ブログパーツ QLOOKアクセス解析
HOME   »  炎の記憶
Category | 炎の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の記憶 第9回








                       【やる夫】   炎の記憶   【ファンタジー】






                                                        -第9回-       .

.

881 : ◆ez3Jk4e1ow:2011/07/22(金) 21:02:00 ID:nWKf3Onw

     ┏                                                ┓
          翌朝、蒼星石が二日酔いでけだるい体を引きずるように居間へ行くと、

                    既にやる夫が起きていた。
     ┗                                                ┛



               ____
             /      \    蒼星石、おはよーだお。
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \



                              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                        /   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                       /    /::/:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                      /    /:://::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:::::::::::::::',
                      乂___'_X::::::::i!:::::i:::::::ヾ:::::::::ト:::::::\:::::::::::',:::::::ハ::::',
                         // .|::::::i!:::::ハ::ト:::::ヽ:::::::ヘ\::::::\::::::i::::::::::i::::i
                         |::! |:::::l:::::::| |:l ヽ::::ヽ:::::ヘ \::::::\:|:::::::::|::::|
           おはよう、やる夫。   |:l .l:::::|:::::十l:!z__`_,::ヽ:::十―弋ナ:::|:::::::::}i:::!
                     ~   |:|  l:::::|:::::::'xr=≠ミ\\! イ示テァ::|:::::::::l.l:l
                     ~   !:|   ',::|:::::ト',c゚xxx     c廴ソっイ::::i::/ ||
                         !{   }::!:::iゝヘ      '   Xxx /|:::::iイ i!
                         j.  ノ |::::|::i::::ゝ、  ~ -     .イ/|:::::l i! |
                             i::::ト::!\:::>.x __   r<:::/ .|:::/ ノ .ノ
                             l:::| i!  .iz- ⊥    |つ ー l::/
                             ',::!-''´     ̄V ̄´   |/ `-_ヘ∧
                           ∧へ':!       /介ヘ    .ノ   引弓
                           / 引弓      /∧∧ヘ      引弓ゝ
                           |  引ノ     /Lイヘヘヘ      引弓{
                           |  引弓      ̄|| ||--'     引弓ヘ
                          /  引弓       || .||       引乙 .ヘ
                          ヽ   引己      ||引|      引Z   }


.

882 : ◆ez3Jk4e1ow:2011/07/22(金) 21:03:00 ID:nWKf3Onw

     ┏                                                ┓
               やる夫は、真っ赤なトマトを蒼星石に投げてよこす。

         蒼星石がかぶりつくと、瑞々しいさわやかな風味が体中に染み渡った。
     ┗                                                ┛


   _____________________
  /
<   朝飯替わりに喰えお。頭と体がすっきりするお。
  \
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                              ,;;;;
                              iii
                       _,、 -‐''''""~|||~""''''‐-、_
                      ,,-====ニニ;;;;;;   ;;;;;;彡ミミニ=、
                    ,/    ,;;;゙゙゙''''''ミ''''''ミミニニ=、  `'、
                   ,;´    ,r'"`  ミ''         .`i、
                   /   ,,'´      ミ''              .`i,
                  .|   ."                   . ゙l
                  |         `‐、    ,i´            |
                  .|             ′         ,,l゙
                   ゙l,                      ,ノ
                   \                    ,;'´
                    `'i、                    ,,‐'´
                      `''-,,_            _,,,‐'´
                        `゙''ー-,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー'"



.

続きを読む
スポンサーサイト

炎の記憶 第8回









                       【やる夫】   炎の記憶   【ファンタジー】






                                                        -第8回-       .

.




768 : ◆ez3Jk4e1ow:2011/07/18(月) 21:02:05 ID:N6.EyRJo

     ┏                                                                ┓
        城塞都市には、近衛騎士20名のほか、主であるマァム伯直属の正騎士の内50名が常時配置され、

            彼らが各々の領地から率いてきた兵、総勢700名余りが常時防衛任務に就いている。
     ┗                                                                ┛



     ↑/ ̄〈ii⌒ヽ . ↑/ ̄〈i⌒ヽ..↑,/ ̄〈⌒ヽ..↑/ ̄〈i⌒ヽ.↑/ ̄〈ii⌒ヽ . ↑/ ̄〈i⌒ヽ..↑/ ̄〈⌒ヽ
     |l/",二ヽニ0.|....|l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0|.|l/"二 ヽニ0| . |l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0|
     ||_[,,゚-゚)、__ノ . ||_[,,゚-゚)___ノ ||_[,,゚-゚)_,ノ...||_[,,゚-゚)__,ノ ||_[,,゚-゚)、__ノ . ||_[,,゚-゚)___ノ ||_[,,゚-゚)_,ノ.
     ↑/ ̄〈ii⌒ヽ . ↑/ ̄〈i⌒ヽ..↑,/ ̄〈⌒ヽ..↑/ ̄〈i⌒ヽ.↑/ ̄〈ii⌒ヽ . ↑/ ̄〈i⌒ヽ..↑/ ̄〈⌒ヽ
     |l/",二ヽニ0.|....|l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0|.|l/"二 ヽニ0| . |l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0|
     ||_[,,゚-゚)、__ノ . ||_[,,゚-゚)___ノ ||_[,,゚-゚)_,ノ...||_[,,゚-゚)__,ノ ||_[,,゚-゚)、__ノ . ||_[,,゚-゚)___ノ ||_[,,゚-゚)_,ノ.
     |/"ii_ii⌒ヾ |/"ii_ii⌒ヽ |/"ii_ii⌒ヽ |/"ii_ii⌒ヽ.|/"ii_ii⌒ヾ |/"ii_ii⌒ヽ |/"ii_ii⌒ヽ
     Φ' l´  |ニ0 | ゙Φ' l´  |ニ0 | Φ' l´  |ニ0 | Φ' l´  |ニ0 | Φ' l´  ニ0 | ゙Φ' l´  |ニ0 | Φ' l´  |ニ0 |
     | ノ'i'i'i'i'ゝ__ノ.. | ノ'i'i'i'i'ゝ__ノ .| ノ'i'i'i'i'ゝ__ノ..| ノ'i'i'i'i'ゝ__ノ | ノ'i'i'i'i'ゝ__ノ.. | ノ'i'i'i'i'ゝ__ノ .| ノ'i'i'i'i'ゝ__ノ
     | (/"U   ゙ .| (/"U   ゙ | (/"U   ゙.| (/"U   | (/"U   ゙ .| (/"U   ゙ | (/"U
                                 ↑ヾ''""/
                                 |[,≡≡]
                                 ||] ゚-゚[l
                                 |IIII:V:I/'⌒ヽ
                                 Φ |::三 |   |
                                 |ノ,,,llll,゙|   |
                                 | (/"Uヽ__ノ
                                                       |
                                                       |
                                                   く ̄\ _|_
                                                    [≡≡,lゝ)
                                               巛∧  (゚]_|._|/
                                              / ・ ミ ノ /⌒ヽ
                                             〈_/\  X |    |  ノ
                                                 (   |ヽ__ノ"Y
                                                / Y  ∪_ 丿
                                                \(/ /  // /
                                                  /::/   //::/


.

769 : ◆ez3Jk4e1ow:2011/07/18(月) 21:03:00 ID:N6.EyRJo

     ┏                                                            ┓
                   そのほか、大小様々な傭兵隊がその隊本部を構え、

           大通りにはそうした需要を当て込んだ鍛冶屋や商店、酒場や娼館などが軒を連ねて、

                          猥雑な活気に満ちていた。
     ┗                                                            ┛


     :::::::::::::::::::::::| :::|   ` |             /| ̄ ̄:|/ : : : : :__ : : : : ://     :|
     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| :::| 「 г|            / | 「 「 |: : : : :/ \__\//       |
     ТТТТ | :::|   ` |             |  |    .| : : :./  .|   |/   _    |
     ⊥⊥⊥⊥ | :::| .∧、.|             |  | 「 「/: : : :| r‐、|   |   ./|\ \.   |
           .::| :::| .|::.|| |           /|  |  /: : :/| |.:::| |   |  / .|  \. \ |
       __     | :::| :|:::|| |      /...:::| .:| ./: //:| |::::| |   |  / :|   \ `|
      l⌒l゙l  .:| :::|.i┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__| .∧ ./\   /` |    .
      |  |:|   ::| :::|:|┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|    |/ ∨:/:::.\/  |_,,,... -‐:
      |  |:|   ::| :::|:|  ______________   |   /  /::/::: . :....\ .|
      |  |:|   ::| :::|:| ∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... /`\|   | /::/ ー‐──\|
      |ェェ|:|   ::| :::|:l_//| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ | ̄冂 ̄ ̄\/:|   |./::/ . . : : : :::::::::::::|
      ` ̄  .:::| :::|    .|エエエエエエエエエエエエエエエl:..  |  :::|   Т´   . : : : ::::::::|
     ______;;| :::| 「 「 |─────────、.|:::  |  .::|   |       . : : : |___
     _____| :::|    :| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ |\/./\[二二:l二二]             |  .......:::
           :| :::|    :|      n ∩ |   | ..:| /:/::: |   |   |            | ̄ ̄ ̄
       _.   .:| :::| 「 「 |        Ll . |   | :::| | |::::: |   |   |            |
      l⌒l゙l  .:| :::|    :|            |   | :| | |::::: |   |   |            |
      |  |:|   ::| :::|    :|      n ∩ |   |. | L|;;::: |   |   |            |
      |  |:|   ::| :::|г .「:|:    └ . Ll :|   | :|   `.|''‐- ..l____;|            |
      |  |:|   ::| :::| L   |            |   |. |    |   |   |            |
      |ェェ|:|   ::| :::|    :|::.. ~゛'' ‐- ...,,_.:|   |: |:\.  |   |   |            |~゛'‐- ,::
      ` ̄  .:::| :::|    .|         \.:|: |、  \ |   |   |            |
           :| :::|    :|                ̄ \   |   |   |            |
           :| :::|    :|                     \|   |   |            |
          ..:::::| :::|  ./〕                     〔\  .|   |            |
     ──── |____|/./                       \.\l____:|            |
     ____〔___;;|/                        \:|__〕──────:|
                                                   |

続きを読む

炎の記憶 番外1









                       【やる夫】   炎の記憶   【ファンタジー】






                                                        -番外・I-       .

.


716 : ◆ez3Jk4e1ow:2011/07/15(金) 21:03:00 ID:x2/xJty.







           1.  魔物と人外








.

717 : ◆ez3Jk4e1ow:2011/07/15(金) 21:04:00 ID:x2/xJty.

     ┏                                                    ┓
        大陸の各所で『魔物』と呼ばれる強大な力を持った野生動物が確認されている。

             その圧倒的な力に反比例し、個体数は絶対的に少ない。

                 大抵は人里離れた土地に生息している。
     ┗                                                    ┛


                     ィ!                               ,ィ!
                     圦                             ,ィ劣!
                     Ⅷ、                             ,ィ劣Ⅳ
                     Ⅷ丞                       ,ィ劣圭ツ
                      Ⅶii心、                        ,ィ劣圭炒゙
                      Ⅶ圭心、                     ,ィ劣圭圭i7
                      Ⅶ圭圭心                 ,.ィ劣圭圭圭ア
                       `゙守圭圭会。            rf圭圭圭圭iア´
                        `守芋芋夊        八圭圭圭ア´
                          Ⅶ炒叉幺        /圭圭圭炒゙
                           弋圭圭幺    ,ィチ圭圭ミ彡'゙
                          ,,、 ,ィ彡彡ミ´ ̄  ̄ ヽ守夊"
                        ,ィ彡从爪州彡彡ミx   ∧ミヽ
                        イ三ミ从川从彡イ三ミx..   リ  ト、
                       f三{⌒\从从/ |三ミミ   i}    \ _
                       ル三ア´  ̄ ̄  マ三ミミ   /i   ミ、       ヽ
                       ji彡ミ {  、 i /  } ミハ三ハ  i!    i!         :、
                       V彡! 弋ャ、ii_,ィツ ノ川三:カ   i     i!      : : ハ
                        ル从、. i  i  从川川カリ  i!   リ /   j:   i
                        从ハ八 _了_ //从川ツ   i     i!    ツ     i|
                        乂从ハ{www}!ノ从川ツ   i}    i   /     :i |
                         i.乂ゞヌ又ヌ从ソ乂!    i     i!/V     i
                        ,′ 乂从从リ  .∧     ハ   .i  V    i:i  ミx、
                        ,′    jiリi!    / i   i  、   i  ヽ.   八  州リ
                       /     / ,' ;   /  .!   i   :.    iヽ ヽヽ   ヽ ノ.ノ
                       /     / /   /   !   .i   i   i i   \ヽ  レ'
                      /     / /   /   i    :i   i   ij    `i   i
                   _.ノ    :/‐ '   ./     i    乂 ノ!   乂   _ノ   j
                   /Y Y γ .:j ゙ー―'"´     i ,,. i ,,. i辷{ ,.i ,,.仁}  弋土iツ
                   ゙┴┴┴''"               ゙ー┴┴┴゙ー┴┴'´

.

続きを読む

炎の記憶 第7回



     ┏                                   ┓
        夜闇を切り裂く野太い叫びに、やる夫は目を醒ます。
     ┗                                   ┛

             |\     /\     / |   //  /
            _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
            \                     /
            ∠        敵襲だァ!      >
            /_                 _ \
             ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
              //   |/     \/     \


           ガバッ ! !  ______|
                /:υ::─ニjjニ─ヾ
               /:::li|.:( ○)三 ( ○)\
              (:::||!.:υ::::: (__人__)):::: i|
             〃 ):::::::::::.   |r┬-| li::::/
              /: : : : : : l\`ー '/j: : ::ヽ
              ヽ :ヽ: : : : 7ヽ />: : : :r: 

.

608 : ◆ez3Jk4e1ow:2011/07/10(日) 21:03:00 ID:4fPrpLx6

     ┏                                                        ┓
        枕元に置いていた剣を取り、取るものも取りあえず叫びの聞こえたところへ駆けつけると、

            そこには数人の騎士補生がうずくまり、件の人足達が何者かと戦っていた。
     ┗                                                        ┛


                `     '
                  、   ノヾ     '                      r勺〉
                  )ヽ/  ヽ、ノ|ノ´                       フ| }      _
                  `r      r'                        Y´\  /´ _`ヽ
                   )     (                        |   ̄〉ァ r'},_ン、
                 , '´⌒`Y´⌒` 、        ,、    /            |__  `え_r仁/\
                    ,              キ人_,/              `ヽ、ア/r -‐、  ヽ
  `                                )  て                 |::| |   ヽ   l
    \ ,,_人、ノヽ         ____         /´⌒Y,.                |::|r}-‐   f〉 イ
     )ヽ    (       / ::::::::::::::::\                             いノ    ノ  }
  - <       >─   /  :::::::::::::::::::::::\                           ノ ̄   /`  ノ
     )     て    /   ::::::::::::::::::::::::::::::\                        /    Yヘ、ヽ{
    /^⌒`Y´^\    |    (〇)::::(〇):::::::::::|                 rァr~‐-r'´    rイ    ヽ、
                \  (トェェェェェェェェイ)::/                 └⌒ー-}   イ´く}      ノ}
                /   ..:::::::::::::::::::::::::ヽ                       `フ´レ′__`〉     |
          .      / /|  ..::::::::::::::::::::::i::::::i                       /    ̄Yレ'⌒`ーイ
          ____/ /__| ..:::::::::::::::::::::/|::::::|                     /     ´ ̄|     |
          ___,廴j__ヽ   r::::::::/ ハ::::,)                    〈      ノl     乂{_
                   ヽ  |/                         |     /´人 ヽ    \
                    >__ノ;:::......                        | ヽ、   /| `ー、ヽ      \
                                                 | ヽ\、_j  ノ    \`ヽ    \
.                                                |   _ /      \ヽ   _\
                                                 〉r-‐'__ {         \ヽ  / {_
                                                 }  ̄ __ノ            ̄ヽ、   〕
                                               _ノ⌒`ヽ__{             ヽrク ̄l
                                              └一一-┘                └─┘
.

続きを読む

炎の記憶 第6回



   ┏                                                          ┓
      乱戦の只中に飛び込んでしまったやる夫に、すぐに一人の偽人の戦士が切りかかってくる。
   ┗                                                          ┛


      __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
       ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
       ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
       ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―   ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
       ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=


                   | |    |::::\       _ ,/:::::::::::::::::::::::::::::::|-、
                   | |     .|:::::::::`''ー-一''´:::::/::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::.\
                   | |___,,ィハ:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::;:::::::::::::::::::::::;:::::|::::::::: `''ー-、
                  / | |:::::::::| |ハ:::::::::::::::::::::::::::./ヘ:::::::::::::'::::::::::'::::::::::::::.|::::::::::::::::::::::\
                 ,厶..| |_::::::::l |::::ヽ:::::::::::::::::::::::ヘ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::\
               ,イー'゙ニ| |_>v-、::::::: \::::::::::::::::::: ヽ lヽ、_::::::::::::_;::-‐'´|:::::::::::::::::::::::::::::::::\
              ./ ,イ  | |  `ヽ.ヘ_:::::::` 、::::::::::::::::::::`ト、  √ ̄ / _,/::::::::::::::::::::::___:::::::ヘ,__
              ハ / z‐、| |‐-、 ヽヘ `''ー-、::`:::、:::::::::::::::::::`7r― '´ ̄::::::::::::::::::;: -‐'´`ヽ ̄`7⌒)
             ,、 {/¨ソ^7/‐┴<、 ̄У     `v'゙\:::::::::::::::〃::::::::::::::::::::::;::-ァ'´::::/:::::::::::ヽ.  `¨´
             V`ニ^ー'゙ -―- 、.二才7    /:::::::::.`ト、;;:::/仁_;::::-‐;´;;/:::::/:::::::::::::::::::::ヽ
             ` 、 ,ィニ -―-ニヽ  l/   ./ :::::::::::ハ  ̄ソ     ノイ:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               ''く  ┌┐  ヽ>'´    | ::::::::::::::::::ヽ ,、_  、ー'゙:::::::/|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 `'ー| .|一'゙      └'" ̄`'弋:::::' `ーニ7 ソ、:::/:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             .__  | _L.._        ___ムヘ..`ー '゙/レ'::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::___\
          / ̄ __ ̄ ̄ `二^''ー――‐< `  、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ _ -‐ _
      r'ニ二 ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ `ー'´ ̄  ―- `  、. ` 、_               _ -‐   _ -‐
      ヽ、_        __ _,.-‐-、         ` 、   ̄  ー--===--‐ '  ,  -‐
       (   ̄    ̄    _ゝ 一'           ヽ二ニ==ー--  __ -‐
        `(  ̄ ̄   ̄ ̄    ゝ               ヽ

      __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
       ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
       ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
       ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―   ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
       ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=

514 : ◆ez3Jk4e1ow:2011/07/08(金) 21:03:00 ID:7CkhkW1k

   ┏                                                        ┓
      紙一重で反応し、条件反射的に振り回したやる夫の剣が、相手の大腿部に食い込んだ。

         やる夫にとっては幸運な、偽人にとっては不運以外のなにものでもない一撃。
   ┗                                                        ┛

                                          ,,.: ""~'""~"""""""'''‐
                                         /              \
                                       /                 \
                                      /                    \
         , '                          /     ii  ゙ ゙̄ヾ    ッ        \
        〆                         /      / ,..、   }}               ゙i
      //                         /    ,. ,/{, ヾツ  ゙ィ      /         i
      ノ /                         「ヽ   '´   ゛'‐- .,                  i
     /  i                           (}           \    /           i
     ,i  |i                        i  .>'  ヽ        ノ     /    /''''''⌒ ̄ ̄\
    ,'  |i                         i './    ノ\     /\       /         ヘ
    i|   |i                         i {    、 : : : :`'''─´ : : : :ヘ    /            ヘ
   i|   .|i                         i  `'--‐'゙∨ : : : : : : : : : : : : ヘ  /              .ヘ
   |    .i、                       i       ∨ : : : : : : : : : : : : :ッ                 i
   ゝ     i、                      i      .ヘ ∨ : : : : : ___/                  .i
   .i|      ゝ                      ゙i      ン'ゝ´:/´  /                ,   i
    .i|      丶                     \     .\__'´ ,.-‐ ´ ̄⌒              /    i
    .i|       \                      `‐- ___ /                   .∠,─   i
     .i|        丶                     , -- _/                  /       i
     .i|        丶丶、、,,
      i|         \ゞ`
       i|、       `\ 、、,
        ゝ       `丶`\ゞ
          \  ,.   ミ\丶 `
            `;丶\丶  、`丶
                  \

続きを読む

炎の記憶 第5回




     ┏                                                  ┓
         領都の周辺は治安が守られており、やる夫たちが交戦することは無かった。

           2日目、領都から離れてからは、幾度か野盗の集団を発見したが、

         相手はやる夫達を認めるとすぐに蜘蛛の子を散らすように逃げ出した。
     ┗                                                  ┛


        ___
       /      \
     /   ⌒  ⌒ \    これはこれで、張り合いがないですねぇ……
    /   ( ー)  (ー) ヽ
    |  u   ___`___     |
    ヽ、    `ー '´   /
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ
   \ ヽ  /      \ ヽ /




                                                      ___
    まぁ、それだけ領内は安心だってことだお。                       /      \
                                                   /⌒   ⌒   \
    そんなことより、                                   /(● ) (● )   ヽ
                                                 | ⌒(__人__)⌒      |
    敵がバラバラに逃げたときの対処法を後でチウさんにきいとくお。      \   `⌒ ´     /
                                                  /             \


.

402 : ◆ez3Jk4e1ow:2011/07/02(土) 21:04:00 ID:rc6Ye2Ss

     ┏                                     ┓
           昼食時は、分隊ごとに輪番で警戒に当たる。

         やる夫は、食事をとりながらチウに質問をぶつけた。
     ┗                                     ┛


..      ____
     / ―  -\    小隊長、少しよろしいでしょうか。
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ




                      .      ,.-‐-、.ヽ.‐ 、  ,
                      .     / ,r'´,ヽ~ヽ!.  V )'"´ ゙̄ヽ
                           {. i< `     / r'"⌒ヽ. ゙i
                      .      i {∠  ! { i' ,'   i ,. -‐‐ } .!
                           ヽヽ! - 、 ,. ‐- 、 ゝ、__.ノ ノ
                    なんだ?   ,(_   d!    d ,,,. - 、‐"
                           _(つ  ̄ `ー-‐´     )       __l7/〉
                      .    ,. -=!、  ミ  、  /~ ̄`ヽ    ゝ、,, ミ!
                         /  _`iー--="-‐'/) ゝ     ゙i    "/lヘ^
                      .   {;; '""   ̄ ゙̄ヽ/゙ー====i'"     l |
                         i':;,,,, '''   ,;ノ‐/   ,.' ,;;:ノ;!     ./=!
                          `'iー---=;'"     ,,; ,.‐'"-┤  ./;/
                           |    ゙゙i'ー---‐''フ     ノ、 /ヾ/


.

続きを読む

炎の記憶 第4回



     ┏                                                    ┓
                     やらない夫が領都に戻って2日後。

           情報収集に駆け回った彼は、『MercryLamp』で漸く一息つくことができた。

            水銀燈は、その時唯一の客であった彼に、そっとグラスを差し出す。
     ┗                                                    ┛

             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′   色々と大変だったようね。
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}

                                                ── 、
                                             /      \
                                            /   _,.ノ ゝ、_
                                            | U ( =).(=)|
      あぁ。ひでぇ目にあっただろ。                     |    (_ノ`)---、
                                            _!   /――--;.:.:.:.}
      挙句の果てに、                          _/:r | /,r ニニニフ.:.:.:|
                                   , -‐.........::::::::::::::| ヽ/ / '´,r―-'.:.:.:.:.:.:!
      探してる相手は城塞都市に居るらしい。   /..:::::::::::::::::::::ヽ::::::! !   ハ -ュ|:.:, '⌒ヽl
                                /.::::::::::::::ヽ::::::::::::ヽ:::!/    } ` ̄ゝ{.:.:.:.:.:ノ
                                /.::::::::::::::::::::ゝ:::::::::::l:/      /::Λ`T¨\
                               l ::::::::::::::::::::::::::::::::::/〈     / ゞ:::リ ヽ'|:::::::..\
                               | ::::::::::::::::::::::::::ハ:∧、二二ニイ'} |::::::|   !:::::::::::::..ヽ
                               ! ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/ |::::::|   |:::::::::::::::: i

.


続きを読む

炎の記憶 第3回








                       【やる夫】   炎の記憶   【ファンタジー】






                                                        -第3回-       .

.

214 : ◆ez3Jk4e1ow:2011/06/25(土) 21:03:00 ID:aSO72Wwc

     ┏                                          ┓
        その日、普段より早く訓練を終えたやる夫達騎士補生86名は、

                  行政府の中庭に集合していた。
     ┗                                          ┛

             ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧
           (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨
           (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃
            ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧
          (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨
          (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃
           ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧
         (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨
         (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃
          ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧
        (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨
        (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃
         ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧
       (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨
       (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃
        ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧
      (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨
      (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃
       ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧
     (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨
     (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃
      ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧
    (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨
    (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃

.

続きを読む

炎の記憶 第2回








                       【やる夫】   炎の記憶   【ファンタジー】






                                                        -第2回-       .


.


     ┏                                                          ┓
        その訓練を終えたやる夫は、その夜も、できる夫、蒼星石と共に夕餉の席に着いていた。
     ┗                                                          ┛

    、-、 |    l   l   /  /  | '  , '".|, イ:::::::::::::::::::
 \==ーヒl-===   l   /  / / |, '", イ |:::::_;..-'''"
   \ ヽ `"  l  l  / ./ ./ , '゙|, イ : ::|,へ :  ハハ ノ 、
=============================i,へ |  | ̄ ,-「|] |} |コ |
  ___________ ||YヱYYヱヱ.|| _______ .l: ̄ [「L!,.. .-‐ '''""~
  |l::::::::::::::l|゙|| i⌒i | i⌒i || {lilililili} | i'""~,-ハ ハ ノヽ. ハ  「
  |l:T:T:T;:l|゙|| l.Y.l | l.Y.l ||  lニニコ | l [「L| |[ |{ l| } | | i ノ
___ 二二二_.|| l|l | l|l ||____________|~""''' ‐- .!.!,__| l |
 l | l l l || l ̄l | l ̄l || l | '''- .._"''' ‐- ..,__  ~""
 (ニ二 ̄ ̄ ̄ ̄二ニ)l  l || l |     "'''- ..______"''' ‐-
-----  ̄|~}{~| ̄_____-------(二)        |::::::::::::::::::::::::
 ̄ ̄/ | 十 l.__||ll|ll||  ̄ ̄ ||_l|(二 )      |::::::::::::::::::::::::
 ̄/ ̄ ノ ⌒ ||、||二|| ̄ ̄ ̄..|| l|.||__||:.    |::::::::::::::::::::::::
/------- - |l .||  || ---------|l ||:.    |:::::::::::::::::::::::

          ____
        /     \      やる夫、明日の休みはどう過ごされるおつもりですか?
      / ─   ─ \
     /   (●)  (●)  \
    |      __´___     |
    \      `ー'´    /
    /            ヽ
   / ア ̄~〉==ニ⊃      ヽ
  // `‐‐r´           マ  ヽ
 /   /           マ   ヽ


.

続きを読む

炎の記憶 第1回




     ┏            アカニ アカヒベ           ┓
               赤丹朱緋紅

          今夜も、悪夢がやる夫を苛む。
     ┗                          ┛
                (:. ,:.          
              .:从,)ノ':.:,                             、Х                
             ,;;'人,,ノ;ノヾ;,.,                          〈`              ,'  
          ,;,、 ,;ノノ .:;.(. ,.( ,                             /\             (:'  
         ,、 ,.:;(゙:  ,.:.人:. ヾ,、 (.                      //.:::.:.::〉            ',  ))  
        ,ノ (,.ノ,、ヾ , .,;ノ (;. (:,  ,):.                   〉へ::.:/ヌ/〉          }  /(    
      . .( ,;. ,:ノヾ; . ,;) ,、 ヽ;,:.;):.从;.,                    /'个y´ ̄Lム、        ,' ノし': :ヽ     
       . .,):.      , 从ヾ;. '',人ヾ,´                  |:.'.;| [] . :::.ヒ!      ((,イ: :  :: :V)    
                _                         |;'.:.| . : : : :ロ.::|      、ゝ: :   : :(ノ}   
                   /:/\                       |.:::;|.: :.: :.:.::.:.::.:|      ヽ: :: :  : :: :/   
              ┌个┐| | .:_|___.                   |_.' |.::.:..:.[]::.:.::.:|        ゝ;:; :;从;ノ
              | .:|...:|/:/...:.:|..: : : : : :.:`L..r─┬i            .//| |.: :.: :.:.:.:.:..::|
\             | └┴┬i::::|==========|: : ://__.        rr┴' | |.:.::.[]:.:: : : :|
:::...>、           |[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r、]: :.[_[;;::::.}      ]:]:: : | | :.:: ::..::.::.:::.|. ┌::、     /〉
‐く.:〈     ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. : : : : :〉〉       //:: : :| | : :.::.::.:::..::.:|-┘:::L、r‐//┐ ,、
.: ::L└i   _ .||_ | : : : : : :、 〉〉/〉::::::;;:::〈 : : : : :〈〈      rく〈:.;:..::..::.::_|:::/Tl::::;二/ム、|  || _r─
::.: :└i:| //\| ::::ト、__ : : :||_'//、п∥::.:l| : : : : 〉〉      | :.|::|..::./rへ/レYL;/:>┘/ト┘.//::::.`L「|-┘/:::トyィ
工エ::「 /〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢.: :: :〈〈       ̄└─匚|__| :| |:L:冂_| :|┐ .::::::ir==| |.:::.「.:[]:}il|{´
: :∠7ヘlコ:::|:.:..|-i_::_r√ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П叮  ̄               。l;_|_|ー|__!」====l|_<>‐┴─|i|l|
                   ) 、    )ヽ      (                      
                      ) ( (  )ヽ ; ・  ) ; '                   ,   ヾ、
          (       ) `   ( ( ) ) ( (   )ヽ ( 、  )ヽ  ;             (ヽ、 ,ノ )´( 、 ゝ、
   ; : , )   )  )ヽ( ( :(    )   ヽ、) ) ( ( ) ); ( ( (、 :             ) Y  人 ヽ)ゝ'丿,
  ; ・ )ヽ  (丶  )ヽ  ( ( )   ( ;;  ;、:  ; ;)__) ) (____) ) )) ;       !)ノ'  ノ ,(  `    ´(
  )`、 (  (  .) )ノ  | : ) _,,,-、__  ;; .、     (/(_)ヽ )ヽ ;;         / ((  ´!. 、   t ヽ、 `t  ,  
  ( (__ノ  `-'      `-' :~~--~~--、_;; ::  、.、.  ) ( (  )ヽ           ,′, ヽ    tゝ、丿)ノ i    Y(

続きを読む
プロフィール

maakun

Author:maakun
思うところがありまとめを畳みます、今までご利用ありがとうございました。
当ブログで纏めさせて頂いていた作者様、ありがとうございました、そしてすいませんでした。

最新記事
最新コメント
作品一覧
月別アーカイブ
人気記事ランキング
RSSクーマー
アクセスカウンター ( 総PV )
アクセスカウンター ( ユニーク )
現在の読者数
現在の閲覧者数:
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。