ブログパーツ QLOOKアクセス解析
HOME   »  やる夫の中世騎士物語
Category | やる夫の中世騎士物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる夫の中世騎士物語 第17話



               __
             ―く`亡7ア
         / / イ ̄ ̄ ̄`ー-、
          / // / / i     \
         ′ ′\ / /  | | \ヽ
       | l|  | / レハ|  |l | ト、  l |
        | ||  |x≧ミ、| /ナ+メ,| | | |        やる夫の中世騎士物語
        | |八  | ヒソ " l/ ィ==x'|│| |
         | |  \\~    ,    / | | |        再開前に現在のお話しの舞台と状況を
         | | | | ̄  、 __ ∠/ |ノ |
          | | | |'ヽ     . イノ|| | |         簡単に説明するわぁ
.        || | |ノ___≧ー≦ i/ /|| ||
        ,―|  | |::≪[=}≫L/ 厶l| |、|
.     /::  |  | ト-/∧ヽノ/ /::: | |:::\
    /:::::: n:::| 八 | 〈/  レ厶イ::::: | |::: ::\
.   ト、::: ::| |::|  | ̄>rf乞ミ-、|}〉:::: | |:::/:: 〉
    〉:::}::::rヘ_ト|  |  ):::ヾこン:::(|}〉:::: | |/::::  厶
   /:: 厂>'´ ̄广ー―ヘー―┴ァ-┴ヽ:::    \
  〈:: /:::::|   {     |    |-r―<::::::    〉







          ,. -─=ニ_ー- 、          /!      _,. - ァ   ,ィ
         / ヽ ヽ.   _≧、マ>_        /リ    / //  _//
         /  l ! l ! }ヽ ((._ィ个、_)).      // ,イ / /ル'^ '´-‐ニ7           まず舞台となるのは
        / /   j l j L.j  !   i | ヽ ヽ  / / / レ' //  -─-ニ-'
     /i !   /ィ´ |/,.ィ |  〃| l ヽ ヽ./ / レ'/    _,. --─‐‐‐一'ニ=-         シタラバ辺境伯国
      / | い  / ノ,ィ(ぅノ !  / ヽ! j  }  / /       --──‐‐‐z... 二ニ ー- 、_
    i | l トト、i{   ー'′/ ,1   / /!ノ  /             ニ_二ニ==---`ヽ     現在のスロベニアとクロアチアに跨る
     l ハ ヽく,.ィr,、    ∠ '´ j  /1/i l //                \_
     \ヽヽヽヾ   /   /   /-ト/ /                  _,.=- ニー- 、_      架空の国よぉ
       メ T ヽ、 ´   /  ∠-┴ 、    _,..ニ二._ー-=.z─-=ニ ̄``ー    ̄ ̄
      {  |   /l> 、._/ ,.イ二=--  \-r-─弋´ \`ヽ
      l ハ.| / il  / / /       ヾ    ヽ   \
      ヽ弋 i  l_メ,ィ´ /  ィニT ー 、   〉    ヽ    \
        | |iト 'て乂! ヽ 〈〈_,ノ 「!> 〉 ./ ヽ   ヽ   ヽ \
        | iハヽ/  \ヽ/1-く !ヽヽ,イヽ  ヽ   ヽ    ヽ. ヽ
        | |!,.イ! /   ヽi {   l | i | l ヽ  ヽ    ト、   ヽ ヽ.
        l ハ /      `i   ゝ i | l ト、 !   i    l ヽ   ヽ ヽ
        ヽ,ハヽ       !     l ヽ、い   l   l  ',   ト、 い
        {ヽ,クい       l     ',\ ハトi  l    l   !     iヽい
         ` Tl1 !    __r--〉〉    ', ヽi i  l   l  l    l  い
             |{/い,ィ二-→∠ィニヽ、  〉    l  l  j  トi     l   ! }
          《! i  / 7¬1トヽ 「` `弋  ヽl  l  / ト! li   j  i l
           》、/ /  / /!i 〉.〉  \ !   i|  j /  !リ }}   /  ,リ
          {i>'/  r' -y /YT     l    l /,イ!  |!  l   /  〃
          / / , / └ト-! !     ヽ  ! /ハj / ヽ/ /  /
       _/__,.//  __   | !      \// l / /  メr'
     /-─   ,ィ7´`┘ Lr 、 | !         \l./.イ!  i |
    //     /       └| !          `ヽ!l.._i |


続きを読む
スポンサーサイト

やる夫の中世騎士物語 番外編その5



~シタラバ辺境伯国VIP村~



                  ∧
                  || |   |
                  || |  rt!               |
                __ _⊥⊥ / l!__ __ _         tirit
,_,,.. .-‐ '''""~""'‐- 、、∧.::::::::::::::::::」 r|::::::::::::::::::::',        〔77〕
              /  ',:::::::::::::::l | :|::::::::::::::::::::::',        」___L
             |i゜゜| lヨ lヨl::l | :|.:. lヨ lヨ lヨ l | ∧__ __._| |  |. :. :. :. :. :. :. :. :
 _ _,, . -‐::''.."." ¨¨´ .. |i王| lヨ lヨl::l | :|.:. lヨ lヨ lヨ l | | | :::: ::::::::::::| |  |  .,"'`',:'':'`'`',
 .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',,   |i王| lヨ lヨl::l | :|.:. lヨ lヨ lヨ l | | | :::::: | |  |.,"'`',:'':'`'`',:'':'`
  .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,"'`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`'`',:'':'
  .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',,.:.:.:.:.:.:.:.:.,"'`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`'`:,,,,.州州洲'`キ
  .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`',:,,,,.州州洲'`キrキ州洲'`キキキ







                    -‐,コf7{{辷fリノヘ,
                  /  __{仏:'/:`¨:^三≧,
                   /:7://:::::::_:_彡'^¨⌒丶
                   /    }:厶:/::∠}厂     \ \
               /  ____」水くフノ^´  .′    丶  . 、
                 /  /::/ 7::/∧:}   /, //! .     . }  l i
             /   \V介{:し:ノ |十-Li     j/ }  ハ|
               /    // |:トf′  |i_」土z,\ ァィ/ / }
           //   // i |:| 丶  个i、 炒`  '仞/}}j/
  ‐= _     /    〈/   l |:|   `ト .   \    〉i{ {{
     ̄≧=-く 、         八l」  l八 `¨⌒、_ ,イ八}}=-‐        …これでよしっと
 ___,≧ニニニ≧x )\ // ヘ  个ヘL,_    /厶'′
二ニニニニニニニニニニ≧x彡'ヘ   「¨::7了f千{≦=―-           今日のお仕事はおしまいね
   _厶三ニニニニニ>=≦ヘ乙1  |:::/r介ハi| トく,⌒´
_ -=ニ=‐ァ=ニニニニ/::::::::::::::::::\)  l⌒レfじヘ |i:::::マ⌒ー ァ
ニ=-_厂/ニニニニ/ ::::::::::::::::::::::::::::ヽ, |  〈∧〉}八:::::\^´
// _,厶イ/ニ>'::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vハ八/丁「/f刈〉::::::::〉
′_彡 7/八lト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vヘ, 〉/ /`辷八::::::/
〃    / j八::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉:::\ {  {  }}:::{
  /       介x:::::::::::::::::::::::::::::::;/:::::::::::::マハ_ } {じく\
  :      //  'ヘ:::__:::::::::::;厂:::::::::::::::::::::::\廴} ノ乂)) :.
  i/   /  八//〃介tx:/^、:::::::::::::::::::::::::::::::::⌒iリ:::「´  li
  |     :  { }/ ,:::{乂_)リハハx::::::::::::::::::::::::::::/仆i:ト  八,
  |\   ト . { / /::////:/   }ハ〉:::::::::::::::::::::く乂ノリ八ハ/   \
  |  丶 | \! /::〈/〈/:/    ,ノ::::::::::::::::::::::::::::::::{:{:::::::〉、     }


              水銀燈

                VIP村の領主夫人
                夫のやる夫は遠征中であり、水銀燈は現在領主代行でもある



続きを読む

やる夫の中世騎士物語 第16話



                      __ _   _
                 _ _r ― 'ー -  ^ ̄  ``ヾヽ、_
              / ´ ̄  -― f     _, 人 \ヽ``ー 、
                 li  r '  ̄  _ ノ    r'  / (    ヽ  ヽ、        グラーツからの峡谷を抜ける間は
              〃 /    r''  ,ノ    }}  ヽ、 )     i!   l
                f″〃     {{ ( 、  ノ   ノノ (( 、   /    、.         我々も動きようがなかったが、
            {. {ト  ト   i|ミ ヾ ヽ((  ( (  i ヽ   i ,   ヾヽ
             ヾ,ツ ノi} ノハ`ー、ヽヾヽ  ヽヽ ヽ          l i        …そろそろだな
            {彡,_ノ>r'´ ¨ ̄`、_ソノ }},  i! ! |  }i    i、、   //
             (( }   _lk=r  ´、_ノ´ ノ彡' '       ii{  、(
                7  ´{iツ'    _>- ' ー< _  ヽ  y'   ヽ
             ,ノ     ¨     `フr'     i}_ ヽ i | (      ノ              , - ――=>
             (            ,ノ     〃レノ | |  ),  Y´    ∧       /´     //
            `ヽ丶           l! l    ノ  i| .} l  〃人、'、_   / l !     /    //
             〈 __          ヾ ヽ   |「 Yノ ,ノソ / /  )`ー '´^/ / .|   /       /
              (  ̄`          )     iL〃彡'     /    /   ,  /      /
               )        ノ    ヽ、ヽ   /i   ( ヾヽ  /   //      /_,. - '´ ̄フ
                 ヽ        {   ,    )ノ  ./77_ _    )/   /´      /´      /、
               f´ ̄ ̄`ヽ  ヽ/ (   ,/〃、_/77 ` ̄ヽ /   /      /     , へ. (、
                 ノノ   _,.ノ〉  i 、  ヾ. ( ヾ /77{ ー<⌒ヽー 、_/   , - '´    .,  'ヾヽ {i ))
           /^ ー'´   (´ K ̄ ̄`ヽ= 、    )7/ )))  >'  j ) )__,  '´    ,. - ¨ ̄ ̄ヲ)) f´(
           , -イ / /    ` |_______)!  、 /7((  /´⌒)_ノノ ⊥_ _  -       / ,ji   `ー― - 、
        ((  〃 l     ,ノノ|     __ ,ノノ  〃( `ヾヽ/ ´⌒>-  '  >´       ,. テ'´  ((  `ー 、    )
            ソ (´  i   ( r' | ̄ ̄ ̄ r'   ノノ  い}} / ´⌒>-――<    _  - ^ヽ((   ``ー- 、   ,イ(
     /⌒`´-   )     ,   ヾ |「 ̄ ̄.ノ   (   _.   /  ´⌒)、___,〉-      / ヾヽ  `ー- ヽ.    }
      {  /   ノ   ノノ  }i .||  (´  ノ   ヽr' ̄``/   ̄`` ̄ ̄ ̄¨         /へ、 ))     イ} }   ⌒ヽ








 ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲│ グラーツ
 ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲  ○─┘
 ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲┌───┴┐
 ━━━━━┓  ▲▲▲▲┌─┘▲▲▲▲○
 ▲▲▲▲▲┗フィラッハ     │▲▲▲▲▲▲│
 ▲▲▲▲▲┌─○━━━①━━━━━━◎┓
 ▲▲▲▲▲┃  └┐ブレッド     ▲▲▲│○┓            ① オーストリア公の十字軍、現在位置
 ▲▲┏┯━┛▲▲┷◎ クラーニ ▲▲┌──┘  ┗ドラーヴァ川
     ┃│▲▲▲▲▲┗◇━┓┌─◇ツェリエ
 ウディネ ○  ▲▲▲ VIP村 ☆╂┘▲



124 名前: ◆NiVO3Ffeio [sage] 投稿日:2014/02/09(日) 21:01:50 ID:JV6p/TSQ0 (23)

  _ゝ、___
`イ`'z,,;;_,;;;;;;;;;;;;;;;`ー 、_
;;;;;;;;;;`'ヾ,'〃`i,_,;;;;;;/i;;;;;;;;ト-- 、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'`N,_,,`'、,`'"レ;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'´;;;;;`i'`ー";;;;;;〉
'`N'i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/l;;;;;;;;;;;;;;;;;`ーl,,ノ;i;イ
;;;`y,,rゝy/  Z`N'/i,/レ';;;;;`y';;;;/
;;;;;;;;;;;//;;;;/ `'.  ,Nr';;;;/);入
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/!/iN';;〃´;;// ヾ;;;;'〉
;;;;;;;;;_,/!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/´,,-ー'''アy'
;;;;ヾ (6/;;;;;;;;;;;;;/;;;;/  ヾ、ノ ヽ       いよいよ動き始めるのかよ
;;;;;;;ヽ、i;;;;;;/l;;/;/     ノ   |
;;;;/ y;;;;/ y'`'          !         正直待ちくたびれたぜ
;/   i;;/         Z   ヽ
     イ  i  ヘ、    ヽ、   )
    /i  ゝ   `i`ー 、   r'`ー"
.   / !       ト、 `ー 、>
、 /  ヾ、     `ー 、イ´
ヽ、_, -ー‐ヾ      、`ヽ
_,_イ    `ト、     r"







           ヽ;;;...ii;;,,ヽトl∨ノハ ,,,,/;
         、 ;;;iiゞヾllノトiiiiノ!!ii;i`ノ/;/i`/;
        _ミミヽミ´;;;ll i:ミ》l ll>ゝi,ii,lliiヽレ;;/l/l/
       >=r`illミミii;; i;巛l`∨ii/ト iハノir::i/リ!lli
      ,-;ヽミii:ミミ:l{<ミiii i i、i:::iii::liiilll::i i/i:ii ii lll彡/
      -,-´i;;;;ミiミミ!!;;.>!!>)i{iii::ll´iii´iハ;ii;;ii;ii,i,i;;ii`l;iレ;
      ∠iiミii;;;、i,,、iトiiii,`iillllii;;ill;:ii l;llii liノl:ノ/l/ノr-
       /:::ゝlミ,;;;ll;;..ミlillilll>ヾl;iヽii ll,iii:::ll;llll`ii`//7
      ,」ミミ巛ミii::::::: ´´.//レ,,//`iノiiiii:::llll::ii:、ノ彡
      >ミ、ミミミミiiミ/ ./ll/./i//iハヾヾiYiilヽゞハ
、     ヽ, k=、;ミiiミ    レ iレiリ/i l.lレiリl iil lli
::ヽ     .<l:::r-コiミ  <巛ミ=:lwii .:jii リ /レ;illゝ
::彡、    .1ヽヽソミ   <...  ̄`.ミ、:: リ/彡》_;;/      始めるっつっても、何をするんだ?
::::  \   /ハハ,ヽi::    `─´ ̄.ソ ; iノ二゚ノi
 //iiiiiii:::iii/  :`:1::::         ; l    i          今、下手な事をすれば、周りの十字軍連中に袋叩きにされるぞ
iiiiiiii:::iiilllii::k   ` ::        ... ::: .l   /
llliii::iiilllii::iiiiヽ::   ヽ       ヽ-,__,:i.  /ヽ、,;-;、
llll:::iiiiillll::iiiiiiiヽ, ::::   \    _____, ./liii::iiiヾllll::lli:iii
iiiii:::iiiilllll::iiiiiilili:: ::  ::::ヽ,   ヽ─-´/llllii::iiiiiii::illllll::il
:::lllii:::iiiiiiii:::iiiiii:\:::::: ::::::::\  `─´¨ イllll::iiiiiiiiii:::iiiiiii::i:
::::lll::iiiiiiiiiiil::iiiiiiiiiii\: :::::: :::::`───´iiii:::iiiiii:iiii::lllllllllll::


続きを読む

やる夫の中世騎士物語 第15話




          オーストリア            、-‐‐
                   _,,_,,,,_ -‐‐   ''
     ^''''''‐‐--- 、     /           -\         ハンガリー
       ,..‐"    `''''''‐''´          .-..l  ^ヽ 、
      ゝ 、               .....-"       \_
       /    スロベニア    \           \
       ''>               |            ‐‐‐、       ---       6世紀に現れたアヴァール人に連れられ、
    ......-- 、           ..-一’               ^ヽー-‐--‐'´  ゙l
   ‐'" `  ,,亅    / 、    ./‐   クロアチア                     L__         この地域に住みついたスラヴ人達は、
       -"--..-..-''''' ゙ー- 、...ヽ                      (スラヴォニア)    ;''’
       l     -.._                  _                `ー_,,_     それぞれに国家を形成していった
        l    ノ   \.       -‐,,   ノ''''ー'´ `ー‐-、......._ ,, 、_........ _._   イ  ̄
        ヽ   │     1      l   \../           ゛      ̄ヽ  1...、
         ヽ_/      ./      ヽ                       ゙''‐''"  ,'
          `       l       ヽ                          ノ     そんな中で唯一統一が進まず、
                  ヽ       ' 、                       /
                   ' 、      ¦                      ヽ...      部族社会を保ったのがボスニアである
                   -ヾ''-     1                        \
                   ヽ        ヽ.       ボスニア          ,,._│
                    ザラ ●        ゝ                    ゙ 、
                 (ヴェネツィア領)`ー        \                    :    今回のお話は、そのボスニアから始まる
                        ^ゝ       \                ........‐'’
                         `''―‐''●、,,.___`ー 、            _ヽ
                            スプリト  \ ヽ           / '-‐
                                   ゙-..._`ゝ        │
                                     \._\      /''''’
                                       `'!_‐ 、   │
                                          ‐ン,,  >
                                       ドゥブロヴニク ●
                                      (ヴェネツィア領)   ^''‐!
                                                ^\




※国境線は現代のものです



続きを読む

やる夫の中世騎士物語 番外編その4




>>804
   乙でした。宗教関係は複雑ですね。何回も読みなおしてしまった。




                   _
                  >セ乞アト ニ _
               /..::.:.ヾごソ.::.::.::.::.::.`:..、
             / ^⌒^⌒^⌒⌒^丶、:::.::..\
              //    /          \::.::.:.ヽ
               / /   ′   〃 l    |\::.::.l_
           /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ
            ′  l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ
           |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l         14話で、こんな感想を貰ったのよぉ
           | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、
           |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉
            |:トヘ ` {  ̄         ̄ / /  | |:| く/ |
            レ  |\ヽ_   ヽ      ∠/|    || レ     |
                 |  ト  __      /|    |l      |     /
      、_  \__   |   | // )、_  <_j   リ\   | /厶イ{ノ廴__,,
     _ーz三≧三≧|   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<三三三三三三ご_
      ご三三三三三|   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\三三三三二ニ
   ニ二三三三三三/|  r‐ヘ   jーr゙| |:|/   / /.::.:|::.::.::.::.::.::..\\三三三三≧===ァ
   ー=ニ二三三三/.::.::| ノ  |   Г|ノ厶l/   ,  /.::.:: |::.::.::.::.::.::.::.::.>`ヾ三三三三{ ̄
       ̄え三三∧::.:〈 ̄ト‐┴√| ト、__/  /「`7.::.:::/L. -― __ ――〉三三三三二
    =彡ベ彡イ⌒ヽ「\l   /  ノ.::|/ /}   /.::.::.〈ー―::.:: ̄::.::.::.:.::/三三三≧一
         /   /^Y⌒ト-イ ̄厂〉 イ ̄ , /.::.::.::.::〉::.::.::.::.::.::.::.::.:/\ ̄`ヾミ⌒ヾー
           /   /  ト--rヘ_r-イ/ j|  / /ニニ二/.::.::.::.>‐[}‐く \ ヽ
        .   /  ∧ | | | /|\_/..::.::.::.:/l::.::.::〈〈__ノ八_〉〉 lヽ  .







         ____
       /     \
.    /       \       ここの部分は作者も、この解説で大丈夫か悩んでいたから、
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(●) (●)  |     今回は宗教関係についてもう少し詳しく解説した番外編だお
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ




820 名前: ◆NiVO3Ffeio [sage] 投稿日:2014/01/05(日) 21:01:29 ID:hRkrOZ7M0 (71)


                -r=y=y=y、、
               /z〆..::::::::::{f勾::::::..ヽ
              /x<..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /.f7.:::::刈ー'^ー'^ー'^ー'ヘーマ}:::ヽ
.           / xリ::xFノ l   l .l  .l.  l   マヘ         実際の歴史に沿った部分と
          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ
.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ       このお話の独自設定の部分が混ざっているから、
        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|
.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、       余計に分かりにくかったのよね
  .、   .// 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ
  l:ト:. // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//
、 ヘ!:V./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1   ._
i;\ヽ;i〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  - イ / / /千1!|Yチi;i;i;i卞z,,_
i;i;i;i;Y// //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!||;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i≪_
i;i;i;i;i;{/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\トi;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;≪,
i;i;i;i;i/  ノ:::::::::::::::≧ x _, -、く \ヽ }|´__ //:::::::::::::\i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
i;i;i;/   /::::::::::::::::::::::::〈 \ 「 ヽ _  く. l ||:::::::::::::::::::::::::l;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
i;i/_ 、|__::::::::::::::::::::::ヽ__,. -< ヽー"' ||:::::::::::::::::::::::/;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
 l:t- 水ー::l:}::::::::::::::::::::ヽ \ ` _>--ハ才1::::::::::::::/i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
 |:|/ィ|トヽ:l:l::::::::::::::::::::::::\ へ__> ヽ   |::::::::::::/;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;







       ____
     /      \
   / ─    ─ \      なるべく分かり易い解説を心がけるつもりだけど、
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |    テーマがテーマだけに、いつも以上に濃くなるのは勘弁だお
  \     ` ⌒´     /





続きを読む

やる夫の中世騎士物語 第14話


                     ,-、
                  ,-~´
                  \
       _          |~
      /´  `ヽ,        |,
  ,-~´~     ~´)       `\,                    イタリアまで偵察に出たやらない夫は、
/           )         `~|
            `)          `|                    今回の十字軍参加者が少ない事、
             ~\         |,
              く,,_         \                  ジェノヴァによる海上輸送でシタラバへはほとんど向かっていない事、
                `\        `"-,_,,-ーっ
                  \           /             を突き止めていた
                    `ヽ,-,_        `ヽ,,
                       ヽ,_,         ̄`ヽ,,_
                         `っ       ,,-,,_ ~ヽ,
                           `ヽ, _   /    `ヽ )  更に、ハンガリーやオーストリアの十字軍参加の噂も耳に入る
                             ~ |,  (_,     し´
                               )   `ヽ,
                               `),,  _|
                               ,-´ (
                               _)  ノ´
                              (__ノ







     / ̄ ̄\
    /   _,.ノ  ヽ、_
    |    ( ○) (○)      十字軍がシタラバに現れない理由は理解できたが、
   | U  (___人__)
    .|       __ノ__      そういう事ならイタリアで出来る事はないだろ
    |     _/ ___\ヽ_
     、    '-/____ヽ  |     大至急VIP村に戻るだろ
     ノ 、 ._'-〈  、ヽ  |
    ,´         ヽノ}   |
   /          {   /
  ./  /       /   {


630 名前: ◆NiVO3Ffeio [sage] 投稿日:2013/12/22(日) 21:01:23 ID:hx7EjT1I (156)





   その帰り道のヴェネツィアで、やらない夫は不思議な光景に遭遇する




                                    |
                              Α
                              並
                                  /∧
                               「「「|‐ァ、A
                          r┬r―|r‐t|「「「l |ヘ
                           _E|ニニニニ|| o\ |.| |ハA_A
                       ___ r|-+-∧「「|―|| r‐rY r‐\ 「l |
                   「ムY|:lr|_::|Y^Yj|  || | ・・|Y¨YT十 N_
                      ノ l:ト三| 厂|A爻ノ  || | ・・|.| ロ|r| 爻,| |
                   rffァッ|仄厂厂  ̄ 「「爻|从ミx―┴爻ミイ ̄ミトッ_
                    彡从;ノ仄厂爻彡ミl |彡;|乂从ミ ―\―ミニニ\へ\从 _
             爻;,;;,,// 厂「彡ミ|| 爻|乂;| 从ミ∧立 「r‐彡「トrr┐へA\从ヘ_
            /;ムイ;/_/r_┤ ,L└  ̄├―――‐r‐┐zzzz爻ミ zzx_ト|r‐┤へ\へ_
      rvΑ r∠;,,∠亘亘l  _)⌒  ,; ̄ ̄ \ r―|::|::|へ―∧爻z‐zへ \AΑ二へ|:|z‐Χ\
       Υ|―| r::|:|::::|r/,,;;;;,,,;, ;;,,;;;,;r┐_r―‐|::|:-| ̄|- | 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |ニニ「 ̄ 「二 ̄|
二 ニニニ lノ_.|ノ_,|_,|厂 ̄ ̄___rzzz'L,! ―|___|――〈 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,; ,;,;,;,  ,;,;,;,;;,,;,;,\                 ''''''…‐- ミァ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{/                ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,二ニ-ノ;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,ノ
''''''''''''''''''''' '''''' '' '''''''''''  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



※ヴェネツィアっぽいAAが見つからなかったので、
  モン・サン・ミッシェルのAAを借りています


続きを読む

やる夫の中世騎士物語 第13話




ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=ニン':::::::,'::'::::::::::::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_、/:::::::::::::.:::::i:::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::_ェZ_,リ゙i::::::::::/i::::::i:::::::i!  . ‐、
"::::::::::::::::::::::::::/tニ::::::::´::,ニ-‐'i し'j /::ン:::ィjl:::::::!:!i::i i´ ,: .ン"j、、        VIP村から会談の申し入れですか
:::::::::::::/:::::ン::ヽ!:::,::::::;:,'.   ヽ= '/´/Lソ,':::::::り:i ノ  i/  /  ,}、
""ヽ‐-、:/_/ン'7/i:::://           i ,'::::::,' 'ソ /┐,' ,i{、 ,r' ,_'ヽ    ニューソク・デやる夫がVIP村の領主になってから、
、、  ヾ、 ヾ.  !´ .l::://         ,. _,:' /:ハ::i ,rーY'7-、yゝ'ィ'ヽ ヽ  ヽ.
 ヽ   ゙:、 ゙,;    l::iヽ.        ,:'  ,: /:/ リ `ー//ゝ:' `ヽ、、ィ:ヽヽ=' i    もう何年でしたかね?
  ヽ.   '、 i',.  !:l  `::.、   ‐'"`゙¨´ヘ、|!    //      `i ゙'  i
   ヽ  ヽ.i ゙  リ  :::::ヽ、    , '´F====゙=ヲ      i    .i
     `,  . ヽ!ヽ  ..::'''''':,',' ``'' ",r‐;fテ''j~ ̄ ̄ ̄ ,'      i    i
     ゙,  i  i ヾェ、_,ン ,' ; _,:r'´   '´-,    /        .i    .i
     i  i ,' ヽ、___,ン .ir'~´      ニ;―― '       .i     i







           ,. r '二ヾニ=-.、
         /'´/ ,r'⌒、ヾ.、ヽ\
         ,r'//  //,r'   ', ヽ\、.ヽ
       ,r'//ン/ / /./   i }. ', ',ヾ 、ハ
      / ,' ,' / / ///,';    ,' .i ! ハ丶 ',
     ,' ,' 7,' / ./!/, '.,'   /   l i. ', , ∧
    ハ i l l ,'  i,' ,' i  ,' /   !i/i } ', 、i     その間、何の音沙汰もなし
    il l l | l!  i  /i ソ ./  ノ /ハ i l i!
    i | !| .i il  i !/_ン,.r 'ノ ン/r'ノ人 リ il li      ウチの十字軍参加が決まるや、急に会談の申し入れ
    ! l l リ l  l代てノヽ'ン'"〃.,r'ひ~);;ソl| i l}
    | !i  !.',i il l `='     ::  =' ンイil l i    随分と虫のいい話だな
    l !  ', ', il !       .. :::.     リノ !リ }
    i i  ', ヽ ',.N     、 シ    /i ン l!
     ','  ヾ, ゝ、ト、  ーャ‐ーァ'´ , ',ノン/i リ
      ヾ、 ヽ\_辷ニ\  ヽ..心.,.インノ/ノ
        ヽ、ー ゞ「::r‐、__丶...ネ、\ニン,ォ'"
       -`ーl::::;ヾ''\~rT:、ヽ ヽ‐{. l_
        :::::::::`::- \ `ヽ<::::ヽ. N |::::゙j'''l
             ヽ:::::ヽ、 \_j  ヽ ',::::i:::l



401 名前: ◆NiVO3Ffeio [sage] 投稿日:2013/12/01(日) 22:03:22 ID:7QpRu5PU



    i:: ::::::::::::::::::、:::、:、:::、:::、:::::::::::,:::::::ヽ:::゙::::::ヽヽ::\::::::ヽ:::::',ヽ:::
    i::: ::::i::::::: ::::l\、ヽ::::ヽ::::::::::::',ヽ',ヽ、:::::、:::::::ヽ:::ヽ:ミ、:::ヽ、:::::
   i::::l:ヽ::::!::::::!:::l ッtー゙、:::::::::ヽ::'、::', ゙ヽ.ォ-=-、:::::::::::::ヽ:::ヽ:::',:::::     お世辞にも友好的とは言えませんね
.  i:::!l:::::ヽ::::::::::::l.il k::::::ハ\:::::::、:、ヾ:、〃k:::::::ソヾ、:::::::::::ヽ:::ヽ::::::
. ,ィ''i:l' !i::::::',:::::::i::::iヾ-.ニ_-' :ヽ:::',ヾ、ヽ.゙ 、..二...;シ ゙i:::::::::ヽ、::::::::::::
イ l リ  'i::l::::',::::::':,':! ゛""   i ヾ:、 ヽ` `""""  .li'i::::::::::::ヽ::::::::
..ヽ/ ',  i:il:::::',::::::kヾ、    !    ヽ           l!.l::::::::::::::::ヽ、
  ヽ ;  ii i::::、:::::', `     、              ! !:::;:::lヽ::',i!`
   ヽ ', ':, ',::i 'i::::':,     ヾ、 -‐           /.l::ハ::l ヽ::i !、
    ', ', ヽヾi ',:::::i、  ヽ、 ..__         , ' .i:l. リ /入',
    il ', ,ン''ヽ-'i:::l._ヽ   `.{i ゙マ''"""    /   i! ,/./ i`
   ,-┴'゙ ' ー ゙ 'i:l、 ゙\.  リ   i     ,..:''    ! , ' "  .i
  /          ゙! ゙ヽ、 ヽ/   i  ,..::'::''     /, '  /.!
..r'゙_  il. ,          ノ゛   i'.、イ:::'''      //  ノ






             ,. -──- 、
          // r  ヽ  `ヽ、
         , ', / / | | | \\\ \
      / / / || !| !ヽ ヽヽ  ヽヽ
       / / /  | ヽ| 、 ヽ ヽ ヽヽ i ヽ.',
     .,' ! i  |!  !. ヽ ヽ ヽ i 、|  i   そういう扱いをしてくれって事だろう?
     i! || l| / !l、 ト、 \\ i | l |   |
      || || ||/ 人 ヘ ヽ\、ヽヽil | || | | |  先方がそう意思表示をしているんだから、遠慮することはねえよ
      !|  lV代¨o 、ヽ ゝ r o¨フ| | || | ! |
      | ! ヽ ト  ̄     ̄  | |/ |/ |
     | !l 、 ヽ!       }   /!| | ./| | |
=== 、 | | ヽゝ ヽ、 _,`.´、   '/!l !/ // |
-─-\ヽヘヽ \ノr'T::丁:「  /ノ / / /== 、
 ̄`ヽ、   \ヽr':::l:⊥┼|‐'"</ __ イ   ̄
ニ ̄     (フヽ:」:::|::::|:」 __ノ  ̄    \
  /    (__r‐''" ̄ ̄|
 /      _|_.     |
/    _/,二 、ヽ    |


402 名前: ◆NiVO3Ffeio [sage] 投稿日:2013/12/01(日) 22:05:11 ID:7QpRu5PU


     ,    、_    ヽ、                        __
   / / 、,,,__,,=`"''''':='::`ヽ,         ――-、            ,'、i)  ,、,_
  "   `''ー=,:::::::::::::::::::::::::::::::)    -―――--          ,'),! i, i < )、
     ,-==:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ      __          / ノ、V´ ノ |
      ,=´::::::::::::::::::::::ノ:::/!:::7!::'!i  ,-‐‐=ニ、__`゛"'ー--、____,/  )/  / ノ
   -=ニニ::::::::::::::::::::::::::::iリァ!i' li),:i!,i'´、   、         / /  く/   /
         ,'::::::::::::i::::i::i:!`''" `, !i| \    \        y |   ヽ   i     ニューソク・デ卿との会談には応じましょう
  __  r'"i:,:、!::,,!_リ:i!  --‐ /i!l  ! \    -‐、   ,、----ヽ  丶、_ノ
..rヽ   ̄`''‐/ー-、 `''‐--、ー‐7、ヽ, i        \´   \\ー、ノ        こちらにとっても、都合が良いですからね
  lヽ     l    \    `ー  ` ! \ ヽ フ´ ̄`):::\、 __ヽ`Y′
   lヽ    ,'     \      、\\ヽ `     ヽ´:::::::::.`'ヽ、'´          ニューソク・デ卿のお手並み拝見といきましょうか
   ゙Λ    ヽ    ノi /     ヽ ', ヽ       \::::::.   \
    ゙Λ   |    >, !/::..     ', 丶 \        \:::...    丶
     ゙Λ  く   !::.ノ:::::::....    / ,、-‐''"゛´ ̄ノ       \:::..   ヽ
      ゙Λ |   l`'\:::::::_,、、-‐''´::,=‐'ヽ  ̄´         `、‐、   ', 、ヽ
       ゙∧! 、 |_,,,,-‐''´,,::::::::::::::/   \  \        ゙ヽ    i  | |
        ',ヽ  ̄`ヽ-‐''´\::::::::::::',    !\ 、\        !   丿   /
         ゙、l,、    \     ',:::::::::::',  、 丶丶\,______∠、
         ゙l i\   \   ',:::::::::::',  `_,=-‐': : : : : : : : : : : : : : : : : |
          ゙l i, \,   ,、-、 ',::::::::::::',‐'':´: : : : : : : : :______,!
          ゙l i,   `''\ \、_::::::::',: : : : :,,,,-=''''"´:::::::::::::::::::::::::,/´
              l i,  _,,,-‐''` '',//´ ̄`ニニ-'''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             ゙l゙i/´: : : : : : ://i    ゙!:::::::::::::::::::::::::::::::::::=-'''´
            ゙l i,: : : :,,-‐'''§ヽ、、、\::::::::::::::::::,,=-''´
               ヽヽ/:::::::::::§:::::`''`''`''`::::::::::::::ヽ





                    ●


                    ●


                    ●


続きを読む

やる夫の中世騎士物語 第12話





                                 アウグスブルク
        ▲┌┘▲    ┌┘            └○──┐
        ▲│▲▲    │            ┌─┴──○ミュンヘン     └──┐                ▲▲
        ▲バー ゼ ル ┌┘          ┌┘        └┐   ザルツブルク┌┼──────◎ウィーン
        ┌┴◎  チューリッヒ      ┌┘▲▲▲▲▲▲└─┬──◎─┘└┐▲▲▲▲┌┴─┐    エステルゴム
      ─┘┌┴─○┴┐    ┌─┘▲▲▲▲▲┌───┘▲▲▲▲▲▲└┐▲┌─┤▲  └───◎┐
      ┌─┘    │▲└──┤▲▲▲▲▲▲┌┘▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲└─┤▲│          ┌─◎ブダペスト
    ┌┤  ▲▲▲└┐▲▲▲│▲▲▲▲▲▲│▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲┌─○─┘          ◎  │
  ┌┘│▲▲▲▲▲③▲▲▲④▲▲▲▲▲▲⑤▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲┌┘▲└┐     セーケーシュフェヘールバール(ハンガリー王家の居城)
▲◎▲└┐▲▲▲▲└┐▲▲│▲▲▲▲▲▲│▲▲▲▲▲▲▲▲┌○─┘▲▲▲◎┐      ┌┘    │
─┘▲▲②▲▲▲▲▲│▲┌┘▲▲▲▲▲┌┘▲▲▲▲▲▲▲┌┘└┐▲┌──┘└◎┬─┘      │
▲▲▲▲│▲△▲▲▲└┬┘▲▲▲▲▲▲│▲▲▲▲▲▲    ○  ▲├☆┤▲      ┌┴──┐    └┐
▲▲▲▲└──┐▲▲▲│    ▲▲▲▲┌┘▲▲▲▲    ┌─┴┬◎┘▲└─┐ ザグレブ     .└┐    └┐
▲▲▲▲▲▲▲│▲    │        ▲▲│▲      ┌──┤┏━◎┓▲▲▲▲└─◎┐        └─┐  │
─┐▲▲▲▲▲│  ┌─○──────○────┘    ○┛  ┏○┏┓▲▲▲▲  └───┐    └┐└┐    北緯45度
▲└①───○┴─┘  │ミラノ       │ベローナ    ヴェネツィア   ┃  ┃┗┓▲▲  ━  ━  ━  ━  ━  ━  ━ (宗谷岬辺り)
▲▲▲▲   トリノ\     /▲        │           ┏┛    ┗┓┃┏╋┓▲▲▲▲▲▲▲    └────┴◎
▲▲▲▲      ▲ ̄\│▲▲▲▲▲▲  └─┐      ┏┛        ┗┛┗┛┗┓▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲     ベオグラード
▲▲▲▲▲▲▲┏━━○━┓▲▲▲▲▲  ┌○ボローニャ ┓     アドリア海    ┏╋┓▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲▲┏━┛  ジェノバ ┗━┓▲▲▲▲│▲\      ┃                ┗╋╋┓▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
▲▲▲┏━┛                ┗┓▲▲▲│▲▲ ̄ ̄\┗━┓              ┗╋┛  ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
▲┏━┛                   ピ サ○───○フィレンツェ▲  ̄\┗━┓            ○ザラ  ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
━┛                          ┗┓    ▲\▲▲▲▲▲/ ̄ ̄○              ┗┓   ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
                                          \      /    アンコーナ
                                            至ローマ


☆ VIP村

◎ 領主(貴族、司教、騎士)の拠点

○ 領主のいない都市
   (ただし、イタリアの都市は領主を任命する国王が存在しないので、表向きは領主はいないが僭主がいる場合あり)





アルプス越えの街道

①北イタリアとフランスのリヨンを結ぶ古代ローマ時代からの街道

②グラン・サン・ベルナール峠を越える非常に古くからのルート
  ハンニバルがアルプスを越えたルートははっきりしないが、その候補の一つとされ、
  後代にはナポレオンもここを通ってイタリアに攻め込んでいる
  △はマッターホルン

③ゴットハルト街道、開通は1236年なので現時点ではまだ存在しない
  中世になってから開かれた街道で、北イタリアのポー川とドイツのライン川、
  つまり地中海とバルト海の交易圏を結びつけた街道
  ハプスブルク家に対し街道の自由を主張し周辺3州が同盟を結んだところから、スイスの独立運動が始まる

④歴代神聖ローマ皇帝がイタリア入りする時に用いていた街道
  ゴットハルト街道整備後は、そちらが中心になる

⑤古代ローマ時代からの街道
  西ローマ帝国の滅亡(476年)以降、禄に整備されていなかったが、13世紀に入って少しずつ整備されるようになった
  現状は人が歩く事はできるが、荷車や荷獣の通行は出来ない



202 名前: ◆NiVO3Ffeio [sage] 投稿日:2013/11/17(日) 19:47:12 ID:Hu3N4OGs


                           オーストリア       ┃
               ┗┯┯━━━━━━━━━━━━◎┓ウィーン
     ┌─────┘│▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲  │┗━━━◎ブラチスラヴァ
     │▲▲▲  ▲▲└┐▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲┌┘┏  ┛  ┗━━━━━━ドナウ川
 ──◎▲▲▲┃▲▲▲└──┐▲▲▲┌───┤  ┃
 ザルツブルク ▲  ▲▲▲▲▲▲└───┤▲  ┌┘
 ▲▲▲▲▲▲┃▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲│ グラーツ┏  ┛      ハンガリー
 ▲▲▲▲▲▲  ▲▲▲▲▲▲▲▲▲  ○─┘                            ┏━━┓バラトン湖
 ▲▲▲▲▲▲┃▲▲▲▲▲▲┌───┴┐┏  ┛                    ┏━┛┏━┛
 ━━━━━┓  ▲▲▲▲┌─┘▲▲▲▲│                      ┏━┛┏━┛
 ▲▲▲▲▲┗フィラッハ     │▲▲▲▲▲マリボル                     ┗━━┛
 ▲▲▲▲▲┌─○━━━┷━━━━━━◎┓ プトゥイ                       
 ▲▲▲▲▲┃  └┐ブレッド ━  ━  ━│○┓    □ チャコヴェツ          
 ▲▲┏┯━┛┃▲┷◎ クラーニ ▲▲┌──┘  ┗━◎┷━┓                
     ┃│▲▲  ▲▲┗◇━┓┌─◇ツェリエ   ヴァラジュディン ┗━┓            
 ウディネ ○  ▲┗   VIP村 ☆╂┘▲            ┌┘        ┗━━┓      
     ┃└┐ゴリツィア┗  ┌┘┗━━━┓    ┌─┘                ┗┓ドラーヴァ川
 ──╂─┴┬◎─┐▲│▲▲▲    ┗━┓│ザグレブ          ┃┗━━
    アクィレイア ◎  ▲├─┘▲▲▲▲◎    ┗┷◎━━┓シサク         ○ヴィロヴィティツァ
     ┣━━━━┓│▲┗  ┓ ノヴォ・メスト         ◎┓      ┏  ┛▲    
 ━━┛       ○トリエステ   ▲▲▲       ━━━┛┗┓        ▲▲  スラヴォニア
           ┏○┛  リエカ  ┃▲▲▲       クパ川   ┗┓  ┃▲        
        コペル   ┏○┓  ▲▲▲▲          ▲      ┗━━┓        
           ┃      ┃┏╋┓▲▲▲▲▲  ┏  ━  ━  ━  ━  ┗━━━━サヴァ川
           ┗┓  ┏╋╋┛┃▲▲▲▲▲▲  ▲▲▲▲▲▲▲    ▲▲▲▲
             ┗┓┃┃┃  ┗┓▲▲▲▲▲┃▲▲▲▲▲▲    ボスニア ▲▲
               ○┛┃┃  ┏╋┓▲▲▲▲  ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
             プーラ  ┗┛  ┗┛┗┓▲▲▲┗┓▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
          (ヴェネツィア領)      ┏━╋┓▲▲▲  ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
                           ┗┓┗╋┓▲▲┃▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
                             ┗┓┗╋┓▲  ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
                               ┗┓┗╋┓┗  ┓▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
                                 ┃  ┗┛▲▲  ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
                           ザラ ○┓  クニン ◎┃▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
                          (ヴェネツィア領)┓        ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
                                     ┗○    ┗  ┓▲▲▲▲▲▲▲▲
                                  シベニク ┓  ▲▲  ▲▲▲▲▲▲▲▲
                                         ┗━○ スプリト(独立自治都市) 



☆ VIP村

◎ 領主(貴族、司教、騎士)の拠点

○ 領主のいない都市
   (ただし、イタリアの都市は領主を任命する国王が存在しないので、表向きは領主はいないが僭主がいる場合あり)

◇ 村

□ 砦


203 名前: ◆NiVO3Ffeio [sage] 投稿日:2013/11/17(日) 19:54:14 ID:Hu3N4OGs


地図について、ちょっとだけ解説



シサクという都市がワゴン領



ヴァラジュディンという都市が、ギンガナム軍の駐屯地
その対岸にあるチャコヴェツは、ギンガナムの作った前線基地

これによって、ハンガリーからザグレブやスロベニア方面への侵入は難しくなった



それ以外については、本編の中で登場する時に解説予定です



━  ━  ━  が国境線だけど、描き込み過ぎて見にくくなってて反省




続きを読む

やる夫の中世騎士物語 第11話




          ,,..-‐'''""¨¨"''ー--‐''>.、
         ,..<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'':::::''ヽ
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :.''' ...ヘ
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'''".:::::::::::::::ハ
    ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::'''"""''" ..:::;m:;ハ::::::;/       十字軍に先に動かれてしまった
     l::::::::::::::::::::::::::::' " ............::::::::;/_   ';::::!
     !:::::::::::::::::::::::::::::...:::::::::::::::::::::;厶=ヽ、 ;Y゙        当初の予定では、十字軍の来襲をちらつかせながら、
    !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;.-‐''"   ζti'゙〈
    ゞ:::::::::::::::::::::::;r=ヽ::!       ー'  \        スロベニアの諸侯を懐柔する予定だったが、全てパァだ
     `ヾ::::::::::::::::l (  ヾ         ,. ,)
       V:::;.ィ.ィゝ. ゝ _,      、  _...__j´
   ,. <f‐t'"      ̄`:.      ̄  テ
f>K'///∧ヽ      :  :..       /          私とトウドウは直ちにVIP村に向かい
////シメ</,'ヘ.ヽ.       :   _    ,/
///////></ヽ.、     /  `"''ー'゙           情報を集めながら今後の政略・戦略を立て直さねばならない
//////////ヾ,べ、.  ,/
///////////∧/ヘk''´
'//, --- .,///∧,'∧ヽ
////////>,.,',ハ/,ハ ,ハ
/////////////ヽ',/,!' i!
///////////////',/ト〈ll
///////////////,', l  il




              __ヽー-、
    ト、__ー― : : :  ̄ : : : : : : : : : : .` 、ト、
    ト、| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\}
    |::l| : /!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .∨
    |:::.∨.:|: : : :ト、 : : .ヽ\: : : : : : : :∧: : : : : :|
   ト::::::::::|: : : :{ \: : :l  \: : : : /  l : : イ:|
    ヽ :::::| : : : 〉   \:|    ヽ : /  | : :ハ: |
      |::::::| : : /            `′  '´  |:j
      |::::::| : /ト、}、     {    ,   , イ }′      そうしますとザグレブで騎士を集結させ、VIP村へ送る人間が必要になります
     !::_|: { 弌≧x..,,_   ヽ   /  ∠イ /
     ∨ヘV   弋tッテ≧メミヽV/ムィ㌻彡/         十字軍に関する情報は、カナメ様の手配で随時VIP村から送られてきます
     ヽ く \   ´ ̄⌒ `^/'" ̄   ;′
        \_| ヽ        |      ,
      -‐| l l           |      ´
     ト くヽ ヽ、       ′  /ニ、、
     | \\  \    , ー-‐、 /.::::::::) )
     |:::::::| ト \、 \      ̄  /|::::/イ          ここは騎士が集まるのを待ちながら、
     |:::::::| | \ヽー.ヽ     / :|::f l |
     |:::::::| |   | |::::::..\_____/.::::|::| | |            送られてくる情報に沿って戦略を立てれば良いのでは?
.      ノ.::::::| |   | |::::::::::::::|::::::::::::::ト| | |
  -‐':::::::::::::| |   | |::::::::::::::|:::::::::::::::: | | |\
'´::::::::::::::::::::::ノノ   | |:::::::::::::::::::::::::::::::::| | |:.:.:.\


続きを読む

やる夫の中世騎士物語 埋めネタ




       l   l    ,>--.、
    r‐' ̄ヽ.、 , ゝ_r‐.': : : : : :ヽ_  ,-
,r─ '´: : : : : :ヾ-': : : : : : : : : : : : : `´: : :
{: : : : ,r‐-: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : :./: : : : : :r v=i: : : : : : : : : : : : : : ,--
: : {: : : : : : : ヽ  レ.ァ: : : _,.-- 、_ノ; ; ; ;
: : :`-,: : /;r‐'.l   ヽ__f_; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
__ノl <; ; ; ) l     r'; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;         …クロトワが姿を消しただと?
; ; ; ; ;,l¨_ヽ__   _,,,,,,,,,,,,、 -.、; ; ; ; ; ; ; ;
; ; ; ; ; j'-ゝ'゙l  ¨''‐'‐''¨´ .}; ; _,-,; ; ; ;
; ; ; ; ; .l   l      ヽ、 _ .- '/; ; ; ; ;
; ; ; ; ; ヘ  ヽ .,-   .,  `  .fノ; ; ; ; ; ; ;
; ; ; ; ; ; ヘ __ ___  .' .、  ./ ヽ、; ; ; ; ;
; ; ; ; ; ; ;.ハ´ __ ̄  ヽ,/  r'; ;,--、
; ; ;>.' ´ ハ      .//    .Y   ヽ
..'      ト ___>'  .'   .,   ヽヽ
     _/j  .i       /    ヽ
   ./  '    ヽ ,  /      j
   l ─'  ̄ ヽ、 _/ ,-----  ___ /
   l  i    `  ̄´    //
   l  li -.'  //_ -   //  > '´
   l -'li     /__    ./ > '
   l  ,!   /¨    / >'







        __
     r'il|  ,.  ─‐‐‐ 、
     ∨iУ二 二 ̄ __  ヽ
     o○‐‐─‐‐   __  ´_i
      ∧─ ─‐‐ ヘソ  lソ、       先日から連絡が取れない
      | ̄ ̄ ̄ ̄\ ¨   .冫
     / ̄ ̄ ̄\  ヽ   _ ′      …まぁ、出奔したんだろうね
     (        〉  〉   ´/
     \_____/ /`  -イ
        \_/三三三三|__
           ∨///////./,.---\
         ////////.//\    ヽ
         ∨///////.| |   \    \
             ∨//////.| |     \


続きを読む

やる夫の中世騎士物語 第10話






        _-─―─- 、._
      ,-"´          \          やる太の継承権下賜を辞退するだけの筈が、
     /              ヽ
      /       _/::::::\_ヽ        偉い話に巻き込まれてしまったお
    |         ::::::::::::::  ヽ
     l  u    ( ●)::::::::::( ●)        何でこんなタイミングで十字軍が…
    ` 、        (__人_)  /
      `ー,、_         /
      /  `''ー─‐─''"´\





                    ●


                    ●


                    ●





                  /\
                  /  \
                  /    \
                   ,'         \
                  ,' ::::       ヽ
                i :::: :::::     ヽ
                   i ::  :::::        l
                 i      :: /ヽ   |
               i      / lll lllヽ   !       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 __,,,.. --── 、--─‐.l.    ,.ヘ /:  C) ヽr-!-─ '7  ̄|  …前教皇の
          ヽ   .l l  / ,.へ、`‐、.__,.‐',. ィ|  /   .|
  `‐、           i  i | / /:::..  `''.:‐-:.'  .:|.| /   <  お言葉はすべてに
 \. \_,,,. --──lー|  |. \`''‐::、:::::::::::::::::://|/ー─--|
   \⌒\     |. |  |   `iヽ、 ̄i:::::::「 r‐i |     ./ |  優先する…!!
    `‐、 ヽ.     !|   |.   |__〈  |::::::| 〉_| ト、  //\________
   ̄ ̄ `''‐、ヽ__|    |    l lヽ.|::::::|./ l  | i ∠..二 ̄ , ‐'´
    `''‐、 / ニ ,> ヽ.   |    |/::::゙!::::::レ!  |  |/ < = \,. -─
       ヾヽ、 = ゝ/8     |:::::::::::::::::|    ヽ ノ ニ /
   ` '‐- 、 |U ̄l ̄U ((::)     l:::::::::::::::::|  | ((::)| ̄l ̄n|
   .._  `|∩! ln| |n|  O  |  l:::::::::::::::::| |  O.|∩U| ||||_,,.. -‐
      .l ̄`|| |∪||U| ||  ((::) |.  |:::::::::::::::::i | ((::)|| |∩Uu.! |
     |  .|| |∩||∩| | |   O|   |:::    :::|  O .|U.| |n∩l. |
    ヽ.|   |∪|.|.||.U| || |   ((::) !      | ((::)  |lnU.||| | |

              新教皇ホノリウス3世

    前教皇の最大の失策である、十字軍によるビザンツ帝国征服の汚名を雪ぐべく、
    教皇主導による新たな十字軍の実行を強く主張しているが、
    自分たちは主導権を握れないということで、各国有力者の受けは芳しくない

    シチリア王フリードリヒ2世の幼少時の家庭教師でもある



続きを読む

やる夫の中世騎士物語 第9話





           (ヽ三/) ))
       __  ( i)))
      /⌒  ⌒\ \
    /( ●)  (●)\ )
  ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\         それじゃあ、ちょっとザグレブの伯爵様のところで、
  |    (⌒)|r┬-|     |
  ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/       タダ飯をゴチになってくるんだお
  | | | |  __ヽ、    /
  レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
  `ー---‐一' ̄






    //  /,      ,
.   //  //  // /,  ,
  //  //  // // /.:'
; //  //  // // // / ,
//  //  // // // / /'  /   ,
/;ト、:'/  // // // / /'  /   /  ,   ;
7/,/\;// // // / /'  /   /  //   川
/ン_厶ィ\;// , イ{ / /'  /   /  //  /// '
 「7::ヾ:、\/ |!ハ/'  /   /  //  / ' /  イ ,
  {う}::::\、\jl |{ /   /  //   /   /   /' /  .:
 ヽ弋こツ ゞv/\}f/,  .:′,〃  ,   /  /  /  '
   ` -  `Y{`ーク / ィ   //  /   '  /  ,′
          //ィ/ ハ/ィ/  /  /  /  /       やる夫
               r-:zL」_厶イ彡 ィ   /
              ィチう≧ァx // ' /   /         今回、私とやる太は行かないけど、
                ‘代こツ /く 爪//   ,
        ` _」     `ー   ,ィ/彡    /           やる太に継承権を…なんて話が出ても、きちんと断るのよ
     `丶、             // イ  } //
、    `          イ / / | /   '
::\      ____ . . ´ハ{ 〃{  }/     |
≫x:ー:7_「 ̄} 川 爪{/ | l i l// ヾイ    |
//フイ/ム、 j/ l !/ |i/  | l i l{   川     |
才///「`ヾ:{′| ′L__ ;/| l i l   | !{     '
//〈/:∧  }:} _」ァ7///7ァLi」_l_   |八    |
厶///小.///////////////ハ | ヾ;:.  |
マ「{マ「{マVヽ//////////////∧i   }}   |
 |:| |:|    {'///////////////\イ    |
 {:{ ヾ:,   }'/////////////////\   |


続きを読む

やる夫の中世騎士物語 第8話





          「;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:}
          ト、;:;:;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:;: --―;:''"´;:_」       麻呂はハンガリーの貴族バーンク・バーンでおじゃる
          {::ト、:;:;:;:;:;:` '' ー―――;:;: '' "´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_ ,.ィ彡!
          l::l 丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,. -r==ニ二三三 }       アンケートの結果、ハンガリー・ルートに決まったので、
          ',:i r- 、、` ' ―――― '' "´ ,ィ彡三三三三三/、
            || ヾ三)      ,ィ三ミヲ  `丶三三三三三ん',       ハンガリー側の内情を語る為、急遽出演が決まったのじゃ
            lj         ゙' ― '′     ヾ三三三ミ/ )}
           | , --:.:、:..   .:.:.:.:..:.:...      三三三ツ ) /
           | fr‐t-、ヽ.  .:.:. '",二ニ、、    三三シ,rく /
           l 丶‐三' ノ   :ヾイ、弋::ノ`:.:.    三シ r'‐' /        まずは、ハンガリー・ルートに投票してくれた皆には、
           ', ゙'ー-‐' イ:   : 丶三-‐'":.:.:..    三! ,'  /
            ',    /.:             ミツ/ー'′        大変感謝しておじゃる
            ',   ,ィ/ :   .:'^ヽ、..       jソ,ト、
             ',.:/.:.,{、:   .: ,ノ 丶:::..  -、   ,ハ  l、         出番はあまり多くないと思うが、これからよろしくでおじゃ
            ヽ .i:, ヽ、__, イ   _`゙ヾ  ノ   / ,l  l:ヽ
             ,.ゝ、ト=、ェェェェ=テアヽ }   ,/  l  l:.:(丶、
           _r/ /:.`i ヽヾェェシ/  ゙'  /   ,' ,':.:.:`ヾヽ
     _,,. -‐ '' " ´l. { {:.:.:.:', `.':==:'."       /   / /:.:.:.:.:.:.} ト―-- ,,_
一 '' "´        ',ヽ丶:.:.:ヽ、 ⌒    ,r'"    / /:.:.:.:.:.:.:ノ,ノ |      ``丶、
            ヽ丶丶、:.:.ゝ、 ___,. イ     / /:.:..:.:.:.,ィシ′ |
             `丶、 ``"二ユ、_,.,____/__,/;: -‐ '"  /



               バーンク・バーン

                「バーン」は太守の意
                バーンク・バーンはハンガリー王妃ゲルートルートを暗殺したことで、歴史に名を残した人物

                その背景にあったのは、ハンザ同盟の経済力を背景にしたドイツ人の東方殖民と
                ハンガリー貴族の利害衝突である

                夫のアンドラーシュ2世がロシア遠征で国を留守にしている間、
                ドイツ出身の王妃がドイツ人優遇政策を独裁的に行った事に対し、
                ハンガリー貴族の代表格であるバーンク・バーンが王妃暗殺を決行した

                ハンガリー貴族は大半がバーンク・バーンを支持した為、
                アンドラーシュ2世はバーンク・バーンを罰する事が出来なかった



続きを読む

やる夫の中世騎士物語 番外編その3





       ____
     /      \
   /   ⌒   ⌒\        今回のお話は、
 /   ( ●) ( ●)ヽ
 l      ⌒(__人__)⌒ |       地図を作ったので、その解説をするんだお
 \     ` ⌒´   /
 /             ヽ






                       _r=ァ=、ィfZァ、,、
                    ,  ´fフ:´-=_:三ー_ー^ヘ
                    / _r//'_ァ'='^ー'`´` ^ー\
                 /r=、ソィー'7´          ヽ
                 ハ L/イ| ヽヽ         ヽ  l
                , ソ/ l ハレ´イ{ {   |{.   |  |  ハ
                //:/ ノj `´i |`ヽト 、 |:ヽ.   } , リ |!      作った地図は、VIP村やシタラバの地図ではなくて、
               ハ:{/イ: {  小7テミト、 {ヽ!: / / /   l l
       ヽ._ヽー 、   / // |:. ヽ. { '赳ハ\ }:/_オメリ  イ/       パンノニア平原(ハンガリー平原)全体の地図よぉ
         ̄二ニヽヽ/ -ヘ、:.. l:...  lト\`    /ィ亙フ'´//′
 ヽ、_ _-ァ.:´__::.::.::.:ヽ::\  j:〉..:.l:...  l!      ,!  7´ |   /       だから、シタラバは隅っこで小さくなっているわ
  _,._-ニ-ァ‐´ィ二;:-- 、::.::..`ヽ、..:∧:.. lト_、  ` ー  イ.: j|  /{ ノ′
‐ ´/´ /´ ̄´/::.::.::.::.::..‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::>ー<l!:..:.|:. リ‐//レ
    /′  /-‐ァ::´::, ァ::/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/
      /´ /::.:/ノ/..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=l:| ト='イ-!: /::;∠ イ_



※パンノニアは、ハンガリー平原一帯の古代ローマ時代の呼び方です





258 名前: ◆NiVO3Ffeio [sage] 投稿日:2013/07/07(日) 21:01:42 ID:eFifPp.A



     ____
   /      \         パンノニア平原は、四方を山脈に囲まれた肥沃な平原地帯
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \         引き篭もるには、最高の立地条件なんだお
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





               __
             ―く`亡7ア
         / / イ ̄ ̄ ̄`ー-、
          / // / / i     \
         ′ ′\ / /  | | \ヽ
       | l|  | / レハ|  |l | ト、  l |
        | ||  |x≧ミ、| /ナ+メ,| | | |      それじゃあ早速地図の公開よぉ
        | |八  | ヒソ " l/ ィ==x'|│| |
         | |  \\~    ,    / | | |      題して、『パンノニア平原とドナウ水系の地図』よ
         | | | | ̄  、 __ ∠/ |ノ |
          | | | |'ヽ     . イノ|| | |
.        || | |ノ___≧ー≦ i/ /|| ||
        ,―|  | |::≪[=}≫L/ 厶l| |、|
.     /::  |  | ト-/∧ヽノ/ /::: | |:::\
    /:::::: n:::| 八 | 〈/  レ厶イ::::: | |::: ::\
.   ト、::: ::| |::|  | ̄>rf乞ミ-、|}〉:::: | |:::/:: 〉
    〉:::}::::rヘ_ト|  |  ):::ヾこン:::(|}〉:::: | |/::::  厶
   /:: 厂>'´ ̄广ー―ヘー―┴ァ-┴ヽ:::    \
  〈:: /:::::|   {     |    |-r―<::::::    〉



続きを読む

やる夫の中世騎士物語 第7話







〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓




                    やる夫の中世騎士物語




〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓






続きを読む

やる夫の中世騎士物語 第6話




      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・          フリードリヒさんがドイツに入ったら、
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /            ヴェルフ家の皇帝があっさり亡命しちまったお
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\               これは、フリードリヒさんの勝利と考えていいのかお?
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ







  /::;;;;;;;,´::::: :::::::: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : :::: ::: :: ::|
  /::/:: ::::::::| :::: :::::::::;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;:::: : :: :: :|
//|:/;;:: :: ;;|:: :: :::::: :::|;; ;; ;;  ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;:: :: :::::::|        その通りだ
/ハソ;;;;;:::::;;.|:: :: :: :: :::|;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;.::: ::|:: ::.|
  i/ハ::;;;, 、.|:: :: :: :: ::|;;;;;;;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;:::: :|:: :::|          当面のところヴェルフ家はドイツでの主導権を
   ノ;;;;/ V |::::i::::::::|;;;;;;;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ハ;; ;; ;;:::;;;|i:::|::|
  /::::;:ヽ i::|::::|:: ;;;:|;;;;;;;; ;; ;; ;; ;; _,/;; ;/;; ;; ;; ;;/;; ;; ;; ;; ;/;; ./ |;; ;; ;; ;;||;;:|ヾ、       諦めたと考えて良い
  ノ/;;;;;;;i. .|::|::::|::::;;;ヾ;;;;;.;;_x -''´////;; ;; //;;/;; ;; ;/;; ;/''´ |;; ;; ;; ;;|ヾ|ハゝ
  ´/::;;;;ハ::;;ヽヽi::;;;:::;;;;;`、/_><<_//;;;;;/ /;;://;;;;;;//;/ ィt /;;;;;;;;;;;;;;| レ´
  /;;;;;/ /;::;;;;;;;li;;i;;;i:::;;;;;;;;|;;|弋及-、|`//;;;/=、/;;//;;;;;///,xィ勿ト /;;;;;;;;;;i;;;;|
/|;;;/  |;;i;;;;;;;;|ヽ`ヾ;;;;;;;;|、;i廴::...::ン`''x、 /;//;;;;;//ィ冬z刻/;;;;;;;;;;ハ;; /          亡命先は、舅のイングランド王の下だから、
  |/   |;;|i;;;;;i、 ヽ`、ヾ;;;;ヽ`、` ̄ ´ /    / |;;/       /;;;;;;;;;/ |;;;|
     ヾ ヽ;|\ \ \;;;;ヽ、.         / |    /;;;;;;;;;/、_|/_           イングランド王の力を借りて
       i l\.\  、\;;;;\        ´  i   /;;;;;;;;;/  /  `i
        v  \.\ .\`''-、          / //i;;;;;;/      |         捲土重来を目指すつもりだろう
            ゝ`''- 、\   _  _ _  , /ハ;;//;;/       .|
             / /ヽ_``\   ̄ ̄ー.´//           イ、
            ./ /    ̄ `> 、    /              ノi
           / /       // ` -´          /   /-、_
           `'',/      ( (                      ヽ


620 名前: ◆NiVO3Ffeio [sage] 投稿日:2013/05/22(水) 21:02:14 ID:6tmgdK/c

                       _r=ァ=、ィfZァ、,、
                    ,  ´fフ:´-=_:三ー_ー^ヘ
                    / _r//'_ァ'='^ー'`´` ^ー\         ただし、亡命したのは皇帝のオットー4世だけで、
                 /r=、ソィー'7´          ヽ
                 ハ L/イ| ヽヽ         ヽ  l        例えば皇帝の兄のザクセン公なんかは、
                , ソ/ l ハレ´イ{ {   |{.   |  |  ハ
                //:/ ノj `´i |`ヽト 、 |:ヽ.   } , リ |!      そのままドイツに残っているわ
               ハ:{/イ: {  小7テミト、 {ヽ!: / / /   l l
       ヽ._ヽー 、   / // |:. ヽ. { '赳ハ\ }:/_オメリ  イ/
         ̄二ニヽヽ/ -ヘ、:.. l:...  lト\`    /ィ亙フ'´//′
 ヽ、_ _-ァ.:´__::.::.::.:ヽ::\  j:〉..:.l:...  l!      ,!  7´ |   /        剣を交える直接の戦いは終わったけど、
  _,._-ニ-ァ‐´ィ二;:-- 、::.::..`ヽ、..:∧:.. lト_、  ` ー  イ.: j|  /{ ノ′
‐ ´/´ /´ ̄´/::.::.::.::.::..‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::>ー<l!:..:.|:. リ‐//レ        ドイツがフリードリヒ派で纏まったわけではないわ
    /′  /-‐ァ::´::, ァ::/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/
      /´ /::.:/ノ/..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=l:| ト='イ-!: /::;∠ イ_







   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( 一)(●)          要するに、フリードリヒ派もヴェルフ家も、ドイツ内での政争に忙しくて、
 |     (__人__)
  |     `⌒´ノ           こっちにちょっかいを出してる暇は無いって事だな
  |   ,.<))/´二⊃
  ヽ / /  '‐、ニ⊃
  ヽ、l    ´ヽ〉
   ,-/    __人〉
  / ./.   /    \
  | /   /     i \
  |"  /       | >  )
  ヽ/      とヽ /
   |       そ ノ


続きを読む

やる夫の中世騎士物語 第5話



     ____
   /      \
  /  ─    ─\         フリードリヒさんの来訪は、
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |        シタラバのパワーバランスに大きな影響を与えたんだお
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /







             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |          もちろんシタラバだけじゃないわぁ
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′          ドイツ本国では、フリードリヒさんが早くもドイツ王に選出されたわぁ
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ       ヴェルフ家のオットー4世は、
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉         お母さんの実家のイングランドに亡命しちゃったのよぉ
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ
 ,   〉个、:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ l  }〉:.}'´
 |  く_/^ト、>:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_リ 〈|:.ハ
 |  //:.:.:||:.:./ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨┐r':.:{ 、ヽ
 !| //:.:.:.:||:./   }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.| l |


続きを読む

やる夫の中世騎士物語 番外編その2




~前回の戦いの終了後、戦場近くの森にて~



.,.,.,,;:::|;l;::l|;;::::::;;;ノ ヽ ;;::::::;;;;:ゞ;;;::::: ;;::;;; /;; ゞ ;;; ::|;ll;:lソ;;:;;;ヾ;:::|;l;::l|;;:::::;;ノゞヾ: : : : : : ゞ;;;ソ.,.,.,,;:::|;l;::l|;;::::::;
.,.,.,:;::;|;;;:ll|;;;::;;ハヾ;;::::ソ;;::/ヽ;;:ヾ ;;;;::::::;;ソ ::; ; ; ;;.|::;ll;l|ヾ ヾ;;::;|;;;:ll|;;;::;;ハ;:    ゞ;;;ソメ:|;l;::l|.,.,.,:;::;|;;;:ll|;;;::;;ハ
ヾ,:,;:.;|,,;::l|      ;;::|;;::ll| ;;:::: ;;;ヾ;;;:: |;l;::l|. .|;ll;:ll| |;l;::l| .|;l;::l|.;l;::ヾ     :|;l;::l|.;.;|;;;:ll|ヾ,:,;:.;|,,;::l|        どうやらギンガナムの部隊は
.:  ゞ|;;;:ll|      |::;;:l|      ;|;;:ll;| |;l;::l|. :|::;ll;l| |;l;::l| .|;;;:ll|.;:;;::ノ: :. ..:;.:.|;;;:ll|.;.;|,,;::l|.:  ゞ|;;;:ll|
   |;l;::l|      |;;::ll| ノノ ヽ).::::ll| |;l;::l|. :|;ll;:ll| |;l;::l|;;.|;l;::l|: ;.:; :;:;: ;. ;:;:;:|,,;::l|.;.;|;;;:ll|   |;l;::l|        やり過ごせたようだな
   .:|;;;:ll| ::;;; ;; ;;::: ;;.|::;;:l| j   j) .:::l;| ;:|;l;::l|;;:::|::;ll;l|;.:';''"";ノ;.;;:ll,l;::;;;;;;;;;;;   :|;;;:ll|.;.;|;l;::l|  ;; |;;;:ll|::::;;;
  . .;;|::;;ll|;;; :::: ;;: :ソ;;::.ll. ,ソノノU.:.::!l|;;;:|;l;::l|:::;ノ ::;;lll;;:: ;; ;:::::;;::::,.;;''""" ;;;::::.. :|;l;::l| ノ ハ:   ; .|::;;ll|;;; ::::
 " ;;'''""" ::;;       く___,>.::: :ヾ;;;'''゙゙゙":::::: ;;; ;;'''  ::::;;;:::;;;::;;; ;"" ,ノ ハ:ヾ     " ;;'''""" ::;;      しかし、まだ油断はできん…
;,.:;:`"`"'';;,.:'';;,.:;:`"`"''.;' ;:;. (_ノJ   : ;. :.. ;':;' :;.;' : ;. :.. ;':;' :;.;' : ;. :.. ;':;' :;`"'';;.  ;;,.:;,.:;:`"`"'';;,.:;:`"`"'';;,
":;.;'":;.. ;'"'":;"':;.;'":;. :.. ;::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;.;' :;. :.. ;' ' :;.;' :;. :.. ;' ' :;.;' :;. :.. ;' ' :;;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::'':::''::.;' :;. :.. ;'







 >おい、こっちに誰かいるぞ

 >そこのお前、止まるんだ



250 名前: ◆NiVO3Ffeio [sage] 投稿日:2013/04/14(日) 21:01:06 ID:whScn70w

        / /  /    /  /     / /   /    }
          / / / /   /  ,イ   . ィ´ ,/   /     l
       { / / /   / / , -‐ ´/ // イ      / }
       レ'/ / /  ,厶くi /  / /// / i   /  ′      (やはり、まだ兵が残っていたか、どこの兵だ?)
       }/ /N   /7メjく`  / //∠`ヽ」  |  ,′ ,′
        ′l l   {//宀ァ/ーイ/lイ_ `ヽl  ! {   i
       f' l l   l´      ,    代ラftト、l j  l  {
       /  | l   l      /i     `^宀^iV  l  |        あの、私の事でしょうか?
.      //  l l    l、      i/         ハ  l  l
     //,   リ l    lハ    、- 、      ∠ -ヘ   l  l
.    ///  l |    レ ヽ   二´    .イ }  ,l   l  l
   // ′  l |   |   \   _ -‐/ / / / / l   :.  l
.  // / !  l |   |    ` ̄  , ヘ、/ / / /  !  ト、   l
  // / /| _,」 |  i {          /  `く / /-‐‐}  レハ   l
. // / /´   | |  ト、 '、      /     `´ ゙̄Ⅵ  レ} }  l
{斗イ /     | |  { ヽ ヽ、    /          |  レ'/   |







                /                    ///
            / ト、{\        _       /´/{ イ
            「 ̄ ̄ ̄` ー- < ̄-‐≦二    /   /
            ├―--  __     ` <二≦    7   /
            ', _,,〟   ,,.≧xー- _    `ヽ、ー‐'´  /
              | ┬ァミ}  '"⌒゛\   `ヽ 、 〇下 、/
             イ  ゞソ    ≧ュ.,,,_ヽ   / }>く   〉
                |     /    、 弋ゾ"  / /⌒〉 ヽ/           何者だ?
           |  〈           イ/イ´ /  ∧
            -―ヘ                ″'´ノ  / ',           こんな戦場の近くで女の一人歩きってのは、
     ,  ´  -― ヽ L 、____  _、    rイ「   ハ |
    ′/        ', `ー==ニ彡´   ノ´ ノ   | | |             怪し過ぎるぞ
   | ′         ! `        ´   /イ   | l |
   ||         イ州」厶ィ´        ノイ}ハレ/ ′
   ┤|           ̄「       /    // /
 ̄  ̄\            ヘ      /   /  ' / |
     \       /   〉     .′ / // |
.        \      /    /    / / /∠ -‐ ニ>ー- _
           \  /         / -‐' /-‐  ̄ -‐ 二 ---\


続きを読む

やる夫の中世騎士物語 第4話



       ____
     /      \
   /   ⌒   ⌒\
 /   ( ●) ( ●)ヽ
 l      ⌒(__人__)⌒ |          今回は、前回の終りから少し時間が経ったところからだお
 \     ` ⌒´   /
 /             ヽ







               ,,,_
            ∠てYフ大>、_
          //イ⌒⌒   `丶
         rくL/∠. /      ヽ  丶
         ゝ..水、j} i |   ヽ  i  、 ヽ
         }71|¨´| l、 i i i  i, |l l ト
         ,j:| |:|丶. ト、|へト. l l  从リ,i i !
        /|:| |:| . ヽ|弋j下ヽリ}ィテ}/.}ル
          / ` "ヘ\\     ,  彡ル |        やらない夫が、羊探しの旅から帰ってきたところからよぉ
       /   /∧ ト_、  ー__‐'/ .{ |
    、_/{  { /ムハ l  >z<ム} レ
 _> ̄   ̄ ̄/: : : ヘ Vく/7水{ソ j l、: :ヽ
  >     /: : : : : : :ヽヘ ´ |:|Vヘ/// ∨: :ヽ
<_/   .{: : : : : : : : : ヽY j」厂レハ {/!/: :ヽ
  ∠.. イ ィ/ゝ: : : : : :ノ: : : \ 〈Yフi}: }r//}: : /
     レ1′ | | ヘ: : : :'、: : : : : :\、V ノノ: :'r':/
      l | 、 トl、トヘ: : : :\:__: ィ-‐< ヘ__ノ´
      'i ト ヽ    ヽ: : : : :「 L  ゝ フ {
       ゙ヽヽi     「 ̄ |  ̄{ ⌒ゝ コ ト 、
            .イ: : : :> フ_ フ 、{┴く⌒ヽ
            //: : : :/: : : : : :⌒<コエ>ェ、jェ7
        /: :/: : : : :∧: : : : : : : : :厂 {ソ⌒ヽ:::::`ヽ
       /: : : /: : : : /: :∧: : : : : : <  「ソ:::::::::::}:::::::::::}
        /: : : :,: : : : /: : /: ヘ: : : : : : }jノ´::::::::::::/:::::::::::|
.      /: : : : i: : :/: : イ: : : ヘ: : : : 〃::::::::::::::;イ:::::::::::::|
      i: : : : : i:/: /ヘ|: : : : : \://:::::::::::::::/-l:::::::::::::|


続きを読む

やる夫の中世騎士物語 第3話






〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓




                    やる夫の中世騎士物語




〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓





452 名前: ◆NiVO3Ffeio [sage] 投稿日:2013/03/11(月) 21:05:51 ID:GsEt0weE

~VIP村広場~


      ,> ̄`ヽr'´ ̄<    ,._- 、r'''Z.._                      __、─ v─z..__
     ィ          ゝ  /        \      ,._-─ v'''Z.._      ,> `      <
.     l     l'´`^ヽ   ヽ ./  , j'^^ヽ     \   <       >     イ ィ'`^'^'^'^'^'^'ィ ゝ
    |   ,イノ u  l ト、 N l  ル'uニニヽトゝ、  .}  ∠´  , ,.、   \     l.1  u     1.!
     |   ノ‐'-、_, 、_,リ‐W. │ .ノ∠ニニフバニニぅレ'  イ ,イ/ l/ ヽ}ヽl、 !`    | |'⌒'ー'  ー'⌒ | |
    |r=i| ⊆ニ・, .・ニ⊇|.  |r=Tモ=。TニF。=;T!   | /-─-' '-ー-‐| |   r=i| ⊂ニ・  ・ニ⊃ |i=、
     ||{^||     | | v |   ||L|lヽ.三./ vヽ.三.ィ′ r=T¨モ。fニf。テ¨T=、  {ft|| v   |.|  u |f リ
   ノ 'ー|! `! u L_」  r1   |`7|!rー'‘‐~‐' ‐-|   |h||`ー-イ  .ト-‐'||ヲj   `7l.   '-U-'   :|く
  ,ノ/|  l、  -‐-ー- ,'_/|./ |  -ー~~′ !   ゙ー|! u ‘ー-‐' u ll‐' -‐''7 |  -──-   |. ヾ''ー-
-'‐1|  |  |ヽ.  --  ∧ l  |'  l u  ー‐   ,l   rー:l  -一ー-   l-、  l   ヽ._   ̄  ,ノ   |
.  |.!   ! l. ヽ    / l||ー- ⊥_  ` ー 、__,. イ `f⌒\l` 、 一 , イ /´ヽl     |、 ̄ ̄ ̄ ,|   |
.  !|   Wト、 `ー-‐1V ||    ヽ、_    .|  l/⌒ヽ  ト、 ` ー ' _,|  / ̄\.__ ド.エエエエエ.イ    |
  ||    | ` ー--‐イ   ||     ハ、゙エエエ'ヌ'´ヽ、_   K.エエエエエン!    _,ノ ∧      レ‐- 」
. |L ==、、|     |   ||     .l l |│| / |       ̄\l十十十十レ'´ ̄    l ヽ       |
  ´   |ヽ|    |.r;='」     |  ||│/  |       ソl‐十十十|         |  ,ヘ      |


            新領主やる夫の就任挨拶の為に、集まった村人達







>俺達は今まで自分達だけでやってきたのに、何で今更領主様なんか…

>貧しいながらも何とか生きていけるだけの作物を作り、わずかな農地を切り開いてきたのに…

>生きていくだけで手一杯なのに、税を収めなきゃいけないなんて…



453 名前: ◆NiVO3Ffeio [sage] 投稿日:2013/03/11(月) 21:06:28 ID:GsEt0weE

      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\         村の皆、はじめましてだお
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|       |       やる夫が、この村の領主になったニューソク・デ・やる夫だお
  \     ` ー'´     /








       ____
     /⌒  ⌒\         今日は、やる夫がこれからどういう方針で村を治めていくのか、
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\      それを皆に知って欲しくて、集まってもらったんだお
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /








      (ヽ、00  ∩
    ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
     ,, -‐- \   | |/⌒ヽ
    ( ⊂ニニ   / /⌒) )   (ヽ、00  ∩
     `ー――'′ し∪  (ノ  ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
/ ̄ー―‐ 、            ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ           ( ⊂ニニ   / /⌒) )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ         `ー――'′ し∪  (ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::i   ., -―- 、   ___
:::::::::::::::::::___ノ、/〉'  /::::::::::::::::::て/::_:::ヽ
:::::::::::::::/ u  て;/7 /::::::::::::::::::;ァ、、:::「ェ ヽ::〉 __
::::::::::::/     /〈  i::::::::r、::/=ミ `く.u J/:::::::::\
:::::::::::j u   、 ´_}ヽ.|::::::iオ/u ニi < iヽァ/:::::r----J   .r:´二ニヽ
::::::::::i   (二7´_.L., 、ハ 〉  _ _マ/ン::::r ' ;tr /;j   i::/r-、r-|  r一ー、
::::::::::|、   .r ' c /、:.:.:ヽ ヽ  ー」: : : : ii ヽu.___、/  _ん' `´ム.'  |:::r―┤
:::::::::/ ̄ ´」ー/:.:.:.:.\:.:.\\__j: : : : : ヽ ヽフ`ヽ´  | | ヽ'ーン、 _/ハu.'_' |
i:i i:::i:iヽi ´ !':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.',:.:i: : : : : : : :「=| : : : |: !  7!`:´|<  7マ.ヽー'


続きを読む

やる夫の中世騎士物語 番外編その1









〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓




                    やる夫の中世騎士物語     番外編




〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓










続きを読む

やる夫の中世騎士物語 第2話

179◆NiVO3Ffeio2012/12/26(水) 21:01:59 ID:Aa5cdClc

     / ̄ ̄ ̄ \  ホジホジ
   / ―   ― \            前回、KYな伯爵様に全部持っていかれた
  /   (●)  (●)  \
  |     (__人__)      |          主人公のやる夫ですお
  \   mj |⌒´     /
     〈__ノ
    ノ   ノ





         ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
        /:;: '´T 丁l `ヽ::}
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
      ldb| l k_ィヽレ仁リl│         同じくお養母さまに持っていかれた
       | ∧l  l| ―   ―ノイ
     ,l  (l  ぃ|| ,-┐||从|          水銀燈よぉ
     l   ヽ トゝ、ニ イト、ト、
      |/≪T ,バ、:文:`Yラ、ゝ
     N≠{〈:::::::〉:;i:::}:::〉≧
     ヾ≦ハZi::ヘ;:::〈l:::|j≧
      /:::::::ハ:::KXl:_:ト、
     ∠::::::::::::{ミk::〉Xl,ソ::::>
      |:::::::::::`^^KXヽノ

続きを読む

やる夫の中世騎士物語 第1話

13◆NiVO3Ffeio2012/12/22(土) 20:01:34 ID:W3yx7QI2
::::::::::......                  ....................................................      .........::::
:::::::::::::::::::::::............................                       ...............:::::::::::::::::::
 /~ \..............        .................:::::::::::...........     ............:::::::::::::::::::::::__ノ
__ .........::::::::::::::::::::::::::..........                     .............:::::::__/彡
 \     ヽ:::::::::/~   ̄ ̄:::::::::......-ー::::::::::..................::::::::::::::::::ニ、ー'~
   ミ、     \::::::........   _,,,;;;;:::::::...............:::::::;;;;;;;;;;ーー'''''~~~
 ゝ   ト、    λ-ーー<        ノミ~~~   -  ―  ......___:::::::::::::
 λ  ヽ ~''ー  λ.............:::::::::::::::::::::::/彡
               __,,,∠彡         ===========三::::......       時は中世…
         __=-―'~ ̄          _  .............
ー、,,,_∠~ ̄~\__...... .......             ̄~-ー==ー、
                     _,,、=~            ̄''=っ
                ー=<~         ..............::::::::::::::ノミ
ーi、,,,,__wwjklwjklw         ゝ:::::::::::...............
 ̄  / / ̄/ニlーiニトーi---i-=、,,,,____
    ̄           ̄ ̄   ∠/ ̄|ニi―-i==、__jkjlwjiwjjilwi
          ∧ ∧                     ヽニヽー-、,,_
        (  ,,゚) ∧___                        ∠ニiー-┬-
        [=  弋つ ゚_)                              ̄
        |  | /  /
      ._____l、_〃ヽ /
     /  ヽ、. |_,l  )
    //、   ゝし'  |
    Vl l.   ノ--┬.| |
     | | ノ    || ||
.       ||.|.|      || ||
   .  /|/|    /| /|

続きを読む
プロフィール

maakun

Author:maakun
思うところがありまとめを畳みます、今までご利用ありがとうございました。
当ブログで纏めさせて頂いていた作者様、ありがとうございました、そしてすいませんでした。

最新記事
最新コメント
作品一覧
月別アーカイブ
人気記事ランキング
RSSクーマー
アクセスカウンター ( 総PV )
アクセスカウンター ( ユニーク )
現在の読者数
現在の閲覧者数:
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。