では次、同じく『 求め 』たん固有魔法の『 ホーリー 』!
          \         /\\fY⌒ ⌒Y:7´
          \.    /   r、j人 「_ フ イ八     この名前だとFFの白魔法が頭に浮かぶ人が多いと思います。
           \/      .ト弋`ヽ/゙)リ: :.}
                  ヽ:_:/>ーrヘ:j: :/
                      /´ └‐‐∨
                    く        >
                   `ーu‐-‐-‐<)



              /´ ̄ ̄ ̄  ミ  .
             ノ /.: ̄ ̄ ̄ ::.....<、\
            / ,ム ==ァ===== ミ  V  ヽ
          / /  .,./ |    :ハ \}  ∧
        / / .://   | :′ :/ ⌒ト、 ヽ   '      原作では、同一PTの攻撃力・防御力・魔法抵抗力を上昇させる魔法。
.       / ′:イ:.,x=ミ |:.{:...:/x=ミ,}:. i:..\ {.
      /  |:// /ん::`i ハ/ ん::`iヽ:. 厂 `∧     基本的にやる夫君扮する、ソゥユートの使う魔法は、
.     /  /.:' |'八__ツ     廴ツ }∨|     '      味方のBuffを主軸においた代物になっています。
     ′ / .:| |{ / /   r一  / / | .:|     ヽ.
    ′ .′ | |ヘ.    、__.ノ  .ノ} .:i:.\     ∧   属性値にマイナス修正が掛かると言うデメリットも有りますが、
    i  | .::i :「厂 ≧ェ ┬ァ チ―j .:′.. ヽ、   }.  三つのパラメータ上昇が大きいので使われる事が多い模様。
    | /! .::| :{    ノ ∨∨ 十 i :厂ノ  ∨\ノ
    l/ | .:∧:|__彡/  ∧∧ 人 | '「:.... ト、 '.
      | :厂 .|\/  / ハ. ヽ ` }/ 廴._|ハ }
      | :/  {/′/ / ∧ \ 厂    } }ノ
      |/  ,ハ. / / /  ヽ /\     ノ
      ′  { / /      \   \/ 原作プレイ者へのMsg
          ヽ/`ヽ   _   _\/ < 実は3パラメータ上昇より、エレメンタルの方が有効な事が多いよ。
              `¨´ {__厂´

974 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:41:39 ID:MzwpnZgw

               _  -─ - 、
              /        ´ ̄}
           「 ̄/ ________ 人
           ヽ V'´            |   ヽ      本作を作る上で、『 ホーリー 』は登場が決定していたのですが、
           〉|   ______」  |      問題が一つありまして、本作では属性値と言う概念を省き、
             |r七て/ \|ィfテュ≧k  |      更には『 求め 』の武器性能がぶっ飛びすぎてます。
             |∠:{て心   弋_ソ`|::ト、 ヽ、
             |/ :ハ弋:ノ         |::|人   \    同時に『 インスパイア 』と言う魔法も有り、
              j' |: {        .イ:|  \  \  『 インスパイア 』の上位互換として出すのは、ちょっと吝かかと。
.           /  |:.个:  .__^ _. イ |: |   \   }、
          /   八レ'厂 ∨て /  丁\    ヽ | |
.         /|/l/ :/ {   ∨_/   /  ヽ   || |
        人| //:rーっ-┐ ◇ />、   |\ /ノ/
          (  |l人(_ノ . .` ー─' ヽ.__)、   |_メ./



             , : '´ ̄ ̄ ̄`¨: ヽ、
           /: : : : : : : : : : : : : : : : \
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ' ,
        /: /: : : : : : : : : : : :.!: : : :!: : : : : : : : :.ヽ
        |: :!: : : : : :/: : : : :|: |ハ: : |: ヽ : : : : :ヽ: :!
        |: :|/: : i: ハ: : : :/!:.| ト、ハ:.|: ヽ : : : :ミ:ト-
        |:./:ハ:.十―i匕/`|/  |/ `TT⌒!: : |: !:.|
     __,. イ7从!: |/rそTト     rそTト、|/!VV
        |: :{ |N| 弋zソ       弋zソ !: :|/|       なので、イメージをこう考えてみました。
        |: :弋|: :!w` ̄    ,    ̄ w.| : !: !       相手によって下げられた能力を戻すと言うリカバー効果。
       /!: : : | 込.              ハ: :|: |
      厶r‐<|: : |:::\    (´)  , イ::|:i :|:入       で、それを表現してみたかったのですが……
      /:::::::::::::::|: : |:::::::::::>x<´ ̄ ヽ:::::::|: : |::::::\
      |\:::::::::::|: : |:::::/ ̄      ∨ |: : |:::::::::∧
      |:::::::>' ⌒ヽ∠          }'⌒ヽ!:::/:::::|
      |::::/  ヽ ソ          人// }:::::::::::|
    / ̄\_>く \           |>くノ:::::::::::::|
__,/                   /:::::::::::\:::::::::|

975 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:42:01 ID:MzwpnZgw

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                         |!l !
                         |!l |           ________         |l!
                         |!l |!-ー¬''''゙゙,゙,゙,゙,゙,゙二,,,,,,,,,,,,,,二,゙,゙,゙,゙"゙'''|| |l!- ..,,,,_
                 _,, ー'''",|!l |!,ー''''^ ̄´  ./゙;;i、 !  i' __. ,.  ̄|| |l!''―-..,,_`^'~ ..,,
                ,.. ‐''´ _,, -;;'"´.|!l |!i   __,,,,,.......`---------ニ .二_|| |l!-、.     `''';;;;_.`'''- 、、
             ,,/″,..-'"´ィ-;;し┴.|!l |!l二ニ--‐''''ニ匸 ̄ ̄ ̄ ゙゙̄,r'彡ニ i.|| |l!¬-,、_. ⊂...l__..`''ー、, `''-、,
        _/゛ .,/゛    ゙_..-''゙,゙.|!l |!l'''';;二`-゙‐';;ニ二二二ニノl   ;'''ーl:|| |l!.' 少'ー ,゙"ー ,,'''/!ゝ   ゙''-、 .`'-、
      /`゙ご!ミ゙゙゙゙゙[゙「゙゙゙゙゙!” / '“'゙!|!l |!l  ,            |/   / l:|| |l!,r'l /゙゙゙゙゙~“'ー、~゙!゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙~リ!_/~`'、
     ./   / .`-.\ ./ ,/,iW",/|!l |!|.i  j 、          ',r────────────=== === ==  =
=   ==   == ==───────────. 三三三三 //        .l:|| |l!/.l.,  :l`'、. ゙゙゙lー  ヽ. `l/    ヽ  .ヽ
   .i′ ./ .;;;;;;ニ゙ ./ /ヽ\. / ,ilニ、  !l |!|l|         ,三三三  , '   il:|| |l! ´.  ,',il `-、 .ヽ .,.rフ、. l .,,...ヌi-  .l  . l
   l   ! ''"ー  !  l  `'イ i′  ; 丶i:、 .  人.    三三三三 r'/  /l'  |   ,:' ,l.  .! .'l/.、.!  | `,゙ !-  .!  |
   |  .|     │ |.   .l .|ヽ、 !i , ノ ;丶,r'  ; ヽ   .三三\  ̄ ̄━──────────────────┓
   ..l  l      ゙l, ゙L   .ヽ !l>\l:   .\  . l;、  ノ   ^ヽ、, \.、  マ  ム  | |     .ノ’ '、 ,' ハ、 |〕│ヽ、.  |
        、,,ィ''";7 /7/:7        ,.                  レゝ\.   マ  ム  1 コ_ `イ!    l  | `      ≧|
     ,:r‐''";;;;;;;;;,i' /;//;;/      ,,ィ''";7 /7/:7 ' ` ,,ィ''";7 /7/:7 ..\ `マ  ム ヽ ` 「''i..i¦    ゝ ー、         {|
   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//;//;;/   ,:r‐''";;;;;;;;;,i' /;//;;/'  r‐''";;;;;;;;;,i' /;//;;/ ゝ li│  .'マ ∧    |/, -‐ニ7フ'''‐ -... 、      /|
  /;:-‐ ''" ,l;;;;;;;i'└'  ̄ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//;//;;/ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//;//;;/  ― ├┐、 'マ:::::ム、 :レ <:/ゝ、,人.._..ハ    /_.|
      /;;;;;;;/   . /;:-‐ ''" ,!;;;;;;;i'└'  ̄ /;:-‐ ''" ,!;;;;;;;i'└'  ̄ ,.,._._ │./゛   マ::::ム   'l.   ′   |i!i!!┃|  } ,-、.   |
       /;;;;;;;;i'      ''-..,,   /;;;;;;;/     .!ッ''    /;;;;;;;/ .┬‐―'ァ== | '‐ 、.,_マ::::ム ,ハ_       }i!i!i!i!i| ノ ¦ ヽ   |
  r‐;;'';"´;;;;;;;;f′          /;;;;;;;;i'_        /;;;;;;;;i'   .!彡ン'"   │  ,.:=^' マ::::::V三}_       ''‐ ┃.=r ム   〉. |
  |;;;;;;;;: r ''"^~       r‐;;'';"´;;;;;;;;f′ `゙^  r‐;;'';"´;;;;;;;;f′ ;;i,゙;;;;,゙,゙,゙,゙二 │.、、. '、1 }/,,,,,/≧       j;;;}  .ハ /'   |
  レ''"´           |;;;;;;;;: r ''"^~     |;;;;;;;;: r '"^~             │. `ー.. '、 / :ヽマハ ='´ ,     ,;;;   .ハ´     |
                  レ''"´          レ''"´                  ┗──────────────────┛
                                            【二章二十話より抜粋】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

976 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:42:33 ID:MzwpnZgw

.       /        /                    \
     .’        /    !     ヽ     ヽ       '.
     i/,       |     l     |  |   |  ヽ.   |
     i/     '  || /1 !     ¦  |   |    \  ¦
     /    | || || |  !   /ヽ!∧   l !   \ \.j
  -=彡! !  |  j__ハ___!,,|  !  、'__!!__!!!_/ | | 〈 `ー一      結局の所、『 アイアンメイデン 』によって束縛された
      | !  ∧ ´ V三V、ヽ|\! / ‐ ,リニリi/、 | ト. \!  |      やる夫君がその状況から脱出する為に使った
      i ∧ ∧ V'イ:::: い゛    V   'イ::::::(ぅ! ∧ ト-ゝ \_!      状態異常解除魔法と言う代物です。
      ヽ. ∨| !ヾ! ちz少          ら::::少 ハ:|  |ハ >ー一
          ||ハ.  ゝ -           `二 ,、  |  |ァ/:.:.:  |      ですが……
         ! |  /////   '     ///// |  |/⌒Y:.: ト、
        ! !  !                   |  |: : : :| .: | '.
        レ!   |人     v    つ       /:|  |: :_:_:_`ー ┴、
       /: :|  |: : :`. . _          イ ⌒i ¦¨ : : : : : . . !
        ト _|  |: : ヽ: : : :> ..__   √ ̄’: : :i ¦: : : : : : : : : :j
.       八:.|  ト、: : : : : : : :\    /: : : : : : ノ ノ_ノ ´: :  ̄:~Tヘ
      !  V|  |: :`ー 、 : : : : :.ヽ/: : : : : _: ://: : : : : : : : : |¦
      ! ∧.  |: : : : :.\rz: : :/: : : rzイ : / /:,.〆: : : : : : : : : : ! |
      ! {: :.ヽ ヽ : : : : : : i ト :/_: '´:i i : :./ //.:.: : : : : : : : : : .イ |
      ! |: : : :ヽ ヽ: : : : : i |: : : : :.. i i: :/ /.': : : : : : : : : : : :./:.∧ ,




                ,  -――‐- 、 っ っ つ
          /イ´ ̄ ̄ ̄ `ヽ\ っ っ つ
         / //_____//|  ヽ っ っ つ
           | |/ イイ∧/V\lミ{   |
    テシ     .j }':{ノ    `ヽリレ|:l   |     これじゃわっかんねぇよなー……
         /,リ:l.>    < .|::l   i|     AAで表現出来る所は極力AAで表現する、を目標にしてたんですが
        l' |::l⊃ 、_,、_,  ⊂⊃j.   │     いや解んないって、これは解らないって言われて当然だって。
        /⌒ヽ_|::ト   ゝ._)  j:::/⌒i |
   テシ .\ /::::|::l;;>,、 __, イァ/_/ │     いや、ほんとスイマセン、実はこのチャプターめっちゃ悩んだんです。
.     从 l||l ノ|/ {::≧=チ::ルl||l人.∧|     どうやって表現しよう、どうすんだー!って悩みに悩んでたんです。
       ( ⌒ )   ヾ:::::><::://( ⌒ )|      もう、これは>1の表現技術の限界だったと言う事で……

977 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:43:30 ID:MzwpnZgw

                                                     ,. -''_´、__  ``__ヽ、
                                                    /‐-、__l   ` ̄┌ー 、ヽ
                                                  /l ー、_ュ、     ´二二_ヽヽ
                                                 / | 、`ー―      /`ー'´ ,r |ヽ
                                                _,.|/  ` ー''´      ヽ ̄ ̄,  | l
                                            ,. r:'T::|      / n n   `ー'´    ヽ|
                                            ヽ、|::::|::|     ./      ヽ       |、_
           しっかし、『 求め 』はブルースピリットの神剣を砕き、     `''ー|     /        ヽ      .|:::|:::l::ヽ
            グリーンスピリットの防壁を切り裂き、更には多少の        |::ヽ   レ‐-、__,,. -‐-、ヽ     |:::|;::l;-'′
           魔法ならシャットアウト、ブラックスピリットの状態異常     |:::::ヽ  |  ,. -::::::::::-ュ、 ヽ  /  |´
           魔法も自己脱出出来る……                     l::::::l  | /::::::::::::::::::::::::ヽ l  |  .|
                                                 ヽ::::. ヽ'-''´ ̄    ̄`` |  l  /
                                                 ヽ::::. ヽ、__,.r‐-- 、_ ノ   /
                                                  ヽ:::::.           ....:/
                                                   ヽ::::::....       ...::::::/
                                                    ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                                                        :::::::::::::
              _,. -―‐――-、
.          〈 ̄ /        '" ̄}
           Vy'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`Y^ ∧
         ヘ| _ -‐ァr─‐- _ |     '.
          {イ: =く レヘx=ミ:、\    |
.          厶Y r'ハ   r'心Yヘ: :\. |
          | j} Vソ   Vソ ヽ| | ̄ ヘ
          |八        | |'、   丶     はい、何度も言ってますが武器性能「だけ」ぶっ飛んでるんです。
          /´| l> ,..^_  r< | |: :ヽ   \
           / ノ:八/_マー/_/ Xヘi: : : :\  ∧   更に「やる夫君は武器を使い一人で戦っている」訳では無いんです。
        /{ /厶(∧ z≠z' /  }i : : : : :∨ }   例えやる夫君が動けなかろうが、『 求め 』たんがサポートします。
         { ヘ{{ / { ◇〈  'y  j:j: : |: : : レく   神剣とは本来そう言うモノなんです。
          `,八∨   . /∧ /   ノイ: : |\: :|\〉
            |   ∨/ j'/  }∨リ  ヽ!     だからなんです、たかが三ヶ月訓練した程度の存在が、
            レ \{∧/   ∧ヘ、        何年も訓練し、戦ってきたスピリットとそこそこ戦えるのは。
.      <ヽ__..イ∠二ニ∠二二∧-◇、}\__
      _∧=∨⌒ ̄(__(_,ノ>{=:}─-ヘ、 \  \
     `ーム=::}\    ー   _j=::ト、   ノ\/ ̄ヽノ>
        'ー^ー\ __.∠二人_ノー'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

978 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:43:48 ID:MzwpnZgw

                                                             _ ,─、
                                                             ∠二─ ̄二\
                                                              /rnv   <_ |
                                                           ._/`┌       |_
                                                           <| / /      l  /| | |>
                                                          ./ /──_-┤ | | ̄
                 んー……?でもそれなら、シャナ戦でやる夫が            ./ / ┌─    | | |
                 『 アイアンメイデン 』を食らった際、                  / |\l    ̄─ | | |
                 なんで『 求め 』は何もしなかったのじゃ?              .|  |二二─_ |   |
                                                       |      ─_/    |
                                                         .|            |
                                                       .|           |
                                                          |           |
                                                           .|_______| _
                                                           | ┐| ┌─   | \
                    /                ヽ
                       /                      ム
                        ,′               ,xx, |
                    l       ,r   _....,xxxx//////| .l
                     l         .{//////////////>ゝl
                     l      ├. - -. -. -―= ´:i: : lゞ|
                      ,′       ノ:i: : :/}: /ソ|:./i|∧jヾj |
                 / ./    ゞイ:{:.〃`イ_ー .ソ ,仍.|:|.  l
                 ,′/        j: :y, イ::心     {ツ.{: {  j
                  //      .,イ: : :{ 乂ツ    , .八l /    シャナ戦開始時点では、『 求め 』たんは
                /        ./_ゝ: : ヽ     ,.-, .,.イ: : l′    やる夫が死のうと構わなかった訳。
               ,.イ      ., イ ./人: : :}`:::::...、 ´./ 人:.ノ
        ,. - ー≦___., イ   /  }: :人ゞ:::ノ/¨.∧/: :iノ      サードガラハムを屠り、マナを吸収した訳で
     , イ´:::::::::/: : : : : : : : : :/  /  ,.イ,.イ:∧  ///i .l;,ノ        生存時間に時間的余裕が出来た為だね。
    .〈:::::::::::::/: : : : : : : : : : :./    ,.ィ彡´ .∨/∧ ///  l
      `ヾ,イ: : : : : : : : : /: : /   ィ彡´  ノ  ∨/∧/// i .l        まぁ『 求め 』たんにも思惑がある訳です。
      .,イ: /: : : : : : : 〃: :/  〃  /゙ヾ   \//i∨  l  l
     .,′/: : : : : ://:,r/       ,′::..     ヾ,レ'  .}  l
     .{: :/: : : : :,イ/ /:/        ,′:::::..     }/}   / , .l

979 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:44:11 ID:MzwpnZgw

                 /\
            /    \
            /  リ      \
.          /  ト   8      .\
       /   ン  .1      ./__
      /  エ   o      /'´: : : : `ヽ
.      \     N.     < 厶ィ ノ八:_ : ヽ_    では次、ここから魔法ではなく【技能】の説明になるよ。
          \         /\\fY⌒ ⌒Y:7´
          \.    /   r、j人 「_ フ イ八     まずは良く目にしている、翠星石やアリスが使う
           \/      .ト弋`ヽ/゙)リ: :.}    『 アキュレイトブロック 』!
                  ヽ:_:/>ーrヘ:j: :/
                      /´ └‐‐∨     本作中では「 通称: 防壁 」と記載してます。
                    く        >
                   `ーu‐-‐-‐<)



              /´ ̄ ̄ ̄  ミ  .
             ノ /.: ̄ ̄ ̄ ::.....<、\
            / ,ム ==ァ===== ミ  V  ヽ
          / /  .,./ |    :ハ \}  ∧
        / / .://   | :′ :/ ⌒ト、 ヽ   '         .原作では、グリーンスピリットが使う防御スキル。
.       / ′:イ:.,x=ミ |:.{:...:/x=ミ,}:. i:..\ {.       纏ったハイロゥを変化させ、自分の周囲にマナの盾を
      /  |:// /ん::`i ハ/ ん::`iヽ:. 厂 `∧      作り出す訳です。
.     /  /.:' |'八__ツ     廴ツ }∨|     '
     ′ / .:| |{ / /   r一  / / | .:|     ヽ.    属性とかそう言うのを考えなければ、コレを発動させてる限り
    ′ .′ | |ヘ.    、__.ノ  .ノ} .:i:.\     ∧.   通常の剣や槍を使っての攻撃はほぼ無効。
    i  | .::i :「厂 ≧ェ ┬ァ チ―j .:′.. ヽ、   }   ただし魔法に対しては一切の効果を及ばさない。
    | /! .::| :{    ノ ∨∨ 十 i :厂ノ  ∨\ノ
    l/ | .:∧:|__彡/  ∧∧ 人 | '「:.... ト、 '.     回復魔法の『 アースプライヤー 』と共に
      | :厂 .|\/  / ハ. ヽ ` }/ 廴._|ハ }       グリーンスピリットの代名詞みたいなもんかな。
      | :/  {/′/ / ∧ \ 厂    } }ノ
      |/  ,ハ. / / /  ヽ /\     ノ
      ′  { / /      \   \/
          ヽ/`ヽ   _   _\/ < 『 求め 』の一撃は例外なんで除外するよ?
              `¨´ {__厂´

980 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:44:31 ID:MzwpnZgw

                         ┏      ┓         。 <バッチコーイ!
                           IMAGE           〉  Σ!|
                         ┗      ┛        ○ノ   Σ!|    \ ○
                                        <ヽ |  .Σ!| 、       ̄|
                                           i!i/, |i!ii .Σ!|  o    < \
`¨⌒ヽ,ノ_j 、 \__
     \}/\   `¨^⌒>    ̄ ̄ミ 、
      `  `¨⌒^ア  {>-‐‐‐-ミ  \
        ⌒ヽ、 /  /ニ∠二二∠>  \
          ___,}.′ __j∠三三∠二二二>i     -- 、_
        / _,ノ __彡'. ._i_._./|._././ i`'<ニニ|   .∠: : : : : :\     この性質は本作でも全く一緒。
       {     `7./.斗ぅミ}/}/ 'l.7i. .`¬{__/   \_:_:_: :     とにかく魔法による攻撃以外をバリバリ防ぐ訳です。
       、_____,ノ|/|《. {r::)     7:代}. } . . V     _,/>く{ : :
 \         /./{ ヽヽ    . ヒ::} }}/. .八{       ̄ ̄( : :    防壁を張った翠星石は(※)、サードガラハムが吐いた
    ______, /./.人   ト-- r ヽヽノイ{、 `        {,: :    岩をも砕くブレスの直撃を受けようが、傷一つ負って、
         __/ . /⌒ミ:\ 、__,ノ   /|. .{ ,)          /}: :}   いませんでした。
        . . . ./⌒ヽ \:`:ーr‐< ̄ミ. .∨     . -‐   , : ,′
       _._.ノ'⌒    \ \弋___,) {_,),>、\__/      /: /
    ⌒¨´ /      \_,〉 ,ハ \} {/ _,). .}____ __,ノ⌒′
      /       ̄ミ{   {,>、{ } ̄{`}. j八.\                         (※):一章十一話参照



           ' | :/ : :./: : :./: : : /: : : : : /: : :.Y   ヽ
             /' |: :..:/ : : /: : : / : : : : :/: : : : :/|   |
            ′ |:/_ ..-‐──=┬=───- _ |   |
         |    l/ | ∧ i! /:1 ∧  |、    \!    |
         |/  丿  |十T丁/N V  |/|丁弋|+|  、__ゝ   !
         | -=イ| | V =Ⅵ!ミ     j/.__ヽト ゝ||! \  ¦   また、この防壁は自分の周囲も同時に保護します。
         |   |ヘ 从|'{[:r:ィ示`     不r:示フヾi从 トゝ !    アリスは砦に榴弾を打ち込まれた時に、人間兵の保護をし
         |   |从ハ ' く辷ル       k辷ツイ '’| |:Ⅴ  |   翠星石はミネアの行軍で人間兵を敵銃撃から護衛しました。
         |  ∧:| |ヘ                     | |:.|     |
           /|  !:.:.:| |: ヘ r=、、    ′    ,,.‐, .| |:.|     |    ただ、広範囲に保護すればその分防御力は下がる模様。
        /   i!:.: | |:.:.:i ヽ ヽ .._    _.. ,〃' /.:| |:.|    ハ    この事はアリスがぼやいてましたね(※)
      / i!   i! .: | |:.:.:i!: ヘ}  |     ̄    i  {.:. | |:.|:!  / ヽ
       .′:.:i!   i! .: | |.:.:.i!:.:ir|  |>、 _,..、イ|  !.:. | |:.|:!       丶
     /   .:.i!  ∧:.:.| |:.:.:|レヘ.!  !ー------ ´.!  ! : | |:.: !       ヽ
     .′  :.:i!  /:. !:. | |:.:/:::::: |  | __    ___ j  {V ! !、:.!      ヽ.   !
   /      /:.:.: !:. | |∧::::::リ /   ヽ--/  \ V' | |:::ヽ      \ |
   .'      /:.:.: z==| |  ヽ/ ´_.. -―〈__:〉ー-..、  〉.| トヾ::ヽ        \
   !      !イ イ  | |   }    _.. --{:.{, -- 、   | | | :.:./\!       ヽ.        (※):二章二話参照

981 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:45:00 ID:MzwpnZgw

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
:::::::::::::::::::::::/ / / ::::::':::::::::::::::::' ´::::::::: ,.イ::::::/:::::::::/::: _ ,.イ\,  〈         \ :  /   (○)三(○):::::::\
::- :::::::::::/  / / /:::::::::: /:::::::::::::::::/:/;:::::/::::,. -‐:::::::::/:::::::::::l   \       \ |.u     (__人__)::::::::::::::::|
::::::::ヽ/  / / _ >- - ' :::::イ :::::::::::: /!:::://::::: _:::::/_::::::: イ ::\|  \         \\    |r┬-´:::::::::u./
.  /   イ / :.- - ::_ :::::__::_::l { :::-ーイ:::::ハ:::::ゞ\ '、 /イ'/::レイi:://  \        \    `ー'´:::::::::::\
/ .  ´   | /  :::-..、 :::::::::::::: ゝ-.::::::.. |:/:::;,イ ,∠=,ノ/;/ // /7ナV  「 ` - _.     \  【 石化中 】  |
/\    |{   ::::::::::`::ー-::-::-:::,..--―:'_7ォメレイifイ:::j:メ/ /´  /'=j/、l  |j : : ,ィ  - _    \
:::`... \  !  -―>―:::´::: _彡--''´: : : : l/ゝ! ゞー'      /'イz;;:ヽl .| ::r': .,イ-'- L     \
ー- <\ l   -..:::::::::__,.r'"´.: : : : : : : : : : :ノYハ、_     ,      ゞ- ' . l ト : : ::,'    `-    \
:::::::::::_,.. - l l  _,.-‐´: : : : : : : : : : : : : ,.ィ'fュ  ハ.     ァ-ヽ  :;:; -.'ノ:l |: :r':::::/|  _         \
─"´. : : : l l  ヽ: : : : :_:ト、:_:_:__:_:__ ,イ{ | |ュ '   ゝ.  ゝ._ノ,. -=ャ.  ! |´ :::::/::::!く:::L_    `-    \
: : :: : : : : :,.┤l l: 、_:_:_rf1´ヽ.   /   } | |ュ  rr===>、- rノ___(j!f: : _l |::::::/: :::|  ヽ::_     7\    .\
: : : : : :/\l l    r=iトァ   , '     { | |ュ  |:!   ,.>r'|!7 ̄ ̄´ {!: :.::! l:::/ :: :!リ、  ヽ::jrt、  //ソ  | :/ \|
: : : :/ゝ _ l l   /   __ノ     ,.イ「| |ユ  ゞ=/ /ヽr|!7 ` ー- {!: :: | l:|'::::::::ヾ:::::ヽ.. __ ..ゝ.イ:::::::/  /'^ヽ.  \
: :.:/ゝ-ゝ--lll l  /  トf´__ ,.. イ  }l! |ュ  /r / ノンj!フ_    {!: : :!}|. l,::::::::::::\:::::::::__:: ノ::::::::/  | j/:\  \
: :/      ll::l l/ ィ/      / _ r,{_|! |ヽ、/__,.r/ フ、_j>ヽ7    {!: : :!} | l l::::::::::::::::ヽ::::::: /:::::::::/  j: : : : : : 7ヽ,   \
:/       |!ル ri l!      r::::`v (r -!/ゝ---' _ フ><|.!フ__rfヽl! : :‐l l l7_ :::::::::::::::::::::' ::::ノ/  /: : : : : : : : : 7、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        /    ゝ‐ァ,  /‐/==.∧ `丶! l ,ィ
        /       |// /∨__ |/ ∨   ´ノ、               しかし、この防壁、確かに物理的な攻撃には
       ,'  ;:    |イ, '|  ' イハ   レレ'‐/l:::!            無敵技能なんですが、魔法が少しでも絡むとダメダメ。
       l /    .,|   |  ゝ !り   , -、./:::!、!             発動中は身動きが取れないのも大きな弱点。
       | /    /:|   |       イリ∧:::!
        j/     /、.|   |       ' _ 〈,ィ── ‐- 、          事実、サードガラハム戦では魔力が絡んだブレスは
      /     /:::〉!   !     j,ィ'./         ヽ       防壁を貫通し翠星石はボロボロになりました。
.      /     // |   |       `l l ,          l
     l/    ,__'⌒y |   |丶__ _ ァ'i´レl/ /`ー──、.   ! _      ヴィルヘルミナ戦では、身動きが取れない所を
.    ,イ   ,イ‐、 ヽ  !   !/、:/::::/:/ |  し'      //|    l`) l    魔法で狙われると言う状態にもなっています。
   /   ./へァ. \ 〉.|   |`ーl::::/:/ |:::::::::|    // l   ノ/ /    対ブルースピリット専用みたいな所が有るかも?
.  /   ,イニニ-ヽ  | |   |ィ:l´`♀ ノ.!:::::::::!     l|イゝ、!_/./ /│
  /   /     |  | |   トl::!. ∨ヘ、|:::::::::|    l| !    /, '  !

982 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:47:48 ID:MzwpnZgw

                 /\
            /    \
            /  リ      \
.          /  ト   9      .\
       /   ン  .1      ./__
      /  エ   o      /'´: : : : `ヽ
.      \     N.     < 厶ィ ノ八:_ : ヽ_    はい、それじゃラストスパート。
          \         /\\fY⌒ ⌒Y:7´
          \.    /   r、j人 「_ フ イ八     ブルースピリットの代名詞、『 アイスバニッシャー 』!
           \/      .ト弋`ヽ/゙)リ: :.}
                  ヽ:_:/>ーrヘ:j: :/
                      /´ └‐‐∨
                    く        >
                   `ーu‐-‐-‐<)



              /´ ̄ ̄ ̄  ミ  .
             ノ /.: ̄ ̄ ̄ ::.....<、\
            / ,ム ==ァ===== ミ  V  ヽ
          / /  .,./ |    :ハ \}  ∧
        / / .://   | :′ :/ ⌒ト、 ヽ   '       原作では、ブルースピリットが使う魔法相殺スキル。
.       / ′:イ:.,x=ミ |:.{:...:/x=ミ,}:. i:..\ {.       相手の魔法に打ち込み、それをうち消す(Banish)する技だね。
      /  |:// /ん::`i ハ/ ん::`iヽ:. 厂 `∧
.     /  /.:' |'八__ツ     廴ツ }∨|     '        原作無印PC版では魔法の消去だけ。
     ′ / .:| |{ / /   r一  / / | .:|     ヽ     PS2版、及びSE版では消去する際、相手にダメージも与える
    ′ .′ | |ヘ.    、__.ノ  .ノ} .:i:.\     ∧.   とてつもなく便利な代物です。
    i  | .::i :「厂 ≧ェ ┬ァ チ―j .:′.. ヽ、   }
    | /! .::| :{    ノ ∨∨ 十 i :厂ノ  ∨\ノ    相手の部隊にブルースピリットのサポーターが着いている場合、
    l/ | .:∧:|__彡/  ∧∧ 人 | '「:.... ト、 '.      こちらは魔法による攻撃が出来ない(ブラックスピリットの魔法は除く)
      | :厂 .|\/  / ハ. ヽ ` }/ 廴._|ハ }      レッドスピリットにとっては悪夢の様なスキルな訳です。
      | :/  {/′/ / ∧ \ 厂    } }ノ
      |/  ,ハ. / / /  ヽ /\     ノ
      ′  { / /      \   \/
          ヽ/`ヽ   _   _\/
              `¨´ {__厂´

983 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:48:10 ID:MzwpnZgw

                         ┏      ┓
                           IMAGE
                         ┗      ┛
                                    バニシュ!! > ○ ,      \ /         ○ < フレイムレー……アァン!!
                                       / ̄' ~☆- -*- - ★~    ̄|
`¨⌒ヽ,ノ_j 、 \__                               / >        / \        <\
     \}/\   `¨^⌒>    ̄ ̄ミ 、
      `  `¨⌒^ア  {>-‐‐‐-ミ  \
        ⌒ヽ、 /  /ニ∠二二∠>  \
          ___,}.′ __j∠三三∠二二二>i     -- 、_
        / _,ノ __彡'. ._i_._./|._././ i`'<ニニ|   .∠: : : : : :\
       {     `7./.斗ぅミ}/}/ 'l.7i. .`¬{__/   \_:_:_: :     本作での扱いも原作と同様、変えようが無いね。
       、_____,ノ|/|《. {r::)     7:代}. } . . V     _,/>く{ :     ただダメージは与えません、あくまでも魔法の消去です。
 \         /./{ ヽヽ    . ヒ::} }}/. .八{       ̄ ̄( : :
    ______, /./.人   ト-- r ヽヽノイ{、 `        {,: :     ま、それでも消去される側にとってはたまらない罠。
         __/ . /⌒ミ:\ 、__,ノ   /|. .{ ,)          /}: :}
        . . . ./⌒ヽ \:`:ーr‐< ̄ミ. .∨     . -‐   , : ,′
       _._.ノ'⌒    \ \弋___,) {_,),>、\__/      /: /
    ⌒¨´ /      \_,〉 ,ハ \} {/ _,). .}____ __,ノ⌒′
      /       ̄ミ{   {,>、{ } ̄{`}. j八.\



      ,,r ´   ヽ:;、          \
    ,,r ´     ,.r ´ \          .\
  /    ,.r ´      \          .\
  く  ,.r ´           \          \
   Y´            ,.r ´ニ=ー '´
   l         ,.r ´ヾ` ヽ:、 三=ー         あ、そうそう、本作ではちょっと踏み込んでまして、
    i,      ,.r´ヾ ヽ、 ヽ_ミ=‐/´`\       「 ハイロゥを崩して打ち込む 」「 知らない魔法はバニシュ出来ない 」
    ヽ  ,.r´、ヾl, ィ匕か;、キ ̄i`. | f´`  \       としています。
      Y´i i |i、ヽヾl\ 弋ソ 'ヽ l   l人`) / \
     ハ . |<'ト各、ヾ| \      l  .l し  人       -ハイロゥを崩す=飛行中はバニシュ出来ない or 落下覚悟で撃つ
   ,r"i.ヾ | .ヽ`´          .|  ト、_ノヾ \       -知らない魔法はダメ=バニシュするには事前に知識が必要
     | ヘ.|`ヾ、          l ,l |   ヽ\ヽ.    って事で。
     | l.`| |ゝ  -        | l  .! \ ヽ \
     |. l .| ,l | \       l l ,.ゝー、   ヽ
     |. i .| l  | | ヽ、 ,.r '´,r| ,i ̄    ヽ
      | l  |,l  .| |  .,r'`y ' ´ |,i       ヽ
     .| l  |l  l |/ i/    ,|l'   < アポカリプスを初見でバニシュされたら泣きますよね
    |.l'  |!  |,r'i .,i'     |!,.r ' ´

984 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:48:38 ID:MzwpnZgw

                 /\
            /    \
            /  リ      \
.          /  ト   0      .\
       /   ン  .2      ./__
      /  エ   o      /'´: : : : `ヽ
.      \     N.     < 厶ィ ノ八:_ : ヽ_    では本日最後の紹介だよ。
          \         /\\fY⌒ ⌒Y:7´
          \.    /   r、j人 「_ フ イ八     ブラックスピリットと言えばコレ!
           \/      .ト弋`ヽ/゙)リ: :.}     コレこそがブラックスピリットと言える!
                  ヽ:_:/>ーrヘ:j: :/
                      /´ └‐‐∨       『 トリーズンブロック 』!
                    く        >
                   `ーu‐-‐-‐<)



              /´ ̄ ̄ ̄  ミ  .
             ノ /.: ̄ ̄ ̄ ::.....<、\
            / ,ム ==ァ===== ミ  V  ヽ
          / /  .,./ |    :ハ \}  ∧
        / / .://   | :′ :/ ⌒ト、 ヽ   '       原作では相手の攻撃によって受けたダメージの何割かを
.       / ′:イ:.,x=ミ |:.{:...:/x=ミ,}:. i:..\ {.         反撃ダメージとして返すカウンター効果を持った防御スキル。
      /  |:// /ん::`i ハ/ ん::`iヽ:. 厂 `∧
.     /  /.:' |'八__ツ     廴ツ }∨|     '      例えばHP10000有って、攻撃で5000ダメージ受けたら、
     ′ / .:| |{ / /   r一  / / | .:|     ヽ.     2500ダメージを無条件で攻撃してきた相手に返す……
    ′ .′ | |ヘ.    、__.ノ  .ノ} .:i:.\     ∧.
    i  | .::i :「厂 ≧ェ ┬ァ チ―j .:′.. ヽ、   }     そんな感じの代物です。
    | /! .::| :{    ノ ∨∨ 十 i :厂ノ  ∨\ノ
    l/ | .:∧:|__彡/  ∧∧ 人 | '「:.... ト、 '.
      | :厂 .|\/  / ハ. ヽ ` }/ 廴._|ハ }
      | :/  {/′/ / ∧ \ 厂    } }ノ
      |/  ,ハ. / / /  ヽ /\     ノ
      ′  { / /      \   \/
          ヽ/`ヽ   _   _\/
              `¨´ {__厂´

985 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:48:55 ID:MzwpnZgw

     ./  !/.'      '  /     /  ヽ      ヽ
      ′ | '    /  /    /__ス_!      |
     |  |/   .-‐ァ 丁  ̄| ̄ト、 、    \     |
     |  |  イ   /  |、   代丁\卞、十  ヽ.     |
     | /  /!=≠ト   i/ヽ.| ×テ=<Ⅵ  !一     |
     レ'   | イ V,テ::ミ     \  ff:::うバ |/       |
    'ーイ 从 l 'イ ん::ハ        弋z少 |  '|        |     しかし、本作ではHP表示なんてありませんし、
     ∧  |jハ  ら少   ,           |  :|        |     攻撃力が酷く過剰となっています。
     i \い '.              |  :|        |
     |  | ∧               |  :|       |     ぶっちゃけ一撃一撃が致命傷クラスです。
     |  | イゝ      '⌒      イ  :|       |
     |  | |:.:.:.:> .._ _ _ ._ '´_| :∧     \!
     |  | |/:.:.:.:.:「 ┴… '´  / | :i: :|       \
     |  | |:.:.::.:.:.:ハ     /: : : | :| ヘ       ヽ.
      /    !   「¨ ̄ /: : :V   /: : : : : :| :|   \       .
    /  「::::`ー─ r -.、: :r=:i===.'z、: : : .:..| 仁 、 /|\     |



              _,. -―‐――-、
.          〈 ̄ /        '" ̄}
           Vy'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`Y^ ∧
         ヘ| _ -‐ァr─‐- _ |     '.
          {イ: =く レヘx=ミ:、\    |
.          厶Y r'ハ   r'心Yヘ: :\. |
          | j} Vソ   Vソ ヽ| | ̄ ヘ       なので考え方が根本的に変わってます。
          |八        | |'、   丶
          /´| l> ,..^_  r< | |: :ヽ   \     【 相手の攻撃を受け止めて反撃 】から、
           / ノ:八/_マー/_/ Xヘi: : : :\  ∧.     【 相手の攻撃を受け流して反撃 】になっています。
        /{ /厶(∧ z≠z' /  }i : : : : :∨ }
         { ヘ{{ / { ◇〈  'y  j:j: : |: : : レく
          `,八∨   . /∧ /   ノイ: : |\: :|\〉
            |   ∨/ j'/  }∨リ  ヽ!
            レ \{∧/   ∧ヘ、
.      <ヽ__..イ∠二ニ∠二二∧-◇、}\__
      _∧=∨⌒ ̄(__(_,ノ>{=:}─-ヘ、 \  \
     `ーム=::}\    ー   _j=::ト、   ノ\/ ̄ヽノ>
        'ー^ー\ __.∠二人_ノー'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

986 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:49:53 ID:MzwpnZgw

      ,,r ´   ヽ:;、          \
    ,,r ´     ,.r ´ \          .\
  /    ,.r ´      \          .\
  く  ,.r ´           \          \
   Y´            ,.r ´ニ=ー '´      \
   l         ,.r ´ヾ` ヽ:、 三=ー        \
    i,      ,.r´ヾ ヽ、 ヽ_ミ=‐/´`\
    ヽ  ,.r´、ヾl, ィ匕か;、キ ̄i`. | f´`  \          ここで少し復習ですが、スピリット達はハイロゥ「で」攻撃しています。
      Y´i i |i、ヽヾl\ 弋ソ 'ヽ l   l人`) / \
     ハ . |<'ト各、ヾ| \      l  .l し  人            例えばブルースピリットならば、神剣にハイロゥを込めて一撃。
   ,r"i.ヾ | .ヽ`´          .|  ト、_ノヾ \        グリーンスピリットならばハイロゥ自体をぶつける訳です。
     | ヘ.|`ヾ、          l ,l |   ヽ\ヽ.
     | l.`| |ゝ  -        | l  .! \ ヽ \       やる夫君の場合、ハイロゥをオーラフォトンに置き換えて下さい。
     |. l .| ,l | \       l l ,.ゝー、   ヽ
     |. i .| l  | | ヽ、 ,.r '´,r| ,i ̄    ヽ
      | l  |,l  .| |  .,r'`y ' ´ |,i       ヽ
     .| l  |l  l |/ i/    ,|l'
    |.l'  |!  |,r'i .,i'     |!,.r ' ´



              / ̄                   \
               /                     ヽ
           / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ     ',
            ,′!               |    |
.            j |   _________.」     |
          |<千 ̄_/|: :人: :|ヽ_,.斗<: : :\  |
          | ∠:/ソ _≧ュ、 \| ´_.二、∨l: : :ト_>|     この『 トリーズンブロック 』は相手のハイロゥを受け流します。
          |  /!:トイfてハ     fてハV从 j     |
          | ./: :小弋_.ノ      弋_ソ´ ノ: ハ    |      受け流されたハイロゥは周囲を漂う訳ですが、それを使って
          | l: : : |       '        |: .|ノ!    |      カウンターとして相手に打ち込む訳です。
         / j: : l人   ┌ ─‐ 、     |: :|: ヘ.   |
          / /: :/{ :lへ、 レ   ノ    イl: :|: :∧  |      自分の攻撃を自分で食らう様なもんだね。
           | ,': :/: | :|: : > 、  ̄ _. イrヽ|: :| : : ハ   \
          〃: /: :_! :ト'´ト、   `チ   _ノ  |: :ト-、ハ    \
         /〈 /: /ミ|:..|ヘ  \f⌒ヽ/  |リ  ミl|     |
          ! /: /l |:| \   \/   /仏   | ト、    ト、
.        | {: /⌒Vヽー-へ、 ∧  / /´/ ̄ ヽ 「 \ /  ヽ
.        ト、〈  ⌒ヽ}\  /人V   しl⌒   〉    Y    \
         ノ  ヘ   ⌒l/\\∧Y∧// l⌒   ハ   l       \
.     / //\_フ   \ ∨ /   匸__ノ |\ |       \)
     ( /  |   7     |\|/|     \ | ∨|        \

987 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:50:21 ID:MzwpnZgw

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                /'7' ,   /  ,   ヽ  ヽ、   ヽーニz_
             / ././   ./   .l    ヽ  ヽ`ヽ.,_ ヽ ヽ
                し.ノi i   ,ァヘ   .lヽ__   l   ヽ`ヽ、  ̄ ヽ
                /|.l  l 」‐zヽ  lzt≧、  l   l,   `ト、  ヽ
            :._/>=iハ .l l. Vリ`ヽイ .i○━━━━━━━━────────────────
          ,:.ィ'´:::::、 ヽヽヽ',.  `   `¨./>、', `ヽ l ヽ .l                  ,/     ,イ ,イ
.       :./::::::::::::一--=ziヽヽ  ´`,;_,.ィ<__ミz--{  lヽヽ                /〈    ////
         ヽ、:::::::::://;;.//;`¨,─'´`i_        ヽ |  `               / /  /| レ レ
            `ーz.,^ :::::::::::::::::::::::: i´  ヽ、       ヽi              __ / /   l |
            .l ¨ .`'ァ-z-._::::::::∧    ヽ        ヽ     _,..   _,.ィ≦ ̄   / /   l |
      ↓     \  ./ ヽ__,∧_l ヽ     ヽ       ∧,.才ア7 |   ヽ`ヽ、    ./ /    l l
      。     `'-、,           `゙゙'━ . ; ,+X,__.ノノ´  /  |    j  _`_ヽ//    Y ハ
    ヽ:''"O':.,    _」 `''ー ..,、              ̄ ゙゙゙̄'''''''''¬――+―-----/-------------, . , ; +-―‐
 →  :.    :;。 ./ /i;/:::::::lヾ`゙,∵,、...,,,_ヽ、   /〉 フ/ ヽ>''   ノ   /          〉      l
      ::、,. ..,::O -/   ハ:::::::::ヽ `ヽ:::::::::::ヽ`゙゙"''―- .....,,__ノ     ./i_,/         / i ,イ ,イ i
   。  'O          .l:ヽ;:::::ヽ/::::,.ィ=''''¨´三=<j_ / ゙゙゙゙̄"'''''''―∴',+..:.:.:.:.:.::; ;___  //// , イ
        ↑           `''ヽ j::::::/  _.二 二ニニ=={´__/       ____./    ̄レ レ // ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                                       /'" 【二章二十話より抜粋】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    〉─‐ ァ: 7:¨: :/: ̄.: :|: : : : : \: : : :ヽ: : : : \: : : : \|_
.   /: : : : :/: / : : /: : : : /|: : ∧: : :.|\: : :|\_ :|: :|: : : : : : :_>
  /: : : : :/ :/_:/:/|: : : / :| :/  : : | _ 斗七 ∨| ∧: : : |\:\
. 厶イ : : | /∨|/丁: :`メ. |/    ∨ .:ィァテ气ミl/ ハ: :│ |  ̄
  / | : :八| 〃卞不气ミ:::..     .::´ ト{::::::}.}  }} ' : Ⅳ: |      ヴィルヘルミナはやる夫君の攻撃を受け流し、
. /:/|: :/ : | {{  ト{::::::} }         弋辷ノ   | :│} ト、     やる夫君のオーラフォトンをやる夫君に打ち込みました。
∠人|V : : | ヾ. 弋辷.ノ             -''   : : |ノ │ \
    |: : : : |    ー                      ,′ |:  |      『 求め 』たんの助言で、やる夫君はある程度距離を取り、
.  /: : : : :|              ′         /l : : |'、 |   |    直撃は防ぎましたが、それでも激しくぶっとばされ、
  /: : : : : :|\                        厶| : : |:∨ | \/    壁をぶちぬく勢いで叩きつけられ、内蔵破裂、血反吐と
 : : : : : : : | {\          - ニヽ       イ|  | : : |: :∨  ヽ   言う大ダメージを受けています。
 : : l : : : : |   ∨ 丶、            _ ´ j/ / : :/| : :丶    \
 : : |.: : : : |   \  `  、 .._ . <人.  / /: / :| : : : :\   \
 : : | : : : ∧    \   \    /    / / '´ : : :| : : : : : :\   人

988 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:50:48 ID:MzwpnZgw

            /  / + ん ⌒y' +   ノ⌒)  ノ:|ハ
        .′ |)V⌒  /'    /ヽ x / +|  i
         |   |ノ + (__んノ /′ノ /) (__,| |
        _|__ ノ`¨ 7 ―..┬‐.ァ..―――――く  |
          `i 7′ :ト :/|.:/|.:i:.ハ:∧:.ト、 :|ノ:.:.ヽ、`:廴
        |/イイ:/lル,≧ミーハ′}ー},ム≦ト、トヽ:V 丁      これはヴィルヘルミナの攻撃力が云々と言うよりも、
        }  从 /'|_r::ci`    ' |_r::clヽVト:ト} |       やる夫君の攻撃力過剰が大きい所でしょう。
         / .  | .:l {{ 廴ツ      廴ツノ' }: |   ∧
       i   |:.i.       ,         小:|  '  ヽ     直撃せずともボロボロになる程の一撃な訳です。
      ノノ  ∧小.             八 :|    i
     /     ノぐ} {)\   ∠`ヽ   , イ} :/{    {
      /   / ヽ|l{  |.i> . __ . イ/.// :∧ヘ    ハ
     .   (_))イ´ |: :l  l..ヽ、 ` ー ´ /../ ': :i{/.ヘ 〉、   ヽ
     }  |     |: :|   ヽ_.\_彡'_;;/ |: :l|  `=ト、   丶
    ∧   }     } |  (こ)__ ヽ/.._jD) |! :l|    |    ∧
    /....\ノ    |. :l|    ̄ヽ/|ヽ/   |! :l{    |    /....\



               '´        `丶
               /                \
            /     r           ヘヽ
              ,'     ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l〈
          |     |              |│
          |     |            _ト,L_
          |   -=┴:┬: ァ : :7T:7下:/「:、 : !\
          |ノ   厶イ:/! /-孑'´|/ |/二jハ:リ│   これ使わせたら勝ち目ないじゃん、とは思いますがね。
.           /     l: j,斗テ圷   弋iナ小/ ,|
          |      |Vヘ弋)ン      `´ i:|∨|    ただヴィルヘルミナはやる夫君が大きく振りかぶった所を狙い、
            j/      ,'| ''       '    '': |: ' |    やる夫君の一撃がまだ完全に振り下ろされる前に、
           /     /.:|丶、 u _f^ーァ'  ,イ: :|: : |    この防御方法を試行しています。
        /     /|: :|(ヽl> `_ー_. イ:!:| : |: ハ
          /     /-|: :|(>、` ー‐┴' ∧L| : !/: : '.   ま、タイミングを間違えればそのままばっさりな訳で。
.         /     ∧. |: :l \      ノ/ } |: :|ヽ: : :i
        /     / ハ.|: :ト.、 \ー‐ / ,/ |: :| ∧: :|
.      ,′     /    |: :l \   \/  /  i|: :l/ '; :|         ./゙)
. \ __ |    /     l|: :|   \ /\/  |i /l   |│        / 'ー--っ_
    }`ト、|,   /    l|: :|    〈=-O-〉   |: | |. │|         __xく  -‐=彡'
 \ | l| \   |     ||: :|    /\__∧  |: | |.  Ⅳ    /\ l|  '´ ̄
    | l|   |\j     ||: :|   ./   ∧ l   |: | |  八    /\ │ レ'
    | l|   |  }ヽ     ||: :|  /   / | |   |: |ノ    }   /   |  | |

989 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:51:42 ID:MzwpnZgw

           ' | :/ : :./: : :./: : : /: : : : : /: : :.Y   ヽ
             /' |: :..:/ : : /: : : / : : : : :/: : : : :/|   |
            ′ |:/_ ..-‐──=┬=───- _ |   |
         |    l/ | ∧ i! /:1 ∧  |、    \!    |       この『 トリーズンブロック 』を狙われる様な隙が
         |/  丿  |十T丁/N V  |/|丁弋|+|  、__ゝ   !     やる夫君には有った、と言う事。
         | -=イ| | V =Ⅵ!ミ     j/.__ヽト ゝ||! \  ¦
         |   |ヘ 从|'{[:r:ィ示`     不r:示フヾi从 トゝ !     だから蒼星石はやる夫君に「戦い方を知らない」と
         |   |从ハ ' く辷ル       k辷ツイ '’| |:Ⅴ  |    突っ放した訳です。
         |  ∧:| |ヘ                     | |:.|     |
           /|  !:.:.:| |: ヘ r=、、    ′    ,,.‐, .| |:.|     |
        /   i!:.: | |:.:.:i ヽ ヽ .._    _.. ,〃' /.:| |:.|    ハ
      / i!   i! .: | |:.:.:i!: ヘ}  |     ̄    i  {.:. | |:.|:!  / ヽ
       .′:.:i!   i! .: | |.:.:.i!:.:ir|  |>、 _,..、イ|  !.:. | |:.|:!       丶
     /   .:.i!  ∧:.:.| |:.:.:|レヘ.!  !ー------ ´.!  ! : | |:.: !       ヽ
     .′  :.:i!  /:. !:. | |:.:/:::::: |  | __    ___ j  {V ! !、:.!      ヽ.   !
   /      /:.:.: !:. | |∧::::::リ /   ヽ--/  \ V' | |:::ヽ      \ |
   .'      /:.:.: z==| |  ヽ/ ´_.. -―〈__:〉ー-..、  〉.| トヾ::ヽ        \
   !      !イ イ  | |   }    _.. --{:.{, -- 、   | | | :.:./\!       ヽ.



        /              `ヽ
        /              ヽ  \
      |   /              _」    |
      |  }ー----------…… '´/.:l   |
       !  l:r┐   //  // // /l   |
       !  l:l !   //  // // //\  |    やる夫君の一撃はまだ不完全な状態で受け止め、そして受け流した。
      l/ ,.イ /-- ── ─┬┬ < トト、ト、 1    それでもヴィルヘルミナの左手はほぼ死んでる、
      l 「7 ⌒ヽム_/ノl/ ヽ┼仆ハVV〉  |
      ///   ‐{ l/ニ     _.._,  1i!   |    この状態、ヴィルヘルミナが一番驚いたんじゃないですかね。
     〃    ソー=='      ̄ '' j.:.l  |    ま、ヴィルヘルミナだって無敵じゃ無いよって事で。
      ,′   ハ'゙     ,      ,.イ.:.l  |
      i   イ:: : ヽ    t -- -ァ /.:.l.:.:l  |
      |    |:: :: ::_」> _ゝ-_'. イ`ヽl.:l.:.:l   |
     ./|    ∧l l:: i.:\` ー----‐' 人 l.:.:l  |
    /. |  / ∧ l:: l.:.:.:.\     イ /l.:l.:. l   |
   /.: . |/  // l:: lヽ.:.:.:.:.\ __,  /.l.:l \ l |
  〈__/   //  .l:: l  \.:.:.:.:\. /.:.:l.:l  \1
  /\   //   .l:: l   \.:.:.:.:V.:.::/l:.l   ∧

990 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:52:45 ID:MzwpnZgw

                 /        | ><    ノ )  ノ'{.|
                  ,′       | 、-'    __ > ー ''ゝ,,,,_
                    /         }- '_ ー≦}: ;ィ: ム`: : : ヘ
                    /        _ノ-,, - ニ: :ノ }/ j!-ミj: ヘヾヘ
               /     __,,, =フ: :,イニ-- く ノ   イ:ハ }〉ルヽヾj
               ,′      ,,∠ィく/{!::::ハ   '   弋リ リヘ
                 /       イヘ: :.ヘ 弋zリ     丶   | ヘ
            ノ   _ ,, - '´  ヘ、ヘ: :ヘ  ̄      _,   八. ヘ      と言う訳で本日はそろそろ。
        _, <´          ノ`ヘ: : ヘ    r  ̄ ノ /,    ヘ
    _, <´             /: : : r=ヘ、ヘ- _`   イ: :.ヘ    }
ー  ̄             _ <´: : : :./ ‐  ヾ、‐'ヽ ̄、: : : : : }    j
              _ - '´: : : : : : : :/   _ヽ、_ ヽ:.ヽ }: : : : ノ   ノ
        _ ー ´: : : : : : : : : : : :.{   /:.:.:.ノヽ`ヽ、l!ヽ: :/   /
__ ー‐ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |  (:./´  _ イ´/、.  /
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : _:_:_:_:_;,;,;,;,; ニi ー  ニ : : : :_;, ィ ヘ.  }/
: : : : : : : : : : : : : : :> ´: : : : :_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_: -- ー ''' ´     ヘ.|
: : : : : : : : : : : : /> '' ´: ̄: : : : : : : : :ハ     \       \、

                                                      _ ,─、
                                                      ∠二─ ̄二\
                                                       /rnv   <_ |
                                                 _/`┌       |_
                                                    <| / /      l  /| | |>
                                                / /──_-┤ | | ̄  .
                   お時間じゃな。                        / / ┌─    | | |
                                               / |\l    ̄─ | | |
                   では今回も原作風表現を一つ。           |  |二二─_ |   |
                                                  .|      ─_/    |
                                               |            |
                                                .|           |
                                                   |           |
                                                    .|_______| _
                                                    | ┐| ┌─   | \

991 : ◆IW1/wWxGAw:2010/09/13(月) 21:53:19 ID:MzwpnZgw

  ┏━━━━━━━┳━━━━━━━┳━━━━━━━┓┏━━━━━━━┳━━━━━━━┳━━━━━━━┓
  ┃ 嵐翠の翠星石 ┃//////////////┃. 高嶺 やる夫   ┃┃//////////////┃  完全のミナ  ┃//////////////┃
  ┃  10000/10000. ┃//////////////┃  5000/5000.   ┃┃//////////////┃  9500/9500.   ┃//////////////┃
  ┃━━━━━━━┃━━━━━━━┃━━━━━━━┃┃━━━━━━━┃━━━━━━━┃━━━━━━━┃
  ┗━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┛┗━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┛
    (○+ 0)((;:)+ 0 )(◎+ 0)(●+ 10 )                                         (Ⅹ+ 10)(∇+ 10)
         ::::::::::::::::::::::::: | :|:::|;;;;;;| :.''; ::,,、,..: ||    .......::::::::||::', ;:.:::;.., ,,:...;:;. ||    .......::::::::||...;'゙゙;; :
         _____| :|:::|;;;;;;|  “,:;";:..  [ニニニニニニ];:,、 .;r;'".,;:ゾ; [ニニニニニニ];:,、:;:.''
         ::;::..::;.::; :,  ";,:;;|:::|;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;..,;':;::::::::`';:'',;::;..,、、..,:;:.'';::,,、,..:::',;:.:::;..,,_:: _,:...;:;...,,:;;:. . . :: :: ;:...
 .Supporter .:;;'゙゙゚” _,,::;""  Attacker  :;_._,:'.:;_;;:._'..:__,.;._';:..;:_ _ ,.,._、,;.._::_i'.._._;;:. All Rounder
     ∇     ;;;;..,;':;:;;;;:,:;;;;' .,.   ∇. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ∇
  /\     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  j ∩ i    _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
  | |...| |  _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
  j |__| L _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 ノtEti」,___ ============ , \ -x =====================================   ,.ィ ーrーr 、
 | l.|/,二二ヽ>     ┌ 、  / (● ●、                               y' ´ ̄`'ヽ
 i l./イノノイハ))     \\ ゝ. (_人)ノ┐                                く((リ人i>ヽ
 ヽ.|/|lリ.゚ -゚ノl|         × }     (__ノ                                ,く!、゚- ゚|l.ルゝ
  ( (⊂l_介」つ          .(_ イ \ 〈                                  l}i个lリン、
  り ll`ヽノヘ≧.         `´   \!                             〈|i_|iUヽ>
..   l|i.二二〉ミ                                              ~し.フ~´
────────────────────────────────────────────────────
┏──────────┳───────────────────────────────────────┓
│_ _ ノ:.:.:.:.//.:.:.:.:.:.:.:/l.:.:.:.:|                                                            │
│ヽ、::::::::::::::{!.:.:./K///l:.;.;.|                                                            │
│_ ,>.:::::::::::ゞト.:.:/トfハ |!./_,'|       ……其もまた御身の選択でありましょう。                              │
│`ヽ.'!≧x 冫!V  `  rfリ|l|                                                            │
│ _r-┐/ ヘトlト.  _ '/'l/l|       然からば対処させて頂く!                                     │
│,'__ハへ  l! ヽ- <! |.  |                                                            │
┗──────────┻───────────────────────────────────────┛




関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

maakun

Author:maakun
思うところがありまとめを畳みます、今までご利用ありがとうございました。
当ブログで纏めさせて頂いていた作者様、ありがとうございました、そしてすいませんでした。

最新記事
最新コメント
作品一覧
月別アーカイブ
人気記事ランキング
RSSクーマー
アクセスカウンター ( 総PV )
アクセスカウンター ( ユニーク )
現在の読者数
現在の閲覧者数:
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。